アイマス8thライブ 名古屋公演レポート 開幕前編

kage

2013/07/08 (Mon)

さて8thライブ名古屋公演について詳しくレポートを書いていこうと思います。

物販

まず、私が名古屋駅に到着したのは14:20。
物販が11:00からだったのでかなり遅いのですが、
私としては物販をそれほど重要視してはおらず、
酷暑の中並ぶこともなく、ゆったり買えればいい…と思っていたのですが、
14:35分ごろ会場に到着しても、長蛇の列が形成されていました。

かろうじて影があるところで並ぶことができたものの、
異常な暑さの前では意味すらない。
立っているだけで汗がドバドバ状態となりました。

しかも列は一向に進むことがなく、15分は完全待機状態。
その後は5分に5メートル進む、という「先頭はなにやってるんだ」状態。

そうこうするうちに15:00を大きく回り、「16:00の開場前に買えないのでは?」という
恐ろしいことすら思いついてしまう段階に突入してしまいました。

とはいえ少しずつ列の動きもスピードアップ。
並んだ直後の硬直は何だったんだ…という感じですが、
どうにか間に合いそうな感じになってきました。

そんなときに列の前のほうからまわってきたのが
「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIALオリジナル3Dポートレート 」
のサンプル。

今回発売の「01」だけでなく、「04」以外の4枚が手渡しで渡ってきて、
実際に手にとって眺めることができました。


THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 01THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 01
(2012/08/15)
四条貴音(CV:原由実)、我那覇響(CV:沼倉愛美) 他

商品詳細を見る


実物は「日本初」を謳うだけのクオリティで、3D感は抜群
とはいうものの実用性のあるものでもないので、購買意欲まではそそられず…。

結局15:30にはなんとか物販にありつけ、
・公式パンフレット
・公式カレンダー
・公式ショッピングバッグ
・THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL オリジナルUSBメモリー

の計4点の購入に至りました…はい、予定していたものより多いです…。

しかしもう一つの狙いだった
「THE IDOLM@STER ANIM@TIN MASTER READY!! ソロ・リミックス」は購入できず。
これはまぁ横浜か幕張で買えるでしょう…多分。

物販を終えると後は開場を待つだけ。
15:45には整理番号順に並んだ列が作られ始め、私も並びます。


入場

私の番号は3桁終盤。~999と1000~は別の列になっていたので、
~999の列の最後尾付近になったわけです。

入場そのものも整理番号順ということで、私の番号だとちょうど真ん中くらい。
「いい位置」は諦め、「悪い位置」にいかなければいい、というスタンスで待ちました。

入場は16:00丁度には始まらなかったものの16:15にはスムーズに動き始め、
16:20頃に私は入場。入場の際に荷物検査などもなく、「いいのこれで?」と
思いつつも、立ち止まることなく入ることができました。

その入場の際に500円で買った(買わされた)コインで、
入ってすぐのところでドリンクと交換。
ここでもたつくわけにもいかず、よくメニューも見ずに「水で」でここを通過。

そして本会場へ入場、となったのですが、この時点で既に8割型は
埋まっているかのような埋まり具合。

「これはアカン」と思ったのですが、よくよく見るとやはり隙間はあり、
前のほうでも入りこむ余地は十分残っているようでした。
なので柵で分けられたうちの最前ブロックに突撃。

最前ブロックの1番後ろ、つまり柵が背中に当たる位置に滑りこみ、
初めはステージを前に右側(上手側)で待機し、後から入ってくる入場者に
押される形で徐々に中央に…という感じで移動していきました。

その結果、ほぼ入場が終わった時点ではベストなポジションに到着。

8_nagoya.gif

黒線は柵で、数は適当なのですが、とにかく最前ブロックの一番後ろの
センター、という良ポジション
(赤マル)につけることができたわけです。

幸いにも目の前には背が高い人はおらず、視界もまずまず良好。
ただ縦幅が狭く、目の前の人とぶつかる感じで、窮屈さは否めず。
それでもこの整理番号ではこれ以上の位置は望めないはずで、
自分としては十分うまく動けた、という満足感はありました。


開幕へ

ステージを見ると、ドラムセットなどバンド用の仕様(?)になっており、
今回も生バンドか、というのは一目見てわかりました。

冬フェスでは生バンドはそれほど…だったのですが、あれはLV。
今回は本当に「生」なので少しは期待度をあげました。

そして開幕を待つばかり…になっている最中には、
いつもの通りアイマス楽曲が流されている、という状態。

ときおりコールが起こる中、私は静観して待っていたのですが、
突如として正面モニターに映像が映ります。

そしてそこに映ったのは…



「クマ・トモ」なわけですが、映った直後はアイマスSDキャラに3DS、ということで
「オォッ」という声が大きく上がりました。
まぁこのタイミングで新作ゲームPVが流れるはずもないのですが、
一瞬でも期待するのは仕方ないこと。

この「クマ・トモ」PV自体が今回の8th用、ということで
完全にアイマスネタを駆使してP達の心をつかみにきてました。

これよって少しは買うPもでてくるんじゃないでしょうかね。
私は買いませんけども。


クマ・トモクマ・トモ
(2013/06/20)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


というわけで開幕も近づき、会場に流れるBGMは
「私たちはずっと…でしょう?」から「いっしょ」へ。
そして「いっしょ」終了時点でちょうど17:00…なのですが、ここでは
開幕せず、「団結」が流れ始め…たところで高木社長の声が!


いよいよ開幕となりました。
…続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック