私にとってのシンデレラガールズ 前編

kage

2014/05/05 (Mon)

先日シンデレラガールズのアニメ化に関する記事をアップしましたところ、
かつてない反響をいただきました。アニメ化に関しての事実と、それに関する自身の感想を
書いただけであったために、正直これほどの反響があるとは思ってもみませんでした。

いただいたコメントに関していえば、明らかに的外れというか、どうみても該当記事だけを
読んで、私の立場を独自に解釈しているようなものもあった
わけですが、これについては
「以前の記事を全部読んでからコメントしてください」なんてことも言えないわけで、
ブログというメディアの形式上そうなってしまうのは多少は仕方ないのかな、と思います。

もちろんいただいたコメントというのはそういうものだけではないわけで、例えば
私にシンデレラを受け入れて欲しい、といったニュアンスのものも少なくありませんでしたし、
それはありがたいものでもあります。しかし現状それが簡単にはできない状態なわけです。

シンデレラを否定していた多くの人が肯定に変わった、とされているSSAライブすら
私にとってはほとんど何の効果もなかったわけで、この状態からの変化というのは
非常に困難です。現実には「カリスマアイドル星井美希」はいないわけですしね。

ミリオンに関してはそれに近いことがあったにはありましたが、それにしたって
多くのプロセスを経て、さらには多くの偶然が重なってやっと容認、という形になったわけで、
ライブ一本で何がどうなる、というものではないのです。少なくとも私にとっては。

そうはいっても「アニメ」は「ライブ」より大きな効果があるはずで、だからこそ見るか見ないか、
という話になっているわけですが、それすら考えないといけないレベル、というのが前回の記事

ではなぜそこまでシンデレラを否定するのか、ということについて、以前にもちゃんと書いては
いる
んですが、正直数合わせ的なところもあり、かつこの記事を書いてから色々な状況変化も
あったわけで、ここで改めて書きなおすということに意義はあると思い、そうします。

本来は私の「アイドルマスター」そのものへの想いの全てを一本の記事にまとめられるのが
良いのでしょうが、そんなことができるわけもなく、やっぱり過去の記事を読んでもらう
ほかありません。ただ、そんな「想い」の中でも現状大きな課題である、このシンデレラに
対する考え方だけは、もう一度書いておこう
、ということです。リクエストもありましたしね。

というわけで、「私がシンデレラガールズを嫌いな理由」は以下の通りに
なりますが、あらかじめ、これは私個人の意見であり、765プロのプロデューサー、あるいは
ミリオンライブのプロデューサーの意見を代表するようなものでは一切ないことを御理解下さい



1.ソーシャルゲームが嫌い

極度の拝金主義、既存のコンシューマゲーム界への浸食、稚拙すぎるゲーム性、etc…
これについてはどう足掻いても否定しかしようがありません。同様にソーシャルゲームである
ミリオンライブはプレーしているわけですが、この点については一切評価などしていません。

「時代の流れだから」などという声もありますが、そんなこと知ったことではありません。
「嫌いは嫌い」、これは覆りようもなく、この点でシンデレラに著しいマイナス評価がつきます。


2.アイドル達に魅力を感じない

765とミリオンの記事で書いた通り、私がそもそも好きなタイプのキャラクターというのは、
奇をてらわない王道タイプです。つまり逆にいえば、過度に個性的なキャラは好きではない
ということになります。私にとっての一番手である真美も個性的といえば個性的ですが、
それでも必要以上の突飛さというものはなく、絶妙なバランスでなりたっていると感じます。

一方のシンデレラのアイドル達は、もちろん全員が、などとは言いませんが、あまりにも
個性が強すぎるキャラが多すぎる
ように感じます。200人もアイドルがいればそうしないと
埋没してしまうから、に他ならないんでしょうが、それにしても…というところです。

実際にシンデレラのアイドル達の詳細なキャラクター性を知っているわけでもありませんが、
第一印象で「ダメだこりゃ」と思わせられる時点で、「もうダメ」なのです私にとっては。
本当はその「過度な個性を覆せる魅力」があったとしても、それを探す気すら起きません。

もちろん、アニメを見ることによってその「詳細なキャラクター性」「魅力」を半自動的に
見られるのかもしれませんが、一つ確実に言えることは、二次元キャラクターという存在において、
私の人生でただの一度たりとも第一印象で「マイナス」がついたキャラが「プラス」に転じたことは
ない
、ということです。つまりシンデレラもどう考えても同じ道をたどるだけです。

過度に個性が強いキャラは、極端にいえば私にとってはストレス要因ですらあります。
「アニメ」は「ソシャゲ」ではないので「1」は成り立たないわけですが、この「2」はアニメでも
成り立ち、このことが「アニメを見ることの障害」の一つとして大きく立ち塞がります。


3.アイドル達が多すぎる

ソシャゲの特性上、どんどん増やした結果が200人、ということになったのだと思いますが、
やはりこの数は異常です。その中で「自分だけのお気に入りアイドル」を探す、というのが
シンデレラのコンテンツの魅力なのかもしれませんが、私はそれに魅力を感じませんし、
はっきりいって「美少女動物園」以外の何物でもないとすら思っています。

何事においても基本的に「平等主義」の私にとって、200人もキャラクターがいて、
「声」や「歌」があったりなかったり、各種展開での扱いに差があったり、という事実こそが
シンデレラを好きになれない要因であり、私の愛する765プロとの絶望的な差です。

ミリオンにおいて佐竹美奈子が私にとって特別な存在であり、「お気に入りアイドル」で
あるという事実はあるわけですが、これは極めて特殊なケースであり、非常に稀な
条件が揃いも揃った、という奇跡的なことが要因
です。つまりはシンデレラにおいても
「奇跡」が起こればこの問題は覆るのかもしれませんが…奇跡は奇跡であり、普通は起こりません。


4.コンテンツ展開が好ましくない

「3」とも関連する部分になりますが、具体的には例えば総選挙というものがあります。
「9.18」において強く批判されたはずの「競争」を真正面からやってのけるという暴挙は
開いた口がふさがらないというか、もはや言葉もない、というレベル
のことです。

元々アイマスの歴史上、アーケード時代、あるいは「Colorful Days」「オーバーマスター」の
CD発売において「競争」があったという事実もあるわけですが、私はアーケード時代からの
Pではないし、CD売上なんてものはそもそも大した話でもありませんでした。

765において未だにアーケード同様の競争があったり、あるいはCD売上によってアイドルの
扱いが大きく変わる、つまりは「MA2」でやろうとしたことを実際にやっているのならば、
私はここまでアイマスに入れ込んでいない、といえるくらいであり、重大な問題です。

そもそもシンデレラは明確に公式において「推す」キャラは決まっているようにしか
見えませんが、その上で「競争」をやっているのですから、余計にタチが悪いようにも
思えます。全く平等じゃないフィールドにおける競争、馬鹿馬鹿しいにもほどがあります

そんな「不平等なフィールド」においてなおも人気のあるキャラに声が新たにあてられる、
ということに意義もあるのかもしれませんが…そもそも「声がない」こと自体が
私は「アイドルマスター」としてあるべきものではないと感じていて、それ自体が問題
です。


5.コンテンツの扱い方が不明瞭だった

今でこそ単独ライブを成功させ、アニメ化も決定と勢いづき、コンテンツとして安定感が
出ているシンデレラですが、最初はかなり不安定な立ち上がりだったのが事実です。

その確固たる事実というものが、コンテンツ立ち上げ当初は765と一切絡ませようと
していなかった
点で、例えば声優決定後もラジオのゲストなどには呼んでいませんでした。

これは「慎重にコンテンツを進めたかった」と言えば聞こえはいいですが、「やってみて
ダメだったら切り捨てよう」「成功したから765とも絡めよう」という姿勢にしか見えず、
これ自体が私としては快くありません。
もちろんアイマスというコンテンツそのものが
「とりあえずやってみよう」でやってきた歴史がある…というのはわかるんですが、それにしても。

貴音の登場時には明瞭な形で登場させ、展開を披露し、早々に挨拶もしてくれました。
DSもそうでした。長谷さんから浅倉さんへのバトンタッチも非常に丁寧に行われ、これ自体は
9.18に直結はしていません。こういったことがあったからこそ「保守的」な私もこの「変化」を
受け入れられたし、ちゃんと認め、そして他のメンバー同様に愛することが出来た
わけです。

しかしシンデレラにはそれがなかった。挨拶もなしにアイマスの名を語られたという事実は、
ハッキリ言うと第一印象としては「最悪」なわけで、「何様なのコイツらは」と思う
わけです。
これについては完全に公式の展開の失策だと思っており、もし最初にきちんとした形で
出てきていれば、上記の「1~4」があったとしても随分印象は変わったはずです。

ちなみに、書き方として「声優の挨拶があったかどうか」に主眼を置いてしまっていますが、
本質的には「コンテンツの発表の仕方」であり、声優陣に対する批判ではないので悪しからず。


私がシンデレラを嫌う主要因は以上の5つになります。この5つがある以上は
シンデレラの肯定はしようもないわけです。アニメに関しても、「1」は除外されますが、
他は残ったままです。「5」は過去の話と言えば過去の話ですが、逆にいえば今後覆ることもない
明確な事実であり、半永久的にシンデレラに対して残るマイナス
でもあります。

ミリオンとの違いについても、「1」は同じですが、「2~5」において差があるわけで、
ここが私にとっての「シンデレラとミリオンの違い」の非常に大きな部分になってきていて、
現状の私の姿勢にも直結するものでもあります。そのミリオンにしても、765と比べれば
「2~5」はいずれも見劣りする、という事実もあり、それが「765とミリオンの違い」にも
なってくるわけですが、それは今回の記事では余談になりますね。

今回の主題はシンデレラ、ということで「嫌いな理由」はまだ続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

ツイッターで声をかけさせていただきました。いなPと申します。
シンデレラについての記事、改めて書いていただけて嬉しく思います。自分は割と感化されやすいタイプでもともとは765プロ13人の原理主義的な感想を持っていたんですが、なんとなくでプレイしていたデレマス、ミリマスで少し気にかけ、8thやこの間のニコ超でのパフォーマンスをみて少しずつ軟化していった感じなんですが、まだ受け入れ切れてはいません。今の体制は嫌いではなく、応援もできるんですが、もし765が一線から退いたとき、今ほどアイマスに打ち込めるかはわかりません。
そんな中でトリプルデイPのブログにであい、他人の意見を見ることのできる大きな一つの窓口を見つけることができました。シンデレラに対するトリプルデイPの考え方、とても参考になります。それぞれのプロデューサー毎にプロデュースの仕方があるという考えからあまり他人に口出しせずに、互いに不干渉であることが大事だと考えているので、同じような考え方をもっているんだなと、おもって嬉しくも思いました。

さて、長い文章を書くのに慣れていないので支離滅裂にならないうちに締めたいと思います。デレマスについて各々おもっている所があると思うのでこのコメント欄が荒れないことを祈りつつ、後半も待っているので、よろしくお願いします!

Posted at 23:40:48 2014/05/05 by いなP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

いなPさん

コメントありがとうございます。

私もここで自分の意見を書くことで、自分の考えをまとめられるし、また他の方の
意見も聞ける、ということに対しては非常に有意義なことだと感じています。

「互いに不干渉であることが大事」というのは私も全く同様に考えていますが、
全ての人がそう思っているわけではない、というのが一つ大きなところでしょうね。

この記事のコメント欄が荒れるかどうかは、私がちゃんと文章を書けているか
どうか、ということも示しているわけで、内心ドキドキなのは確かです。

先にネタバレしますと、次は「後編」ではなくて「中編」になりますが、
最後までお付き合いいただければと思います。

Posted at 23:51:30 2014/05/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

リクエストに応えていただきありがとうございます。

この時点でコメントしても最後まで読めって話かもしれませんが、2つほど前から気になっている点がありますので、早速沸いた次第です。


まず、公式の扱いが不明瞭だったというのは仰るとおりですし、「とりあえずやってみたら人気出ててきたし本格的に展開するわ」的な態度については一人のシンデレラPとしても同じようにどうかと思います(だからこそ最初からしっかり計画されているミリオンが羨ましいですし、その辺に一部のシンデレラPとミリオンPとの間での確執があるのは非常に悩ましいことです)
ただ、それがイコールでシンデレラ嫌いにつながることについてよく理解できません。

公式がアレだからアイマス全般が嫌い、というのなら理解できるのですが、シンデレラだけを嫌うというのは何故でしょうか。765もミリオンも元は同じところだと思うのですが。
「公式」というのが「公式の中のシンデレラ部門」というぐらいに切り離して認識しているのかもしれませんが、それなら運営者達とコンテンツ世界を切り離して考えてもいいんじゃないかとも思います。
実在の人物を挙げるのはあまり良くないとは思いますが、極端な話「ディレ1には思うところがかなりあるけどアイマスは好きだし応援している」みたいなPは結構いるでしょうし。

「何様なのコイツらは」と思うのももっともですが、しかしそこに関してアイドルや中の人に罪はなく、むしろそこから認めてもらうために今も必死に活動している(ように思える)ところまでが「シンデレラ」というコンテンツのストーリーなのかなと思い、そういうところを自分は応援しています。そういう意味では、自分の場合はマイナス評価からプラスに転じたのかなとも思います。


あともう一点、気になっているのは過去の経験から類推して断定する書き方についてです。
過去の記事でもよく「これまでの自分はこうだったから、きっとこうなります」というような書き方をされていましたが、読み手からすると「そんな根拠でよくそこまで断定できるな」と思ってしまいます。
勿論自分のことは自分が一番よくわかっているでしょうし、だからこそトリプルデイP氏はそういう書き方をしているのだとも思いますが、読者は氏の過去の経験やその時の感情を完全には理解できないわけで、「食わず嫌いが言い訳をしているだけ」とも捉えられかねないです。

また、氏がよく仰っている「変化していくアイマスを受け入れる余地を作る」ということは即ち「氏自身が変化していく」ということだと僕は思っています。
それなのに「でも今回は違うかもしれない、変われるかもしれない」という未来の可能性を過去だけを理由に潰して最初から諦めるというのは非常に勿体ないことだと思いますし、目標達成への努力を怠っているようにも見えます。

最後のは余計なお世話でしょうし、記事の着地点が見えない中でこんなコメントをするのもどうかとは思いますが、思ったことを率直に述べさせていただきました。続きの記事、待っています

Posted at 04:05:43 2014/05/06 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

加蓮Pさんにかなりの点において同意します
それとは別に私の意見も書かせていただきます。

1.ソーシャルゲームが嫌い
なるほど一理あります。ただ、評価しないまでもミリオンをやってはいる時点で矛盾しています。
なら、シンデレラもやって見るべきでしょう。以前書かれているブログにもやりだすととことんやるタイプとおっしゃっておられましたが課金等もされているのでしょうか?無課金で通しておいでならシンデレラも出来るはずです。やってもいない物をあれだけ批判するはやはり間違っていると考えます。やってみてからの批判お待ちしています。

2.アイドル達に魅力を感じない
人それぞれ意見が別れる所です。しかたないとしか。

3.アイドル達が多すぎる
これは同意です。そろそろ打ち止めにして欲しい物です。

4.コンテンツ展開が好ましくない
ここは色々突っ込みたい。
自分がアーケードはやってないからといって無かった事になる訳ではありません。
事実は事実。過去も認めてください。
それに最初に声が着いたのは春香だけです。そのほかのメンバーはしばらく跡にオーディションをしています。最初から全員に声が着いていたわけでは有りません。

5.コンテンツの扱い方が不明瞭だった
765と絡んでいないは誤認識で関わりが薄いが正解でしょう。シンデレラを始めて始めた事をブログに書くと貰えるのは伊織のRですし、最初のほうのキャンペーンでもらえるのも765ばかりでした。またチュートリアルをはじめてもらえるのも765です。私はキュートだったのでやよいでした。あと765は全員しゃべります。
これだけのことが有ってかかわりが無いとは言わせません。

主様のブログには間違いや誤認識が多いです。

Posted at 08:20:56 2014/05/06 by つばさ

この記事へのコメント

kage

シンデレラは貴音コンプガチャから1年ちょっとぐらいやってましたが、2~5に関しては概ね同意見ですね

ソシャゲに関しては別に好きでも嫌いでもないんですけど、ソシャゲだからこそのメリットとして一つ
短いスパンで新たな展開、絡みなどが常に行われていくのはおいしい所かなとは思ってます
やっぱり自分の好きなキャラが掘り下げられて行ったり他の子とどう絡んでいくかは楽しみですし
そこから他の子を見るのもアリかなってなっていくことも多いかと
そしてそれを他人と共有出来る環境を作れる、探せるというのはシンデレラ、ミリオン共に楽しめる部分だと思います


あとこういった批判的な姿勢を取ると勝手な思い違いをされやすいのが
シンデレラガールズというゲームのここが嫌いだと主張した部分は嫌いだが、それ以上の批判はしてないということ

一部キャラだけは好き、曲だけは好き、声優さんが好み、ライブは楽しかった等人それぞれあるでしょう
好きとまでは言わなくても少なくとも嫌いじゃない事だってあるでしょう
その部分を勝手に脳内で「ないもの」として全てを批判していると思い込み噛み付く輩がいるのは不思議です
ゲームもキャラも曲も声優も何もかもが嫌いだと言ってる人に対してなら正当だけど、そこまで言ってないのにまるでそうだと言わんばかりに食って掛かる姿には呆れます

シンデレラガールズというゲームが嫌い
何故か
ここがこうでこうだからだ
嫌いな所を嫌いと述べているだけということをまず理解するところからはじめましょうよ、その上でゲームに対しての自分の姿勢とか批判に対しての見解を示すのが普通じゃないですか

嫌いだからやるまでもないと言ってる所にやってから批判しろ はそもそも的外れなんですよ
やってみようかという要素があればやっているはずですから
今あるマイナスイメージを払拭出来るほどのそれが出てくるならやるだろう とは言い続けておられるわけですし、そういうスタンスはアリだと思います
少なくともミリオンにとってはそれがあった、ということなんでしょうし


余談になりますが、アケで競争やってたんだから知らなかろうが競争が嫌いでもシンデレラは受け入れろって言うんですかね?
競争の部分が嫌いだと言ってるのにそういう過去があったら全て受け入れる必要があるんですかね?
私だって竜宮がプロデュース不可になったりざわわんのやり方に納得なんてしてません(SP美希に関してはプロデュース不可なものの、プロデューサーがいない美希の姿はこういうことなのだろう、だからプロデューサーが必要なんだという内容と認識して非常に満足しています)
それらは受け入れたのではなく「割り切った」のです
その他の好きな部分、納得出来る部分で相殺してね
シンデレラにはその相殺できる部分が少ないどころか他にも相殺しなければならない部分が多いという話じゃないでしょうか


好きなものを嫌いだと言われて憤りを感じるのは自然な事ですけど
あなたは間違っている、正解は私だという論調ではなく
正解は一つじゃないんですから、各々が私の正解を主張すればよいのではないでしょうか
どう受け取るかは受け取り手次第ではありますが、その方がより良くシンデレラをアピール出来ると思います

この記事を通してトリプルデイPに必要なものは各々の中のアイマス観を持って突っつかれることではなく、シンデレラPの中にあるシンデレラへの姿勢やシンデレラの良さをアピールされることだと思ってます

Posted at 10:30:28 2014/05/06 by 名無しのプロデューサー

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

コメントありがとうございます。

公式の扱いが不明瞭、ということについては、「挨拶もなしにアイマスの名を
語られたという事実は、ハッキリ言うと第一印象としては『最悪』」という
ところがポイントであり、その第一印象を未だ全く拭えていない、ということです。

公式についてはもちろん石原さんが全ての展開の総責任者であるとわかっています。
石原さんは「産みの親」としては間違いなく才能があったのでしょうが、
「育ての親」としてはどうやっても疑問符をつけざるをえません。
これはシンデレラに限らず、全ての展開においてそうなのですが、
特にシンデレラの立ち上げ時が非常に問題だと思っていて、そこを指摘しています。

これに関してアイドルや声優に罪がないのはもっともですし、
その状況から認めてもらうために頑張っているストーリー、というのは一理あると
思います。しかし私の心には未だ強く響いてこない、というのが現状です。


私個人の性格については、もちろん他の方に100%理解してもらえるとは
全く思っていません。「そんな根拠でよくそこまで断定できるな」と他の方は
思われるかもしれませんが、私自身の感情の話だから、私自身で断定できるわけです。

この状況からのシンデレラへのアプローチについては、最後に書く予定です。

Posted at 11:17:47 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

コメントありがとうございます。

ミリオンについてですが、現状は無課金でプレーしています。
そしてこれほど批判するソシャゲであるミリオンをなぜプレーしているかというと、
佐竹美奈子がここでしか真っ当にプロデュースできないから、これ一つだけです。
非公式でもプロデュース活動はできる云々は「真っ当」からはとりあえず外れます。

シンデレラにおいても美奈子がいるなら話は変わりますが、当然いません。
765の13人に関しては、シンデレラでプロデュースする必要は一切ないと思っています。

この状況でシンデレラをプレーしたとして、明らかにマイナスが積み重なるだけです。
これは「2」「3」とも強く関連するところになります。


アーケードについてはなかった事になどしていないし、だから書いています。
その上で、「現在もやっているなら問題」としていますが、今はやってませんよね。

最初に声がついたのは春香だけ、というのは衝撃の事実です。
私は確かにアーケード時代からのPではありませんが、まさかアーケード開始時には
他のアイドル達は無ボイスだったとは、全く知りませんでした。
当然、歌も春香以外はなかった、ということですかね・・・驚きを隠せません。

…というのは当然冗談で、アーケード開始時には当然10人に声があったはずです。
キャスティングの順番、収録の順番なんてものが重要なのではなくて、
「アーケード(コンテンツ)開始時に全員に声が付いていた」ことが重要です。


765との関わりについては、ゲーム内にカードが存在することは知っています。
しかしながら「存在する」だけで、それ以上があるかというと、なかったはずです。
シンデレラ開始時の765の存在は言わば「撒き餌」だったと私は認識していて、
「絡ませようとしている」やり方であったとは全く言えないと思います。
やはり、ラジオにゲストとして呼ぶなどがあれば話は随分変わったはずですが。

Posted at 11:19:14 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

名無しのプロデューサーさん

コメントありがとうございます。

私に対して、というよりは他の方に対してのコメントということで、
私の方からはなんとも書きにくい部分はありますが、仰ることは正論だと思います。

シンデレラに対して「全て」が嫌いとは書いていませんし、
一部楽曲なり、声優なり、「嫌いでない要素」ももちろん私にもあるわけです。

しかしそれをもってしても覆せないほどの大きなマイナスがあって、
それが今回書いている内容、ということになります。

「好き嫌い」というものには正解なんて当然ないわけですが、
「嫌い」である要素が間違っている(事実として間違っているなら別ですが)、
という指摘より、「好き」になる可能性のある部分、シンデレラの良さを
指摘されたほうが、はるかに考えが変わるきっかけになる可能性は高いです。

Posted at 11:20:10 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アーケード開始時には当然10人に声があったはずです。
キャスティングの順番、収録の順番なんてものが重要なのではなくて、
「アーケード(コンテンツ)開始時に全員に声が付いていた」ことが重要です。

と有りますが、確かに正式リリース前ではあるものの、春香にしか声が付いていない時期が有り、それがユーザーの前にさらされたのは事実です。そこで反応を見て残りの声も入れている。これも事実です。僕の記憶が確かなら苗字も無かったはずです。

765との関わりについては、ゲーム内にカードが存在することは知っています。
しかしながら「存在する」だけで、それ以上があるかというと、なかったはずです。
シンデレラ開始時の765の存在は言わば「撒き餌」だったと私は認識していて、
「絡ませようとしている」やり方であったとは全く言えないと思います。
やはり、ラジオにゲストとして呼ぶなどがあれば話は随分変わったはずですが。

と有ります。上で今はやっていないので認めると言っておきなが、昔はラジオ等に呼ばれて無かったと言うのには違和感が有ります。ではガッツリ絡んでいる現在は認めているという解釈でいいのでしょうか?それとも以前の様に其の回だけ記憶が飛んでいるのでしょうか?

シンデレラでも認めている部分が有るとの事で其のことについても当然触れて頂けるものと信じております。中編、後編を期待しています。

Posted at 15:31:54 2014/05/06 by つばさ

この記事へのコメント

kage

競争についてですが、個人的には765ではできなかったそうした競争の要素をシンデレラでは行っているというのは、非常に面白いことだと思っています。

批判されるべき部分があるにせよ、選挙・競争というものにパワーがあり、それによってもたらされるメリットがあることも事実です。
シンデレラで言うなら例えば本田未央への関心の高まりと総選挙は切り離せないものでしょう(その過程はまああまり良いものではありませんでしたが)

そして765でしなかったからといってシンデレラもしてはいけないなんてことはないでしょうし、むしろ折角ある程度切り離されたパラレルワールドなんだから、そういう展開の仕方を試してみるというのも大事なことだと思います(各々に合う合わないは別にして)
「仲間だけどライバル」「ライバルだけど仲間」というのはシンデレラのコミックスの中で出てきたセリフですが、シンデレラガールズの関係性というのはまさしくこれなのかなと。

765は展開の中で「団結」路線で13人14脚の歩みこそが素晴らしいものだという風潮を生み出しましたが、しかしそれはイコールで「アイマスかくあるべき」とはならないのではと思います。それくらいアイマスワールドは広がりつつあるように感じます。

トリプルデイP氏はそもそも平等主義だから選挙自体嫌いだとおっしゃってますし、その立場について理解できるのですが、ただ闇雲に「765でダメだったものをシンデレラではやっている、だからシンデレラはアイマスとして認められない・嫌いだ」みたいな意見を言っている人には、それは違うんじゃないかなと思っている次第です。

Posted at 16:29:36 2014/05/06 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

加蓮なPさんに同意します。
総選挙に関して言うと主様が言っていた初めから押すキャラが決まっていたと言うのは一部に関してはその通りで、ニュージェネレーションと呼ばれる3人の内二人はそうだと言えますが、大体が選挙の順位を遵守しています。小早川紗枝についてはあくまでも個人的な意見ですが、ミンゴスが異様に押していた(SSGやアイマスタジオで言っていた)のが利いているのでは無いかと・・・・勿論憶測です。が、第7弾で五十嵐響子(ぬーさん押し)が来れば私の予想が正しいのでは無いかと思っています。

なぜ一部かといえば、ニューウェーブがいまだに声が付いていないからです。
これも憶測ですが、今回のアニメはニュージェネで廻して、2期とかはニューウェーブで廻そうなんて考えてるかも知れません。その場合はニューウェーブにも声が付くのではと考えています。

Posted at 17:48:06 2014/05/06 by つばさ

この記事へのコメント

kage

こんばんは。

私は1~5全て同意です。

考えは人それぞれですからね、肯定的な内容でも批判的な内容であっても。だからこそ同調することが難しくなっているアイドルマスターというコンテンツはあまりにも複雑になりすぎてしまいましたね。

765で出来なかった事をシンデレラやミリオンが実施しても、それがアイマスの象徴である「団結」を崩してしまってはなんの意味もないとだけは言っておきます。

批判的な内容が出てしまい失礼しました。
次回も期待しています。

Posted at 19:52:26 2014/05/06 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

「正式リリース前」に他のメンバーに声がついていないことは何ら問題ではないでしょう。
まさかシンデレラも依然として「正式リリース前」などと仰るわけでもないでしょうし。

「そこで反応を見て残りの声も入れている」との話については、私は初耳です。
つまりそこで「春香以外にも声を入れろ」の意見がなければ、入れていなかったということ
ですよね?それについてソースがあるのなら、ぜひ提示していただきたいところです。

アーケード時代の競争については、私にとって「第一印象」ではなく「後から知ったこと」です。
一方のシンデレラにおける「切り離し政策」は「第一印象」に近く、それが重要です。

あるモノに対する感想・感情を持つ際に、私は「第一印象」に非常にウェイトがかかっていて、
だからこそ「第一印象」がどういったものであるかが重要になってきます。
「今どうであるか」ももちろん重要なのは確かですが、「第一印象」は消せませんし、
「ソレを知る前の過去」は「今」よりも「第一印象」よりもウェイトは軽いのです。
先に言っておきますが、「ウェイトのかけ方」は他人にどうこう言われるものでは一切ありません。

Posted at 20:10:21 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

765でできないことをシンデレラでやっている、ということは仰る通りだと思いますし、
そこに意義がない、とまでは私も思っていません。

また、旧来の「アイマスらしさ」というのは今や「765らしさ」というべきで、
そこの認識もきちんとしなければいけない時期になっているのは確かでしょう。

だから「アイマスとして認められない」というのはもはや的外れなのもわかります。
しかしながら「嫌いだ」は違わないでしょう。「嫌い」は「嫌い」なのですから。

Posted at 20:10:53 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし


不眠夜さん

コメントありがとうございます。

仰る通り、アイマスは複雑化し過ぎていて、色々と本当に難しい状況だと思います。

「アイマスの象徴である『団結』」は少なくともシンデレラにおいては
「象徴」とは言えないのではないかと(総選挙により)私は考えていて、
「765の象徴である『団結』」が現状では正確なのではないかと思っています。

ただ、同じアイドルマスターである以上は、非常に大きな意味での
「団結」だけは全ての展開において共通でできればいいな、とも思います。

Posted at 20:11:18 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

不眠夜さん

競争すると団結していないことになるのでしょうか?
選挙に落ちれば消えてしまうというのなら私はシンデレラをアイマスとは認めていません。
グループ内での競争は特に悪いことでは無いと考えています。

Posted at 20:26:16 2014/05/06 by つばさ

この記事へのコメント

kage

「そこで反応を見て残りの声も入れている」との話については、私は初耳です。
つまりそこで「春香以外にも声を入れろ」の意見がなければ、入れていなかったということ
ですよね?それについてソースがあるのなら、ぜひ提示していただきたいところです。

は多分私の書き方が悪かったのでしょう。反応が悪ければ勿論アイマスはそこで消えていたと言う事です。他に声を入れるまでも無く。

Posted at 20:32:56 2014/05/06 by つばさ

この記事へのコメント

kage

この場で返信をしてしまうのは少し迷惑になってしまうかもしれませんが失礼します。

確かに765プロとシンデレラの象徴は同じではありませんね。知ったような事を発言したことをお詫び申し上げます。

Posted at 20:48:42 2014/05/06 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

アイマスがそこで消えていたかどうかは当時の開発状況がどうであったかわからないので
何とも言えませんが、反応については「開発途中に全員に声があるかないか」が
関係あるとはどう考えても言えないはずで、根本的に話がズレているとしか思えません。

少なくとも私は「開発中」の話なんて最初から全くしていなくて、
「完成品」が世に送り出されたときと、それからの話しかしていません。

Posted at 21:15:51 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

もう嫌いという事で気にしないのが一番じゃないですかね?
前言いましたけど、やっぱり某所で晒されて対立厨の餌になってましたよ
声優さんだけ守ると言うか、悪くないって言ってますが
当の声優さんはこの記事読んだら気分悪くすると思いますし
ただ、それも覚悟の上でしょうから、突っ込ませていただきながら後編まで読ませていただこうと思います。

Posted at 21:23:59 2014/05/06 by ナナミヤP

この記事へのコメント

kage

嫌いを嫌いというのは個人の自由かもしれないんですが、実際にシンデレラに関係してる人がエゴサーチ(モバマス嫌いと入れたそうです)このブログを見て大変落ち込んでいたので、(最終的には皆から受け入れて貰えるよう頑張るという話でしたが)ネットを介して白黒はっきりした意見を主張することは、頑張っている誰かの心を傷つける事があるという事だけは忘れないで欲しいと思います。。。
差し出がましい真似をしてしまいごめんなさいm(__)m

Posted at 21:49:16 2014/05/06 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ナナミヤPさん

コメントありがとうございます。

シンデレラはアイマスの一部だから「気にしない」はできないと以前にも書いています。

また、某所というのがどこだかわかりませんが、「対立厨」だとわかってるなら
誰も気にしないんじゃないですか?「厨」ではなくて私の記事を基になにかしら
議論がなされているというのなら、それはそれで結構なことだとすら思います。

声優が気分を悪くするか否かを気にするのなら、私は石原さん他スタッフが気分を
悪くするかどうかまで気にしなければおかしいと思いますし、すると何も書けなくなります。
何の根拠もなく罵詈雑言を書いているならともかく、私はそんなもの書いていないし、
もっと言うなら「シンデレラのせいで私は気分が悪くなっている」とすら
石原さん他スタッフに言いたいくらいで、お互い様でしょう。

ただ、シンデレラにおいて声優陣を批判するべき点はない、ということは
確かなわけで、だからこそ、そこを勘違いされないように明確に書いています。
これについてはちゃんと書かないと、「声優批判だ」と勘違いして飛びかかってくる
人が出るくらい、声優ファンにはナイーブな人が多いことについても認識していますから。

Posted at 22:22:26 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

21個目のコメントの方

コメントありがとうございます。

スタッフの方がエゴサーチをされて、落ち込んだとのことですが、そんなキーワードで
エゴサーチしている時点で覚悟の上というか、自業自得としか言えないでしょう。
まさかシンデレラが「嫌い」な層が存在しないと思っていたわけでもないでしょうし。

そして、それを踏まえて「受け入れてもらえるよう頑張る」と思っていただけたのなら、
それこそ私としてはありがたい話で、シンデレラにとっても良いことではないでしょうか。

「頑張っている誰かの心を傷つける事がある」というのは承知の上ですが、その頑張りは
私には残念ながら届いていない、ということです。スタッフの方は我々一般のPの、
「趣味」としてではなく、一社会人の「仕事」として取り組んでいるわけですから、
「頑張っている」のも結構ですが、「皆から受け入れられる結果」を出すべきで、
「傷つけられる言葉」が出ないような、そんなコンテンツを作り上げていただきたいと思います。

Posted at 22:26:38 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

トリプルデイP様

返信どうもです。
アイマスの一部だから気にしないことはできないと言っていたのは知っています
けど、その同じアイマスの一部を嫌い嫌いと言って周りを不快にさせ対立を煽ってどうなるんでしょうか?
最終的なゴールはシンデレラが終わってしまえばいいんですかね?
まぁ対立厨を誰も気にしないなら、アイマス界隈はこんな内部対立起きてないですよ
ネットは過激な人も多いですから、大関さんにこのブログみせてシンデレラについて聞こうというレスもありました
個人の意見だから、なんて言っても原理主義者代表として名前は上がるし叩かれます
もちろん自分はそれを是としてるわけじゃないですが、そういう状況にあるとだけ伝えたかったので
あと、声オタもアイマスPもナイーブな人は変わらず多いですし、攻撃的な人も同じようにいますよw
そういう全てのことを含めて、有る意味矢面に立つ形で批判できるトリプルデイP様はすごいと思ってます
中編と後編楽しみにしています


Posted at 23:11:59 2014/05/06 by ナナミヤP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ナナミヤPさん

私がこの記事を書いているのは、私自身の考え方をまとめるという意味もありますし、
同時に読者の方に対して自分のスタンスを指し示すことで、他の記事についての
整合性を理解してもらう、ということも意味しています。

例えばSSAライブにおいて、以前の「モバマスが嫌いな理由」を書いていなければ
「なんでこの人はシンデレラについてこんな書き方なの?」となってしまうわけで、
そういったことを避けたい、という思いもあって書いています。

不快にさせたり煽りに感じさせたりすることは一切目的としておらず、
そう取る人の取り方次第、としか言えません。なぜなら私は根拠なく
シンデレラを批判しているわけではないのですから。

最終的なゴールはシンデレラが終わることではなくて、
私がシンデレラを受け入れられることが一つのゴールだと思っています。

大関さんに対するアクションについては、趣味が良いとはとても思えませんね。
ただ、彼女はシンデレラを十中八九好んでいると私は認識していて、
その点において私と相違がある、ということは確かなはずです。
が、声優とファンの好き嫌いが全く同じである必要は一切ないでしょう。

アイマスPにおいてナイーブな人も攻撃的な人もいるのはもちろんわかっていて、
このブログのコメント欄がまさにその確固たる証明でもあるわけです。

私が凄いかどうかはさておき、別に間違ったことをしているつもりもなく、
自分の思う通りに自分のブログに書き連ねている、ただそれだけです。

Posted at 23:48:07 2014/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

やはり荒れまくりですね。
個人的には前にも書いたようにミリもシンデレラもいいとは書きましたが全てとは言いません。
特に1には激しく同意です。
まだSPしか僕はやっていませんけど育てたアイドルがカードでプロデュースされると思うと流石に頭にきますね。
数年前のアイマスならこんなP同士の争いもなかったのに…
バンナムは何か大きな間違いをしていると思います。

Posted at 00:51:28 2014/05/07 by 108P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

108Pさん

コメントありがとうございます。

この状況を「荒れまくり」というにはまだ早いとは思いますが、
世の中に「人それぞれ」を許容できない人がいるのはどうしようもないことです。

バンナムからすれば結局のところビジネス的に成功するか否かが最重要で、
シンデレラはその点において成功しているようなので、あながち「間違い」とも
言えないのが現状です。が、そのビジネス面以外の面では明らかに
良い状況ではないわけで、ブランディングの間違いとは言えると思っています。

Posted at 01:04:07 2014/05/07 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック