私にとっての765プロとミリオンライブ その6

kage

2014/04/05 (Sat)

私にとっての36人のミリオンスターズ

美奈子のライバルでもある36人のミリオンスターズですが、大前提としてはもちろん
仲間であり、私としても敵視なんてせずに、非常に好意的に見ているのが現状です。

LTPも間もなく完結し、ミリオンのゲームそのものもプレーすることで、やっと全員の名前と
顔が一致してきた
、というレベルなのも確かですが、現状それより進んでいるメンツもいます。

それは映画出演の7人、というか美奈子を除く6人で、映画自体はスターシステムであり、
やや設定を変えていても、ミリオンゲーム内のボイスドラマなどもあり、他のメンバーよりも
理解はずっと進んでいるはずで、「情」を持てます
。もちろんキャラのパーソナリティーに
よる好き嫌い(嫌いはないですが)はありますが、全般的に好意的に受け取ることができます。

それ以外だと、やはりライブになってきて、山崎さん、未来はその意味では極めて強い状態です。
数えてみれば彼女が出たライブは7回もプロデュースしているわけで、これは釘宮さんや
たかはしさんを超える、という回数でもあります。これだけの回数をこなしながら、彼女については
あまりちゃんと書いていませんが、彼女のアイマス愛、センターの自覚、パフォーマンス能力は
非常に高く買っており、「ミリオンのセンター」としてこれからも引っ張っていってほしい
、と
強く思います。これからも何度となく彼女をプロデュースすることはあるはずで、その中で
さらなる魅力を見せてほしいと思いますし、それだけのものは持っていると、そう信じています。

未来というキャラクターに絞るならば、彼女もセンター、「王道」そのもので、その意味で
好印象ですが、春香と同様の問題も抱えます。ただ、映画出演メンバー以外では最も印象に
残る、ということは現時点の私にとっては大きく、マイナス要因として機能するにも至りません


また、それ以外のメンバーだと、映画とも重複しますが、伊藤さん、百合子も強力です。
伊藤さんについては、8th横浜、つまりは私の初のミリオンのライブ時点で高く評価しています
この時期自体は大関さんよりもずっと早い時期です。それ以降も舞台挨拶、SSA、いずれも
好印象であり、極端にいえばミリオンにおける「次点」と言ってもいい位置に彼女はいるわけです。

百合子というキャラクターも、決して突飛なキャラクターではないし、だからこそ映画にも
抜擢されたのでしょうが、まずまず好印象で、「次点」の座を本当に狙いに行けるとも思います。

こうしてみると、キャラクターよりも声優が強く出ている感じもありますが、これがこれまでの
私のミリオンとの接し方であったわけで、ある意味では仕方ないのかな、という感じも。
ただ、ゲームを続けていく中で、「キャラ」がより強く出てくることは確実なはずです。

実際のところ、「37人平等」が最初から成り立たず、映画という極端な差もあり、さらには
イベントに出るメンバーも大体固定、ということもあり、「キャラの理解」「声優という属性」に
あまりにも差が付き過ぎて、「36人平等」さえも自分の中で成り立つ以前の状態です。

そんなもの成り立たなくて良いといえば良いんですが、やっぱり気持ちが良くないのも事実。
ただ、「37人平等」がもはや成り立たない今、全てを割り切って、自分の中で明確な格付けを
行い、それによって扱いを変えていく、ということをしても良いのでは
、とは思っています。

まぁ、その「格付け」を行う上での情報も、「思い出」も「情」も現在はあまりにもなさ過ぎて、
それ以前の段階ですし、格付けを行ったところでそれが何に活かされるのか、ということ自体が
疑問でもあるんですが。少なくともミリオンライブのゲーム内では14人をしっかりプロデュースする
までは他のメンバーにその座席は回ってこない、ということを予定しているのは事実です。

それはそれとして、美奈子のライバルでもある彼女らですが、当然仲間でもあるわけで、
「この36人に対しても全力でプロデュースします!」なんてことは決して言えませんが、それでも
彼女たちのことをもっと知っていきたいし、私にとっての今の位置よりはもっと上に
あげたい
とは思っています。ミリオンのゲーム内では、主力メンバーに選ばなくとも、様々な
形で触れていくことはできるわけですし、そこがなんらかのきっかけになれば、とも思います。

なにはなくとも、まずは「ミリオン1stライブ」なわけですが、ここではもちろん「全員全力」で
プロデュース
することになります。たとえ大関さんだけが特別であろうとも、他のメンバーは
ないがしろ、なんてことは絶対にあり得ないし、そんなことをするくらいならPは廃業モノ
です。

「全力」の上限がメンバーで違ってくるのは事実で、SSAなんかはまさにその典型例でした。
ミリオン1stだってそうなるのは明白ですが、上限が違おうとも、自分の出来る全力を、
全てのメンバーに注ぐ、というプロデューススタイルだけは崩さずに挑む
、そのつもりです。
まぁ、これだけ言っておいて、行けると確定したわけではないんですけどね、当然ながらですが。


長々と続きましたが、次回がラストです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

毎日更新お疲れ様です!!ついに噂されていたシンデレラアニメ化が発表されましたね。まぁ素直におめでとうとはいいますし、一応見ようとも思っています。しかしやはり少し不安でもあります。やはりこのままASが影に隠れてしまったり、世代交代がシンデレラになったりしないかと思いとても気が重いです。本当にこれからもあまりASとはあまりかかわってほしくないです。あとOFAのウィキペディア見たら楽曲一覧がのっていました!!READYやCHANGEも収録されているようなのでアニマスから入ったものからはとてもうれしいです!!!

Posted at 23:46:27 2014/04/05 by 108P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

108Pさん

コメントありがとうございます。

しかし、本記事とあまり、というか全く関係ないコメントをいただいても困りもするのですが…。
シンデレラのアニメ化については自分にも思うところがあるので、それはそれで別の機会にします。

Posted at 00:06:28 2014/04/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

あまりの衝撃で書いてしまいました・・・以後気をつけます。

Posted at 00:15:51 2014/04/06 by 108P

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック