アイドルマスター ブレイク! 2巻

kage

2014/03/25 (Tue)

961プロ、始動


アイドルマスターブレイク!2 (ライバルKC)アイドルマスターブレイク!2 (ライバルKC)
(2009/10/02)
藤真 拓哉

商品詳細を見る


#006 プロデューサー
#007 宣材
#008 ライバル
#009 営業
#010 休日
#011 テレビ番組
#012 衝撃!


1巻のラストで登場した貴音、961プロの「プロジェクトフェアリー」が765プロの6人の
ユニット「765WINGS」と激突するが流れとなるこの2巻、早速見ていきます。


#006 プロデューサー

これまでの活躍からアイドル達にプロデューサーとして認められることとなった裕太郎ですが、
千早だけには認められず…ということに。しかし新曲「Colorful Days」の発売記念イベントで
裕太郎が活躍したことで千早も…というベタベタな展開に。そして最後には貴音
本格的に姿を現し、ゲリラライブを敢行…という現実の3rdライブを彷彿とさせる演出です。


#007 宣材

7話ではありますが、実質的な外伝。雑誌掲載時はフルカラーで掲載されていた、
いわゆる「サービス回」的なものです。タイトル通り宣材を作るわけですが、そのために
体重やスリーサイズを測定して…となると、当然千早の話になる、というお約束の流れに。
そこをクリアして、うまくまとまったかと思いきや…ちゃんとオチを用意してきます。


#008 ライバル

本編に戻り、961プロとの本格激突となってきます。雑誌の撮影に臨む765プロですが、
しかし…というあたりはアニメと酷似した展開。当然こちらのほうが先なんですけども。
そして裕太郎が達と接触をするわけですが、彼女たち自身は決して悪人ではない
ということに気づいてしまって…というあたりは、SP本編とも重なる部分ですね。
何にしても、裕太郎のほうから「ライバル宣言」することでストーリーは動きます。


#009 営業

961の圧力を受けながらも、必死に営業活動をしますが、うまくいかず…という話に。
芸能界の厳しさを痛感させられますが、そこは必死に裕太郎が努力することで、最終的には
うまくいく、というあたりはまさに少年漫画の王道ですが、まぁこれはこれで、という感じ。


#010 休日

この回も外伝的な話で、ページ数はごく僅か。タイトル通りの休日を描いているわけですが、
彼・彼女らの日常生活がわかり、かつサービスカット的なものもあって、まぁ良い感じかなと。


#011 テレビ番組

春香雪歩がテレビ番組に出演しますが、そこに貴音があらわれて…という話に。ここでは
雪歩貴音に憧れる経緯がしっかり描かれており、さらには貴音自身の考え方にも変化の兆しが
あらわれて…
というあたりで、色々なものが少しずつ変わり始める、という回になっています。
ちなみに、1コマだけですがの姿も見え、ファンサービスをしっかりしているのもポイントです。


#012 衝撃!

なんだかんだで順調に仕事をこなしていた765プロの元に、スキャンダラスな写真が送り
付けられて…ということで動揺が走ってしまいますが、そこは裕太郎が敏腕っぷりを発揮し、
しっかりと仕事を成功に結び付けます。ちなみに、ここではが1コマ顔見せをしています。

しかしながら、美希の前にスキャンダル写真を撮ったカメラマンが現れて…タイトル通りの
「衝撃」を感じさせるラスト
へとつながっていきます。SP本編をやれば衝撃でもないんですけどね。



というわけでこの2巻は765VS961の形が描かれ、そして衝撃のラストへと繋がっていく、という
こととなり、ストーリーが大きく動き出すこととなります。「起承転結」のちょうど「承」ですね。

さて、この2巻の限定版では、特典CDが付いており、これにはドラマパートと
カバー曲パートが入っていて、特にカバー曲の評価は中々に高いものです…漫画本編以上に


アイドルマスター ブレイク!(2)限定版 (ライバルコミックス)アイドルマスター ブレイク!(2)限定版 (ライバルコミックス)
(2009/10/01)
藤真 拓哉

商品詳細を見る
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック