アイドルマスター アンソロジーコミック

kage

2014/03/12 (Wed)

アンソロジー三部作一の傑作


アイドルマスターアンソロジーコミック (FOX comics)アイドルマスターアンソロジーコミック (FOX comics)
(2006/03)
アンソロジー

商品詳細を見る


TOUCH! 作:藤枝雅
Hewe We GO!! 作:上田夢人
はげしく、うれしく、せつなそうに 作:GUNP
アイドルグッズをつくっちゃおう♪ 作:みづしま亜留
IとPの微妙なカンケイ 作:ONION
セカンドステージ 作:おこさまランチ
スタートライン 作:水萌桜
スーパースタイリスト 作:陸本よしゆき
DOKI☆DOKIな1日 作:綾川由姫
アイドル一物語 作:芹沢謙
iDOLイメージ 作:ノンシュガー
A SNOW DAY 原作:ディレ1 漫画:ぷろとん
プロデュースド バイ わたし 作:あらたとしひら
マスカレードパニック 作:緋瀬らい
frohlich 作:源久也


前二作同様のアンソロジーですが、出版社が違うということで、「Vol.3」ではありません。
とはいうものの、アンソロジーはアンソロジー。基本構成は同じで、依然としてアーケード時代、
美希も不在の10人体制、というのも変わらないものになります。
では早速各作品ごとに。


TOUCH! 作:藤枝雅

タイトルから分かる通り、やよいがメインで、千早雪歩でのトリオユニットによるシリアス系。
各キャラはそうですが、何よりこの3人の関係性というものが非常にうまく描かれており
千早雪歩を名前で呼び捨て、なんてことは気にならないくらいの完成度となっています。


Hewe We GO!! 作:上田夢人

3作連続登場の上田さんの今作は、タイトル通り伊織と、雪歩によるデュオユニットのストーリー。
伊織らしさ、雪歩らしさがしっかりと描かれたシリアス展開で、後に「relations」にて美希
トリオユニット組む前のストーリー、という見方もでき
、非常に印象的な作品です。


はげしく、うれしく、せつなそうに 作:GUNP

あずさによる、基本ギャグテイストの作品。メインでは出てこない伊織を話題にして、
ストーリーが進行する構成は中々新鮮
で、ギャグ描写も過激すぎず、いいバランスだと思います。


アイドルグッズをつくっちゃおう♪ 作:みづしま亜留

タイトル通りにPがアイドル達と、アイドルグッズについてあーだこーだ、という話で、ギャグ系。
全キャラがしっかり描かれているわけでもありませんが、個性がしっかり出ているメンバーもいて、
さらには、事務所における小鳥の立ち位置、というのもしっかり描かれているのは中々いい感じ。


IとPの微妙なカンケイ 作:ONION

4コマ形式になっていて、ギャグ展開ですが、多くのメンバーでそれぞれとPとの関係性、という
ものが描かれていて
、その意味ではゲーム的。もちろんアイドル間の関係も描かれ、良作です。


セカンドステージ 作:おこさまランチ

これまたタイトル通り雪歩のストーリーとなっているわけですが、ゲームのエンディング後の
ストーリー
、というあたりが非常に特徴的。もちろんシリアス系で、非常に良いシナリオです。


スタートライン 作:水萌桜

やよい伊織のシリアス系ですが、ギャグも適度に散りばめられたメリハリ型。決して百合には
走らず、王道のやよいおりをしっかりと描ききっている
、というあたりは見事なものです。


スーパースタイリスト 作:陸本よしゆき

千早亜美真美、という後にMAで組まれる組み合わせではありますが、珍しいことには変わりない
組み合わせで、この二組の温度差をしっかりと描いています。シリアスとギャグのバランスも中々。


DOKI☆DOKIな1日 作:綾川由姫

雪歩伊織によるユニットの仕事のお話、となっているのですが、ベタながら中々面白い構成
途中、伊織が「雪歩はどう思う」と聞くあたりは、今だったら「黙ってて」になるなぁ…という
あたりもあって、「定番ネタ」の功罪をも感じます。とにかく、この作品自体の完成度は抜群。


アイドル一物語 作:芹沢謙

やよい雪歩亜美によるユニットのギャグモノなのですが、ギャグがどうこう、ということより、
真美が圧倒的に不憫、というところがポイントかと。不憫な描写がある、とかではなく、そもそも
存在自体がほとんど抹消され、申し訳程度に…というのでは…。この時代の真美をあらわしてますね。


iDOLイメージ 作:ノンシュガー

千早雪歩のユニットによる、基本ギャグモノ。二人のキャラクターいうものもちゃんと描きつつ、
ゲームのシステム的なところもしっかりネタとして使う、というあたりは中々うまいものです。


A SNOW DAY 原作:ディレ1 漫画:ぷろとん

石原さん原作、ぷととんさん作、ということで、最も公式的な作品かと。セリフなしの構成、という
特殊な作りながら、765プロの団結をしっかり描いている、というあたりは流石、の一言。


プロデュースド バイ わたし 作:あらたとしひら

律子が引退後で、プロデューサーに転身して…というあたりは「2ndVISION」に直結する内容で、
特にアニメのストーリーと非常に重なる部分があり、今読むと極めて重大に思える内容です。
秋月律子というキャラクターがどういった立ち位置なのか、改めて考えさせられるくらいです。


マスカレードパニック 作:緋瀬らい

こちらも千早亜美真美のユニットの話で、この二組の温度差、というものがシナリオの基盤と
してあります。ギャグテイストでありながら、この二組の関係性をしっかり描いているのは見事。


frohlich 作:源久也

濃厚なやよいおりが展開されるわけですが、春香の扱いが…これはこれで面白いことになっています。
最後の作品として相応しいかはともかく、完成度は高い、良作だと感じられます。



アンソロジーという構成は前2作と全く同じですが、作品の平均クオリティは明らかに高く、
この3作でどれが良いか、というならば今作、と言い切っていいくらいだと思います。アイドル
個人、関係性も丁寧に描かれており、アーケード時代の一つの集大成とすら言えるでしょう。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック