これからのプロデュース方針!

kage

2014/03/08 (Sat)

今回の映画、そしてSSAライブというものは、それぞれ一つのエンターテインメントとして
もちろん完成されたもので、それ単発で楽しむ、ということを当然できるものでありました。

しかし私にとっては、この二つともにアイマス公式からの「メッセージ」という機能のほうが
強く感じました。「アイマスが今後どうしたいか」を受け止め、そして「自分がどうしたいか」を
考えるきっかけにもなる
、そんな二つの大きな展開だったと思います。


ミリオンライブ

そもそも私は典型的な765原理主義で、シンデレラミリオンも批判的な立場にいました。
しかしながらこの二つに対する態度も少し違っていて、ミリオンに関しては、可能ならば
なんとか受け入れよう、認めよう、そういう気持ちでいましたが、8thライブツアーなどでも
中々うまくいかず、2013年を過ごし、2014年まできてしまった、ということになりました。

そんな2014年の頭に、それまで全て応募しながら一度たりとも当たらなかったLTPの09の
イベントに当選・参加
したことで、自分にとっては大きな変化が生まれてきたのです。

このあたりの顛末についてはここで書きなおすことはしませんが、とにかく、ここで映画に
おいて、そしてSSAにおいてもミリオンを受け入れよう、と思えたのは非常に大きいこと
でした。

だから映画も、SSAもしっかり楽しむことはできたし、メッセージを受け取ることもできた。
それは「この先」に進むために、自分自身が「輝きの向こう側」へ進むために、
極めて重大なプロセス
であり、とにかくLTP09に参加できたことは、本当に大きなことでした。

ただ、これだけ言っておきながら、未だにミリオンライブ自体には登録していません
結局のところ「ソーシャルの壁」が立ち塞がっている、というのが未だ大きくあるのですが、
私の性格上、「やるんなら徹底的」で、一歩踏み入れると底なし沼、というのが目に見えている
これを危惧していることもあります。13人+美奈子だけ、とすればそれでいいのかも
しれませんが、そうであっても…という感じ。このブログを本当に毎日更新しているように、
中途半端はできない、という性格で、バランサー機能が自分には全くないことが問題なのです。
それさえも覆せる何かがあるのなら、それは一つしかないのですが、しかし…どうでしょうね。

まぁ、これからはミリオンを批判することは一切ないはずです。無茶苦茶な形で「世代交代」を
押し進められさえしない限りは、という注釈だけはつけざるをえないですけども。

とにかく、ミリオンに関しては、1stライブがまずあって、これへの参加が次なる目標です。


シンデレラガールズ

ミリオンとは違って、シンデレラは受け入れる余地が依然としてありません。これは元々の
スタンスもそうですし、機会自体もない、ということがあります。機会というならば今回のSSAこそ
がそのはずなのかもしれませんが、結局私の心を動かすには至らなかったのが現実です。

会場の一体感を生み出すパフォーマンスなどには舌を巻きましたが、所詮他人事というか、
自分の心にはどうしても響いてこなくて、歩み寄ろうという気持ちにはつながらなかった
のです。

1stライブには当然参加しませんし、可能性が極めて高いと言われるアニメ化も、見るかどうかは
50:50です。今のゲームに登録することもなく、コンシューマ化しても、プレーしないでしょう。

まぁ、8thに続き、このSSAでも声優陣のライブに立ちあったわけで、こうなってくると、
「声優の盾」が発動してきてしまい、中々批判もしにくくなってしまいます。そもそも声優陣を
叩く気なんて一切ありませんが、コンテンツそのものも叩きにくくなってしまうのも事実です。

その意味で、公式にうまくやられたな、とは思います。そして、ここまで来たんなら、いっそ私が
シンデレラを受け入れられるような、そんなコンテンツ展開をやってみろ
、とすら思えますね。


765プロ

これについては今更何を語るまでもないかもしれません。「ぷちます二期」は当然見ますし、
「ONE FOR ALL」も当然購入します。「9th」がどういう形か未だ見えませんが、765プロが
誰一人いない、なんてことにはなりえない以上、これに参加するのも必然です。

「その先」に何が待っているのか、現状何も見えていないわけですが、それでも、この13人が
輝き続けるのならば、私はそこに全てをかけて、全力でプロデュースをしていく
、それだけです。


当ブログについて

このブログは基本的に過去の展開についてレビューをしていくのをベースにしていたんですが、
映画からSSAライブに至るまでは期間が短かったこともあり、特別進行となっていました。

しかしながら、その「バーストタイム」も終わりを迎えたわけで、また通常進行へと
戻っていくことになります
。またレビューを続けていく、というわけですね。
そしてもちろんその中で特別なトピックがあれば、それを記事として取り上げることにもなります。

ただ、「ぷちます」については前述の通り見るわけですが、これについて書くことはないでしょう。
正直毎日何か書くような事があるとも思いませんし、書きようもないですからね。

そして「ONE FOR ALL」については、発売前に大きな新情報があれば、それは書きますが、
発売後にプレー進捗などを書くことは一切予定していません。それどころか、
ここで今続けている「毎日更新」がストップする可能性も十分ある、今はそう思っています。

「13人プロデュース」は何より大事で、このゲームが本当に望んでいた形のものであるの
ならば、ブログを続けることよりもゲームで彼女たちをプロデュースするほうが大事ですからね。

まぁ、それでももし余裕があるのならば、何らかの形でブログも毎日更新していくかも
しれませんが…現状では何も言えません。そのときに何をレビューしているかもわかりませんしね。


とにかく、私は私なりの形で、アイドル達をプロデュースしていくつもりです。
このブログであり、各公式展開であり、という場で、ですね。
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんばんわ。劇場版、SSAライブはきっと多くのPの方々の考えを変化させたことだと思います。

私もシンデレラ、ミリオンはあまり好ましく思っておりません。ですが、シンデレラガールズとミリオンライブは少しプレイしております(時間の空いた時だけですが)。

トリプルデイさんの考えを否定するわけではないのですが、私の理念には「やったことないものを批判するのは筋違い」というものが昔からあります。
やってみてわかることも少なからずあるかもしれませんからね。
なので一応毎日ログインだけ必ずしております。

毎日の小時間のプレイ、劇場版、SSAを通して私の思いは批判的なものから受け入れられるくらいまで変化していました。

しかし、それでも私が好きになった「アイドルマスター」というのは765プロのみんな、ということに変わりはないのでシンデレラ、ミリオンにどっぷりとハマるということはないかな、と思います。ですが、シンデレラとミリオンがこれから発展していくというのは応援していきたい、と考えを改める良い機会になったのではないかと私は感じました。

個人的な意見を多く露呈させてしまい申し訳ございませんでした。
では、失礼します。

Posted at 00:07:24 2014/03/09 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

不眠夜さん

コメントありがとうございます。

「やったことないものを批判するのは筋違い」という考え方は非常に立派ですし、
多くの場合においては、こうあるべきなのが恐らく正しいと、私も思っています。

ただ、私個人の考え方としては「結果はやる前から分かっている」というもので、
今のシンデレラに対する感情を持ったまま、登録だけして、プレーだけしても、
負の感情が溜まるだけ、と思っていて、その「思っていて」は覆らない性格なのです。
自分が一度こうだと決めたら、本当にそのまま突っ走ってしまう。
アイマスに限らず、人生において危険な考えですが、どうにも修正ができません。

ミリオンに関しては、最初から受け入れ余地があって、そしてそれを実際に可能にして
くれる人に非常に運良く巡り合えた、ということがあって今に至っています。

私だって「アイドルマスター」の全てを本当に愛せるなら愛したいし、楽しみたい。
それを妨げているのが自分自身の性格、という非常に悩ましい状態です。

せめて、不眠夜さんのように、シンデレラに対してももう一歩だけ歩み寄って
「応援していきたい」と心の底から言える日が来ることを、自分のことですが、願っています。

Posted at 00:44:06 2014/03/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 23:38:27 2014/03/10 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

各展開に対する捉え方、というのは本当に人それぞれですからね。非常に難しいところです。
不満・不安を覆す決定打が何になるか、あるいはそれがあるかないかすらも人それぞれのはずなので、
軽はずみなことも言えませんが、受け入れ余地があるのならば、いつかその日がくるのでは、と
思います。その意味で、私もシンデレラの受け入れ余地を少しでも作るべきとは思いますが…。

これからもブログは続けていきますので、よろしくお願いします。

Posted at 23:54:46 2014/03/10 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック