MILLION LIVE! 1stLIVE HAPPY☆PERFORMANCE!! 展望 後編

kage

2014/06/06 (Fri)

物販

毎度毎度物販にはそれほど力を入れていない私は、今回も同じスタンスで、
絶対不可欠なのはパンフレットのみ、ということになります。他の商品は余裕があれば、ですね。
ただ、気になるところで「一番くじ」があって、美奈子のブロマイドというものは欲しいとは
思うんですが、なんといってもくじですし、当たるとは限らないわけです。そして何よりもかなりの
人気が予想され、買いたくても買えない、という可能性もあり、最初から諦めムードでいきます。

それよりも気になるのはやはり天候で、これによって消耗させられるのは勘弁、というところ
ですが、こればっかりは…。それは仕方ないとしても「毎公演、物販に関するご意見・ご要望を
頂戴し、スタッフ一同可能な限り改善に努めております」の言葉に偽りないものであると祈ります。

まぁなにはともあれパンフレットさえ買えればそれでよし、で、少なくともこれが買えなかった
ことはこれまで一度もありませんしね…という余裕のかまし方が首を締めないと信じています。


会場

会場は中野サンプラザ、ということでアイマスとしては恐らく初となる場所のはず。私としても
ここのイベントに参加するのは初です。まぁ基本アイマス以外のイベントは参加しないんですが。

激戦になったように、キャパ2000というのはかなり狭くもあるようですが、まぁ入ってしまえば
他の会場と何が違う、ということも特にはないのではないか、とは思います。

ただ、「入ってしまう」その前が少し問題かと。つまりは「手荷物検査」であり、これはもちろん
某事件の影響もあって、恐らくはかなり厳密にされるのではないかと。というか今までザル過ぎて、
「これでいいの?」と毎度思っていたので、厳密のほうが良いはずなんですけどね…。
もちろん何一つやましいことなどないので、それは問題ではありませんが、スムーズな入場と
いうのは期待しないほうが良い
でしょう。天候の問題もあり、そこは厳しくもありますが。

また、入場後、というかライブ中のレギュレーション的なものも公式サイト上ではかつてなく
くどくどと書いてあって、何もここまで書かなくても…とも思ってしまいますが、主催側としては
書いておかないといけない、というのはわかりますし、当然の対策でもありますね。実際には
普段のライブと何が変わるわけでもないはずで、深刻に考えなくてもいいのではないかと。


新情報

さて、ライブ自体もちろん楽しみではあるんですが、もちろん新情報というのも楽しみです。
もうほとんど確定といえるのは新CDシリーズのはずで、これの概要が明らかにされるでしょう。
問題はその概要で、「レジェンドデイズ」、「乙女ストーム」が別々のCDなのか、同じCDなのか
ということ。つまりは10枚シリーズか5枚シリーズか、ということですが、前者のほうが有力かと。
また、765は13人なわけで、「5」「5」「3」よりは「5」「4」「4」になりそうで、それに
合わせてミリオンと合わせて12チームになりそうな気もします。…これだとLTPと同じですね。

ただLTPとは異なり、765とミリオンを分けてくる姿勢、というのには意味があるはずで、それこそ
「分離」を少しずつ図ろうという意図も感じます。私は正直新CDシリーズからは765の13人は
外すのでは、と思っていたので、今回普通に新曲があることに驚いてもいるのですが…。

まぁこのミリオンの動き、その中での765の動きというのは「3rdVISION」に直結するはずで、
ここは注意深くみていかないといけないところにもなりますね。

さて、その意味ではこのライブ前に行われたミリオンライブのゲーム自体の大型アップデートと
いうのが非常に重要でもあります。ゲーム的には新システムが搭載されただけではあるんですが、
それでも、大きな動きなのは確かなわけで、これがされたばかりである以上は、
ミリオンの(直近での)コンシューマ化は現実的ではない、ということをも意味します。

ビジネス的に考えて、コンシューマ化により今のソシャゲーでの収益パターンが崩れかねず、
そのような判断をするとは考えにくい、ということです。もっとも、ブランディング的な側面や、
多角化という意味を考えればコンシューマ化には妥当性もある
わけですが…どうですかね。

個人的にはもちろんコンシューマ化というのが最大の希望で、37人プロデュースゲームを、
「アイマス3」ではない形で実現してくれるのが一番
です。もちろん今回のライブは
今回のライブで結構なんですが、やはり主体になるのは声優になってしまうわけで、
本来は最も重要なはずのアイドル達に対する「情」を持つためにも、これは必須になってきます。
ポチポチソシャゲーをやっていたところで、ほとんど積み上がるものなんてないわけですしね。
OFAという素晴らしいゲームを現在プレーしているからこそ、なおのことコンシューマの重要性を
肌で感じられており、ミリオンでもぜひこれを、と願ってやみませんが…今回は厳しそうなのが現実。

別の側面から、少し気になるのは「プラチナスターライブ」というタイトルで、これはかつて
商標登録された「プラチナスターズ」とダイレクトに関連するものになります。そしてこの
「プラチナスター」は「PS」で、「ディアリースターズ(DS)」的にプレイステーションシリーズと
重ねてのダブルミーニングでも使えるワード
でもあって…というあたりはどうなるんでしょうかね。

まぁ今回のコンシューマ発表は現実的に薄く、アニメ化にしてもシンデレラがある以上、やはり
可能性が高いとは思えません。となるとCD以外に何があるのかというと…何かあるのでしょうか

「2ndライブ」の発表はいくらなんでも尚早で、CDシリーズに伴う小イベント、ないしCDとは
無関係での小イベントくらいはあるかもしれませんが、パンチに欠けるのもまた事実であります。

例えば漫画化など、クロスメディアを進めることはやってしかるべきで、ここで発表される可能性も
あるわけですが、このあたりでもやはりインパクト不足は拭えないかと思えます。

ただ、インパクトには欠けますが、重要な情報として、SSAのBDの発売日、なんてものが
このあたりで出てきてもおかしくないはず。映画が出た以上、これも時間の問題のはずですが…
今の発表となっても、9th開幕前の可能性が薄そうなのは気がかりではありますが。

実際、確実に大きな新情報があると決まったわけでもなんでもないんですが、やはりそれに
期待してしまうのも事実。そしてそれが「50人体制」なのか「37人体制」なのか、
あるいはそれ未満の構成なんてことがありうるのか、というあたりは非常に重要なポイント
です。

とにかく、どんな発表が来ようとも美奈子大関さんをしっかりプロデュースできればまずは満足で
あるのは確かですが、他のメンバーもより愛せるようなものであれば、より理想ではありますし、
「世代交代」の可能性を考慮するならば、やはりそれが可能なモノが来て欲しいと願います。


直前での…

さて、ライブ前日となった本日、田所あずささんのライブ欠席が発表されました。
体調不良ということですが、少し前から喉の調子が悪かったようですね。

これについては色々と思うところが当然あるわけで、色々と書きようもあるわけですが、
ここでそれを事細かに書こうとは思いません。ただ一言、「お大事に」とだけ。

ここに細かく書かないのはともかくとして、実際のライブにおける対応としてすべきことは、
彼女が歌うはずだったであろうステージに対しては、彼女に向けるサイリウムも振る
ということです。彼女の身体がそこにはなくとも、間違いなく魂はそこにあるでしょう。


Thank You!

最初に書いたように、ミリオンに対する私のスタンスは、765とは全く異なって、
著しくバランスを欠いたものになります。これが健全でないのは確かなわけですが、
この現状を踏まえて、それ相応の対応をしていくほかない、ということも確かなわけです。

自分にとって「人生」であるアイドルマスターの(個人的な)危機からたった一人で救ってくれた
大関さんへの全力のThank You!はもちろんのこと、もっと広い意味でアイマスの未来を
提示してくれた、このミリオンライブというコンテンツ自体に対してのThank You!

この両方をこのライブにぶつける、そういった姿勢で臨む所存です。

大きな奇跡の土曜日・日曜日になると信じ、プロデュースしていきます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

トリプルデイPさんのアイマス愛、そしてミリオンに対する一途な愛
いつも楽しく拝見させて頂いています

ブログもしっかりと読めば、考え方は違えど同じコンテンツを好きな人間として 非常に好感が持てます


明日は目一杯楽しみましょう!
声優さん達へのコールは勿論、マナー良く、後味の良い最高のライブと言える様に、我々Pも頑張りましょうね!

Posted at 22:40:39 2014/06/06 by かどぽんP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

かどぽんPさん

コメントありがとうございます。

考え方が違っても好感を持って下さってるとのこと、本当にありがとうございます。

明日、明後日のライブが本当に素晴らしいものになると信じていますし、
そうなるようプロデュースしていきましょうね。

Posted at 22:49:24 2014/06/06 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック