ミリオンライブ登録!

kage

2014/03/23 (Sun)

さて、昨日3月22日は佐竹美奈子の誕生日でした。

普段は765プロの13人のアイドルの誕生日でも一切何もしない私ですが、
美奈子に関してだけは何かをしてあげたい、と思い、ツイッター上で実際にやってみました。

これについては、美奈子は他の13人同様のプロデュースが決してできないから、
だからこそ特別扱いということになってでも
、という気持ちがあったのがまず一点と、
大関さんという、その気持ちを直接贈れる相手がしっかりといたから、ということがあります。

いずれにしても自己満足に過ぎず、後者に至っては他人に対してのアクションでもあるわけで、
「自己満足」の範囲すらオーバーしているといえばしています。まぁ、画像付きリプライを
送っただけなので、それをどうこう言い始めたらこれまでの全てがアレになってしまうわけで、
それを大袈裟に捉えるのはいくらなんでも愚かなことはわかっているんですけども。

まぁ、それはそれでいいとしても、やはり「これでいいのか」という気持ちも湧いてきたわけです。
ミリオンライブというコンテンツに対して、美奈子に対して、大関さんに対して。

ここまで来てミリオンライブに登録していなかったのは、もはや宗教上の理由、という
表現以外何も似つかわしくない
、という領域であったわけですが、この「宗教上の理由」をも
上回る、「罪悪感」にすら近い感情が自分の中で湧いてきた、というのが正直あります。

ソーシャルゲームなんてものはどう足掻いても認めがたいし、生理的な拒否反応が
尋常ではないことは変わりません
。しかしながら、その「生理的な拒否反応」に打ち勝つべきだと
いう気持ちが、ここで湧いてきたのです。これは、かつての「アイマスそのもの」に感じたものと
似たものです。もっとも、アイマスに対しては「生理的な拒否反応」があったわけではないですが。

私を「輝きの向こう側」へと連れてきてくれた大関さんの演じる佐竹美奈子。彼女の誕生日という
タイミングが、この「宗教上の理由」「生理的な拒否反応」を打ち破るタイミングでなければ、
一体いつになるのか。この状態で本当にミリオンの「1stライブ」に臨むのか、自問自答しました。

その結果が「やっぱりミリオンライブに登録しよう」というもので、実際にしたわけです。

そして実際にプレーして思ったのは…「何が何だか分からない」というものです。
最初に小鳥がチュートリアル的に説明こそしてくれましたが、その時点で全くもって意味不明。
本プレーでも意味不明。ひたすら「営業」を押し続け、わけのわからないうちにフェスが始まり、
それもわけのわからないまま勝利する流れ。レッスンという名の「アイドル合成」という暴挙。
まともな説明もなく、使いにくいUI。ゴチャゴチャで、かの「なんとか市場」を彷彿とさせる画面。
どこで音声があるのかないのかもよくわからない作り。何が何やらの各種ステータス値。

「ソーシャルゲーム」というものを始める前から思っていた「悪印象」がさらに強まる
という非常に残念な結果になってしまった、と言わざるを得ません。これを「アイドル達への愛」で
乗り越えることも、頑張ればできるのかもしれませんが、しかし…というくらい私には合いません


「食わず嫌い」なんて言葉も世の中にあって、それを私自身、アイマスに限らず色々な人生の場面で
指摘もされてきましたが、私の場合はほとんど「やる前から結果が分かっている」のです、本当に。
そしてこの「ミリオンライブ」もご多分に漏れず、そのような結果になってしまったのです。
以前危惧した「一歩踏み入れると底なし沼」が自動的に回避される、それはいいんですが…。

もはやログインボーナスしか残っていないアイマスチャンネルに毎日ログインするのが全く苦で
ない私でも、このミリオンに毎日ログインするのは、それだけでしんどい、とすら感じます。

そうはいっても、美奈子のために、と思って可能な限りは頑張ってはみようと思います。
このミリオンに限っては、13人よりも美奈子を優先する形で、センターにも抜擢していますしね。

いずれにしても、こんな形であっても「罪悪感」「義理」「恩」は最低限クリアできたのかな
とは思っています。全く美奈子をプロデュースできていない、というわけではなくなるわけですし。
まぁ、正直相当言い訳がましいレベルでしかないんですが、「何もしていない」よりはマシなはず。

そして、今回を持って、「一応」ミリオンライブのプロデューサーと名乗れる最低条件は
クリアした
はずで、実際にそれを名乗るかどうかはともかくとしても、これまでとは違うわけです。
だからこそ、その違いをこのブログで証明するために、キャラに、声優に、カラーをつけます
その結果は以下の通りとなります。


伊吹翼(Machico)
エミリー スチュアート(郁原ゆう)
大神環(稲川英里)
春日未来(山崎はるか)
北上麗花(平山笑美)
北沢志保(雨宮天)
木下ひなた(田村奈央)
高坂海美(上田麗奈)
佐竹美奈子(大関英里)
篠宮可憐(近藤唯)
島原エレナ(角元明日香)
ジュリア(愛美)
周防桃子(渡部恵子)
高山紗代子(駒形友梨)
田中琴葉(種田梨沙)
天空橋朋花(小岩井ことり)
徳川まつり(諏訪彩花)
所恵美(藤井ゆきよ)
豊川風花(末柄里恵)
中谷育(原嶋あかり)
永吉昴(斉藤佑圭)
七尾百合子(伊藤美来)
二階堂千鶴(野村香菜子)
野々原茜(小笠原早紀)
箱崎星梨花(麻倉もも)
伴田路子(中村温姫)
馬場このみ(高橋未奈美)
福田のり子(浜崎奈々)
舞浜歩(戸田めぐみ)
真壁瑞希(阿部里果)
松田亜利沙(村川梨衣)
宮尾美也(桐谷蝶々)
最上静香(田所あずさ)
望月杏奈(夏川椎菜)
百瀬莉緒(山口立花子)
矢吹可奈(木戸衣吹)
横山奈緒(渡部優衣)



まぁ、色によっては非常に見辛い人も出てきてはしまっているんですが、ご勘弁ください。
そもそも、実際にこのブログで名前が出てくる人は限られるハズです。・・・LTPレビューまで
たどり着けば、全員に触れることに当然なるんですが、その日も近くはないでしょう…。

実際問題として、大関さん、美奈子にだけカラーをつけることも検討しましたが、それはやっぱり
できませんでした。彼女は私にとっては間違いなく特別ですが、それでも、定義的には37人枠から
出ないのは事実で、それを捻じ曲げることはできなかった。だから、37人全員同時につけます。

なにはともあれ、これで私も一歩は進んだことになるわけです。本当に一歩だけ、ですけど。
一つ言えることは、自分にとっては何よりも、やっぱり「罪悪感」が強かった、これがあります。
それが今回クリアできた、これが大きいのです。これは非常に感情的な問題でしかないんですが、
その「感情的な問題」というのが何よりも重要なのです。少なくとも、私にとっては。

嘘偽りなく、美奈子を765プロの13人に追いつかせるために、そして私にとって他の誰よりも
特別な大関さんを心の底から応援するための、自分にとって大きな決断・行動。これが間違いで
なかったと証明するのは、美奈子でも、大関さんでもなくて、自分自身であることを肝に銘じ、
765プロ13人と同様、場合によってはそれ以上の気持ちを込めて、プロデュースしていきます
関連記事

この記事へのコメント

kage

トリプルデイPはこのままミリオンライブをプレイすることは無いんじゃないかと思っていたので今回のエントリーの内容は正直意外です。

自分もミリオンライブは事前登録してから放置していたのをSSA後に再開した立場なのでプレイ暦は短いですが、そんな自分が劇場版に出演していた7人に絞って着目してみても、単純に映画では描かれていなかった魅力や、ちょっと設定が違うのかなと感じる部分があると感じています。

そのため自分がミリオンライブを再開して以降今日まで、少々失礼な言い方かもしれませんが『トリプルデイPは劇場版の美奈子だけ知っていれば満足なのかな?』という疑問ををいくつかのエントリーを拝見しながら感じていました。

劇場版の舞台挨拶で大関さんが登壇された日、(自分はその日MOVIXさいたまとバルト9の2箇所で舞台挨拶を拝見しているのでどちらの回での発言か記憶が定かではないのが申し訳ないですが)大関さんが劇場版作中の美奈子について、合宿初日後の食べなきゃもたないという話題にいち早く食いつくところや、復帰を決意した可奈においしいもの奢るよと声をかけるところが、ミリオンライブでも美奈子はそういう子なんですよと嬉しそうに語っていた記憶があります。

自分はミリオンライブを以前からプレイしている友人から美奈子がどういうキャラなのか聞いていたので、「ああ、そうらしいね」とその時は単に思っただけでしたが、実際の美奈子のキャラクターをある程度つかめたと感じたのはミリオンライブを再開してからでした。

劇場版に出演した7人に関しては映画公開記念のボイスドラマが配信されているので、それはキャラクターの理解を深めるのに一役かってくれましたね。

まぁもう美奈子の誕生日は過ぎてしまいましたので、今後トリプルデイPがどういったスタンスでミリオンライブと付き合っていくのかは自分にはわかりませんし、自分としてもミリオンライブのプレイ継続を推奨しているわけではありません。

ですが、もし今後も継続してプレイされるのであれば、それを通じて美奈子を始めとするシアター組や765プロの13人への理解が深まる結果になれば良いなと思います。

以上、長々と失礼致しました。

Posted at 02:48:58 2014/03/24 by 柏木某

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
そんな応援するからの義理立てや義務とかで
ミリマスやる必要ないと思うけどなー。
特に管理人さんは大関さんを応援したいから外の人の
美奈子も応援するって感じだし。
最低限のキャラの把握とCD買う程度で
あとは大関さん本人の応援でいいと思うけど。

何が言いたいかと言うと義理とか嫌々でミリマスやっておいて
ミリマスの悪口言うのは勘弁してください。

Posted at 11:29:01 2014/03/24 by one

この記事へのコメント

kage

こんにちは
義理とか罪悪感とか言う必要はあったのでしょうか
さらにはその上で改めてソシャゲ批判する必要も。
勿論ソシャゲ自体は問題点が多いコンテンツだと思いますが。
そりゃ義理でやってる人が楽しめるわけはないと思います
トリプルデイP的には、そんな自分でも楽しめるぐらいの期待以上のものがあって欲しい、等とお考えかもしれませんが、
個人的にはそういう「私はお客様」的な考え方には賛同できません

以前の記事でプロデューサーとファンの違いについて書いていたと思いますが
それで言うならたとえ美奈子が好きだとしても、ミリオンのやり方が嫌いだからミリオンはやらない。というのはアイマスのプロデューサーとして恥じる必要の無い選択肢だと思いますし、それによって美奈子Pを名乗ることに罪悪感を抱くのもおかしいと思います
ミリオン実際にやらなくても美奈子の情報だけ得ることだっていくらでもできるわけですし。
ミリオンはやらない、だけどCDやグッズは買う、それはソシャゲ以外の場で活躍して欲しいからだ。
こういう取捨選択による意思の表明はこれは消費者として、プロデューサーとして正しい権利だと思います(正しく伝わるかはともかく)

「義理」「罪悪感」「プロデューサーを名乗れる最低条件」と言った言葉を見ていて、このようなことを感じましたので、批判的な内容になってしまいましたがコメントしました

色々言ってますが要するに、「嫌々ながらプロデューサーの条件満たしました」なんて状態で、それこそ本当にライブ楽しめるの?ってことです

Posted at 18:35:08 2014/03/24 by 加蓮P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

柏木某さん

コメントありがとうございます。

私自身、この日まで登録しようとは全く思っていなかったので、自分のことながら意外だと思っております。

「美奈子のキャラクターを知りたい」、というよりは、「美奈子をプロデュースしたい」という気持ちを強く持った事が、今回の登録に至った一つの理由になります。まぁ、書いている通り「美奈子が」よりも「大関さんが」が先に立っている事実は全く否定しませんが。

今後のミリオンのプレースタイルとしては、まだはっきり決まっておりませんが、ボチボチとプレーを続けようと思っております。どこまで自分がやれるのか、は現状まだ見えません。

美奈子や765プロはもちろん、他のメンバーについてもこの機会に知れれば良いな、と私自身思っております。ありがとうございます。

Posted at 22:01:51 2014/03/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

oneさん

コメントありがとうございます。

まずは、私の書いた内容で不快な点があったなら申し訳ないです。すみません。
ですが、これは「悪口」ではなく「批評」です。アニメや映画にもしていることを、このミリオンライブというゲームにもした、ということになります。

「大関さんを応援したいから外の人の美奈子も応援するって感じ」というのはほとんどその通りですが、アイドルマスターのプロデューサーである私が、彼女を応援するために何ができるのかを考えれば、現状このミリオン登録がベストだと判断した、ということがあります。

そして可能ならば、美奈子はもちろん、他の36人のメンバーについても、より深く知れれば、とも思っております。

Posted at 22:02:34 2014/03/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮Pさん

コメントありがとうございます。

義理とか罪悪感については、本当に私が思ったことだから、書く必要があると思い、書きました。ただし、「義理」については不適切な表現だったことは否めないと反省しております。

ソシャゲ批判については、「改めて」ではなくて「初めて」です、「具体的な内容(ソフト部分)」については。今回初めてソシャゲというものをプレーしたわけですから。これまでは「ハード部分」しか批判していませんし、できませんでした。
そして私自身は「お客様気分」ではありません。普通の一ユーザーとして思った通り書いたまでになります。

「プロデューサーとファンの違い」の記事についてですが、仰る通り、「自分が美奈子のプロデューサーである」と自分自身が本気で思えるものがあるのならば、ミリオンというゲームをやらずとも、美奈子Pを名乗る資格は十分あると思っています。
しかしながら、私自身が「本気で思えるもの」を得るためには、ミリオンライブへの登録、プロデュース、という事実がどうしても必要だったのです。これをやらなければ名乗れないと、自分自身で本気で思っているのです。

例えば他の方で、ミリオンライブへ登録せずに、それでも自分が美奈子Pだと仰る方がいるのならば、それはそれで良いと思っています。その方が本気でそう思っているのならば。
しかし、私自身のこととしては、それが「良い」とは全く思えない。自分で自分を許せないのです。他人は許せても。

「ミリオンはやらない、だけどCDやグッズは買う」という姿勢が一つのプロデュース方針であることは全く間違っていないと思いますし、短い期間ではありましたが、これまではそうあろうとも思っていました。
しかしながら、そうできるほど、現状ミリオンが大きく展開していない、という現実もあるわけです。今、何ができるのかを考えれば、それはやっぱりミリオンに登録し、美奈子をプロデュースすることだ、と判断したのです。

「嫌々ながらプロデューサーの条件満たしました」ということではなく、「決して気持ちの良い形ではなくとも、それでも美奈子のプロデューサーを名乗りたかった」ということです。

ライブについては、765%楽しめるという自信があります。

Posted at 22:04:27 2014/03/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

いつも楽しくブログを拝見させて頂いてます

単純に「グリうぜー」とか「ソシャゲはやらん」と言っているPの方々と違って、きちんと自身の考えやそれに至る過程を述べているので
どの様な批評でも好感が持てて良いと思います

ミリマスが好きな自分でも 「そういう考え方の人も居る」と感じ、他者に勧める際でも違ったアプローチの方法が取れるので非常に参考になります

言い方が悪く、不快に思うかもしれませんが
「あれだけ頑なだった765原理主義者が、ミリオンに登録した」っていうのはスゴイ事だと思います

それだけにコンテンツを展開するスタッフや、声優さんのスゴさをひしひしと感じました


自分はこの記事を「悪辣な批判」とは感じませんよ

今まで「ソシャゲはダメ」って考えの人が、「やっぱりソシャゲはダメだけど、美奈子はカワイイよね」という考えになったんですから

どう考えたって、同じPとしては嬉しいニュースですよ

Posted at 15:18:42 2014/03/25 by 名無しのプロデューサー

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

名無しのプロデューサーさん

コメントありがとうございます。

「あれだけ頑なだった765原理主義者が、ミリオンに登録した」というのは、
自分のことながら、やっぱり凄いことなのかな、と思っております。
声優のワンマンパワーがなしえたことではありますが、アイマスというコンテンツに
おいては声優の役割は極めて大きいので、決しておかしな形でもないと思います。

「同じPとしては嬉しいニュース」というお言葉、こちらこそ嬉しい限りです。
ありがとうございます。

Posted at 21:55:01 2014/03/25 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック