当ブログに関するアンケート結果 後編

kage

2014/06/25 (Wed)

ここまでは選択肢設問をみてきましたが、最後は自由回答設問についてまとめて。
そもそものサンプル数が普段より少なく、さらにここの回答率は低いので、あげようと思えば
全部あげられるんですが、内容的にそうすべきものでもないですし、ザックリと、という感じで。


Q9.「良かったと思う記事」について具体的にお書きいただけることが
ありましたらお書きください。


ここについてはそもそも「良かったと思う記事」なので、基本的にはお褒めの言葉をいただきまして
ありがたい限りです。自分とは考え方が違うけれども、だからこそ読む価値がある、といった
ご意見なんかもいただきまして、こうしたブログをやっている甲斐もあるのかな、と。
こういったご意見を励みに、今後も頑張りたいと思っております。


Q11.「今後読んでみたいと思う記事」について具体的に
お書きいただけることがありましたらお書きください。


ここについては設問通りに具体的なお答えをいただきました。「ぷちます」「ゼノグラシア」
「876」
といった、これまでまともに触れていないものや、ミリオンについて、より具体的に、
といったもの、あるいはシンデレラのアニメレビューなんて御意見もいただいております。

少し具体的に検討していきますと、「ぷちます」は正直書きようがないんですよね…・。
漫画レビューもいっぱいいっぱいな感じで、それ以上に何をどう書くべきか、というところ。
もちろんアニメは1期2期ともに一度たりとも欠かさず毎日見ていますし、BDだって全て
買っています。そう、あの1期のあくどい分割商法さえも、両方とも買ってもいます。
その上でも中々難しい、というところで…まぁなんとかならないか考えてみます。

「ゼノグラシア」については、アニメ自体はちゃんと通しで一度観ています。が、それももう
何年も前の話。今更見直すということも…というところもあり、アニメレビューのような形では
やることはありません。ただ、「ゼノグラシアとは何だったのか」的なことは書けるはずで、
それについては具体的に検討しています。もっとも、放送当時、私は完全にアイマス新参だった
ので、ああなってしまった事態に対するリアルなショック、というのは書きようもないんですが…。
当時の私の視点、そして今になって思うこと、というのなら書けるかなと思っています。

「876」についてもまた具体的にはここまで書いていませんね。ゲーム自体は3人ともちゃんと
ベストエンドを迎えて、関連商品もCDや漫画等、765と遜色なく抑え、しっかりプロデュースした
つもりです。しかしながら当の公式の展開が事実上終了しており、どうにもこうにも…。
まぁそうなってしまった要因も含め、発表当初の雰囲気や、自分の受け止め方等々、
書くことは可能
で、具体的に検討します。もっとも、ゲームの内容自体については失念している
部分も多く、また今からプレーというのも中々難しく…そこはあまり触れられないかもしれません。

「ミリオン」については、本当に全く具体的なプレー内容を書いておらず、一度はちゃんと
書いておかないといけないところですね。それと合わせて、美奈子以外のミリオンのアイドル達に
触れられれば、とは思うんですが、いかんせんあのソシャゲの中では色々と評価も難しく…。
まぁLTP等々と合わせればある程度補完は可能なはずで、書きようはあると思っています。
せっかくミリオン1stも終えたところですし、早めに何かしら書くことは予定しております。

それ以外にもいくつかいただいておりますが、それについても検討できるものは検討し、
具体的に書いていければとは思っております。いつ、どんな内容、等々の保証は一切できませんが。


Q12.「アイマスタジアム」についてのご意見、ご感想等ありましたら
ご自由にお書きください。


最後は完全な自由回答なので、実に様々なご意見をいただいております。
基本的にはやはりお褒めの言葉をいただいておりまして、それは本当にありがたく思います。
一方で当然厳しいご意見というものもあり、それについてはしっかり受け止めさせていただきます。

また、こうしていただいたご意見の中で気になったというか、具体的に対処すべき事柄として、
「コメント欄」があります
。これについては、記事によってはかなりヒートアップしてしまうことが
実際起こっているわけですが、それについて賛否両方のご意見をいただいているところです。

最大の問題はそもそもの私の記事の書き方であることは明白ですし、色々な意味で
火種になってしかるべきものとなっていることくらいは自覚しております。

だからそこをうまく緩和した書き方を今後はしていく、というのを本来はすべきなのかも
しれませんが、そんな半端なことを私はこのブログでしたいとは思っておりません、

私にとってあまりにも大きすぎるアイマスというコンテンツに対し、本気で思ってる通りに
書かなきゃこのブログをやる意味なんかない
、それくらいに思っています。
記事についても、コメントに対する返信に対しても、ですね、

とはいうものの、そうすることでコメントは白熱し…ということも起きております。もちろん、
白熱すること自体は自分で言うのもなんですが、良いことだと思いますし、それをある意味
楽しんでくださってる方もいらっしゃるのは今回のアンケートでもわかっています。

しかしながら、だとしても、あまりにも愚かとしか言えないものや、単なる煽りとしか
受け止めようのないもの、論理が完全に破綻しているものなど、本来はまともに取り合うべきで
ないコメントと言うのも複数
あって、これに対して不快だというご意見もまた今回の
アンケートでいただいております。私の記事が不快ならば「嫌なら読むな」しか言えませんが、
他の方が書いたコメントが不快、ということで、このブログの評価自体が下がるのは
当然望ましいわけもなく、なんらかの手を打たねばならない、という状態です。

よって、非常に心苦しいのですが、コメントを今後は承認制とさせていただきます。
本来は今まで通りオープンにした空間にしていきたいと私としては思っているわけですが、
様々なことをトータルで考えた場合、現状ではこうするほうがベターと考えた次第です。

もちろん承認制は承認制であり、拒否するわけでは全くありません。基本的には全ての
コメントを承認していこうとも思っています
。が、承認制にするからには当然非承認に
なるコメントもあるわけで、それは前述のようなもの、ということとさせていただきます。

また、承認したとしても、今後もこれまでのように基本的に全てのコメントに返信、という
ことはしないかもしれません
。もちろん、これも出来る限りはしていくつもりですが、
なんとも言えないものに関しては、承認はしても返信はしないかもしれません。

全ての判断基準は私の感覚でしかありませんが、そもそもここは私のブログですので、
それについてはご理解いただければと思います。

また、実際、こうすることで恐らくはコメントは減ってしまうはずで、それは少し寂しい部分も
あるのは否定しませんが、そこまで含めて考えてもそうするべきだと判断した、ということです。


ということで、今回のアンケートを受け、まずは一つこうした形で具体的な行動をとらせて
いただきました。今後の更新につきましても、リクエストいただきましたご意見を参考にして、
進めていきたいと思っています。改めてお答えくださった皆様、本当にありがとうございました。

今後も不定期ではありますが、時事的なネタを抑えながら色々と書いていく予定ですし、
いつの日か毎日更新に戻すかもしれません。戻さないかもしれませんが。

とにかく、私はこのブログを立ち上げてからこれまで、自分のアイマスに対する想いを全て
書いていきたいと思ってやってきましたし、今後もそうであることは全く変わりません


アイマス自体に対する姿勢はこの一年で大きく変わったところもありますが、
その気持ちの大きさだけは変わらず、これからもプロデューサー業を続けていきます。

今後とも、よろしくお願いいたします。
関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 07:58:22 2014/06/26 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック