私にとってのシンデレラガールズ 後編

kage

2014/05/07 (Wed)

私がシンデレラを容認するには

ここまで書いてきたように、多くの面においてシンデレラは肯定しがたく、だからこそ
「嫌い」というレベルにすらあるわけですが、「アイドルマスター」の一展開である以上、
本当はこれを好きになりたいし、楽しみたい
。この気持ちは決して嘘ではありません。

自分の人生においてあまりにも大きく、大切なアイマスの全てを心の底から好きになり、
楽しめる事が理想でなければ何が理想なのか、ということで、心の底からそれを願っています。

しかしながら「願っている」ばかりで具体的には全くシンデレラ容認の動きに出ていないでは
ないか、と言われれば全くその通り
です。ではなぜ何もしないかと言うと、自分の気質上、
これほどまでにマイナスが積み重なったものに対してはいかなるアクションを起こしたとしても
決してプラスになど動くことはなく、マイナスがさらに重なるだけ、というのが明白だから
です。
「食わず嫌い」ではなくて「食っても嫌い」、これがある以上は限りなく難しいのは確かなのです。

ではどうするのか、というと、これすら打破できる可能性がある切り札が一枚だけあって、
それが「情」
です。「情」というのは非常にあいまいな言葉になりますが、私にとってはこれこそが
最も重要な要素です。アイマス自体すらもこの「情」による部分が極めて大きいのです。

私は7年間アイマスのプロデューサーをやってきましたが、この「7年」に積み重なった「情」は
あまりにも大きすぎる、ということになります。これはスペック上は最強のはずの美奈子が765の
13人、そして「14番目」の小鳥にすら現状全く歯が立たないということにも直結する話
であり、
「9.18」を私が乗り切れた理由の大きな一つでもあるわけです。

ではいかにしてシンデレラに「情」をもつのかというと、もはや正攻法では無理なのは前述の
理由の通り。8thやSSA、ラジオ他での声優に対する接点は全く無意味ではありませんが、
積み重なり過ぎたマイナス面を打破するパワーというものはなく、焼け石に水
でしかありません。

そんな状況を打破できる絶対的な方法は、ずばり「シンデレラの声優と個人的に親しくなる」
ということになります。「声優に情をもつ」ことになれば、私は絶対にシンデレラを叩けなくなる、
という状況に陥るわけで、これで問題は一応解決する
ことになります。これはミリオン容認のときと
かなり似ている状況でもありますが、「個人的」の域に達さねばならず、その強化版ともいえます。
ミリオンと同じレベルの「情」ではシンデレラ打開には足りない、ということでもあるわけです。

…とはいうものの、そんな状況が発生する可能性は事実上ゼロです。はっきりいってこんなものは
「宝くじで3億円当たる」ことを前提として人生設計を考えているのと同じ話で、意味のない
夢物語でしかありません。そして私はシンデレラ容認にあたって現実的にこれを考えているわけでは
もちろんなく、「シンデレラ容認」のハードルの圧倒的な高さを示すために書いてみただけです。

では現実的にどうするかというと、これについてはやはり今の段階では書くことはできません
なぜかというと、ここで「書く」ことがその「可能性」を消すことになってしまうからです。
ただ確実に言えることは、大事なのは「情」であり、そして「強引な状況」がどうしても必要、
ということ。「容認しなければならない状況」に自分を追い込む、これしかありません。

私のこのブログなりなんなりを非常に熱心に読んでいただき、かつ察しの良い方ならば
これだけのヒントで検討はつくのではないかと思います。この状況を打破する可能性のある
「絶対的な切り札」が、現実的なレベルで一枚だけある
ということを。ただ、それについて
「こうだろう」とドンピシャの答えをいただいても、イエスともノーとも答えないつもりです。
もう一つだけヒントを残すならば、私は相当の馬鹿だということです。読まれているみなさんも
「コイツは大概だ」と思われているかもしれませんが、それ以上に単純で馬鹿なのです私は。

ちなみにもう一つ、「切り札」が発動したとしても、「アニメを見る」に至るだけで、
「好きになる」はおろか「嫌いではなくなる」にも届かない
、とは思っています。
それ以上に達するには、アニメの出来云々が当然重要になってくるわけですからね。

とにもかくにも、シンデレラについては「現状」否定する要因しかなく、「嫌い」です。
「SSAで容認できるようになった」とか、「ミリオンと何も変わらない」とか、他の方の考えなんて
ものは私には何一つ関係なく、ここまであげた要因をもってして今なお「嫌い」なのです。

最初にも書きましたが、これは私個人の感想・感情です。にもかかわらずそれを「否定」しよう
とする人もいるようですが、そんなことをされればますますシンデレラを嫌いになって
しまいます。「親切」だったとしても「余計なお世話」です、申し訳ありませんが。

私は他の方がたとえ765が嫌いでも、ミリオンが嫌いでも、一向に構わないし、それが
その人の考え方なのだとちゃんと受け入れられます。自分が好きなものを「嫌い」という、
ただそれだけでその人を否定しようなんて考えは全くありません。そしてこの考え方が
間違っているとも思っていません。
でも、誰もがそう思っているわけではないらしい、
というあたりは中々に難しいところだと思っています。アイマス以前の話ですね、これは。

さて、映画において春香が「これまでの全部で走りたい」と話しましたが、あのセリフは間違いなく
メタ的な意味があって、「アイドルマスター」というコンテンツのあり方を示したはずです。

しかしその直後の志保との会話で春香は「人それぞれでいい」とも話しました。
これは「必ずしもこの考えに賛同できなくていい。それでも一緒にアイマスを愛そう」という
メッセージでもあったはずで、私のような「全て肯定ではない」Pをもちゃんと救いあげるものです。
だから私はこのメッセージを信じ、これまでプロデュースしてきたわけですが、このメッセージに
しても、誰もに届いたわけでもないようで、これもまた難しいところだと思っています。
まぁそんなメッセージ性なんてものはなく、私の妄想の産物でしかないのかもしれませんが。

また散々公式を批判しているくせに、都合のいい時だけ公式のメッセージを使いだす、というのも
ムシが良いのかもしれませんが、言うまでもなく公式の全てを批判しているわけではないのです。

同様にシンデレラの全てを批判しているわけでもなくて、逆にいえばこれまで上げ連ねた部分以外の
シンデレラの要素は否定していない
、ということでもあり、ここも大きなポイントです。

「人それぞれでいい」を信じて現在はプロデュースをしている私ですが、もちろん、シンデレラをも
愛せるようになり、プロデュースできるようになるならば、それが理想である
のは確かです。

あまりにも巨大化・複雑化し過ぎたアイマスの全てを愛するのは非常に難しいですが、
「アイドルマスターのプロデューサー」である以上は、それが出来る日を夢みているのです、私も。

「夢は夢で終われない」のは彼女たちだけではなくて、私も同様なのです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

嘘だと思うかもしれませんが、僕も勿論、嫌いなものを嫌いだということは自由だと思っていますし、それを否定するつもりもありません。
しかし、嫌いになるのには理由があり、そしてその理由に対し疑問があればそれを追求することは何ら間違っていないと思っております。

嫌いな理由の中に誤解があるかもしれませんし、前後で矛盾して自分に都合のいいように難癖つけているだけかもしれません。勿論そう感じた僕の方に誤解があるかもしれません。僕はどうも、そうした部分が気になりだしたら納得できるまで止まれない人間のようです。ですのでこうして、今回の記事に関しても、「いやその理屈はおかしい」とか「そこからどうしてそうなった」と思った部分について、突っ込んでいるつもりです。

まあ究極的に個人の感じ方なんて人それぞれだし、「生理的に嫌い」とか言われたらそれまでなんですが。


あとやはり

>自分が好きなものを「嫌い」という、
ただそれだけでその人を否定しようなんて考えは全くありません。

とまで言っているのでしたら「モバマスのプロデューサーが好きじゃない」は表現として相応しくないんじゃないかなと思います。煽りとかそういう問題でなく、やはり本質からズレているとも思いますし。

とはいってもやっぱり、好きなものを嫌いと言われたり、逆に嫌いなものを好きと言われて、何も感じないかというとそうではなく、そこがまた難しいところですね。


次の記事からはまたROM専に戻ると思いますが、いつも見ているので楽しみにしています。あとツイッターフォローしました、こちらも絡むことはまずないと思いますが報告だけ。

Posted at 01:18:09 2014/05/08 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れさまです。
一点だけ言いたいのは、前編でアイマスの一部だから無理だと言われたことではありますけど
コメントでグダグダ言ってるモバマスPは私も含め
嫌いなら嫌いでいいからこっちの盛り上がりを邪魔すんな、って言いたいんだと思います。好きにさせようとしてるのではなく。
映画やコンサートで感動してたら、横の客が文句言ってた感覚とでも言いましょうか。
せめてアイマス関連の検索でこのブログがひっかからなければいいんですが
シンデレラのアニメ始まって、ここの毎週の感想が検索でひっかかる未来を想像して恐ろしいですw
もし感想をあげるなら検索で引っかからないタイトルにしてくれませんかね、してくれませんね。
始まるまでに自衛手段考えておきますw
それでは

Posted at 03:49:00 2014/05/08 by ナナミヤP

この記事へのコメント

kage

わがままなボーイが多いなあ
世界は君たちの狭いコミュニティだけで出来ているわけじゃないんだよ?
嫌いな理由を真正面からここまで胸の内晒してくれてるんだから、大したものだと思うけどね
俺たちが好きな物を嫌いだと言われたのが気に入らない、ってのは気持ちとしてはわかるけど、仕方ないじゃん、嫌いなんだからさ
例えばシンデレラスレ行って、わざわざこんなこと書いたら、いくらでも非難して良いよ?
ここはトリプルデイPのブログなの
私はこういうスタンスです!って表明してくれてるところに、それはおかしい!って喧嘩売ってるのどっちだかわかる?

と、コメントにコメントした時点で自分も同じ穴の狢ですね、申し訳ない

誰かの言葉借りるなら、毎日更新を楽しみにしているブログのコメントに、つまらないこと書いて、私の楽しみを邪魔するなってことです
気に入らないなら読まないで去る、という選択肢

Posted at 04:08:32 2014/05/08 by

この記事へのコメント

kage

おはようございます。

私もシンデレラを否定したくて否定しているのではないのですが、もうこの気持ちは理屈では表現出来ないような気がします。周りの方と一緒にアイマスの全てを楽しみたいという気持ちは私ももちろんあります。イベントやライブなどでも全力で応援しているのですが…終わった後にどうにも心にモヤモヤが残ってしまいます。応援している時は楽しいのですが。

例えアニメが放送され、その完成度が尋常じゃないくらいのものだったとしても、765プロを追い抜くなんてことはまずありえないでしょう。あくまで私の価値観ですが。

打開策が見つかるかと期待して実際にソシャゲの方も1年くらいちょこちょこやったりしたのですが…特に何も生まれずゲーム自体が面白いと思うこともあまりありませんでした。これも私個人の価値観ですが。

私は「嫌い」ではなく「好きではない」という感じなので受け入れられなくはないんですが、ドップリとハマるという領域にはたどり着くには…やっぱり声優の方への想いを深めることなんですかね。

私の思いを箇条書きにしてしまい申し訳ございません。

OFAの発売も迫り、ますます兼ね合いが複雑化し新たな悩みというのも生まれてしまいそうですが、お互いにいつか全てを好きになれる日がくることを心から願っています。

では失礼します。

Posted at 06:35:00 2014/05/08 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

文句を言ってる横の客って自分がまさにそうだとは思ってないんだよね

結局の所良い部分をアピールするでもなく、好きになってもらいたいなんて思ってなくて、自分たちにとって都合が悪い、邪魔だから潰したいんじゃないでしょうか
大関さんに記事を云々のくだりもそうですけど、そういう可能性を示唆して批判するのをやめさせたい、嫌いな人間は潰したいのが目的にしか見えないですね

こういう人達ばかりではないとは当然思っていますが(むしろ極小数でしょう)
実際目の当たりにした以上極小数とわかっていてもモバマスPへの印象は多少なり変わりますし
引いてはそういう人が居るというだけでシンデレラへのイメージにも若干影響があってもおかしくはないと思います

何にせよ、シンデレラが嫌い、嫌いでなくとも好きではない人は居るには居ます
そういう人達の中にも嫌いじゃないものになってほしい、好きになれるような展開になってほしいという人はいるでしょう
そういう人達がある意味シンデレラに期待しているってことですよ
こうだったらよかったのにな、こうならないかな、とね
嫌いというのが前提にあるのは確かだけど、それ故の批判でもあると私は感じます

Posted at 08:29:46 2014/05/08 by 名無しのプロデューサー

この記事へのコメント

kage

管理人さんがモバマスが嫌いなのは個人の好みだから別にそれはそれでいいと思いますよ
ただ、一つだけ言わせてもらうとしたら”好きになりたいと言いながら、理解しようとする姿勢すらとらない言動の不一致”をどうにかしていただきたいですね
口先だけで行動しない人を見るのは正直胸糞悪いし目障りです

Posted at 12:57:24 2014/05/08 by

この記事へのコメント

kage

結局声優か

Posted at 14:40:01 2014/05/08 by

この記事へのコメント

kage

更新おつかれさまです。

嫌いなら嫌いでいいと思いますよ世の中に万人が気に入るもの
なんてないんですから。

ただわざわざ項目を上げて提示する必要があったのか疑問です
他のPさんも指摘しているとおり、いくつかの項目は
765本家やミリオンでも行われていることであり
そのことへの回答も自分は知らない、自分の中では問題ないと言うもので、
結局好き嫌いで許せる許せないが分かれるところだと思います。

失礼ですが嫌い許せないが前提にあり
後付で項目を上げたようにしか感じませんでした。

CDの項目にあるヒットしてることが許せないというところが
シンデレラが嫌いなPさんのほとんどの理由だと思いました。

Posted at 17:49:54 2014/05/08 by にゃんP

この記事へのコメント

kage

ソシャゲだから嫌い、アイドル量産だから嫌い。
嫌いな理由はこれだけで充分な気がしますけどね。
大体何人いるんですっけ?初代ポケモンより難易度が高い。
もうアニメed曲でアイドル全員の名前読み上げましょうよ。
さて、何人忘れられてることやら。

とまあ、冗談はさておいて、
無理に好きになる必要はないんじゃないですかね。
こんな私でもアニメは見るつもりですし、お願いシンデレラはいい曲だと思いますし、シブヤリンは可愛いと思いましたから。
アニメが身内受けアニメだったら失望ですけれど。

Posted at 20:16:08 2014/05/08 by

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様でした。

長年アイマスをやっているからこその感想、とても参考になります。以前また別の記事でアイマスはその長い歴史ゆえに取っ付きにくく、勢いを落としやすいみたいなことを書かれていたのを思い出しながら、アニマス以降にアイマスに出会った私はここまで熱中することの出来るコンテンツなのだからアイマスのことを深くまで知りたいと思うようになっていました。
シンデレラという存在はそれまで765中心で回ってきたアイマスの世界に新しい価値観をもたらす強いインパクトだったと思いました。実際シンデレラ発表時、どのような情報が与えられてたかはわかりませんが、765達による団結というアイマス不変の価値観を覆すそれはアイマス=765だったであろう当時のP達には大変強い衝撃を与えたんだろうなと考えました。今でこそアイマスワールドは広がりを見せ、765はそのトップにありつつも、その一つに収まるような形になることに抵抗の少なくなったPもそこそこでしょうけど、やはり認められないPがいるのは、それまでのアイマスの長い歴史を振り返れば仕方のないことであり、また当然の結果だと思いました。いろんなことがあってアイマスを応援し続けること断念したPもいるなかでアイマスを応援し続けたのは765やそれを象徴する団結の空気を捨てることができなかったからだと考えています。そう考えるとパッと出た新星、それもこれまでのアイマスから考えると全く考えられないようなコンセプト無視の集団がアイドルマスターの名を名乗ることに対して、トリプルデイPのような感想を持つことは妥当だと思います。
自分自身はシンデレラミリオンともにプレイする身ですが、その感想は至極普通のものだとかんじます。そんな中でもシンデレラミリオンともにアイマスと認め好きになろうとなさる姿勢は新参ながらどちらも応援する身として感謝と言わざるを得ません。

長くなりましたが、765原理的スタンスでありながら迎えよう迎えようとするアイマスへの愛に感謝しつつ、お節介かとは思いますが、いつかシンデレラも認めてあげれる日がくればと思いました。

次回も記事待ってます。

Posted at 22:15:12 2014/05/08 by いなP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

コメントありがとうございます。

私は感情の問題について突っ込むこと自体が正しいとは思えません。
感情が成り立つ理屈などというものは当然感情から成り立つわけですから。
もっとも、事実の誤解については突っ込んでしかるべきだとは思います。

私が「好きじゃないモバマスのP」は765やミリオンが嫌いな人ではなくて、
「数と勢いだけであたかもモバマスがアイマスをのっとったかのような
態度でいる人」や「シンデレラはミリオンより人気が上だから、
コンテンツとしても上、という態度でいる人」です。

ツイッターについては、こちらからもフォローを返させてていただきました。

Posted at 23:23:00 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ナナミヤPさん

コメントありがとうございます。

シンデレラのPが集うコミュニティやスレッドで私が文句を言ったならその通りですが、
ここは映画館でもコンサート会場でもなくて、言わば私のワンマンライブ会場ですので、
まず例えが根本的に間違っているとしか言えません。

少なくとナナミヤPさんは私のスタンスを御存じで、このブログを御存じなんですから
嫌なら見なければいいだけでしょう。アイマスのブログで検索して私のブログしか
出てこない、なんて状態には一切なっていないわけですから。

Posted at 23:23:50 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

直接私に対してではないコメントについてなので、コメントしづらいですが、
客観的に考えて、仰る通りだと思っています。自分からそういうのも難しいですけどね。

私のブログを楽しみにしてくださっているのなら、ありがたい限りです。

Posted at 23:24:16 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

不眠夜さん

コメントありがとうございます。

私もシンデレラのアニメの出来がどれほどのものであったとしても、765を超えることは
ありえないと思っています。それはミリオンすら不可能だと現状では思います。

ハマるために何が必要かは人それぞれだと思いますが、そもそもハマる必要があるのか、
というところではないでしょうか。「世代交代後」を考えると、難しいところですけども。

本当にお互いに全てが好きになれる日がくると良いですね。

Posted at 23:24:36 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

名無しのプロデューサーさん

コメントありがとうございます。

世の中には色々な人がいて、非常に難しいものだとは思いますが、仰ることは
一理あり、少なくともシンデレラのPの印象が良くなるものでは一切ないと感じています。

シンデレラにおいては大前提の部分が「嫌い」なのでやはり難しいものですが、
当然少しも緩和されて「嫌いではない」ものになって欲しいとは思っています。

Posted at 23:24:59 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

6番目のコメントの方

「過去の記事を全部読んでからコメントしてください」なんて言いませんけども、
まさかコメントしている記事すら全く読んでいない、というのではちょっとお話になりません。

Posted at 23:25:33 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

7番目のコメントの方

一言だけで何が仰りたいのか良くわかりませんが、
アイマスにおいて声優の役割は非常に大きいものだと私は思っています。

Posted at 23:25:52 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

にゃんPさん

コメントありがとうございます。

私は嫌いである理由を連ねることは必要なことだと思っています。
明確な理由もなく「嫌いだ」と言うことは、「好き」な人にとってマイナスでしかありませんから。
まぁ「生理的に嫌い」というものも全く否定されるべきものだと思いませんけども。

765やミリオンの線引きについては、後付けなどではなくて先付けです。

CDのヒットが「ほとんどの理由」とは私にはあまり思えませんが…どうなんですかね。

Posted at 23:26:16 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

9番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

私は同じ「アイドルマスター」なので好きになれればいいな、と思っています。
SSAなどで一緒にやっている以上、全てを楽しめたほうがいいに決まっていますから。

Posted at 23:26:38 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

いなPさん

コメントありがとうございます。

シンデレラ開始当初というのは衝撃というか、なんか良くわからないうちに出てきた、
という印象だった記憶があります。なんにしても受け入れがたかったのは確かですが。

少なくとも私は765プロのアイドル達が輝き続けるうちは、アイドルマスターという
コンテンツから離れることはなく、彼女たちを愛し続けるつもりです。
そしてその先の未来を、美奈子を筆頭にミリオンのメンバーにつなげたいとも思っています。

シンデレラを真に受け入れられる日が来るかどうかはわかりませんが、
そういう日がくればいいな、と私自身でも思っております。

Posted at 23:28:49 2014/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

感情の理屈について突っ込むことは、相手のことを理解する上で大事なことだと考えています。ここで言う突っ込むというのは勿論否定するということではなく、説明を求めたりするということです。

少なくとも僕の場合、ブログを読むのは(特にこのブログのようなレビューや考察ブログの場合)書き手の考え方・物の見方を知りたいと思うからなので、その考え方についてわからない部分があれば説明を求めます。勿論それに答える義務はありませんが。


さて、折角リクエストに応えていただいのに、全体的な感想を書くのを忘れていました。
結論から言うと「やっぱりわからないな」です。
書いてある理由の一つ一つにおいて指摘していることが、おおよそ間違っていないとは思います。僕自身もアイドルの多さには苦笑いしたくなる時があります。
しかし、それらの理由が「嫌い」とはっきり言うに値するものになるという部分が、どうしても理解できませんでした。現に自分はそういう不満があっても好きなわけですし。

それに、トリプルデイP氏自身も仰ったように「嫌いである」という状態を維持するのには相当なエネルギーが必要であり、またストレスの原因になります。だから殆どの人は「嫌い」ではなく「好きでも嫌いでもない」や「関心がない」を選ぶと思うのですが、氏はここまで明確に「嫌い」という立場を宣言していて、逆にすごいなとも思いますし、そこまではっきりさせることに何か理由やメリットはあるのかとも思い、そうした点も僕には理解できませんでした。

そしてそれらはもっと根底にある価値観の違い(例えば「平等主義」という考え方の重要性は僕と氏とでは大きく差があると思います)に由来するものでしょうから、まあよほど価値観を揺さぶられる出来事に遭遇しない限り永遠に理解し合えないのかなと思います。要するに「現状では分かり合えないということがわかった」って感じです。

当然ですが氏の考えを否定しているわけではありません。単純に自分とは違うというだけで、どちらが正しいということもないですし。


それにしても、個人的に気になるのは「シンデレラのアイドル達に魅力を感じない」部分で、そして氏の性格の問題上、簡単にはプレイできそうにないというのが非常に残念です。
やはりアイドルをプロデュースするゲームですし、実際にプレイするのがアイドルを手っ取り早く好きになれる方法であることは間違いないわけで、もしそれでアイドルに情が持てたならコンテンツを好きになる上で十分だと思うので。
それに初見では濃すぎると思われがちなキャラ達も、皆いい子達なわけで、でもその良さっていうのは実際に触れないとわからないと思うのです。今ここで僕が説明してもすごいチープなものになってしまうと思います。(実際「いい子」なんて表現しかできてないですし)

しかしながら氏の場合その「とりあえずやってみる」に至るまでに大きなハードルがあるようなので非常に残念だし、「この娘達のことをもっとよく知ってくれれば・・・」というもどかしさもあります。

結局氏が悪いみたいな言い方になっている気がしてきましたが、伝えたいのはそこじゃなくて、そうなってしまうくらいシンデレラのアイドル達に僕が惚れ込んでいる、それぐらい彼女らにもポテンシャルがあるんだってことです。

長文失礼しました。

Posted at 08:01:13 2014/05/09 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

トリプルデイP様

返信どうもです。
インターネットについて自分と貴方とでは考え方が違うみたいですね。
自分はオープンにされている情報については個人ページ等関係なく、世界中で共有されてるものという考えですので
アイマスが好きというグループにおける発言としてああいった例えをしました。
嫌なら見るなというのができないのも、よく考えればトリプルデイP様がシンデレラを無視できないのと同じかもしれませんね。
これからもコメントさせていただくかもしれませんが、適当にお付き合いいただければありがたいです。

Posted at 11:10:27 2014/05/09 by ナナミヤP

この記事へのコメント

kage

他の方も指摘しているけど嫌いってことが前提にあってそれを自分の中で正当化する為にその理由を後付で書いてるようにしか見えなかったなー

今後管理人さんに一般的には同規模の好ましくない展開があっても
765本家の場合・・好きだから許せる(受け入れることにする)
シンデレラの場合・・嫌いだから益々嫌いになる
ミリオンの場合・・765本家及び好きなキャラ・声優に関係なければどうでもいい
ってなるだろうしなー

全部好きだけどその中でも1番765本家が好きな自分としては
ライブでシンデレラ・ミリオンに時間が取られて本家の出番が少なくなるのと(個別ライブで解決してるけど)
「お願いシンデレラ」含めた個人的にアイマス屈指の良曲(ススメオトメやこいかぜ等)が765本家に回ってこなかったのが少し不満かなー

Posted at 11:51:03 2014/05/09 by NEO

この記事へのコメント

kage

インターネットをオープンソースだと理解できない人(もしくはオープンソースとは何かを理解できない人)に粘着宣言されてお疲れさまです
このコメント欄のおかげで、モバマスPとはどんな人間達なのかわかっただけでも、良い記事でした
めげないで頑張ってください

Posted at 21:02:22 2014/05/09 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

一つ事象に対する感じ方が人それぞれ違うのは当然であり、
だから他人の感じ方が理解できないということもまた当然だと思います。
ただ、それでも理解されようとしている姿勢は素晴らしいと感じます。

キャラクターについては、「濃過ぎるキャラ」はもうほとんどどうしようも
ありませんが、「薄いキャラ」には十分情を持つ余地はあると思います。
そのためにゲームは無理でも、まずはアニメを、というのが現状です。

Posted at 22:55:58 2014/05/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ナナミヤPさん

まずはインターネットリテラシーの勉強をされたほうが良いかと思います。

また、アイドルマスターというコンテンツにおけるシンデレラガールズと、
アイマスのP(のブログ)における私(のブログ)では全く位置づけが異なり、
何一つ同じ点などないというのも確かでしょう。

コメントをするな、とは現状言いませんが、あなたのコメントを不快に
思われている方も少なからずいらっしゃるようなので、場合によっては
管理人として適切な処置をさせていただく可能性があることを御理解下さい。

また、私自身も発言に一切の一貫性がない人のコメントをまともに取り合うほど
暇ではない、ということも伝えさせていただきます。

Posted at 22:56:40 2014/05/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

NEOさん

コメントありがとうございます。

複数の方にご指摘・誤解されるということは、私の文章能力が低いということであり、
それについては今後精進していきたいと思っております。

私は3コンテンツそのもの好き嫌いは細部の好き嫌いの総和で決めております。

765にしても、アニメ後半のストーリーや映画について一部批判している点があり、
「9.18」など批判する要素しかなく、これまでブログで取り上げたことは
ありませんが、「LIVE in SLOT」なんて展開は全く評価しておりません。
それでも、そのマイナスを打ち消してあまりあるプラスがあり、だからこそ
トータルで「愛している」と言える状態です。

一方のシンデレラはここまで書き連ねたマイナス要素がこれだけあり、
プラスはというとサッパリなので、コンテンツそのものが「嫌い」となっています。

Posted at 22:57:18 2014/05/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

24番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

この場合にオープンソースという言葉が適切なのかは私にはわかりませんが、
インターネットの活用能力が低い人がこのご時世にも存在するのは、
私も現代人として嘆かわしいです。

ごく一部のサンプルをもってモバマスPを否定するのは適切ではないと思いますが、
当ブログのコメント欄だけ見れば、そうならざるを得ないのは確かですね。

これからも頑張ります。ありがとうございます。

Posted at 22:57:40 2014/05/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

トリプルデイP様

すみません、なにをそんなに怒っているのか教えてもらえるでしょうか?
自分は、以前からずっと一貫して記事を読んでの自分の考えを伝えているだけのつもりですが…
最初はシンデレラも含めて好きになってほしいという気持ちでしたが、それは変わったというのはありますけれど
攻撃的なことも言ったつもりはないですし…
もしかしたら以前みたいに自分のコメントの意図が伝わってないのかもしれません
日本語が下手ですみません
自分が言いたかったのは、シンデレラについて批判されるのは怖いけどついついみちゃうので
トリプルデイP様にシンデレラを気にするななんて言えないですね、って事でした

Posted at 01:46:59 2014/05/10 by ナナミヤP

この記事へのコメント

kage

シンデレラアニメ化決定の記事の26番目のコメントの者です。

不安定な立ち上がりにも関わらずシンデレラが成功した理由は何だと思いますか?
逆に力を入れ、シンデレラのノウハウも生かしたであろうミリオンが今一つ伸び悩んでいる理由は何だと思いますか?
シンデレラのCDと比べミリオンのCD売り上げは芳しくないようですが本家アイドルの新規曲を鑑みても本家Pにとっては魅力的な商品とは言えないのでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありません。

Posted at 01:50:55 2014/05/10 by

この記事へのコメント

kage

あと、インターネット云々に関しては「自分の考え」ではこう思ってたから例えたという話であって
それに関して例えが間違ってると言われるのは全然問題無いですが
インターネットリテラシーが低いとか、現代人として不適合であるかのように言われるのはちょっと心外です
連コメ失礼しました

Posted at 01:52:45 2014/05/10 by ナナミヤP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ナナミヤPさん

別に私は怒っているわけではございません。

インターネットについては、たとえの適切さ以前問題として
明らかに認識が誤っているとしか思えないから書かせていただきました。
ただ、そうはいっても言葉がキツすぎたことは申し訳ないです。

私に対して批判的なことを書くなとも、ご自身の意見を書くなとも
言いませんが、「自衛手段を考える」などと言いながら
「またコメントします」などと言うのは明らかに矛盾していますよね。
「嫌いなら嫌いでいいからこっちの盛り上がりを邪魔すんな」なんて
コメントもそのままブーメランで返せるものです。

繰り返しになりますが、コメントするなとは言いませんが、
現状のコメント内容からはまともに取り合う気も起きなくなる、ということです。
言いたいことがちゃんと別にあるのなら、最初からそう言ってください。

Posted at 10:46:05 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

30番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

シンデレラが成功した理由は、ソーシャルゲームの盛り上がりのタイミングと
ちょうど合致したこと、手軽にギャルゲーがやりたかったけどコンシューマには
手が出なかった層を獲得できたこと、そして「アイマスブランド」があったこと、
こういったことが重なった結果だと思っています。

ミリオンが伸び悩んでいるのは、「アイマスファン」ではない「手軽にギャルゲーが
やりたかったけど層」が既にシンデレラ、あるいは他コンテンツに流れきって
しまい、その層がまともに獲得できていないから、だと思います。

CDについては、楽曲のクオリティが特別に劣っているとは思いませんが、
765の原理主義的Pからすればミリオンのメンバーが「邪魔」であり、
購入意欲そのものを削ぐことにつながってしまっている可能性があると思います。
あるいはミリオンライブという展開そのものが気に入らないから買わない、とか。
実際に私もその理由で購入をためらった、という経緯があります。

いずれも全て私の想像で、正しい保証はもちろん一切ございません。

Posted at 10:47:16 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

トリプルデイP様返信ありがとうございます。

矛盾やブーメランについてはおっしゃる通りで、
ただやっぱりそうは言ってもモバマス嫌いな他人の意見もついつい気にしちゃうという事でした。
これが多分理由もなく叩くような人の意見ならもう気にならないんでしょうが、トリプルデイP様自身が言われているように理由もきちんとあるので読み物としても気になるんですよね。

ずっとコメントして、不快にさせていたならすみません。
コメントのやり取りやこのブログとは関係ないPと話して、自分の考え方は幼稚だなと気づけました。
モバマスからのにわかで最初765やミリオンに興味なかった自分が、声優さんの涙やコメントに感化されて全部好きになり
アイマスを全て好きで当然、なんで大っぴらに嫌いって言うんだという気持ちでコメントしていましたが
ずっとアイマスPとして活動してる人にとっては受け入れられる何かがないと難しいですよね。
8th前までは自分もそんなことわかってたと思うんですが、だめですねorz

コメントはしてないですが、モバマスの記事だけじゃなくてライブのレポや漫画のレビューも読ませていただいてます。
これからも頑張ってください。

Posted at 12:30:26 2014/05/10 by ナナミヤP

この記事へのコメント

kage

アイマスブランドとシンデレラガールズのキャラクター性はトリプルデイPさんは一致しないと指摘していますが、(私も同感です)
それなのにヒットした要因はどこにあると思いますか?
私としてはシンデレラの成功、注力したミリオンの低調を経たアイマス世界を統括したネットワーク性のあるコンテンツを出して欲しいと思っています。
両方ともキャラクターは好きなので何らかの形で活躍して欲しいとは思いますね。

Posted at 12:32:11 2014/05/10 by

この記事へのコメント

kage

主様宛に寄せられた質問ですが私の意見も書かせていただきます。
なぜシンデレラとミリオンで差がついたかについてです。

シンデレラが成功した理由は、ソーシャルゲームの盛り上がりのタイミングと
ちょうど合致したこと、手軽にギャルゲーがやりたかったけどコンシューマには
手が出なかった層を獲得できたこと、そして「アイマスブランド」があったこと、
こういったことが重なった結果

この部分は同意です。

ミリオンがいまひとつぱっとしないのは、個性が薄く中途半端であることでは無いでしょうか?765は前に主様がおっしゃていたように、個性が薄く、普通の女の子がアイドルになっていく様を描きここまで来ました。シンデレラは765と正反対に個性的なメンバーが揃い人気が出ています。最近でこそ個性の薄いメンバーがシンデレラの上位に来るようになりましたが。

対してミリオンはシンデレラ程個性も無く765程個性が薄い訳ではなく・・・正直ミリオンは不要ではないか・・・登場したときはこんな印象でした。ただ勿論ミリオンが嫌いなわけではありません。昨日のミリラジでも下田さんがミリオンの下田と名乗っているの聞いて、やはり765とミリオンを融合させるのだなと思っています。完全に融合したとき765原理主義の方はどんな反応になるのかは恐怖すら覚えますが、個人的には行き詰った765の物語をリセット出来る好機だと受け止めており、ミリオンとシンデレラのダブルスタンダードを望んでいます。

Posted at 14:00:57 2014/05/10 by つばさ

この記事へのコメント

kage


>つばささん

貴方の上でコメントさせて頂いた者です。
トリプルデイさんの意見を聞きたかったのですが、少し気になる事があったので私からもレスさせて頂きます。

>765は前に主様がおっしゃていたように、個性が薄く、普通の女の子がアイドルになっていく様を描きここまで来ました。

個性が薄く、とありますが、モバマスでハムスターとワニを一緒に飼っていたり、道に迷ってとんでもない所へ行ってしまったり口調が独特な双子キャラクター等はいるでしょうか・・?
普通の女の子がアイドルになっていく、には春香さんが該当するかと思うのですが、8年間の時を経て、其々が其々にしかないキャラクター性を確立し、今に至ります。今も彼女達の個性、彼女達ならではの属性は広がっていっていますし、一度でいいのでアイドルマスター、765プロのゲームに触れて頂く事をお勧めします。

私はシンデレラの成功は765プロが8年掛けて確立した個性を生まれた時から会得していた所にあると思います。
個性に優劣があるとは思いませんが、765は8年間かけて其々のキャラクターを確立し、シンデレラは最初からそれを持って作られている。
だからこそ、逆に個性的な子がアイマス世界にいたらどうなるのか、そんな子達はどのように成長していくのかというアイマスブランドならではのキャラの掘り下げをする事が出来、今の人気に繋がっているのだと考えております。
やはり8年ものの個性となると新しく好きになった人が8年間で怒った全てのネタを把握するのは大変難しいでしょうし(オタクはにわかを指摘しないといられない性質ですからね・・・私もそういう部分があります)最近登場したシンデレラの子達であれば自分の好きな子のストーリーにすぐに触れて、これからの展開を楽しんでいけるので、私としては765とは違った良さがあると思っています。
しかしそれは8年間一緒に歩んできた765プロにいきなり異なる物をぶつける事になり、元々の765が好きだった方にしてみれば正直困惑するのは正常な反応であり、その延長線上としてトリプルデイさんのようにアンチになってしまうのも仕方がないと思います。

自分はシンデレラは既に受け入れており、勿論キャラクターも好きなのですが、最近の急な仲間だもんげ、には最初動揺してしまったのは事実です。
シンデレラが予想以上に人気が出たから公式が仲間扱いするようになった、というのは紛れもない事実だと思います。
その根拠は神谷奈緒と横山奈緒といった名前が一致するキャラクターです。
横山奈緒はミリオンライブの中でも割と中枢的な位置にいるキャラクターであり、中の人はSSAや様々なライブに登場しています。
輝きの向こう側へ、にも登場した事から事務所等の関係で最初から有力視されていたキャラクターではないかと推測出来ます。
対して神谷奈緒はシンデレラガールズの初期からいるキャラクターですが、声がついたのはつい最近です。
またシンデレラガールズのミリオンライブ発表以降に登場したキャラクターは10人以上いますが、誰もミリオンライブと名前がかぶっていません。
逆にミリオンライブにはシンデレラガールズとキャラクター名が被るキャラクター達が何人も存在します。
元々ミリオンライブとシンデレラガールズは混ぜる予定がなかった。ミリオンに注力したいからシンデレラに765を登場させなくなった。
しかしシンデレラの方が人気があるため利用しない手はない。そんな運営の右往左往が今の混沌とした状況に繋がっているのだと思います。

ミリオンライブのキャラクターは好きなのですが、シンデレラと比べてストーリーが無い、のは否定出来ないと思います。ミリオンライブのゲーム自体がアイドル毎のストーリーが非常に分かりづらい作りになっています。
最初から765と一緒にするために作られたキャラクターなので、765に近い作りをしていますが、8年間で形成されたものと1年間の、しかもストーリー無しのキャラクターを一緒に混ぜて応援するのは厳しい。
トリプルデイさんが美奈子を応援しているのは、ブログで仰っていた通り、8年間の絆とはまた別の中の人、人間に対する情でしょう。
8年間応援してきた765プロの中の人を応援するのも、ミリオンライブの新人の中の人を応援するのも、人の情である事は変わらないので、近い感情を持つことが出来ます。
シンデレラの中の人はシンデレラ以外に代表的なお仕事がある方も多く、また声がつく前から充分に人気があったコンテンツなので、声優さんへの情を抱くのは難しいのかもしれません。

知ったかぶりの長文失礼致しました。
私のとしては
765→初見で個性が分かりにくいが8年間のストーリーを経て個性を確立した。声優さんがコンテンツの中心にいる。アイドルマスター。
シンデレラ→初見で個性が分かりやすい、アイマスを知らない人でも取っ付き易い。声優さんはコンテンツの中心ではない。アイマスらしくない子がアイマス世界にきたらどうなるか?
ミリオン→初見で個性が分かりにくく、ゲームに成長ストーリーを入れていない。声優さんがコンテンツの中心にいる。アイマスっぽい子がソーシャルゲームの1キャラになったらどうなるか?
そんな印象です。

Posted at 15:39:19 2014/05/10 by

この記事へのコメント

kage

補足失礼致します。
自分がシンデレラを受け入れられたのは、本家よりも公式が絶対的な物ではないという部分に、救いというか逃避があったからだと思います。
もし律子がシンデレラのキャラクターだったら、アニメの律子はプロデューサーをしてるけど、うちの律子はアイドルとして頑張ってる、と自分も言えていたかもしれません。
プロデューサーになったプレイアブルキャラクターとなった律子と対峙しなくていいのはシンデレラの良さだと思いますし、逆に言えば悪いところだと思っています。
長文失礼致しました。

Posted at 15:46:46 2014/05/10 by

この記事へのコメント

kage

応援します!頑張ってください!

トリプルデイPと同時期にアイマスにはまり918で本家を離れアニメで帰還、現状手のひら返しでシンデレラガールズメインで追いかけてるPです。トリプルデイPのシンデレラガールズへの熱い想いを一気に読ませて頂きました。あくまで僕の考えですが「シンデレラガールズ」がシンデレラたり得るのはトリプルデイPのように「嫌う人」が必要不可欠です。シンデレラを名乗る以上、物語上、本家から徹底的に虐められないとシンデレラになれません。765Pが「シンデマスはアイマスじゃねーよwww」と言い切るのを散々味わって初めて僕はシンデレラガールズも応援しようという気になりました。そもそもサービス開始当初の彼女達はレアリティの低いカードを埋めるための大量生産のモブです。(予想以上に人が来て儲かるから徐々CGキャラのSRだしてきましたが、本来は765SR狙いのガチャで利益を得る仕組みです。)そういう可愛そうな娘達にシンデレラガールズのP達の魔法(同人作品やカネ)が声優をつけてしまっただけです。ですからトリプルデイPさんには、もっともっとシンデレラガールズが嫌いだ!!と声を上げて頂きたいです。虐める本家Pが巨大で強烈だからこそ、シンデレラガールズのP達は「シンデレラ」という物語をゲームと現実がごちゃまぜになった「ソーシャル」で味わうことができているのです。もっともっと嫌って、どんどん声を上げて下さい。それがお互いに盛り上がる原動力になります。今後ともよろしくお願いします。

Posted at 16:35:50 2014/05/10 by ニコマス(07年)からのにわかP

この記事へのコメント

kage

この記事でミリオンについて話すのも微妙かもしれませんが、個人的にはミリオンのほうがキャラのストーリー性は感じられるというか、それを掘り下げやすいシステムになっているとは思います。比較するものではないでしょうが、単純に考えて一人あたりの登場機会はミリオンはシンデレラの4倍近いですし、その度に新たな一面を知ることが出来るのですから。
ただ、上のコメントで仰られてたように、ミリオンの手法は765が長年かけてやってきたことと似ており、そういう娘達を765本家と同時に存在させるというのは厳しいですし、商法的に765に便乗させようとしていると思われかねない部分もあるので、そのあたりはもう少し上手くできなかったものか、あるいはこれから改善されないかなと。

例えば765のなかでも響と貴音は途中参加組ですが、彼女たちは他のキャラと比べ最初から濃い目の味付けがされているように感じます。それはきっとアケ~箱マスでP達によって確立された765の他のアイドルの個性に最初から追いついて溶け込みやすくするためだったのかなと。それぐらいの上手い采配をもう一度みたいなと思いますね。


さて、キャラのストーリー性と言いましたが、コンテンツのストーリー性としては、現状シンデレラがミリオンに対して優位に立っているかなと思います(比較する言い方はよくないとは思いますが、話題がコンテンツの人気・勢いの差ということですので)
まあ一歳半ほど年上なんだから当たり前かもしれませんが、それ以外に、
他の方も仰っていましたが、最初からある程度の既定路線を走っているミリオンより、この先どうなるかわからないシンデレラの方が、アイマスらしさがあるというか、応援しがいがあるように思えます。
なんというかミリオンには「いや、そうは言っても世代交代したらウチが本家を引き継ぐんだよね」的な空気が一部で感じられますし、逆にその手の話題になるとシンデレラのP達の間には「このコンテンツは一度止まったら死んでしまう、走り続けなきゃ!」とでもいうような必死さがあるように感じます(別にミリオンのPのプロデュースが生ぬるいとかそういう意図ではありません)。
シンデレラは公式に振り回されていると言われますが、逆に言えば公式にそうさせる程のパワーがシンデレラにあるということでしょうし、公式の予想を越えて成長できたというのがストーリーとして強く訴えかけてくるものがあると思います。

上のニコマスからのにわかPさんの仰っていることはさすがに過激すぎると思いますが、しかし不遇の時代があったからこそシンデレラは・・・という認識には同意できます。
そのシンデレラ・ストーリーの一つの節目となった舞浜ライブで、ガールズ達がボロッボロに泣いて「ここまで来れてほんとうに嬉しい」なんて、最終回のような空気でいたのを見ると、本当に何もかも途中から決まっていったんだなと思うし、それを一緒に作っていた自分、とでも言うような一体感や情を持ってしまい、もう完全にシンデレラ推しになってしまいました。
そしてこれは余計なことかもですが、そうなった以上ミリオンのライブではどうなるのかが非常に楽しみです。言ってしまえばこのライブすらもミリオン内の既定路線でしょうし、そういうちょっと冷めた目で見てしまう自分をどう裏切ってくれるのかなと。
まあ自分はちょろいので多分簡単に感動しますがw

ともかく、そうしたシンデレラの空気感をトリプルデイPを始め、まだシンデレラに触れていない人達が感じるのは難しいでしょうし、そこに入っていくのは抵抗があるかもしれませんが、そうした空気に魅力を感じ、認めてほしいなと思いますし、逆にそうした人達をどうやって迎え入れていくのかが、シンデレラ及びそのPの今後の課題かもしれませんね。

あと一点、ミリオンがまだシンデレラほど成功できていないのは、二匹目のドジョウ狙いを嫌うオタクの気質も大いに関係していると思います。ある意味ではコンテンツ内容の差以上に深刻で、かつどうしようもない難しい問題だと思います。ていうか完全に運営の不手際かなと。

長文失礼しました。

Posted at 18:48:53 2014/05/10 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

はじめまして。いつも記事お疲れさまです。私は少し前からここを拝見させていただいており、シンデレラアニメ化の記事の際コメがかなり白熱してたので、「これまたなるぞ」と思って眺めてはいたのですが、私も1人のPとして、発言したいなと思い失礼ながらコメさせていただきました。

まず、トリプルデイPさんはなんかすげぇめんどくさそうなお人だなぁという印象です。言葉悪く気分を害されたら申し訳ないのですが、私は特殊な癖の持ち主で雑把な人からは神経質にとられて私生活でも一時期苦労しました。なので、トリプルデイPの根本的な部分は折れられない(食っても嫌いなんだからとりあえず食うなんて出来ない…とかでしょうか)、今の展開は正直いたたまれない部分が多いという気持ちはよく分かる気がします。またそうなるほど、人生の中でも重きをおいているという証拠だと思います。

なんかP関係ない前置き長くてすみません。
私は箱からのPで、シンデレラもミリオンもやっていて、今の展開にも大きな不満はありません。そういう奴の考えです。

私としては、シンデレラもミリオンもアイマスの一部であり、上も下もない、アイマスと冠している以上765ありきが大前提ではあるのですが。だからデレミリは駄目とか、本家越えたなとか言う人がいても「なに言ってんだ?」状態なんですよね。だからこそ、ある程度の展開では気持ちは変わらないし、受け入れているんだと思います。
ただ、私も開始当初はこんな展開して大丈夫かな?とは思いました。しかし、黎明期からやってるのもあるのか、今ではデレミリのアイドル達にもすごく愛着があります。そう思うと、原理主義の人が今さらデレミリ(特に今はシンデレラ)を受け入れるのも、デレミリから入った人が本家(こちらは積み上げがあるのでさらに)に移るのも、低くない壁が出来てるなぁとは思います。それほどまでに、アイマス全体、またデレミリそれぞれが大きな媒体になったとも実感します。

その上でまた長くなるんですが、トリプルデイPがシンデレラを嫌いな理由の部分を私みたいな奴はどう考えているか聞いていただきたいです。すみません。

1について、私も普通にゲームをするので、全く同意見ですが、否定ではなく、肯定的ではない、にとどまります。実際、ゲーム>ソシャゲは当たり前ですが、忙しい時期はゲームをするのは難しく、そうするとソシャゲはインスタントやファストフードのような感覚ですね。それすらする気が沸かないときもありますけど…。だから、ソシャゲというだけではじめから拒否はないです。安価で参入しやすい分お粗末な内容ならまあはじめから拒否もありますが。

2について、これも分わかります。濃すぎて味分からんだろといわれても仕方ない子も多い。ただ、接してみて分かることもあります。癖がありますが、765の子たちとなんら変わらないですよ。まあ違う子もいますが(笑)。あとこれは他の項目でも言えるんですが、コンテンツの展開上、濃くせざるを得ない。ある程度、第一印象が強くないと残らない、現実同様。特に、200人近くいて、すでにファンがいる子達の中に入るとしたら、なおさら。なら、増やさなきゃいい、となるんですが、ソシャゲはそうもいかない…コンテンツを存続させるためには新しい風が必要です。ソシャゲにおいて一番怖いのがサービスの終了、なにも残りません。そう思うと、シンデレラはかなり長命で勢いもあります。息を吐くように終了したソシャゲもやってた私としては今のシンデレラはいい方です。だから濃い子達も受け入れるんだとはなりませんが、私の場合、ソシャゲというコンテンツの特性上、濃い子達を受け入れる要因の一つにはなっています。

3について、これも2とほぼ同じです。これでも何も考えずむやみやたらに増やしているわけではないと思います。かなり抑えていると思いますよ。ただ、私もトリプルデイPとかなり近い平等主義なので、「多すぎ差有りありえんわ」というのはかなり分かります。この辺はなんとも言えませんね。

4について、これも2で言ったことと関連します。競争が駄目と言われればそれまでですが、これもコンテンツの存続には必要だと。私も総選挙が絶対いいとは思いませんが、今後に繋げるためには仕方ない部分もあると思います。ある程度、ゲーム上での流れやネット上の評判で運営も推す子を把握しているかもしれませんが、やはり開いてみると分からないもんなんですよ。アナスタシアとか佐久間まゆ(私にとってのトリプルデイPの真美みたいな立ち位置ですかね)とか、予想越えて上位だった気がします。まあ前評判がいい子は上位だったりもしますが…。それが少なからずお金が動いての結果なら、総選挙も、コンテンツを存続する上ではある程度必要だと思います。綺麗事だけでは続かないですからね。差が有ることがいいことでは絶対有りませんが、理解は出来るって感じですかね…これはもうどうしようもないですね…全員に声つけるわけにもいきませんし。難しいところです。

5について、これもシンデレラがミリオンより先んじて展開したために出たものですかね。確かにトリプルデイPの仰る通りです。事実、私もはじめは不安視していたので、製作側も失敗したときのリスクマネジメントとして、必要以上に絡ませなかったんだとは思います(サービス開始前の発表当初は否定的な意見が大半だったと思いますし)。俗に言う9.18なるものもあったわけですし、一度出せば簡単に修正が聞かない本流と違って、漫画やCDのようにメディアミックスの一つとして(ゼノグラシアが近いですかね…)の展開だったかと。ただ、はじめから絡めるつもりがなかったというのは私にとっては行き過ぎかなと。初期など律子のSRが出たときなど少なからず、直接ではないですが765との絡みも示唆されていました(なんというか、映画のような765とがっつり絡みはしないけど、同じ世界線に存在している、みたいな…)し、極端に言えばサービス当初は「シンデレラ」というよりは「アイマスのシンデレラ」という部分が大きく比率で言えば765とシンデレラの割合が半々だったと記憶しています。私が当初、シンデレラ続けていた理由にこれがあります。
今では、中身の展開として完全に独立気味ですけどね。これはまた、ミリオンが765色が強く、シンデレラが薄いため、住み分けの結果、だとは思うので多少は理解出来るかなぁという感じです。真美の招待SRを待っていた身としては、静かなフェードアウトにうーんとは思いましたが、会社の一つの部門がグループ企業ではあるけど、独立して別会社になる、みたいなよく分かりませんがそんな感じですかね。まずシンデレラミリオンが別々に存在している事態びっくりで、ミリオン発表当初はどうしたもんかと思いましたから。そう思うと上手く二番煎じにならなかったなと思いますよ。
で、今は余計に、受け入れられなかった人は去り、765色のより強いミリオンに完全移行する人がいて、さらに後半はシンデレラ目当てで来た人も多く、シンデレラ中心になった時代しか知らない人も多いためになんとも言えないものがありますね。
だから、ただアイマスを冠しているだけじゃんと言われて私としても「まぁ、うん」という気持ちもあります。ですがそれでも、今でもシンデレラも存分にアイマスだと自分の中で思う大きな要因には、中の人の存在が大きいですね。一番はやはりライブであり、ラジオなども聞けば、あぁアイマスだと思うんですよね。ただ私が声優好きというのもあるのでしょうが…。

こんなところが、私が受け入れてやっている理由でしょうか。というか、拒否する理由がなかったというのが大きいのかもしれません。まぁ今の展開だと私みたいな全部楽しんでるのがストレスなく幸せなのかもしれませんね……。長くて申し訳ないのですが、私はこんな風に考えていて傍観してるって感じです。あと6から10の幾つかについても、思うところがあるので、ご迷惑かもしれませんが、コメさせていただくかもしれません。長文失礼しました。

では、記事楽しみにしております。

Posted at 20:10:36 2014/05/10 by 五和P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ナナミヤPさん

私も全てのコメントを不快だと言っているわけではないですし、
私に対する批判的な内容であったとしても、それはそういう意見だと
受け止めさせていただいております。そもそもこういった記事を書く以上、
自身がある程度批判を浴びる事くらいは承知の上ですから。
その中で建設的な意見があるのならば、それを参考意見として
私自身の今後のプロデュース活動にも活かしていきたいと思っています。

これからも頑張ります。

Posted at 20:50:54 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

35番目のコメントの方

37、38番目のコメントも含めて返させていただきます。

シンデレラがヒットした要因としては、400万人という登録者数が示す通り、
そもそも私が言うような「旧アイマスらしさ」=「現765らしさ」を
求める人とシンデレラのユーザー層が合致していないからだと思います。

アーケードからのPでシンデレラに熱心な方が少なからずいるのも
知っていますが、それは「キャラ」よりも「システム」に惹かれている、
ということがあると考えられ、そこは私とは大きな違いだと思っています。


765のアイドルを「普通」と呼ぶのは大げさでも「薄い」のは確かでしょう。
8年かけて魅力を高めたのも事実ですが、最初からちゃんと個性はあって、
しかしそれは「地に足のついたレベル」で「濃過ぎる」ことはない。
その絶妙なバランスを持ったのが765のアイドル達だと思っています。

ミリオンのストーリーの薄さについては全くその通りで、目下の問題です。
美奈子についても仰る通りですが、一点だけ。「新人声優だから」ではなく、
彼女自身が私にとっては絶対的な魅力を持っているからであり、
彼女が「人気声優」であったとしても、それは変わらない、ということです。

本題でもなく、他の方からすればどうでもいい話かもしれませんが、
ここだけは譲れないところなので、書かせていただきます。

Posted at 20:52:01 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

ミリオンの人気の問題については、キャラの個性の問題ではないと
私は思っています。順番的にシンデレラの後追いになってしまったことが
最大の問題で、これが逆なら状況も随分違っていた、と考えます。
前のコメントの通り、「手軽にギャルゲーが やりたかったけど層」が
「先」のシンデレラについたことが間違いなく大きいはずです。

765とミリオンが融合する未来ならば、それはそれで受け入れられると
私は思っています。完全に765が表舞台から去る、というのよりはですけど。
私として望ましいのは当然10th以降も765が765で輝き続けることです。

Posted at 20:52:37 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: 応援します!頑張ってください!

ニコマス(07年)からのにわかPさん

コメントありがとうございます。

シンデレラについて、非常に面白い考え方を教えていただきありがたい限りです。
確かに「シンデレラ」の元々の物語を考えれば逆境というものがあって
しかるべきで、だとすれば今の「シンデレラガールズ」の物語もまさに
その通りですからね。これを公式が狙っていたのならば、それはそれで凄いこと
だと思いますし、チャレンジャーだなと感心します。称賛はしませんが。

これ以上なく現状嫌いなわけで、これ以上もっと嫌おうとも思っていませんが、
現状「シンデレラガールズ」の物語の引き立て役になれているのならば、
それはそれで光栄ですね。まぁ実際には多くのシンデレラのPの方から
そんな引き立て役が必要とされているとは思えませんけども…。

Posted at 20:53:17 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

ミリオンについては、少なくとも現在のソーシャルゲーム内ではストーリー性は
無いに等しいと思っています。ただ、キャラとしてはストーリーを作りやすい
はずで、だからこそ私はコンシューマ化に多大に期待しています。

コンテンツのストーリーとしては仰る通り、ミリオンよりはシンデレラのほうが
強く、そしてミリオンが既定路線を走っているのもその通りだと感じますし、
アイマス、つまりは765がコンテンツとして作り上げてきたストーリーの流れは、
シンデレラのほうが近いというのも全くその通りだと思います。

ただ、そのストーリーというのは内輪にしか意味がないわけで、
それは結局コンテンツの閉鎖性を高めることにすら繋がっていて、
仰る通りますますそれを受け入れる、入っていくのに抵抗が強まるのが問題です。
それ自体は自然発生的なもので、誰が悪いという話でもないですけどね。

Posted at 20:54:05 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

仰る通り、私の性格というのは非常に難儀なものだと自分でも理解しております。
著しくバランスの取り方が下手で、人生においても多々苦労しておりますが、
自分の性格である以上、それを理解した上でうまくやっていくほかないです。

私のあげた5つの理由について、それぞれ見解をいただきまして
ありがとうございます。私と同じところは同じところ、
違うところは違うところ、というところで、参考になります。

そして仰るような「全部楽しめる」というのは私の理想でもありますし、
それが実現されているというのは正直羨ましくも思います。
それが実現できないのは自分自身の所為以外何物でもないんですけども。

これからも頑張ります。よろしくお願いします。

Posted at 20:54:35 2014/05/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

返答ありがとうございます。
他の方で私の質問に答えてくださった方もありがとうございます。

ソーシャルゲームの流行り廃りは同意見です。ミリオン開始時に既にブラウザタイプのソーシャルゲームは下火だったのでどうしてアプリタイプにしなかったのだろうかと当時思いました。
アイマスブランドについては正直知名度はともかく信頼性?みたいなものはあの当時無かったように感じられます(DLC問題や2関連で)。そもそもアニメに影響されたと思われるシンデレラPの大多数層には杏仁絵ベースのシンデレラよりアニメ絵ベースのミリオンの方が受け入れやすく思えますがその辺りはどうお考えでしょうか?

被る部分もありますが私なりに考えた理由も述べさせていただくとシンデレラの人気の理由はコンテンツの成長がアイドルの成長とリンクしているように感じられること、また、総選挙と言うユーザーが今後の展開方向を左右できるイベントが存在するためにそれに向けての活動(ツイッター、ブログで話題にする、アイドルの絵を描く等)によって実際にプロデュースしている気分を味わえ、この二つが組み合わさることで駆け出しアイドルをCDデビュー、ライブデビュー、アニメデビューと売り出していくプロデューサーを疑似体験できると言うものです。

逆にミリオンは最初から与えられすぎているために成長が感じられにくく、ユーザーと無関係に与えられたせいでユーザーの感じる達成感が薄くなってしまい、本家と言う比較対象が存在するのでミリオンメンバーの成長が見えにくくなる、ユーザーのミリオンメンバーだけへの成長を望む熱意が本家との間で分散してしまう等によりアイドルを育てる、プロデュースする感覚が味わえない、味わいにくいのではないかと思います。

CDについては最初ミリオンのCDには本家も出演し、ライブ応募券も付くとのことを聞いた時、シンデレラは終わるのだなと思ったものでしたがそうはならないとは不思議なものです。

Posted at 00:19:55 2014/05/11 by 30番目のコメント

この記事へのコメント

kage

返信ありがとうございます。私もここで色んな意見がみれて色々考えさせられます。

再び長文なんですが失礼いたします。

6について、これも2とほぼ同様で、商売をしている以上、売り上げがなければいけないわけで、最善の手法とは言いませんが、理解出来るやり方です。限度はありますけど。私自身、CD目当てで特典は二の次なので、特典がどうのこうのというのも我関せずです。正直、長くやっている身としては、初期ならいざ知れず、今において、特典が特に売り上げを上げているとは思えません。それが、第一弾よりは売り上げが落ち着いている理由かもしれませんが…。だからなのか、特典商法での売り上げや喧伝が好ましくないとは思わず、間口が広がって知る機会が増えそうぐらいにしかとらえてないです。

7について、これはもう好みなので仕方ないですよね。私も、本家にしたって聴き心地の良さに差がありますから。また、本家に使って欲しかったという方もいましたが、私自身は、その子達だからこそ真価を発揮する曲であり、個性強い曲が多いですが、それでいてアイマスらしさを感じさせる曲だなと思っています。

8について、これはきついですね。トリプルデイPの性格上、揺るぎなく目を背けられない問題だと思います。今のシンデレラの展開上、シンデレラしか知らない、シンデレラありきのアイマスという人たちが多く出てくるのはどうしようもないです。煽る人には私も腹は立ちますが相手にしないですね。そんな人と関わることがあまりないですけど。トリプルデイP的には、対立する土壌を作っている事事態が駄目だとありますが、デレミリがなくとも対立する要因は本家にもあるわけで(それは比べれば微々たるものですが)、考えたり相手してたりしてもしんどいだけですよ。まあ、私も似たような性格なので、お前が思ってる程簡単な事なら苦労しねーんだよ的な気持ちになりますでしょうか?私はそれで大分苦しみましたので…。私の経験上考えないのが一番楽です。非常に難しいですけど。

9について、そもそもとして、本家があり765ありきのデレミリでアイマス全体と考えている私としては、イベントやライブを食うという考え方事態存在しないものです。本家が0となれば別ですが、今の状況はむしろイベントの機会が増えたぐらいにしかとらえてないです。ただ、認めてないものが付いて回って食ってるのが耐え難いというのはきついというのは分かります。

そこでこの状態が、世代交代を感じさせると言う人がいますが、私にはよく分かりません。確かに、本家組は長い人でもう10年近く支えているわけですし、体力的になども考慮すれば出てくる問題ではあります。製作サイドではないので、詳しくは分かりませんが、そういう構想を全くもって想定していないとは言い切れないでしょう。
ただ、私の考え方として、これまでのライブなりイベントなりを見てきたものとして、765本家のライブは765本家にしかできないライブであり、デレミリ合同であろうと単独が難しくなろうと揺るがないものです。例え本家のライブが難しくなっても、それは野球の欠番のごとく、ライブをしなくなっただけで、デレミリのライブがとって変わったとは考えないです。本家のライブをしなくなれば悲しいですし、デレミリのライブはまた別に楽しむとは思いますが、その状態を世代交代だとかとはとらえないってことですかね…深く考えないというか。逆に今までお疲れさまと思うかと。ライブというのは、アイマスの展開上かなり重きを占めますが、長く続く以上受け入れていく部分も多くなるのかなぁと思います。今日からキャスト総入れ替えで765ライブやります、とかならえっちょっとそれは…とかになるとは思いますけど。

まぁ、こうなってくるとトリプルデイPが仰有る通り、ここ数年は特に巨大化複雑化したために出てきた弊害といいますか、嬉しい悲鳴といいますか、色んな考え方があって難しいところですね。かなりの雑食のアニオタゲーオタでもある自分としては、話題にも上らなくなった作品も当然いくつか経験していますので、ここまで息長く続くというのはそれだけで嬉しいですよね。特にアイマスは別格なのでさらに感慨深いです。

まぁそんな訳で、今後の展開としてはよっぽどのことがない限りは私は普通に受け入れていくんではないかなとは思います。アイマスとして展開されていて、アイマスらしさが匂っている限りは…。

シンデレラのアニメについては、アイマスPそしてシンデレラPとして楽しみでいます。それでいて、これは10に繋がるかもしれないんですが、シンデレラのアニメを、私の勝手な願いとしては、とりあえず見てみるだけ見てはと思うんです。恐らく、テキストやCDよりはアイドルを知るのに取っつきやすいとは思うので。ほんとただの戯れ言なんですけど、食後にコーヒーを飲むぐらいラフな感じで深く考えずに。まあそんな感じでも受け入れられないものは仕方ないですし、私もある意味似たようなもんなので、そのステージにすら立てないというものも分かります。私も無理なものはひっくり返っても無理な質なので。

これは私の経験なのですが、タイトルやイメージで避けてた漫画やアニメを改めてみたらすごいハマったということが多々あり、まあこれは事前にPVなり公式なり見てたらこんなことないだろとは思うんですが、私としてはそこまでしたくはないし、というのがあって、それからは、とりあえず情報入れてみてっていうのをやっています。それで合わなきゃ一生かみ合わないし、その内自然と頭から離れて見なくなりますから。

なので、既にトリプルデイPはやられていることではあるとは思いますが、知ろうとさえしていれば、いつかは変わるものもあるのではと思います。極論ですが、野菜が苦手な子が、上手いんだからと食べさせられても苦くて青臭いだけで美味しいと思うのは稀です。ただここで野菜を細かく何かに混ぜ混めば克服したり、そうでなくても、野菜と切り離せない生活をしていれば、ふと大人になって旨さを知るなんてこともあります。少なくとも、口にすら出来ないなんてことはなくなるかもしれませんからね。
私もあるんですよね。枝豆とほうれん草。大好物「だった」んですけど、とある理由で食べられなくなりました。まあ普通に旨いので、口に出来なくはないのですが、じゃあ自分から積極的とはいけないんですよね。恐らく普通なら一生ないです。だから、嫌いというのが嫌いといういたたまれない状態もよく分かります。難しいところです。まあこれはただ単に私としてはこういう考え方もありますよ、というだけなんですが。

こう私が比較的受け入れているのも、「譲れないものは絶対に譲れない」という考えと同時に「大事な部分だけ確かなら、後はなんとか合わせられる」という考えも持ち合わせているからかもしれません。何て言うか、神経質に雑把が重なるというか…、例えば、雪だるまを作るとき、胴頭の丸みと比率は凝るのに、目鼻口は適当でもまあいいかみたいな…。あとは相手が絶対に変わらないので、自分が合わせて変わるかしかないという環境も大きいかもしれません。私が神経質なので変わるべき側なのかもしれませんが、私としては断腸の思いなんですよね。ただ、やはりそんな思いはしたくないので、自衛というか回避するような生き方にはなりましたね。なのでトリプルデイPのシンデレラをやってもマイナスしか見えないんだからやらないでおく、というのはよく分かります。燃え盛る火に飛び込む馬鹿はいませんからね。ただ、私のやり方だと、いつの間にか温かく感じる距離を覚えた、ということも少なからず有りましたってことですかね。

なんか後半全然関係ない内容でしたが、結局、全部出来てる私としては今の状態は悪くないものであります。これからどう展開していくのかな、という楽しみも出てきますから。

トリプルデイPにおいても最終的な着地点がより良いものになることを願っています。

最後に、全て見れているわけではありませんが、時間があるときに考察記事等拝見させていただいております。改めて発見する部分もあり大変参考になっております。徒然と見ていると思うので、これからもよろしくお願いいたします。では。

Posted at 00:43:18 2014/05/11 by 五和P

この記事へのコメント

kage

先にシンデレラにたどり着いたと言うのは確かに小さくないはずです。ただ、ミリラジとデレラジの両方を聴いていると結構私と同じかたが多い気がします。あれはニコニコ配信なんでコメントが出るのですが、それを見ると765を長年観てきている人にしかわからないスラングや「あっ、この人結構デレラジ聴いてるな」と思ったりもします。

勿論実際の数をきちっと数えた訳では有りませんが、この間の徳島マチアソビでも765とシンデレラの両方のPの方が多くいました(開始まで時間有ったんで色々話していました)後、有名なのはエアーD事件でしょうか(アイマスタジオでミンゴスが言っていた)。

初めの切っ掛けは勿論主様の仰る通りだと思いますが、その後何処で判断するか?となるとシンデレラと765は解りやすく両極端なのにミリオンが中途半端にどうしても見えてしまいます。私がシンデレラに嵌まったのも濃いキャラクターのお陰で765と違うベクトルで愛を注げるからで、765もシンデレラも同じぐらい好き。というのが現在です。ミリオンにも何か光るものが有ればもっと人気が出るのでは?アイマスは兼任が多いです。私にしても全くミリオンのCDを買っていないわけではなく、前にも言いましたが3枚持ってます。最近はミリラジの影響もありぴょんころもちの三人のCDは買うつもりでいます。

後、これは今凄く気になっていることなのですが勿論スケジュールの都合も有るとは思いますがミリオンの1stライブの出演者がシンデレラの其より少ないと言うことです(シンデレラ19人/ミリオン17人)ミリオンは現在37人でシンデレラは当時25人。この人来ないだろうなーと思っていた有名所が結構来たのには驚いています。たまたまなら良いのですがこれが運営のちからの入れ具合のあらわれでなければ良いのですがどう思われますか?

Posted at 12:02:12 2014/05/11 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

30番目のコメントの方

アイマスブランドについては、一般には9.18がどうとかなんて
あまり認知されておらず、「今人気のギャルゲ」という認識で、
そしてその認識だけで十分「ライトユーザー」数は稼げたはずです。

絵については、ハッキリ言ってほとんど関係ないと思います。
それこそアニメぷちますくらいのデフォルメ絵なら別でしょうが、
杏仁豆腐さんとA-1の絵でそれほどまでの違いが出るとは思えません。

シンデレラとミリオンの違いについては、仰る通りの面もあるとは
思いますが、400万人という数を考えた場合、そんな深く考えている人は
ごくごく一部の「ヘビーユーザー」だけだと思いますよ。
もっと「浅い」レベルの話で、シンデレラを先にやっている以上、
もう一つ新しいの(ミリオン)が出たと言ってもそっちには手が回らないし…
とかそういう話が大部分だと思っています。

「ヘビー層」の数の差も現状あるとは思いますが、それも結局は総数に
もとづく差であって、内容の差がそれほど影響してるとは思えません。

Posted at 19:49:06 2014/05/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

また細かくご意見をいただきましてありがとうございます。
うち8については仰る通り気にしなければいいだけなんですけどね。
これについてはなんとか処理していく必要があると思っています。

世代交代については、イベントだけを理由に言っているのではなくて、
「ONE FOR ALL」が「3」でないとか、そういった様々な要因が
組み合わさった上での話です。単独ライブだけがなくなる、
なんて形の未来のほうが不自然な感じもしますしね。

そして色々なお考えについてもありがとうございます。
私自身については、とにかく「変化」が凄まじく困難で、
それをする場合はかなりの力技を使わないとどうにもならないんですよね。
受け入れ余地が十二分にあったミリオンすら力技でした。

だからシンデレラにしても、可能性のある方法で力技でまずは
アニメ視聴につなげようというところです。
その上でどのような感想を持つかは、それこそアニメのクオリティ次第であり、
当然公式側の力量に期待するほかないのですが。

これからもよろしくお願いします。

Posted at 19:49:38 2014/05/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

765とシンデレラ兼任という方は当然たくさんいらっしゃると思います。

ミリオンが中途半端、というのは3展開を並べれば確かにその通りだと
思いますが、少なくとも私にとっては中途半端で結構なんですけどね。

ミリオンは十分光るものをもっていると思いますが、「先行」のシンデレラの
「濃さ」にそれを覆い隠されてしまったことこそが問題だと思います。

ライブについては、スケジュールなりギャラなりパフォーマンス能力なりが
組み合わさっての話のはずで、人数がどうこう、で何かを判断すべきでは
ないと思います。むしろ1周年ライブのなかったシンデレラよりも
1周年ライブのあるミリオンのほうが力が入っているとすら言えるでしょう。
本当に力の入れ具合が違うのならば、それはSSAのときにハッキリと
差を出していたはずで、それがなかったので、現状は違いはないと思います。

Posted at 19:50:06 2014/05/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

展開の違いとも言えるとは思いますが1週年でようやく最初のCDシリーズの発表が有っただけですので1周年ライブは不可能だったでしょう。勿論これは無計画に事を進めた運営の責任も多分に有るとは思います。

ミリオンとシンデレラでは声優さんの構成が違うとのご指摘もあった通り、シンデレラの方がスケジュール合わせは難しい様に思います。ギャラについては正直わかりませんのでおいておくとして人気声優がシンデラに集中しているのは事実です。勿論それが批判の種にもなっていてアニメ化などには良いと思うのですが事ライブとなると来てくれるのだろうか?と言う心配がありました。で、フタを空ければ1回目としては満足な内容でした。

あと、ミリオンの光る物の部分を是非詳しくお願いします。
本心でミリオンをシンデレラ位に好きになりたい、横並びにしたいと思っているので。

Posted at 21:29:08 2014/05/11 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

ミリオンの光る部分については、アイドル達の魅力が一番だと思います。
765の13人に近い雰囲気、言ってしまえば「14人目以降」を増やした形で、
私としては非常に大事な部分になってきます。もっとも、37人全員が
そうであるかというと、そうとも言えないメンバーもいますけどね…。

また、声優が最初から決まっていることで、765同様にキャラと声優が
二人三脚、というのも大きなポイントだと思っています。
それと同時に、声と楽曲が全員に当然のごとくある、ということもですね。
ここがシンデレラとの絶対的な差であるのは間違いないでしょうし、
私にすると極めて重要なところでもあります。

Posted at 22:00:17 2014/05/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

結局どれも憶測ですし、こじつけめいているのでしょうがシンデレラが何故多くの人に受け入れられているか考えることがシンデレラの良さを考え、知る助けになるのではと思いました。

ただ何でもいいからギャルゲー、ソーシャルゲーがやりたければ例えばガールフレンド(仮)、艦隊これくしょん、ラブライブスクールアイドルフェスティバル等の競合作品がたくさんありますし、何よりミリオンこそが言うなれば上位互換の立ち位置にあるわけです。
重課金ゲーである、声優が一部のキャラクターにしかついてない、ゲーム性(曖昧な言葉ですが)がない、キャラクターが多過ぎる等多くの批判を受け、問題点を抱えていますが、それでもシンデレラが人気作品であり続けているのはシンデレラがただのギャルゲーでない何かを持っているからだと私は思います。

これから先ソーシャルゲーとしてのシンデレラにはトリプルデイ氏は触れないでしょうから、だからこそ現在のシンデレラが何故好かれるかを知っていただきたいと思いました(勿論だからシンデレラを好きになれと言う訳でなくシンデレラPとの認識の溝が少しでも埋まったらと考えてのことです)。

出来ればここに書き込むシンデレラPの方にも喧嘩腰で否定の言葉を書き連ねるのではなく如何に自分がシンデレラを好きなのかで反論、説得を行って欲しいものです。

Posted at 22:47:03 2014/05/11 by 30番目のコメント

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

30番目のコメントの方

確かに仰る通り、多くの人に受け入れられる理由こそがシンデレラの魅力であり、
そこに自分も魅力を感じれば、現状を打破するきっかけにもなりますね。

その意味ではシンデレラが文字通りのシンデレラストーリーを描いている、
というあたりは魅力的なものなのかな、とは感じます。
もっとも、現状では私は意地悪な義母姉でしかありませんが…。

アイマス以外のギャルゲーに一切の興味がない私が、「アイマスらしさ」以外の
要素をもってしてそれを好きになるのは根本的に難しいところですが、
多くの人が感じる魅力を、それこそアニメで感じられるのならば
それが何よりですし、自分としてもその体制をつくっていきたいと思います。

Posted at 22:56:43 2014/05/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

いつもよませていただいています

管理人様の意見はいつも新しい視点を与えてくれるのですごくありがたいです。
シンデレラは自分は容認ですが、管理人様の意見は(他の人と違って)常に根拠がしっかりしていてイライラせず、しかも読みやすいです。
管理人様との意見交換は、わたしとしましては、既出の物で満足できていますし、管理人様におきましても、嫌だろうと推測いたしますので、控えます。
しかし、管理人様が指摘するようなモバPは(容認派の一人として)私も嫌いで、非常に共感しますとだけはいっておきます。

私はこれから、赤い本という、意味不明な書物と格闘せねばならずOFAも買うだけ、ライブも無理ですが、1年後管理人様の記事をまとめて読める日を楽しみにしています。頑張ってください。

こんな新参者のコメント失礼しました

Posted at 00:50:56 2014/05/12 by 柿P

この記事へのコメント

kage

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12010249
ここに来ている皆様へ。
そして主様へ。
原点を思い出しましょう。
勿論私も含めて。

Posted at 14:20:53 2014/05/12 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

柿Pさん

コメントありがとうございます。

シンデレラ容認の立場でありながら、お褒めの言葉をいただきまして
ありがとうございます。

約1年間大変だとは思いますが、アイドルマスターは1年後も
素晴らしいコンテンツであるはずで、その間も私はこのブログで
私なりにプロデュースしていきたいと思います。

頑張ってください。

Posted at 22:35:02 2014/05/12 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

そのトラックについては、私も当ブログ内で度々取り上げており、
アイマスというコンテンツにおいて極めて大事なものだと思っています。

現実的には非常に難しいと思いますが、誰もが納得でき、
誰もが楽しめるような未来をアイマスは描いてくれると信じたいです。

Posted at 22:37:45 2014/05/12 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

もうつばさとかいう荒らしは放置で良いんじゃないですか?
まあ名前変えて同じことするでしょうけど
返信しないのがストレスになるんだろうな、とはわかってるし、トリプルデイPのそういった姿勢は素晴らしいのだけど、そのせいでいつまでもいつまでもせめて自分の書いた文章読み返して来いと言いたいほどあー言えばこー言うなんの議論にもならない戯言ばかり

ナナミヤと加蓮なとつばさ
中の人何人?それともモバマス界隈はこんな高確率で残念な人間が多いの?
プロデューサー名乗るなら常識弁えて担当アイドルに迷惑かけなくなってから名乗れよ
名無しだからやって良い、って意味じゃないからな?

Posted at 22:39:30 2014/05/12 by 眼鏡のP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

眼鏡のPさん

コメントありがとうございます。

私自身、現状ではいずれの方のコメントも「荒らし」とは思っておりません。
まぁ全体を見れば多少荒れている状態なのは事実ですが、
そもそも私のこの記事自体が燃料なわけで、起きてしかるべき事態です。

一つお願いしたいことは、コメント下さってる方同士でぶつかり合う、荒れる、
ということこそ望ましくないので、それはなさらないでください、ということです。

私に対して、真っ当な意見を持って、良識というか常識をわきまえて
コメントして下さるのは、批判的な内容でももちろん一向に構いません。

Posted at 22:53:17 2014/05/12 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

本家の熱心なファン、Pである氏に言うのは恐れ多いことですが本家アイマス自体ギャルゲーとして出来がいい、面白いと言えるかどうか私には疑問です。そして、それを補って有り余る人気の理由が「アイマスらしさ」であり、そのコンセプトが成功しているからアイマスは一定以上の人気を維持できていると私は考えます。

アイマスは広義のギャルゲーではあるとは思いますがその主人公(=自分)=Pのスタンスは普通のギャルゲーとは異なります。普通のギャルゲーならヒロインに主人公を好きになってもらうのが目的ですがアイマスは他の大勢のファンにヒロイン=アイドルを好きになってもらうのが目的です。
私の前二つの投稿内容にも被るのですがこの目的意識をゲーム外に向け、現実世界で行動する人間こそがアイマスを最も楽しみ、その魅力に深く嵌った存在=Pであると私は考えます。そして、本家Pがニコニコ動画等で活動してきたのもシンデレラPが総選挙を目的として活動しているのも本質的に同じアイマスらしさ=プロデュースする楽しみを味わっているのだと思います。

自分が好きなキャラクター=アイドルを他の人にも好きになってもらいたい、そのために行動したい、このコンセプトは特異であり、類似競合作品のラブライブとの差異はここにあると思います(詳しくないので私の認識に誤りがあるかもしれませんがラブライブファンは傍観者的立ち位置で見ているように感じられます)。そして、それを共有できている以上本家もシンデレラもミリオンもみなアイマスらしい作品だと思っています。

もちろんこれは私の解釈であり氏の考える「アイマスらしさ」とは異なるのでしょうがトリプルデイ氏、そしてシンデレラを理解できない本家Pの方々にかつて自分たちが通った道を同じように彼らが歩んでいるだけだと思っていただければ幸いです。

Posted at 00:53:32 2014/05/13 by 30番目のコメント

この記事へのコメント

kage

眼鏡のPさん

コメント有難うございます。
出来ればどの変が戯言かと担当アイドルに迷惑をかけているのかを是非お願いします。

マイチガイを書いてませんとは言いませんが、ばかりとは思っていません。

Posted at 02:38:06 2014/05/13 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

30番目のコメントの方

仰る通り「アイマスらしさ」「アイマスの魅力」は「アイドルをプロデュースする」という
姿勢であり、それをゲーム内外で行うことだと私も思っております。

その意味では確かにシンデレラも同じ、ということは良くわかりますし、
そこを否定するつもりは当然ありません。

Posted at 22:49:05 2014/05/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

そういうのをやめてください、と言っております。


全ての方に対してですが、コメント欄において不適切なコメントが
発生するようでしたら、管理人として適切な処置をさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。

Posted at 22:49:21 2014/05/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

他には不満はないのですが、シンデレラとミリオンで違って不満な点がひとつ。
シンデレラメインに765・ミリオンもやっていますが、いつも感じるのはミリオンのイベント上位報酬が厳しいということです。入手の可能性だけならシンデレラはミリオンの6倍の枠があるので、課金無しでもいけるかもしれませんが、ミリオンはかなり投資しないといけないと思います。今行われているイベントではどちらも7000位ですが、杏が来てくれる可能性はあっても響は絶対に来てくれません。
どちらのアイドルも好きなので続けていますが、コンテンツを追いかけるすべての土台と言っていいゲームを続ける気力で差が生まれてしまっている気がします。
ゲームである以上多少は勝ちたいですからね。
新たに入ってきた人がゲームを続ける気になるか、ミリオンはもう少し難易度を下げるなどしてくれればと思います。

Posted at 22:44:22 2014/07/25 by

この記事へのコメント

kage

私も大体は同じ理由でシンデレラが好きではないですしミリオンもあまりよく思ってません。その理由はデレミリが765の後釜になろうとしてることです。
765の声優が年齢的にステージに立つのが無理になりつつある今、ナムコはデレミリを次世代のアイマスにしようとしてるように感じます。
9thは765だけということで安心しましたが、10thでは何があるかわかりません。765としての最後のライブになってもおかしくはないと思っています。
もしそうなったら恐らくアイドルマスターは終わってしまうでしょう。
デレミリだけでは今までのアイマスがつくってきたものを背負えないと思うからです。
デレミリがいくら成長したとても所詮はアイマスのブランドで売ってるだけのコンテンツであり、アイドルマスターそのものではないからです。
だから私はこれからもデレミリ、特にシンデレラは好きにはなれません

Posted at 22:42:15 2014/08/14 by

この記事へのコメント

kage

読ませていただきました。自分も全く同じような考えで、これを読むことで考えを整理できたと思います。嫌いな理由で主なのは、自分の場合765が好きすぎるからということです。今好きな765キャラがいない、というだけであまり好きになれない。でも、私も「嫌いなことが嫌い」というのが大きく、シンデレラを好きになりたいと思っています。なので、アニメは見ようと思います。きっと最初は苦しいと思いますが、もしかしたら今の765と同じくらい、また自分が今一番好きなキャラと同じくらい好きなキャラがいるかもしれない、と考えています。今までにそんなことは起こったことがないからありえない、などの今までの経験からした考えが浮かびましたが、ここまでアイマスを好きになれたこと自体が自分にとって大きな例外であり、起こってもおかしくないと考えました。すいません、何が言いたいかよくわからないと思うのですが、自分も今シンデレラが嫌いです。今までの経験からしても好きになることはないと思っています。ただ、もしかしたら、が起こることもないとは言えませんし、その可能性を信じてシンデレラに踏み込んでみようというのが自分の今の考えです。もちろん、管理人さんにそうしろと言うわけではなく、ひとつの意見として参考にしてもらえたらと思います。世代交代うんぬんの話題もあり、765が好きな私にとってはつらいことになるかもしれません。シンデレラがなければこうやって苦しむ必要もなかったと考えると、やっぱり好きにはなれません。でも、ある意味で今嫌いなシンデレラに期待しています。自分がここまで好きになれた765と同じくらい楽しめれば良いなと思います。

Posted at 15:02:10 2014/08/31 by 名無し

この記事へのコメント

kage

色々難癖をつけていますが、どうにも「ヒットしてしまって無印やミリオンの人気を食ってしまっている事が気に食わない」だけのように思えます。
アイマスに限らず古参に非常にありがちなパターンですし、私もそういう方と同じ立場になったことはありますが、もう少し素直になって見る方がフラストレーションが溜まらなくて人生が楽になりますよ?
古参の方に言われても仕方ない“にわか”ですが、アニマスも見ましたしミリオン765に対して嫌悪感を抱いたことはありません。
トリプルデイPのように謂れなき嫉妬心をシンデレラに向けてくる方に対しては例外ですが。

Posted at 05:53:27 2015/09/03 by 名無し

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

名無しさん

私のこの時点でのシンデレラに対する考え方は書いている通りでしかないので、
勝手な拡大解釈で難癖をつけられても困ります。

あなたのスタンスがどうこうということも私には全く関係ない話です。

Posted at 23:10:30 2015/09/03 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック