M@STERS OF IDOL WORLD!!2014 レポート 総括編 中編

kage

2014/03/05 (Wed)

メンバー

ここではちょっと趣向を変えて、各メンバーが二日間で何曲歌ったのか、というのを
集計してみたいと思います。カウント基準は、例えば「CHANGE!!!!」であれば、12人ではなくて
中村さんたち4人だけカウント、として、メインのメンバーだけ数えることとします。


18曲:中村長谷川今井釘宮
16曲:仁後浅倉平田下田たかはし沼倉滝田
13曲:福原・大橋・原・田所・山崎・Machico
11曲:松嵜・佳村・青木・麻倉・渡部・木戸
8曲:五十嵐・山本・高森・黒沢・三宅・伊藤・夏川・雨宮・藤井・愛美
2曲:戸松


カウントのルールによって数は前後はしますが、順位がハッキリつくのは変わらないはずです。
まず、トップになるのは中村さん、長谷川さん、今井さんといういわば「いつものトップ3」、
そして今回は釘宮さんがこの3人に並ぶ、という4人になります。

釘宮さんに関しては、やはり映画での伊織の活躍なのか…とも思えますが、多忙な中、
よくぞここまで、と本当に思います。もちろん他のメンバーだって忙しいのはわかってますけどね。

続くのは他の765プロのメンバー9人。メドレーが色々ありましたけども、ちゃんと数が
合ってくる、というあたりは「平等」を貫いていて、非常に好印象
であります。

続くのはシンデレラとミリオン、それぞれのメイン3人。765における中村さん、長谷川さん、
今井さんと同じ扱いになるわけで、頭一つ上の数、というのはまぁ納得。

お次は二日とも出演のシンデレラ・ミリオンメンバー。ソロは1曲しかないわけなんですが、
それでもこれだけの数ステージに出ている、というのは中々凄いことかと思います。

そしてその次が一日だけ出演のシンデレラ・ミリオンメンバー。1日だけであってもこの数、
というのは驚きで、よくぞ頑張ったものだと思えますね。

そして最後は戸松さん。まぁサプライズゲストなので…ですね。

というわけで、まぁ数に差はあるんですが、「同列」扱いのメンバー間では数にブレがない、
という意味で、うまくやったものだと思います
。そんな中気になるのはやっぱり釘宮さん。
どうしてもアイマスイベントの出演自体は少ないわけですが、ここでこの活躍に、敬服です。


楽曲

ここでは私が今回のライブで印象的だった楽曲をランキング方式でベスト10にしてみようと
思います。厳密に順位づけも本当はできないんですけど、考えをまとめる上ではいいですからね。


10位:ALRIGHT*
浅倉

ライブにおいては定番の楽曲ではあるんですが、やはり二日目の涙、というのが印象的です。
彼女の背負うストーリーは果てしなく重いけれど、だからそれをともに背負って、「この先」に
進みたい
と、そう改めて思わせてくれる、そんなステージだったと思います。


9位:オリジナル声になって
(木戸)

またも涙にあてられて、という感じでランクインしたわけですが、ここまでのガチガチの
ステージというものは、もはや765プロではありえないわけで、その意味でも非常に印象的でした。
非常に若い彼女には無限の未来があるはずで、それに期待したいとも思わせてくれました。


8位:透明なプロローグ
(伊藤)

結局涙に弱いだけだと言われれば、全くその通りとしか言えない3連続ランクインです。
ただ、涙がなくとも、伊藤さんの眩いオーラというのは本当に私には刺激的で、衝撃的
それを持ってして、彼女が私にとって特別な立ち位置にいけるかというとそうでもないですが、
ただ、やっぱり「今後」に十分期待できるし、したいと思わせてくれる存在なのは確かです。


7位:Thank You!
(ミリオンスターズ)

ミリオンでのトップになるのは、当然のごとくこの曲でした。今回の11人、あるいは6人だけで
なく、37人分、と思えば当然この位置まで上がってくる、というのも頷けるものです。この曲を
看板に、「37人で」もっと上まで駆け上がってくれると、そう信じていますし、自分としても
そこに貸せる力は貸していきたい
と、そう思わせてくれるステージでした。


6位:ビジョナリー
下田

本来はこういったタイプの楽曲が上位に入ることは私としてはないはずなんですが、
それを可能にしたのはなんといってもそれが下田さんだから、ということに他なりません。
彼女の歌声というのは、私のアイマスPとしての本能に訴えかけるものであり、だからこそ、
「思い出ボム」のスロットを回すきっかけにもなったのです。これからも、下田さんに対する
感謝の気持ちを決して忘れることなく、全力で彼女を、亜美真美を、プロデュースしていきます。


5位:Rebellion
沼倉

ソロのトップバッターとして出てきて、圧巻のパフォーマンスを見せてくれた沼倉さんがベスト5に
入る、ということになりました。ダンスのキレはもちろん、ボーカル、ビジュアルも実に完璧。
「ここに入れないのは失礼」とすら思わせてくれる、それほどまでのパフォーマンスだったのです。
それでも、若い彼女にはまだノビシロがあるはず。「つなぐ」のテーマのもとに、大きな役割を
担った沼倉さんですが、彼女自身の今後の成長にもまだまだ期待できる
、そう思います。


4位:いっぱいいっぱい
仁後

私にとっては「13人」こそが何よりも大事で、だからこそ、今回の若林さんの欠場があまりにも
痛恨過ぎた
、ということがまずあります。だからこそ、誰かが歌ってくれると期待したこの曲を、
ちゃんとこの二人が歌ってくれた、というのは本当に嬉しく、その穴を可能な限り埋めてくれたと、
そう思います。もはやライブのド定番で、食傷気味にすら感じるのは否定しませんが、それでも、
若林さんの、律子の魂が宿ったこの曲は、やっぱり特別で、今回は万感の思いすらあります。


3位:The world is all one !!
(中村・大橋・山崎)

「IDOL POWER RAINBOW」というテーマ曲があったとしても、それでもこの曲も当然今回の
ライブで来るだろうと思っていて、実際に来たわけですが、それがメインの3人、ということで、
「全員」以外ではもっともベストな人選であった、ということは言うまでもありません。

依然として「3展開一緒」が望ましいとは全く思っていないし、特にシンデレラへの拒否反応が
なくなったということは決してありません。それでも、この楽曲を3人で歌う、ということの
重さは十分にわかるし、このライブの象徴たる曲である、ということもよくわかり、
この曲自体が公式側からのメッセージである、と受け止められるわけです。

曲自体のクオリティもそうですが、この重い「メッセージ性」、これがやはりとても大きくて、
だからこそ、私としても今回のライブで非常に重要な位置づけになる、というわけです。


2位:"HELLO!!"
(戸松)

この曲も、ある意味では「The world is all one !!」と同じ位置づけではあると思います。
「アイマスワールド」のその広さを表現する楽曲でもあるわけですからね。戸松さんの登場は
本当に衝撃的で、最大のサプライズであったわけですが、戸松さん登場という事実以上に、
876も見捨てていない、誰も見捨てない、というメッセージこそが最も重いと、そう思います。

今回のライブは明らかに映画とリンクしていて、アイマスの「これから」を、「輝きの向こう側」を
見せよう、というものだったと思うのですが、そこで映画の「全部で」というメッセージを
こうした最高の形で魅せてくる
、というのは非常に印象的で、胸に突き刺さりました。

今後876にどんな展開があるのか、それともないのか、わかりません。OFAの新PVに
日高愛」の名前があっても、それだって単に名前だけ、という可能性も十分あるわけですからね。
それでも、「可能性」を感じさせてくれる、これはやはり重いもので、嬉しいものでした。


1位:i
(今井下田・原・木戸)

「涙に弱い」私が1位に選んだのは、他の誰でもない、自分自身の涙が流れた、この曲でした。
この涙は、この曲単独で生まれたものではないけれども、それでも、やはりこれを1位にせざるを
えません。この7年の「全部」がここにあったのではないかと、それくらいのものだったのです。

これから先、アイマスに何が待ち受けているのか、まだまだ見えていない部分が多すぎます。
それでも、ここまでの7年の想いを、「この先」にもつなげていきたいと、そう改めて思わせて
くれる、そういう楽曲だとすら思います。これまで自分にとってこの曲は特別な曲でもなんでも
ありませんでしたが、ここから「特別な曲」になると、そう、思える「特別なステージ」でした。


次回が本当のラストです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんばんわ。ランク付けはトリプルデイさんの感想が伝わりやすくて良いですね。

1日目しか参加出来なかった私にとって戸松さんのサプライズ→Hello!!がなによりも羨ましい限りです。
私の感想になってしまうのですが、Rebellionでの沼倉さんのステージに見とれすぎて「真実の赤」で赤サイリウムの点灯を忘れるというのが唯一の心残りでした…(笑)

釘宮さんの登場回数トップタイは少し予想外でしたね。
劇場版では唯一のリーダー経験者の伊織、という部分からの回数なのかな…?と勝手に推測しています。


次回の記事も是非読ませて頂きたいと思っております。
では、失礼します。





Posted at 23:46:22 2014/03/05 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

不眠夜さん

コメントありがとうございます。

戸松さんについては、1日目だけ参加の方にとっては本当に残念でしたね…。
「Rebellion」はトップバッターであのクオリティ、というのは衝撃的でした。
釘宮さんの大抜擢(というのも語弊がありますが)はやっぱり少し驚きですよね。

今後もよろしくお願いします。

Posted at 23:51:28 2014/03/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

個人的には初日にThe world is all one !!を聞いた時が一番印象に残っていますね。
それぞれの代表三人が揃い踏みで一つの曲を歌う、しかも世界は一つだって歌っているんです。
やれモバマスはどうだグリマスはどうした、原理主義者がどうだっていう無意味な諍いをすべて優しく包み込む、アイマスという一つの大きな存在と愛のようなものを感じ、涙が出てきました。
シンデレラのPとしては(おそらくミリオンPにも感じている人がいると思いますが)やはりソシャゲという色々騒がれるジャンルに属しながらアイマスを名乗っていることに抵抗や罪悪感を感じているわけで、しかしこの曲をはじめ今回のライブでは765プロの皆さんに「同じアイマスでいいんだよ」と認めて貰えたような気がしました。

主さんがシンデレラに拒否反応を示しているのは知っていますが、願わくは主さんもシンデレラガールズ達のことをもっと知ろうと思えるようになってくれたらと思います。全く的外れかもしれませんが、今の主さんはシンデレラに対して知ることすら拒絶しているように見え、ちょっと悲しく思います

Posted at 00:18:10 2014/03/06 by 加蓮P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮Pさん

コメントありがとうございます。

「The world is all one !!」はやはり大きな意味のあるステージでしたよね。
この曲の、このステージの重みというのは、私のような立場の人間にも良くわかりましたし。

シンデレラに関していえば、確かに「知ることすら拒絶している」のが現状です。
第一印象があまりに悪すぎて、頑固な私にはそれが簡単にはどうしても覆せないんですよね。

ただ、同様に否定的だったミリオン(とはいってもシンデレラよりは元々マシだったんですが)に
ついては現状ほとんど容認してるし、大きく考え方は変わっています。

シンデレラだって8thのときよりはずっとマシになった、とは思っていますし、
ミリオンにおけるLTP09イベントのような、決定的な「何か」があれば…とも思います。

今回のライブでも、シンデレラに対して決してマイナスが積み重なったわけではなく、
少なくとも方向的にはプラスだったと思いますし、自分で自分に期待するというのも
ちょっと変ですが、いつか彼女たちを認められれば、とは思っています。

Posted at 00:41:41 2014/03/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

お疲れ様です。
圧倒的な曲数だったというのは印象にとても残っているのですが、誰が何回歌ったか迄は考えた事が無かった為、非常に興味深い集計だと思いました。有難うございます。

2点ほど思った事がありましたので、コメントさせて頂きました。
以前もコメントさせていただいたのですが、「i」について。
iに限らず、自分REST@RT、M@STERPIECE等は「過去を振り返った上で未来を見つめる」といったテーマが込められているかなと思っています。声に出して歌う事でより一層身に沁みるのもこれらの楽曲の特徴だと思います。(逆にこれらの曲を聴くと凹む、という人もいるみたいですが…)
以前の記事にもありましたが、これまでにいろんな事があったからこそ「i」で思い出が爆発したのは必然だったのかなと思いました。(ちなみに私の中ではiが人生訓の様な物になっています)
的外れな意見でしたらごめんなさい。

次にシンデレラガールズについて。
Nation Blue•Orange Sapphire•ワタシポンコツアンドロイドは、とてもアイマスらしい良い歌だと思ってます。私の中では、シンデレラに興味のない人にとても聴いて貰いたかった曲だっただけに、余り興味を引けなかったようで残念です。

上の方もおっしゃっていますが、知識として知る事も拒否しているように私も記事から感じられました。
中には出オチのようなキャラも多くいますが、SSAのステージに上がったキャストさんに関して言えば、これまでのガールズ達と同じく、熱意を持ってキャラクターと向き合って来たと思います。
ミリオンの時のように、きっかけとして今度のライブに参加してみるのも良いのではないでしょうか?

相変わらずの長文失礼しました。

Posted at 02:49:46 2014/03/06 by ユッキー

この記事へのコメント

kage

とても楽しく読ませてもらいました、僕はライブはいったことがなく毎回BDがでるまでニュースサイトのレポを見返しているのですがこちらでは一曲一曲非常に詳しく書かれていて(特に765組)次が楽しみになりました
これからも読ませてもらおうと思います

Posted at 07:01:38 2014/03/06 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 10:08:37 2014/03/06 by

この記事へのコメント

kage

始めまして書き込みさせて頂きます。

僕もSSA両日行きました。
自分は(公式に対しては兎も角)アイドルに対しては全て受け入れているのですが、とはいえシンデレラに対してはまだ知らなくてそれでも今回全力で楽しめました。
これは僕がアイマスにハマりまだ半年と少しなのでミリオンもシンデレラも既に展開されてるものであったから拒否反応がなかったのかもしれません。
しかしハマりたてのころにミリマスをやったときはまだ765しか興味なくて他の子達に見向きもしていませんでした。
それでも今はミリオンスターズが大好きで、シンデレラも同様に知って行こうと思えたのはやはり彼女達の頑張りを見たからでしょう。
公式の身勝手で産まれたものかもしれません。
それでも彼女達は同じアイマスとして少しづつ認められ今回でみんな繋がり、そしてこれからももっともっとがんばって行こうとしています。
アイドルに罪はない。そう言ってしまえばただの思考放棄かもしれません。ですが認められなかったり興味を示されなかったりする中必死にアイマスの一員になろうとしてきた、必死に輝こうとしてきた彼女達の頑張りを否定など、拒否など出来ません。
自分語り、長文になり大変申し訳ありません。

人に押し付けるのもまたおこがましいことですが、管理人さんも彼女達に対しての拒否反応も薄まっているようなので、彼女達に対してもっと知ろうとしてくれることを願っています。そして願わくば全員で一つのライブもまた見たいと思ってくれればと思います。

失礼いたしました

Posted at 19:14:08 2014/03/06 by ななし

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ユッキーさん

コメントありがとうございます。
「i」については、仰る通りだと思います。私はこれまでこの楽曲を、言わば軽視すら
してしまっていましたが、今回のライブで本当に「特別な曲」になったと思っています。
今まで平然と聴き流していたのはちょっと恥ずかしい…とすら思っています。

シンデレラについては、仰る通りで、前の方へのコメント返信でも書かせていただいた通りです。
「アタシポンコツアンドロイド」は結構印象的でしたが、他2曲は中々…という感じですね。
何回か聴けば印象に残るのかもしれませんが…と私には感じてしまいました。

シンデレラのライブは参加する予定もないのですが、自分にとってのシンデレラが「変わる」きっかけに
なるものは、「狙っていくもの」ではなく「偶然の何か」になるのかな、と思っています。
それがいつの日になるか、そんな日がくるかどうかもわかりませんが、期待だけはしておきます。

Posted at 21:07:06 2014/03/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

6番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

ご覧頂いた通り、曲によってかなりバラつきもあるんですが、
それでも私のレビューがお役に立てたのなら幸いです。

これからもよろしくお願いします。

Posted at 21:08:47 2014/03/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ななしさん

コメントありがとうございます。

シンデレラの声優陣の頑張りというのも当然わかりますし、彼女達自身、厳しい立場にいることを
自覚しているであろう、ということもわかるので、声優陣に対しては当然否定など私もしません。

それでも自分にとっては「シンデレラガールズ」というコンテンツはどうしても難しいのです。
ただ、仰る通り、風向きは決して悪くはない、とは自分自身で思っているので、
ななしさんのように、私もいつかシンデレラを認められれば、と自分のことながらですが、期待しています。

Posted at 21:14:52 2014/03/06 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック