MILLION LIVE! 1stLIVE HAPPY☆PERFORMANCE!! レポート ライブ編 その5

kage

2014/06/14 (Sat)

1-22./2-25.瞳の中のシリウス
一日目(Machico諏訪渡部)
二日目(Machico上田藤井)

少し季節外れながらも、美しい世界観を持つこの楽曲がライブのラストスパートに登場。
穏やかで暖かい気落ちにさせてくれるこの楽曲を、持ち歌的にはアップテンポな曲を
持つメンバーが歌う
、というのも新鮮であり、それもまたアイマスらしさでありますね、


1-23./2-26.ココロがかえる場所
一日目(山崎麻倉大関木戸)
二日目(山崎麻倉雨宮)

続いてもバラード楽曲なわけで、大関さんにとっては初となるタイプの楽曲のはずですが、
優しく緩やかな世界観というのを他のメンバーとともにしっかり描き上げてくれたのには
言葉もなく
。二日目は3人となりましたが、人数がどうこうという楽曲でもなく、同様に
素敵な世界観を表現し、このライブのユニット曲ラストを見事に飾ってくれました。


そしてこの後のMC、最後の挨拶となったわけですが、一日目は当然大関さんがトップバッター。
あまりここで中途半端に書けるようなものでもないのですが、彼女の放つ全ての言葉に、
そしてここで堪え切った彼女の強さというものに、ただただ心奪われるばかりでした。

二日目は涙、涙の挨拶にもなりましたが、誰よりも印象的なのは、最後、しっかりと
締めた山崎さん。このときの彼女のオーラはまさしく大センターであり、この二日間、
というかここまでのレッスンなども通じ、本当に成長したのだなと感じさせてくれるくらい
力強く、彼女に未来を託せると、そう思わせる凄味すらも見せてつけてくれたのは何より。


1-24./2-27.Welcome!!
一日目(山崎Machico麻倉夏川愛美伊藤大関木戸諏訪渡部)
二日目(山崎田所Machico麻倉夏川雨宮上田郁原種田藤井村川伊藤)

一旦のラストとなったのは、まさかの完全新曲で、ミリオンの新テーマ曲というこの楽曲。
しかしながら、案の定アイマスらしいアイマス楽曲であり、P側のコールは一瞬にして
驚愕の完成度に
。もちろん私もすぐさま対応可能な、実にオーソドックスでありながらも、
楽しさ溢れる楽曲でした。また、一部「Thank You!」を模したかのようなパートもあり、
これまでの流れを引き継ぎつつ、次のステージへ、という勢いも感じられたのはなにより。


E1.THE IDOLM@STER
一日目(山崎Machico麻倉夏川愛美伊藤大関木戸諏訪渡部)
二日目(山崎田所Machico麻倉夏川雨宮上田郁原種田藤井村川伊藤)

一旦終了となりながらも、当然のごとくアンコールで舞い戻ってきたわけですが、
まさかの、というか、ある意味では予想できたはずのこの楽曲、ということになったわけです。
カバー曲コーナーですらない、この場面でこの曲を歌うということ、これこそがこのミリオンが
「765プロ」そして「アイドルマスター」の看板を背負っていくことを示すはず
で、
その意味でも極めて重大な選曲ではあると思います。が、それはそれとしても、
この曲はなんといっても自由にステージを駆け回る、というのが何よりも特徴的であり、
私の目が誰に奪われていたのかなどこの期に及んで書く必要もないでしょう。


E2.Thank You!
一日目(山崎Machico麻倉夏川愛美伊藤大関木戸諏訪渡部)
二日目(山崎田所Machico麻倉夏川雨宮上田郁原種田藤井村川伊藤)

最後の最後はオープニングと同じくこの曲となったわけですが、この構成は7thと同じですね。
このライブにおける彼女達からの「Thank You!」は十分すぎるほど届きましたし、
こちらからの「Thank You!」もしっかりとコールに乗せて届けることができた
と、そう思います。


ということでこの奇跡のような二日間は無事幕を下ろすことになりました。
そしてレポートは総括編へと続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

アンコールのアイドルマスターについては考え過ぎの様な…
ただ、単に石原さんの好みだとおもいすよ。

Posted at 22:45:55 2014/06/14 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

考えすぎでしょうかね…?かなり重大なことだと思いますよ。
ミリオンはCDでこれを歌っていないわけですし、
他にミリオンの曲も残ってるのにこの曲を選択した、っていうのは
非常に大きいのではないでしょうか。

文字通り「アイドルマスター」の象徴たるこの曲を、
単に石原さんが好みだけじゃ選ばないでしょう。

Posted at 22:50:12 2014/06/14 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
アンコールに歌マスを持ってきたことは色んな意味で衝撃でした。
シンデレラのライブの方では歌わなかったことを考えると、トリプルデイPのおっしゃるように、アイマスの今後の展開について、シンデレラ、ミリオンのコンテンツ間の違いをはっきりさせるという、公式側の意思表示とも受け取れます。はっきりとした発表ではない分、妄想の域を脱しませんが、いい意味でも悪い意味でも、大きなインパクトの前フリだと感じました。

今後の動向にも敏感に反応して行きたいものですw
これからも更新頑張ってください。

Posted at 23:53:53 2014/06/14 by いなP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

いなPさん

コメントありがとうございます。

シンデレラでこの楽曲がなかったことについては私も情報として知っているので、
それも含めて、やはりミリオンこそが、適切な表現かはわかりませんが
「正当後継者」であることをここではっきり表明したのではないかと思いました。

今後の動向についてももちろんちゃんとみていかないといけませんね。
これからもがんばります、ありがとうございます。

Posted at 00:03:55 2014/06/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

公式でやっていたカバー曲リクエスト
自分はTHE IDOLM@STER を投票していましたが投票結果には含まれていなかったので歌わないと思っていました。
が、アンコールでこの曲が歌われたとき言葉では言い表せない何かが溢れて止まりませんでした

Posted at 00:11:57 2014/06/15 by 百合子P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

百合子Pさん

コメントありがとうございます。

リクエストに出されていたんですね。それがこの形で登場、
というのはさぞ大きなことだったでしょう。

この曲をここで歌ったことの意味というものを、
これから先の展開でしっかりみせていってくれると私は思っています。

Posted at 00:33:37 2014/06/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

歌マスはかなり衝撃的でした。
舞浜では歌わなかったので多分中野もないだろうと勝手に思い、アンコールまで来てやっぱりなかったかと思ったところで突然来たので。

ディレ1が何を考えているかわかりかねますが、また思い切って爆弾投げ込んできたなと思いましたね。
シンデレラのアニメ化が決定しているから、まだそれなりに落ち着いて受け止められますが、もしそうじゃなかったら相当荒れたでしょう。

まあシンデレラが歌マスを披露したことも過去にはあるので、その分でバランスを取っただけだと思いたいです。少なくとも2015年3月までは続きますし。


それはそれとして新曲素敵でしたね。完全に涙腺やられました。個人的にはThank youよりもお気に入りです。

Posted at 01:00:33 2014/06/15 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

私も山崎はるかさんは立派だったと思います。泣いてもおかしくない場面でしたが、ステージでは決して涙を見せませんでしたから。
ミリオン単独でしたが765プロライブシアターとして、765プロの看板は出演者の方々には大きな重圧だったはずです。それを感じさせない最高のパフォーマンスを見せてくれたミリオンスターズにはこちらこそThank Youでした。

Posted at 01:13:57 2014/06/15 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

コメントありがとうございます。

もちろんインパクトのある選曲でしたが、爆弾という表現が適切かどうかは…。
ミリオンにだけこの曲が継がれたとしても、それをもってして
シンデレラがどうなる、というような話ではないと思います。

Posted at 09:59:20 2014/06/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

8番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

今回は山崎さんが非常に印象的でしたね。
センターを務めたことでプレッシャーは人一倍だったはずですが、
それを感じさせなかったのは非常に素晴らしく、私も好感度が上がりました。

Posted at 10:01:44 2014/06/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

一通りの楽曲レポートお疲れ様です。
個人的にカバー投票で歌マスとマスピは特別扱いされたのではと思っています。
歌マスはカバーの枠に入れずに用意し、マスピは歌詞的にもまだ早いので除外と。
あと歌マスの時にはテロップに歌唱グループを入れてなかったんですよね、確か。

山崎さんは本当にミリオンのセンターとして成長したなと。
田所さんの一件もあってある意味泣いても許される人なのにしっかりとまとめ上げてくれたのには感服です。

Posted at 16:05:18 2014/06/15 by maboP

この記事へのコメント

kage

シンデレラガールズのPの一人としては内心忸怩たる思いがあるのは事実ですが、結局どこまでいってもシンデレラガールズは妾の子なんですよ。
これまでも公式から公の場でのコメントは無かったかもしれませんが、ミリオンライブが本流であるという判断に足る要素はいくつか見られましたし。
確かにシンデレラも歌マスを披露したことはありますが、1stライブという場で披露されたことを鑑みると、後継はミリオンだと発信始めたのかもしれませんね。

Posted at 17:16:28 2014/06/15 by

この記事へのコメント

kage

これからミリ勢が引き継いでいくとして、ソシャゲに抵抗ある方の反発や本家との出番の調整、展開の仕方など課題は山積みだと思いますが上手く後を継いで言ってほしいですね。

これに関しては正直万人が納得する正解はないのかもしれませんが、いつかは通らないといけない道ですし頑張ってほしいところです。



個人的にはシンデレラ自体が元々本家とは別の独自路線のイメージしかなかったので割とショックを受けてるモバPの方が多いのがちょっと意外だったり。

むしろそれがシンデレラの良さでもあるとも思ってるんですけどね。逆に賛否が分かれる原因にもなりがちな部分ですが…

Posted at 20:07:26 2014/06/15 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

maboPさん

コメントありがとうございます。

私もカバー曲リクエストでその2曲はあえて外されたと思っています。
特にM@STERPIECEは間違いなく多数の票があったはずですが、
まだ尚早等々の意味で選出しなかったんでしょうね。

山崎さんについては本当に今回素晴らしかったと思います。

Posted at 20:47:46 2014/06/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

12番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

もちろん公式のアナウンスはありませんが、これまでも十分ミリオンが
「本流」、シンデレラが「亜流」であるとする流れはあったかと思います。
本流/亜流という表現は適切ではないかもしれませんが。

それが今回はっきり打ち出された、ということなんでしょうね。

Posted at 20:48:08 2014/06/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

13番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

もちろんミリオンの今後の展開というのは非常に大事ですし、色々な意味で
ソシャゲーではなくてコンシューマは絶対に必要だと思っています。

シンデレラPの反応については同意いたします。
この扱いを違いを完全に受け入れているものだとばかり思っていたんですが、
そうでもないみたいですね。まぁシンデレラPといっても一枚岩では
ないでしょうし、この辺を公式がどうしていくかもポイントですね。

Posted at 20:48:24 2014/06/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

個人的な意見ですが、シンデレラメインのPである自分も、765の後を継ぐのは(それがあるとしたら)ミリオンだということは認識していますし、シンデレラはそのバトンを受け継いでいる二人の横のレーンを走っているような感覚でいます。
ですから、ミリオンがライブで765カバーを歌うと発表した時も、やっぱりそういうものかと思いましたし、結果選ばれたラインナップを見ても、特に不平等と感じることはありませんでした。
この扱いの違いはまあコンテンツの個性みたいなものでしょう。
そしてここまでは多くのPが同じように認識しているんじゃないかと思っています。

しかし歌マスをサプライズでというのはちょっと話が変わってくるわけで、
この曲は初期はともかく、派生展開が広がってきている現在では、タイトル的にも「765のメイン曲」というより「アイドルマスター全体のテーマソング」という側面が強いと思うんですよ。
だからこそトリプルデイPも

>この場面でこの曲を歌うということ、これこそがこのミリオンが
>「765プロ」そして「アイドルマスター」の看板を背負っていくことを示すはず」

と「765プロ」と「アイドルマスター」という風に分けて表現したんじゃないでしょうか。
そしてこれこそが不満の種なわけで、
極論を言うと「じゃあシンデレラはアイマスとして認められていないのか?」
という問題になるわけですよ。
それは言い過ぎにしても、やはり歌マスは特別な曲だと思うので、それをミリオンだけが1stライブで披露したというのには、不満と不安があるわけです。
その不安は一応、アニメ化という確定した未来があるから今のところ乗り越えていけるのですが。

というわけでコメント欄の他の皆さんの考えるシンデレラP像と自分の中の不満点にズレを感じたのでコメントしました。
一番伝えたいのは、「ミリオンが765の路線を引き継ぐ」ことと「ミリオンとシンデレラで公式からの扱いに大きく差が出る(ミリオンだけが『アイドルマスター』を引き継ぐ)」ことをイコールで考えては欲しくないということです。
僕は前者についてはもう既定路線だと思っていますが、後者については現段階でそうだとは思っていませんし、そうなって欲しくもありません。

Posted at 01:32:10 2014/06/16 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

シンデレラの扱いについて言えば、アニメが「PROJECT CINDERELLA」に
なっていることも含め、ミリオンと扱いが違うのは明白なわけですが、
「アイマスとして認められていない」というより「アイマスから一人立ちできる」、
という表現のほうが適切なのではないかと思います。

だからといってアイマスの看板が外れることもなければ、
扱いが悪くなる、なんてこともないと思いますけどね、現状を見るに。

Posted at 21:22:10 2014/06/16 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック