「アイドルマスター ONE FOR ALL」 プレー雑感 その5

kage

2014/09/09 (Tue)

さて、一旦総括をしたこのOFAの話題についてですが、ここで再びプレー雑感を。
理由は言うまでもなくDLCのシナリオがあったからであり、全体シナリオである
「765プロ、常夏の島へ行く」と、個別シナリオである「新たな曲」を一通り終えたところです。

状況としては12年目の夏の6周目終了時点。メインシナリオを終えてからはほとんど進めず、
そのままDLCのシナリオに突入した、という感じですね。各アイドルについては以下の通り。

双海真美…S3 IE Lv40
双海亜美…S3 IE Lv40
水瀬伊織…S3 IE Lv39
高槻やよい…S3 IE Lv39
萩原雪歩…S3 IE Lv38
天海春香…S3 IE Lv38
我那覇響…S3 IE Lv38
星井美希…S3 IE Lv38
四条貴音…S3 IE Lv37
三浦あずさ…S3 IE Lv36
秋月律子…S3 IE Lv36
菊地真…S3 IE Lv35
如月千早…S3 IE Lv35


今回は個人シナリオを4話までクリアすると、レベルキャップが40まで解放されることになって
いますが、現段階ではちょうど千早をクリアしたところになるので、個人ごとに差がついています。
この格差については次のDLCまでになんとか埋めて全員レベル40にしておきたいですね。

これまでのプレースタイルでは、一人1話ずつ、13人分終えてから次の話をまた13人分、となる
流れだったのですが、流石に今回はそうせず、一人4話+ランクアップフェスの5週分を
一気に
、というスタイルで臨みました。あまりにもシナリオがぐちゃぐちゃになりそうでしたしね。

さて、その個人シナリオ、共通テーマとして「新曲」があったわけで、基本構成は皆同じでした。
4話あることもあって、綺麗に「起承転結」となっていた感じですね。もちろん内容は一人ひとりの
個性溢れるものだったのですが、やや定型化し過ぎでは、というのも否定できないところでした。

とはいうものの、「楽曲」をテーマにしたこと自体は非常に嬉しい試みでもありました。
これまでのアイマスでは実に多数の楽曲が作られて、世に送り出されてきましたが、楽曲固有の
「ストーリー」は多くの曲にはなく、あったとしても印象としては弱いものが多くでした。

これまでのアイマス楽曲の中で最も「ストーリー」があったのは実はDSの個別楽曲であり、
そのままメインシナリオに楽曲が組み込まれているから
、というのが要因であったわけですが、
これは非常に評価の高かった構成でしたし、ここで765にも採用されたのが嬉しいところでした。

しかしながら楽曲自体のクオリティについては中々評価は難しいかな、というのが正直な
私の感想
になります。全部が全部と言うわけではありませんが、しっかりとストーリーありで
つくられた楽曲でありながらも、今一つパンチにかけるというか、印象に残りにくい感があります。

これはもちろんまだ耳に馴染んでいないからでしょうし、MA3でCDとしてフルで聴ければまた
印象も変わるはずで、それこそライブで披露されれば全くもって話は変わるとは思います。
しかしながら、あくまでも現状ではですが、MAやMSの個別曲に及んでいるとはとても…。
春香の「ステキハピネス」、美希の「Nostalgia」、の「絶険、あるいは逃げられぬ恋」あたりは
現時点でも中々に良い曲だと感じられていますが、全ての曲がそうであるかと言うとやはり…。
ただ、残り2回の個別シナリオでも楽曲についての掘り下げがなされるような伏線は既に
張られていますし、やはり耳馴染みと言う部分も大きいはずで、そこに期待しています。

また、伏線と言う意味では、美希のシナリオだけが完全に消化不良感に溢れている、というのは
気になったところ。千早貴音もややその感がありましたが…。ここは難しいところですが、
今回は今回でもう少しスッキリする終わり方をしても良かったのでは、と感じました。
そうなるとそれはそれで「定型化し過ぎ」とまた注文をつけたくなってしまいそうですけど…。

千早のシナリオについては、ただ一人非常に重苦しいネタを投入したというか、
本来はメインシナリオで語られるべきだった話をこちらにまわしてきた、という感もあり、
他のメンバーとは一線を画していると感じられます。それが悪いということは決してありませんが、
とってつけた感のある他のメンバーの話に比べると、やはり扱いの良さというのは感じます

それ以外だと、メインシナリオでは完全に空気と化していた玲音が全員のシナリオに登場し、
きちんと会話をし、印象を残してくれたのは嬉しいところでした。良く考えたらメインシナリオでは
Pとは会話しても、アイドル達とは全く会話していませんでした
からね…。
まぁ、全部「まだ本気出してないから」という話をしていくわけで、「負けた癖に何言ってるんだ」
的なところもありました
が、「勝ち負けには拘らない」と設定ならば納得でありますし、
残るシナリオでも必ず立ち塞がることも示しているわけで、今後を楽しみにしたいところです。

まぁ、だとしてもランクアップフェスの魔王エンジェルの方が明らかに苦戦する、というのは
気になってしまいましたが…。戦略にバリエーションがあるランクアップフェスと、真正面から
殴り合うしかない個人戦のフェスの違いというのはあれど、ここはなんとかして欲しかったですね。


順番は前後しますが、「765プロ、常夏の島へ行く」のシナリオも中々良いものだと感じました。
何よりもやはり複数人の掛け合いというのが嬉しいところでしたし、もちろんオールスターライブも
壮観。シナリオの導入部分が社長の謎の指令という「765プロにはよくあること」的な二次創作感
溢れる
ところは気にもなりましたが、そもそも社長がそういうキャラだから、不自然感はゼロです。

3組のアイドルの組みわけと言うのも、そもそもクインテットが珍しいというところもありますが、
これまでにないパターンで新鮮味がありましたし、それでいて組みわけ理由自体も納得モノでした。
こうなるとやはり次のシナリオ内容、組み分け、そして楽曲が楽しみであり、期待できますね。


ということでその「次」、DLCカタログ第5号の速報情報はもう出ていて、シナリオは学園祭モノ、
楽曲は「Thank You!」。そしてスペシャルアイドルは矢吹可奈横山奈緒の二人、という構成。
さらには楽曲で完全新曲「99 Nights」、とまたもやとてつもない大盤振る舞いが待っています。

全員シナリオは3本予定されていて、最後は「虹色ミラクル」だろうと予測はできるのですが、
2本目は何になるのか…と思っていらまさかの「Thank You!」
。もちろんこの13人が歌うのは
全く不思議ではないんですが、ミリオンの37人のイメージが強い曲だけに、サプライズでした。

そしてサプライズというならばやはりスペシャルアイドルが二人という構成。メンツ自体はある意味
本命とも言えるメンバーなので驚きはありませんが、一気に二人というのは全くの予想外

このまま37人一気に出る、なんてことはないでしょうが、シンデレラと人数差をつけたわけですし、
あと何人出てくるのか、そして誰が出てくるのか、というあたりは楽しみです。もちろん有力なのは
劇場版出演メンバーとメインの3人
、というのは当然あると思いますが、その中では最も厳しそうな
美奈子も、一度に二人、という構成でくるのなら…と期待は俄然高まってくるところです。

さらには完全新曲の「99 Nights」。「キミ*チャンネル」一曲で終わるわけもなかった、というので
嬉しさと安心が同時にやってきました。ダンサブルナンバーということで、どんな曲調なのか、
そしてどんなダンスモーションが展開されるのか
、非常に楽しみにしたいところです。


と非常に長々となりましたが、なにはともあれDLC5号を楽しみにして、まずはレベル上げ、
思い出貯めなど、やるべきことを進めていきたいと思っています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんばんわ。

追加シナリオは徐々に解放されていく、というのがいいですね。飽きさせない工夫でしょうか。

来月もDLCは大盤振る舞いですね。新曲ももちろん楽しみですし、初のゲスト2人同時、Thank you!のオールスターライブなど…やることは絶えなそうです。

それぞれの新曲については…曲名を見たときから察してはいたもののどうしても「安っぽさ」がつきまとっている、というのは私個人としての感想です。曲が出来上がる経緯というのがそれぞれあるのでそれは良いと思うのですが「量の増加は質の低下」の片鱗が見えてしまったことは否めないところかと…。もちろん、曲として嫌いってわけではないんですけどね。MA2などに比べて考えると劣ってしまう、というだけで。
仰る通り、ライブで披露されたりなどすれば思い入れが大きくなり良い曲となると思います。これからOFAでもS4U含め使用していくわけですし。


少々見づらい文面になってしまいまして申し訳ございません。
次回の雑感もお待ちしております。

では、失礼します。

Posted at 09:39:43 2014/09/11 by 不眠夜

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

不眠夜さん

コメントありがとうございます。

新曲については、確かに諸手をあげて称賛できるものではないと私も思います。
13人分全員同時、というのは嬉しい半面、どうにも一曲一曲の印象に欠けてしまいますね。
MA3でこれをどのように展開するのか、というのに期待しています。

Posted at 22:18:15 2014/09/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

スペシャルゲスト二人同時ミリオンでしたね。
となると、シンデレラでも二人同時くるのでしょうね。
それともトライアドで三人同時とか?夢は膨らみます。

前のDLCも1年以上展開されましたし、後、7~8回はあるのではないでしょうか?毎回二人づつなら15、6人?流石にそれはないでしょうけど。

後、二人同時に出せるなら毎回ミリオンとシンデレラを一人づつにすれば良いのにと思ってしまいます。

Posted at 04:01:29 2014/09/12 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

シンデレラは2度目だった4号でも1人だけだったのに対し、
同じく2度目の5号でミリオンが2人だったからこそ驚きが大きくありました。
その上で次回からはシンデレラも2人かどうかは…どうなんでしょうか。

DLC自体は確かに1年以上やりそうな気もしますが、
現在の全員シナリオと個別シナリオは12月の8号で終わりとのことなので、
それ以降もちゃんとDLC自体があるのか、というところに少し不安もあります。

Posted at 20:55:38 2014/09/12 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

自分が新参であるからか、楽曲の質云々の話は正直理解出来ませんでした
正直、過去曲より質が高く、よくここまで揃えたな、と思ったくらいなので、ここの感想を見て驚いたくらいです
古参の方は色々と思い入れもあるのでしょうが…

Posted at 20:09:12 2014/09/13 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

そもそも楽曲の質というのは定量化できるものではないですし、仰る通り思い入れというのが
強く反映されてしまって、新しい曲に対して高い評価を付けにくくなっているのかもしれません。

これからこの楽曲がMA3なりあるいはライブなりで聴ける機会もあるはずなので、
そうやって思い入れが強くなれば既存曲に追いつき追い越せる可能性も十分あると思います。

Posted at 21:36:34 2014/09/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アケマスからの古参ですが、曲の質が下がったとは思えませんでした。

特に千早、春香、亜美の曲は個人的には非常に評価高いです。
春香Pであるわけですが、一番好きだった曲がSTART!で有ったので、今回のトキメキハビネスはSTART!と同様かそれ以上に気に入っております。

Posted at 10:25:08 2014/09/15 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

7番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

楽曲の評価というのは完全に個人の感性に委ねられるものですからね。
「質が下がった」という表現はあまり適切ではないのかもしれません。

Posted at 12:41:09 2014/09/15 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック