9thライブについて その4

kage

2014/05/29 (Thu)

ゲストの可能性

さて、これまでは765単独という前提で書いてきましたが、当然ゲストの可能性がなくなった
わけではありません。もちろん現状でゲストを考えるならば、真っ先にシンデレラとミリオンの
メンバーがあがってきてしまうわけですが…これだけは本当に勘弁、というところです。

もっとも、シンデレラもミリオンも単独ライブをやる(やった)わけで、この可能性が高いとは
全く思えないので、楽観視はしていますが、可能性がゼロになったわけではないでしょう。
まぁゲストがあったとして、メンバー次第では手のひら返しをしかねないのが私の現状なのは
否定しませんが、この周年ライブはやっぱり違うでしょう、ということも確かでもあります。

それより、現実的に考えるならば玲音役の茅原実里さんのほうがよっぽど可能性が
高いはずです。ライブ終盤に「アクセルレーション」一曲を引っ提げて登場、というのなら
まぁ理解はできますし、3rdや4thだって似たような形だったはず。

もっとも、じゃあ一緒に「THE IDOLM@STER」を歌うのか、というと玲音のキャラクター的にも
かなり怪しく、この可能性も決して高くはないはずでしょう。まぁ、仮にゲストで来たとしても、
シンデレラやミリオンよりは納得はできますし、喜びはしませんが受け入れはするつもりです。


10thライブに向けて

さて、この「9th」はどうしたって「10th」の直前、ということでインパクトに欠けるというか、
「10thの準備」的な意味合いが出てきてしまう数字にもなってきてしまいます。

今回は、だからこそのツアーであり、10thには大会場で、ということを意味しているはずですが…
ではその「大会場」はどこなのか、というのがポイントになってきます。

アイマスにおいては当然「ドーム」という夢の舞台があって、ここが最大の目標であるのは
間違いありませんが、現実を考えればここに10thで到達するのは相当に厳しいはずです。

東京ドームにおけるライブでは、会場設営方法次第とはいえ、やはり5万人というのが目安に
なるはずで、今のアイマスではこの数を一度に動員するのは不可能と言えるのが現状でしょう。
以前映画のユニーク観賞者数を割り出した際に出た数字が「5万70000」であり、つまりは
映画観賞者の大半がいくことでやっとドームが埋まる、というのが現実なのです。

まぁこの数字自体はあくまでも私のアンケートベースなのでかなり怪しいんですが、
2万人に満たないSSAレベルでチケットが余り気味だったという事実があり、厳しいのは確実です。

では「10th」をどこでやるのか、というとそのSSAのスタジアムモード、というのがあるはず。
これだとキャパは約35000程度で、東京ドームよりは当然小さく、可能性は増します。
何よりも、「ライバルコンテンツ」であるラブライブがここでやることを確定させている以上、
アイマスとしても負けずにここで、という気持ちもあって、ドームが無理ならここで、です。

ただ、これと同規模の「ドーム」というのもあって、それが「西武ドーム」です。
ここもキャパが約35000であり、SSAのスタジアムモードが埋まるのならここも埋まる、という
ことにもなるはずです。もっとも、立地や音響に問題があるようで、わざわざここでやる意味は
「ドームである」ということだけになってしまう
、ということもあります。

間違いなくドームはドームなんですが、「アイマスとしてのドーム」はやはり「東京ドーム」で
あるはずで、ここでやることはある意味「誤魔化し」みたいで、満足感にどうしても欠けてしまう
ということもあります。「ドームですよ、ドーム!」のセリフをここで言われても…少し苦しいです。
もちろんかつてない大会場で、ドームなんですが…モヤモヤモノになってしまいそうです。

ならばむしろ、ずっと規模が小さくなりますが、「日本武道館」があるはずです。
無印においてはアリーナより格上とされたこの武道館、アイマス単独では未踏であり、
私はこの9thにおいてここでやるものだとすら思っていました。しかし今回のツアー、東京公演でも
ここは使われず…ということで、10thをここで、という可能性は十分すぎるほどあるはず。

ただ、ここだとやはり「10th」に相応しいキャパかが疑わしい、というのがネックになります。
ただ、SSAや西武ドームでスカスカになるくらいなら…という風にも考えられますけどね。

また、「10th」をこの武道館でやり、ドームはその先の未来に、夢として残す、という形は
それはそれで美しくもあります
中村さんもよく言うように「ドームに到達したら終わってしまう」
というのは間違いなく、「ドームでやらない」ことこそがアイマスが「終わらないコンテンツ」
であることを証明することにもつながるはず。10th、そして3rdVISIONがどんな形になるか
わかりませんが、「アイマス完全終了」になるなんてことはありえない
はずですから。

まぁ、その前には「2015年冬ライブ」というのもあるはずで、ここをどうするのか、というのも
あるでしょう。まさかまたツアー、というのもないでしょうし…それともここが武道館で、10thが
ツアー、なんて言う可能性もなくはないわけですが…10thは大会場を望みますが、果たして。

どこでやるにしても、会場よりも大事なのはメンバーで、何が何でも13人揃って、というのが
本当に悲願
になります。ドームであっても、13人揃わなければお話にならないとも思います。
その意味では若林さんがやはり不安なんですが…出てくれることを祈るほかありません。

また、10thともなるとそれ以外のメンバー、876、シンデレラ、ミリオン、あるいはSideMすら
可能性はあるはずですが、「ドームを埋める」ためならSideM以外のメンバーは容認できます。
どう足掻いてもSideMは現状受け入れようもありませんが、シンデレラであっても、ドームの
ためなら仕方ない、と割り切れるところではあります。SSAのスタジアムならば…厳しいですけどね。

まぁ、それよりももう一人、10thに相応しいメンバーというのが一人だけいるわけで、
ミリオンより何よりその人に出てくれることを期待しています。10thにおける私の最大の理想は、
東京ドームで13人とシークレットゲスト1人の計14人
、この形だとここに書いておきます。


WE ARE M@STERPIECE!!

まぁ10thというのは当然来年の話で、まずはこの9th、ということになります。
最初に書いたように、人数の少なさというのはどうしても気になってしまい、苦しいところですが、
各々の理由があるのならばいたしかたなし。本当の意味での「M@STERPIECE」はもちろん
13人揃う形のはずですが、彼女たち一人ひとりが「M@STERPIECE」でもあるはず
です。

今回の9th、メンバーが少なかろうともこのタイトルを付けたことの意味としては、
勢いを増すシンデレラやミリオンの単独ライブを受け、その成長をしっかりと感じつつも、
「私達765プロこそが最高傑作」という彼女たちのエネルギーとプライドを見せつけるため
と考えるべきでしょう。「ONE FOR ALL」の熱を帯びた状態で迎えることになるこの9thで、
「765プロここにあり」を証明してくれるはずで、それに我々も応えないといけません。
私は幸いなことに、大阪と名古屋については1日ずつチケットの確保もいたしました。

「残された時間」が本当に少ないのかどうかはわかりませんが、その可能性を十分に考慮し、
彼女たちを、このツアーを私達プロデューサーの手で本当に「最高傑作」にしてみせると、
そのつもりでこの9thには臨むべきでしょうし、少なくとも私はそのつもり
です。
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんばんは。

確かに、ドームに到達すればそこが「終着点」になってしまいますね。そう考えれば10thにドームでなくとも…と納得は出来ますね。

近いうちには武道館でライブを行うのではないかとはずっと考えていましたが、個人的にはもう一度SSAか横浜アリーナでもいいかな…と思うこともあります。大きさだけで計るべきではないと思いますが武道館は意外と小さいですし。

9thに関しては、不安はどうしても残りますが
「我々の手で最高傑作にする」
というのは仰る通りですね。
最高のライブになること、最高のライブに出来ることを祈っています。

でら、失礼します。

Posted at 22:31:52 2014/05/29 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

不眠夜さん

コメントありがとうございます。

もう一度横浜アリーナ、というのは確かにあるかもしれませんね。
広さや音響などのバランス的にはベストな感じもしますし。
ただ、やっぱり武道館を一度は踏むべきかな、とも思います。

9thライブ、素晴らしいものになると良いですね。

Posted at 22:46:59 2014/05/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
9thということで、10thを見据えた構成であることは間違いないと考えてます。出来れば9thは9thとして全力で…と思ってましたが、声優さん側うんぬんの大人の都合もあるのだと妥協せざるを得ず、それがこのメンバー構成になったのかなと思います。
このこともあってか10thでの現765やトリプルデイPのおっしゃる"14人目"の参加は最早望みではなく祈りの域ですwまぁ声優さん側でも10thは特別なものだと思っておられるでしょうから、今までよりもさらに積極的に参加したいと思ってるのはないかと思います。
出来れば8thの流れを汲んで10thも夏は765メイン、冬にアイマス全体としてのライブとなるとどちらの10thも祝えていいかなと思ってます。

会場については自分はあまり詳しくはないのでわかりませんが、自分が身を置いている環境からか、ラブライブがSSAスタジアムモードを使うことに対して割と焦りというかなんともいえない感情を抱いてましたが、まぁとなりの芝は青いということで、唯一無二の最高のライブを行える場所ならどこでもいいかなって思いましたw

さて殆ど10thの話題になってしまいましたが、これからも更新頑張ってください。

Posted at 23:09:56 2014/05/29 by いなP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

いなPさん

コメントありがとうございます。

9th、というか「9」という数字はどうしても10の前で、準備になってしまいますからね。

「14人目」については現実的にあるとは思ってませんが、まぁ願望です。
13人揃えばそれで満足、というところですが…果たして、ですね。

ラブライブについてはやはり勢いを感じますが、アイマスはアイマスで、
どんな舞台であれ最高のステージを繰り広げられると信じています。

Posted at 23:31:15 2014/05/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

SSAの座席があまりぎみだったのには1つにはe+の責任も有るでしょう。受付開始すぐに売り切れになったかと思えばまた空き状態になるなど本当に酷かったです。売り切れになってるのを見て諦めた人も多いのでは?あともうひとつは転売屋の存在で、我々レベルではどうすることも出来ないものの歯痒さが募ります。値段がオークションで高騰し買いたい人が買えない。オークション等で買わない様にするのが一番の対処法ですが、それだと席が空いてしまう…どうしたものか…

ラブライブには天晴れと言いたい。あとはどれだけ持続するか見ものです。ラブライブはラブライブ。アイマスはアイマス。焦っても仕方ないですし、ドームをやると終わりだと言うなら、一生やらないで欲しいと思っています。ラブライブがどれだけ人気だろうとアイマスの素晴らしさが損なわれることは無いのですから。

Posted at 23:33:05 2014/05/29 by つばさ

この記事へのコメント

kage

連投すみません。

10thに相応しいゲストについて書かれていますが、困ったことに二人浮かんできてしまいました。
1人は自らアイマスを降りた方。もう1人は運営とサンライズにより産み出された黒歴史に埋もれていった方。
私個人としては、後に書いた方こそ出て頂きたいと思っていますが、お二人ともオファーをしても出て頂ける可能性はとても低いとおもいます。

Posted at 00:04:42 2014/05/30 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

コメントありがとうございます。

e-plusがベストなチケット販売機関だとはとても思えませんが、
キャパ埋めにまで影響するかどうかはなんとも言えないかと思います。

14人目については、どう考えても相応しいのは一人しかいないでしょう。

Posted at 00:25:07 2014/05/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

14人目に関しては絶対出てほしくないですね
過去は過去でよかった 今は今でよくなってる
決してよかったものがなくなるわけじゃない

逆に出ることによって起こる波紋とそれに伴う煽りや叩き、そういった人間をわざわざ掘り起こしたり発生させる要因を作ってほしくない
誰もが聖人でいられるわけじゃないし、実際このアイマスには特にそういう人間を多く見てきた
だからこそそういった思想にすら強く反対するとともにそういう人がいることに懸念を抱きすらする

彼女は"過去"には必要で"今"には不要なのです

Posted at 01:44:47 2014/05/30 by   

この記事へのコメント

kage

765に関しては、やはりファンの新規参入が頭打ちになっているのかなって感じがしますね。
10年近くも続いているがゆえに新規参入のハードルがありますし、アイマス声優、特に765声優達は、いわゆる一般の声オタ達の好みから外れがちだと思います。
その理由としては、まあ、失礼な話ですが、若い子のほうが好まれるといいますか・・・。

それでも明らかにファンが増えたであろうアニメや映画を経たSSAですら席が余ったということで、やはりあと一年で5万人規模を埋めるのは現実的ではないでしょう。それは(中の人的な意味でも)若手で勢いのあるミリオンやシンデレラと合同だったとしても難しいと思います。

10thが武道館というのは東京ドームや西武ドームよりかは現実味があるように個人的には思います。やはり日本のアーティストとして通過すべき場所ですし。
その場合はやはり765単独で開催して欲しいですね。シンデレラやミリオンが邪魔ってわけではないのですが、彼女たちには765の前座やお情けでなくそれぞれ自力で武道館を目指して欲しいと思っているので。

僕としては、氏の「ドームを埋めるためならごちゃ混ぜも容認」という考え方には賛同しかねます。そのような考え方の人達でもってキャパが埋まったとしてもその団結は仮初めのものでしかありませんし、そんな埋め方に意味は無いと思います。
もしも765・876・シンデレラ・ミリオンごちゃ混ぜのライブを行うとしたら、その会場を埋めるのはそれらすべてのアイマスを受け入れ、愛することが出来る人達(愛している人達とは流石に言いません)であってほしいと、SSAを経験した今は思っています。

Posted at 03:17:44 2014/05/30 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

もう私は敢えて名前だします
ゆりしー来てくれ(真顔)
ダブル雪歩が観られれば、そんな幸せなことはありません

Posted at 06:38:13 2014/05/30 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 06:43:16 2014/05/30 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

8番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

出て欲しくないというご意見の方もいらっしゃるんですね。
もちろん誰もが待ち望む人ではないでしょうが、10thという特別な舞台において、
彼女が登場することが、それほど大きな負の影響をもたらすとは思えません。

映画での「誰も見捨てない」を実現する最高の方法でもあるわけで、
アイドルマスターの10周年という場に相応しい演出だとも私は思います。

Posted at 22:31:09 2014/05/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

コメントありがとうございます。

もちろん765への新規ファン・P参入に対してはハードルが上がっていることは
あると思いますし、シンデレラやミリオンを加えてもなおドームが遠いのも
その通りだと思います。だからこそ、現実的なラインとして、765単独で
日本武道館、というのがあるのかな、と私も思っています。

「ドームを埋めるためには」というのは、当然3展開に興味があるのが前提です。
5万人全てがアイマスを愛する人で埋まるのがもちろん理想ですが、
より現実的に考えるなら「どれか一つでも興味のある人」に参加してもらう
必要がありますし、「アイドル」のあり方としてそれが間違ってるとも思えません。

それでもなお、ドームはやはり現実的には厳しい、というのは理解しています。

Posted at 22:31:54 2014/05/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

10番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

名前を伏せる必要なんて別にないんですよね。
私も可能ならば長谷さんには是非出演してもらいたいと思っております。

Posted at 22:32:19 2014/05/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

11番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

そして、本当によろしいのでしょうか。もし差し支えなければ
是非に、と思いますが…どうぞよろしくお願いいたします。

Posted at 22:33:19 2014/05/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 22:46:07 2014/05/30 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

16番目のコメントの方

ありがとうございます。
本当に助かります。

Posted at 23:20:28 2014/05/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

大きな影響はないと思えるのが信じられませんね
既に関わらなくなった今でもやたらと比較して叩いたり、態々今に持ち込んでやっぱりゆりしー「のが」いいと平気で罵る人間がいくらでもいるというのに
勿論その思い出の中から出てこずに過去に引きこもってる分には誰にも迷惑はかからないので、そう思ってる事自体は全く問題ありませんけれど

それに「誰も見捨てない」は"今"もアイマスに関わっているものを指す言葉であって、自ら納得し去っていった方を「見捨てない」といって拾いあげるのはおかしな話です

彼女が嫌いで言ってるわけじゃないのは当然であって
それ以上にアイマスが好きなので設定などの今まで残してきた「ひとまず止まっていたもの」を未来を作るために使うのは歓迎ですが、完全に歩みを止めて「違う方向へ進んだもの」を持ち込んで今と未来を壊してほしくない
ただそれを願うが故の見解です

Posted at 01:36:01 2014/05/31 by   

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

18番目のコメント方

そういう人が全くいないとは言いませんが、「いくらでもいる」は明らかに語弊があるでしょう。
仮に10thに出演したとして、反響はSSAの戸松さん以上、映画のミリオン未満だと思います。

彼女が本当に100%自ら納得して去って行ったのかについてはさておき、
アイマスの歴史において極めて重要な方を拾い上げるのがおかしいとは思えません。

そして、「違う方向へ進んだもの」であったとしても「過去」を強く共有したメンバーが
参加することで、今と未来が壊れるほどアイマスは軟弱なコンテンツではないはずです。

Posted at 02:09:18 2014/05/31 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

今の人の心境はどうでしょう?受け入れられますかね?

Posted at 02:33:28 2014/05/31 by

この記事へのコメント

kage

語弊などではなく明らかに少なくはないです
私自身昔の雪歩も好きですし、表に出さないだけで潜在的に思ってる方も結構いると思います
それが解放されたらどこに矛先が向きやすいでしょう?
可能性を生んだ時点でどうなるかわからないわけではないでしょう
"過去"があってこそ出来た"今"を「過去を持ち込んで壊す」とはそういうことです

それにアニマスやOFAにも愛ちゃんが登場し、歩みを止めていない戸松さんと、完全に止まって違う道へ歩いたゆりしーでは影響の与え方も当然違います
もしもアイマス2のあの時雪歩が消えていれば、雪歩復活といった形で盛り上がっただろうとは思いますけどね
でも"今"はそうはならなかった それをまず受け止めるべきです
浅倉さんが雪歩としてここまで心身共に精一杯重ねてきた"今"に、ゆりしーという可能性を突きつける事は必ずしもポジティブに働くとは限らないわけです

納得したしてないは私にもわかりません
ですが邪推するよりは納得して去っていったものと判断するのが正解でしょう
そんな事を我々があーだこーだと言っても何の意味もありません
そしてその自ら去っていった方を「見捨てない」という言葉を使って拾い上げるのはまったくもっておかしい話だと言うことです

アイマス全体が崩壊するまで壊れるとは思いません
ですがそれがなされた時、雪歩はじめ一部の今と未来を取り巻く環境は歪んだ状態になると思ってます
それは望ましくないと言うことです

繰り返しますが私は彼女が嫌いだから申しているわけじゃないです
今も昔もアイマスが好きで、過去を超えて今を受け入れているからこそ来てほしくないのです

Posted at 10:02:54 2014/05/31 by   

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

20番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

一言だけでは何を指しているのかわかりかねますが、
コメントの文脈的には浅倉さんのことでしょうか?

彼女個人の感情など推測以外なにもできませんが、
彼女はそんなことで気を悪くする狭量な人間ではないと私は信じています。

Posted at 10:50:19 2014/05/31 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

21番目のコメントの方

あなたの周りにはそういう人は少なくないということなんですね。
私の周りにはそういう人は明らかに少ないわけですけども。

10thにゲスト的に出演することが何の可能性を生むのかよくわかりません。
それによって浅倉さん降板、長谷さん復帰、なんてこと誰も思わないでしょう。

ひとつ前の方への返信コメントでも書きましたが、
浅倉さんがこれで気を悪くするような狭量な人だとは私には思えません。

10周年という特別な舞台において、かつて重要な役割を担ったメンバーが
出演することで、歪んだ状態になるとはやはりどう考えても思えませんし、
ごくごく一部(あなたの周りでは多数なのかもしれませんが)の人が
騒ぐ可能性をアイマス公式が考慮するなら、8thのシンデレラ・ミリオン出演、
映画のミリオン出演なんて判断をしていないと思います。

アイマス公式は基本的に大局的な尺度で諸々判断をしているはずで、
今回大局的な意味で長谷さん登場という判断をする可能性はあるはずです。

そして、それが間違っていると私には思えないし、むしろその登場に期待しています。

Posted at 11:03:29 2014/05/31 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

あなたは今を受け入れてないのはともかく、今を見ようとしていなさすぎる
過去にあったものだけがアイマスじゃない
過去に生きてたものだけがPじゃないのですよ

「新しく出来るもの」と「新しく変わるもの」は違います
876、ジュピター、シンデレラ、ミリオンなどそれぞれ大小波紋はあったものの、それ自体が新しい存在として確立されるものである以上、比較対象になるのは周りです

しかし新しく変わるものは必然的に以前あったものと比べられます
落合雪歩と浅倉雪歩はお互い唯一無二であるのなら、雪歩という存在はこの二つがある以上、誰しもの中で完全に受け入れられるとは限らない
その上でもう一度言わせてもらいますが
皆が聖人ではいられない以上、過去のアイマスを鑑みてみればどのような可能性が生まれるかは今までアイマスに関わってきたならばわかるはずです
それをわかりたくない、もしくは過去にすがるが故に問題ないと思い込みたいだけに過ぎないと思います
ゆりしーが出たのなら戻してくれとまでは言わなくとも
それに類似する声は少なからず大きくなるでしょう
私がゆりしー雪歩も好きだったからこそ、誰も思わないなんて言い切れる事こそ思わないです

それに浅倉さんは彼女が登場する事自体には気を悪くしないでしょう、というか私はそんな話は一切言及していませんのでその返しをされた事自体非常に不可解です

問題は浅倉さんが直接的にどう思うかではなく
ゆりしーが一事的にでも戻ってくる事によって蘇る過去の人間とそれに伴う歪みと比較、批判、煽り、叩きの増幅
未だにそういう人がいる以上、彼女が登場した際に減るなんてことは確実にありえません、可能性としては声が大きくなるだけです
それらを受けて過去を知らないP、今と向き合ってるPの全てが穏便に済ませられるでしょうかね
減らないだけで今以上にはならない事もありえますし、増幅されたとて小さく収まれば大した事ないですが、もし大きく広がった場合はどこまで及ぶのでしょうね
公式展開にまで広がる可能性がないとは決して言い切れないはずです
そういった今と未来を壊す要因をアイマスとは違う方向へ進んだ過去から持ち込まないで欲しいと、可能性を生み出す必要がないと言いたいわけです
既に誰も見捨てないなんて都合のいい言葉だけで拾い上げる対象ですらない事をまず受け入れる必要があるかと
ゆりしーはゆりしーでよかったって事は消えるはずなんてないんですから

そして公式がどう判断するかなど我々の知った所ではありません
そうなったらそうなった未来を自分なりに受け入れて楽しみ、合わなくなったら距離を置くようになるだけです
ただ過去を持ち込んで今を壊さないで欲しいと願うがための意見だと言うことを理解できないのであればこれ以上言うことはございません

Posted at 16:56:47 2014/05/31 by   

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

24番目のコメントの方

私は十分今をみているつもりですし、そういう決めつけをあなた同様使うならば、
あなたこそ過去を全く見ていない、と言わせていただけますね。

誰しもに受け入れられないのは、雪歩の声優に限らず、ジュピター、シンデレラ、ミリオンも
同様でしょう。876についてはそこまで否定の声を聞いたことがないのであえて外しますが。

過去を鑑みるからこそ、100%受け入れられるわけではないとわかっていて
10thで長谷さんを登場させる可能性があり、意義があると私は思います。

これにともなって浅倉さん降板、長谷さん復帰なんてことを現実として
考える人がいるのならば、その人はハッキリ言ってあまりにも頭が悪すぎます。
そんな低レベルな人をアイマスとしても相手になんてしてられないでしょう。

浅倉さんがどう思うかについてはあなたが書いたコメントに則した内容であり、
不可解といわれることが不可解です。

どうしてもあなたは長谷さん登場を必要以上に大事にしたいようですが、
そのような考え方でよくぞここ数年のアイマスの激動についてこられたな、
と感心いたします。はるかに深刻なレベルの大ごとが起こっていた・いるはずなんですけどね。

公式がどう判断するかなんて当然わからないわけですが、それを「知った所ではない」と
切り捨てれば今している話の全てが無意味になるわけで、どうかと思います。

あなたが、あたなにとってのキレイな今を壊さないで欲しい、と願っていることは
認識しましたが、残念ながら多くの部分において理解しかねる、と言わせていただきます。

Posted at 18:44:16 2014/05/31 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

実際どう思ってるか気になって、周りのP20人に聞いてみたところ、
「ゆりしー?誰それ」12人
「来てもいいし来なくても良い」6人
「絶対来ないで欲しい」2人
「絶対来て欲しい」0人
でした。サンプルも小さくなんの意味も無いとは思いますが、私も「来ても来なくても良い」なんです。

波風がたたない事は無いとは思いますが、其ほど影響があるとは思えません。それより、当の本人はオファーを受ければ来るのでしょうか?私が彼女の立場なら絶対行かないでしょう。本人の希望で去ったのなら、ここでいくのはむしが良すぎると思うだろうし、追い出されたのならプライドが邪魔をするでしょうし。

Posted at 18:02:20 2014/06/01 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

当人がオファーを受けたら来るかどうかは当然当人にしかわかりませんが、
私が彼女の立場なら行くことも十分検討いたします。

10周年ライブというのは明らかに特別な舞台でありますし、
最初の5年を担ったという事実は紛れもなくあるわけですから。

ただ、それは降板時がどの程度円満なものだったか次第であり、
我々の立場からはそれはわかりかねるところでもあります。

Posted at 21:05:35 2014/06/01 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

9thもまだ始まっていないのに10thの話したところで鬼が笑いますね
一応自分はゆりしーに関しては、来てくれたら嬉しいけど期待はしていないし10thの要素として重要視はしてないって感じです。

まあとりあえず今週末のミリオンや9thに集中することにします

Posted at 01:02:15 2014/06/02 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

自分はどちらかと言えば彼女はオファーがあってもこないのではないか、と思います。

その判断材料はインタビューやブログでの彼女の発言のみしかないのですが、引退時に「違和感を感じながら中途半端な気持ちで雪歩の声を演じることはできなかった」と仰っていますし、最近声優引退を公表した際には「声優(役者)ではない、もう一つの夢を絶対に叶えたい!と思っている自分に気がつきました。」とまで断言しています。

それに、(また戻ってしまうのですが)引退時のインタビューで

「これからも私は『アイマス』を応援し続けますし、見守っていきます。私が演じる雪歩を楽しみにしてくれていたプロデューサーさんもたくさんいると思っています。その思いを受け止めた上で、石原さんを含めたいろんな方との話し合いのもとで決めたことなので、「全部を理解して」とは言えませんが、少しずつでも新しい『アイマス』を応援してもらいたいです。杏美ちゃんの演じる雪歩がどんどん活躍して、皆さんのトップアイドルになってくれることを願っています。」

という発言をしていらっしゃいます。

これらの彼女の発言を見て、自分には彼女が10thにゲストとしてオファーが来たら参加するという風には少しも思えなかったんですね。。

勿論、トリプルデイPはこれらのインタビューやブログでの発言は御存知でしょうし、その上で「わたしが彼女の立場であったら行くことも十分に検討致します」と言われるのには何かしらの強い考えがあるのではないかと思います。


私達の立場からは彼女の事は完全に理解しかねるのだから考えても無駄かもしれない、というのは承知の上ですが、これらをどう受け止めているのかを詳しく聞かせて貰えないでしょうか

Posted at 02:52:49 2014/06/02 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

私としてもそれほど重要視はしていませんし、
それよりも13人揃うことが大事なのは言うまでもありません。

10thよりまずは9th、というのが当然ですし、その前にミリオンもあるわけで、
そこに集中して行かないといけませんね。

Posted at 23:13:53 2014/06/02 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

29番目のコメントの方

私も当然該当記事や、彼女の既存の仕事以外の声優業からの引退については
知っておりますし、彼女の夢についての言葉も中途半端なものではないと思っています。

ただ、「10周年ライブ」というのは明らかに特別な舞台です。
10年のうちの半分、重要な役割を担った彼女が、平時では決してあり得ない舞台に、
「この場だけは」と意を決して出る、ということがおかしなことだとは思いません。

そしてこの特別な舞台に上がることは自身の夢に背くわけでも、過去の自身の発言と
矛盾するわけでもない、と私だったら判断するから、「私なら検討する」と書きました。

彼女が実際どう判断するかはもちろんわかりませんし、
そもそもオファーがあるかすら全くわからないわけですが。

Posted at 23:26:42 2014/06/02 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック