「アイドルマスター ONE FOR ALL」 プレー雑感

kage

2014/05/18 (Sun)

さて、不定期更新となっての1回目の記事は、もちろんOFAについて。
とりあえず最初の1年半をプレーし終えた時点での雑感をまとめようかと思います。


進捗状況

まずは私のプロデュース進捗状況についてです。発売前の記事に書いていました通り、
1番手は真美、2番手は亜美、3番手は伊織、という感じで始めたわけですが、
根本的には私は「平等主義」であり、この3人が別格、なんてことはないわけです。
後から入ることになるメンバーも、初期メンバーに合わせていく、というのをモットーに
しているわけで、まぁ全体の進捗としてはかなりスローな感じになっているかと。
というわけで、具体的な1年半経過時点、(実際には2年目秋の1週目)の状況は以下の通り。

双海真美…D1 Lv12
双海亜美…D1 Lv11
水瀬伊織…D1 Lv11
高槻やよい…D2 Lv11
萩原雪歩…D2 Lv10
天海春香…D2 Lv10
我那覇響…D2 Lv9
星井美希…E3 Lv6


上から加入順となっています。まぁランクアップ順は当然その加入順にしていますが、
それよりも後発のメンバーを追いつかせることを優先している、という感じです。

このプロデューススタイルだと、実質的にはランクアップフェスだけを延々と
やっていく
、ということになっていて、他のライブだのオーディションだのは
全然受けていない、ということになります。その合間にプロモーションだけはやる感じですね。

このやり方で最後までいけるのかはわかりませんが、まぁ誰か一人を特別扱いせず、
13人をトップアイドルへ
、というのだけは変えることなくやっていきます。とは言っても
一番最初にトップに立つのは真美のはずで、最後は…誰でしょうね。


シナリオ

この時点でシナリオも何もないんですが、公式サイトに出ていたような各アイドルの物語は
Dランクから本格スタート、という感じのようですね。Eはそのための準備、という感じ。
問題は私のプロデューススタイルだと誰が何の話をしていたんだっけ、となってしまうのも
多少はある事ですが…。それよりも、真美亜美を同時にプロデュースすることで、Pが二枚舌と
いうか、ダブルスタンダードというか、になってしまっているのがどうなのよ
、という感じ。
…この辺はどうにかならなかったんでしょうかね…ならなかったんでしょうね…。


システム

システムというかなんというか、全体的な話ですが、期待していた「理想のアイマスゲーム」と
本当に呼んでも差し支えない作品
なのかな、というのが現時点での率直な感想です。

フェスの難易度や戦略性はきちんとありつつも、全体的な遊びやすさは向上し、誰でもプレーし
やすい感じ。戦略性という意味ではスキルというシステムで、自分なりにアイドルを育てられる。
楽曲や衣装を任意のタイミングで変えられる、というのすらこれまでなかったわけで、その改善や、
ふれあいは実質無制限、期間も無制限なため、焦りなども一切不要という親切設計。
それでいてシーズン目標などもあり、やりごたえは十分、とかなり絶妙なバランスです。

ふれあいやプロモーションの単調さ(複数回の選択肢はない?)や、任意のふれあいは
選べないことなど、僅かに気になる点もありますが、全体からみれば本当に些細なレベルです。
オールスターライブでの春香センター固定というのもありますが、目を瞑るほかありません。

これまでのシリーズにおける様々な問題点について本当に一つ一つ検証し、組み立てなおした、
そんな印象となっていて、ゲーム性という意味では現状文句なし、というところです。


その他

その他というか、また全体的な印象。まずはPがプロデューサーになる前から入社していて、
アイドル達もデビュー済み、というところからスタートになっているわけで、「はじめまして」では
ない
、というのは一つ大きいかと。コンテンツとしては10年近くやっていているわけで、
「今更はじめましてはどうなのよ」の声に応えつつ、今作で当然初めてのプロデュースになる、
というあたりのバランスを見事にとった、これまた絶妙な設定だと感じられます。

そして、これまでのシリーズのコミュ等を彷彿とさせるような、例えばオープニングで最初に
出てくるのは春香だったりとか、亜美真美がネコの股の間を見ようとしたりだとか、
以前からのプロデューサーを喜ばせるような仕掛けも多数うかがえ、そこも好印象。

毎週事務所に行く際のアイドルの挨拶、事務所の風景、朝晩のランダムでのアイドル登場、
このあたりについても、765プロらしさを出しつつ、かつ飽きを来させない仕様です。


最後に

こうしてみると、本当に今作が「アイマス(765プロ)の集大成」であると言っていいくらい
であり、やっぱり「PS4版アイマス」はどうなるの、と考えさせられてしまいます。

しかし、今はそれを考えても仕方ないわけで、まずは今作を十分に楽しみ、
そして13人をトップアイドルへとプロデュースする、これをなさねばならないでしょう。


ちなみに次回更新は未定ですが…3年目が終わったあたりのタイミングか、それとも…。
まぁ、何かどうしても気になる点などがあればそのタイミングで更新しますし、
OFA以外にアイマスに何かあれば当然それについて記事を書くつもりではあります。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

私は3年経過くらいまでプレイしましたが、現状では文句なし、ですね。

ゲームとしても自由度が高くなっていてアイマス2のダメだったところを全て改善しようとしているのが見て取れて嬉しい限りです。

何より評価出来るのはやはりアイドル達の掛け合いでしょうか。毎日ランダムで話かけてきてくれるのももちろん嬉しいですが、アイドル達がそれぞれ名前を呼び合い向かい合っておしゃべりしているだけで感動モノです。

1人のアイドルをトップに導く為にはみんなの助けが必要、1人の能力が高いだけでは上に進めない、というゲームシステムにキチンとなっておりONE FOR ALLの名に恥じない完成度だと感じています。

まだまだDLCもありますし、色々な要素が出てくると思うので楽しみですね。

次の記事も楽しみにしています。
では失礼します。

Posted at 22:48:57 2014/05/18 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

不眠夜さん

コメントありがとうございます。

もう3年もプレーされたんですね。スピーディーですね。

本当に今作は集大成、という感じで、文句のつけようがほとんどない作品に
仕上がっていると思います。助け合いという部分もそうですね。

せっかくの作品なので、私はゆっくり焦らずやっていくつもりです。

Posted at 23:02:49 2014/05/18 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

ワンフォーオールが面白すぎる

(以前シンデレラの記事にコメント致しました。その節は失礼いたしました)
自分もワンフォーオールを遊んでみて「そう!これがやりたかったんだ!これが見たかったんだ!」と思いました。PS4版がどうなるか解りませんが、765ASも続くんじゃないかなと思います。今回レオンがアイマスの世界に参入したのに765ASは一人も減ってないので「誰かが増えたら、誰かが減る」という世界から脱出したような気がしました。

Posted at 03:35:00 2014/05/19 by ニコマス(07年)からのにわかP

この記事へのコメント

kage

Re: ワンフォーオールが面白すぎる

ニコマス(07年)からのにわかPさん

コメントありがとうございます。

OFAはまさに理想のゲームですよね。これまで散々やらかしたアイマス公式だけに、
事前情報の内容の良さも半信半疑でしか受け止められませんでしたが、
ここまでのものをよくぞ作ってくれたと思います。

765プロの13人が今後も健在ならばそれ以上望むことはありませんが…
次なる展開は9thで公開でしょうかね。それを待つしかありません。

Posted at 22:20:38 2014/05/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

副業が忙しくまだ、一年も進めていません。ようやく主要メンバー3人がDランクに上がったところです。
ここまででも、OFAは色々な方面に気を使いながら、丁寧に作られているのが見て取れ、かなり満足度は高いと言えますが、レッスンをする意味が希薄になるなど不満な点も有ります。
主様も指摘されていたオールスターライブのご褒美ムービーですが、この曲は春香、この曲は真美といった具合に、曲ごとにセンターを変えれば、不満も少なく(出るには出るでしょうが)全てのPが妥協出来たのではないでしょうか?

あと個人的にはOFAは理想と大きく離れていてナンバリングで
なくて良かったと思っています。OFAはOFAで発展してもらってナンバリングシリーズは是非ともアケマスの正当な後継(システム的な意味で、オーディションの部分とか)であってほしいと願っています。

Posted at 10:09:31 2014/05/21 by つばさ

この記事へのコメント

kage

当方やっと二年目夏まで
これは面白いですね 正直斜に構えながらのプレイでしたが、今のところは文句なしです
私はトリプルデイPと違って、ジュピターが嫌いなので、今回のライバルはとても好感がもてます
いつか倒す!と意気込めるので
あと実はトリプルデイPのプレイスタイルが、一番効率良いですよw多分
ユニットのステータスが高い方が良いですね
私は最初律子一強でやっていたのですが、Cランクのランクアップ戦で、苦戦しだしました
ユニットを組ませていた真美と真のランクをDにあげてスキルをとったので次は楽勝、出来ると良いのだけど

あとですね、多分というか、私の思い込みかもしれないのですが、最後にトップアイドルにするアイドルに対して、何と無く負い目を感じていらっしゃるようですが、気にしないで良いと思います
少なくともウチの律子は(私の765プロでは)誰よりも早くトップアイドルになりますし、それぞれのPの、プロデューススタイルがありますから
全員をトップアイドルにした(する)、という事実が大事なんだと思います

OFA以外でも、OFAでも、不定期更新お待ちしてます

Posted at 21:44:36 2014/05/21 by ゆーP

この記事へのコメント

kage

更新待っていました。
ついに発売となり初週売り上げが8.3万枚堂々の一位‼
そしてローソンコラボ、9thが決まるなど毎日がニュースですね。
そして自分もついに響をプロデュースするという目標がスタートしました。
まだ少し(Lv.5)くらいしかやってないし、無印も2もやっていない
自分がこんなことを言っていいのかわかりませんが、はっきり言って
面白すぎます‼ps3買う時にいっしょに買ったエスコンもやる気が出なくなるくらいに‼
「これが本当のアイマス」
こんな言葉も浮かんできました。
もちろんとっても面白いofaですがこれから出ると思われるps4版アイマスつまり3となる作品にもこれをこすようなものをバンナムには期待しています。
不定期更新これからも頑張ってください。
楽しみに待っております。

Posted at 22:58:27 2014/05/21 by 108P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

コメントありがとうございます。

確かにレッスンについてはかなり印象が薄れてしまってますね。
曲ごとにセンター変更がなされるのならば、それはそれで良かったんですが…
13曲全員曲を用意しないといけないわけで、それはやはり無理なんでしょう。

今作が理想ではない人もいるということで、貴重なご意見ありがとうございます。

Posted at 23:20:50 2014/05/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ゆーPさん

コメントありがとうございます。

正直ランクアップフェスばかりで辟易なプロデューススタイルではありますが、
確かに最終的にはこれが効率は一番いいのかな、とは感じています。

最後にトップアイドルにするアイドルについては、負い目というのは
流石に大袈裟ですが、まぁ何もないと言えば嘘になります。
それでも、「2」と違って正真正銘13人を自分の手で
トップに導けるわけで、それが何よりも大事、と私も思っております。

Posted at 23:21:17 2014/05/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

108Pさん

コメントありがとうございます。

今作は初めてアイマスの本格的なプロデュースをする方にも非常にお勧め
できる作品になっていると思いますし、その言葉も間違いではないと感じます。

PS4版については正直かなり不安ですが…これが作れた
今のバンナムなら、これまでよりは期待できるかな、とも思います。

これからもがんばります。

Posted at 23:21:37 2014/05/21 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック