プロデュース履歴② ~ゲーム編・中編~

kage

2013/06/03 (Mon)

THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!


アイドルマスター ライブ フォー ユー! Xbox 360 プラチナコレクションアイドルマスター ライブ フォー ユー! Xbox 360 プラチナコレクション
(2009/03/12)
Xbox 360

商品詳細を見る


通称「L4U」。位置づけ的には新作、というよりはファンディスクで、
発売当時には「ニコニコ御用達ソフト」なんて言われていました。
実際ゲーム性は薄い、というかほぼ皆無で、ファンディスク以外の何物でも…。

自分としてはアイマスゲームを予約して買うようになったのがこの作品から
なので、正式にプロデューサーデビューできたような思い出があります。

特典のオリジナルアニメについては別途記述するとして、
プロデュース内容としては…

・限定版を予約して購入
・実績フル解除
・アイドラ全作プレイ

くらいな感じですね。



THE IDOLM@STER SP


アイドルマスターSP パーフェクトサン PSP the BestアイドルマスターSP パーフェクトサン PSP the Best
(2010/01/28)
Sony PSP

商品詳細を見る


通称「SP」。美希の移籍と、貴音の登場で話題となった今作。
ここで一応現在の13人体制となったわけですね。

美希の移籍については色々言われましたが、正直個人的には
それほど気になりませんでした。美希に対する思い入れが物凄く強い、
といことがないからかもしれませんし、他9(10)人とは生まれた背景が違い、
立ち位置的には仕方ないのかな、という感もありました。

感覚としては、亜美・真美が2ndVISION以降になってからも
「2人で1人分」として扱われがちなのは仕方ない、というのに似ていると思います。
美希Pの方はお怒りかもしれませんが、自分としてはそうなのです。

この作品についてもまだまだ長く書けそうなので、後に語るとして、
プロデュース履歴としてはこんな感じ…

・3本全て予約して購入
・この作品のためにPSPを購入
・9人ストーリーモードでクリア
・アイドラ全作プレイ

こんな感じです。



THE IDOLM@STER Dearly Stars


アイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付きアイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付き
(2009/09/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る


通称「DS」。876プロの3人を(セルフ)プロデュースする外伝的作品。
正直この3人の画像を初めて見たとき、バッタもん臭を凄まじく感じましたが、
すぐに慣れていくことができました。

実はこの作品、「2ndVISION」第一弾らしいのですが、
765プロメンバーの設定等はそれ以前(便宜上以後「1stVISION」)のままなんですね。
まぁ過渡期の作品として、そうなってしまった、という感じでしょうか。

前述したようにこの作品(3人)に対する第一印象は決してよくなかったのですが、
その後の色々なプロモーションを見ていった結果、受け入れ態勢ができました。

その主な理由としては、765プロメンバーがきちんとした立ち位置にいること、
あくまでも今作は外伝的位置づけてあること、が明確に見えたから
、でしょうか。

一部では876声優は人気声優ということで、「765声優とは違う」「アイマスらしくない」
なんて声もあったようですが、声優事情に疎い私には当時よく判断できませんでした。

今となっては「アイドルたち」と「中の人」をかなり切り離して当時考えていたんだと
振り返ることができます。この点については、これを書いている今現在とは考え方が
大きく変わってきている、ということがあります。

これもまた長く書けそうなので、後に語るとして、プロデュース履歴は…

・予約して購入
・この作品のためにNDSを購入
・3人ともベストエンディング到達

こんな感じです。

いよいよ次が「ゲーム編」のラストです。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック