ミリオンライブ プレー雑感 その3

kage

2014/10/23 (Thu)

今回はミリオンのゲームについて色々と書いてみようと思います。


プレー状況

まずは私のプレー状況についてザックリと。レベルは216、劇場レベルは121、
プロデューサー称号は「スマッシュヒットプロデューサー」という段階。

プレースタイルとしては無課金のままで、デッキは「プロローグ・ルージュ 佐竹美奈子
5枚を先頭においた「美奈子艦隊」
を構築。ユニットは765のメンバーを入れ替わり立ち替わり、
となっていて、現在は美奈子のサイドをあずさが固めていますが、親愛度が500に到達した
のは美奈子以外には真美やよいだけ。そもそもMAXが500に達するほどカードが集まらず…です。

美奈子に関しては課金ガチャで強力なレアカードが最近出ましたが、いかなるカードが出ようとも、
このソシャゲには1円たりとも払わない
、という姿勢は全く変える気はありません。
OFAのDLCでシンデレラのアイドルを有料でDLしておきながら、ミリオンに対してこうである私の
姿勢に違和感を覚える人もいるかもしれませんが、それほどまでにコンシューマとソシャゲが
私にとって違うものであり、ソシャゲの集金システムを嫌悪している、ということですこれは。

もちろん無課金だろうがプレーしていることで、課金層の踏み台になり、その層に優越感を
与える存在として機能しているという意味でこのソシャゲのビジネスモデルに加担している

いう事実は理解していますが、そこまで考慮したうえで、トータルで考えて無課金でこのミリオンを
プレーする、という判断に至ったわけで、自分としては納得しての今の状況です。


プラチナスターライブ

さて、「大型アップデート」に伴って始まったこの新システム。システム的には至ってシンプルで、
特筆すべきことは何もないのですが、気になるのはユニット編成についてです。
現在は第3弾、6ユニットまでが出ているわけですが、ここで改めてその確認を。

レジェンドデイズ
我那覇響
秋月律子
高槻やよい
双海亜美
水瀬伊織

乙女ストーム
春日未来
伊吹翼
七尾百合子
真壁瑞希
望月杏奈

クレシェンドブルー
最上静香
北上麗花
北沢志保
野々原茜
箱崎星梨花

エターナルハーモニー
如月千早
エミリー スチュアート
ジュリア
徳川まつり
豊川風花

リコッタ
天海春香
周防桃子
福田のり子
松田亜利沙
横山奈緒

灼熱少女(バーニングガール)
田中琴葉
大神環
高坂海美
所恵美
宮尾美也

上記6ユニットとなっているわけですが、うち「レジェンドデイズ」は765の5人のユニット、
「エターナルハーモニー」と「リコッタ」がそれぞれ千早春香がリーダーで、他4名がミリオン、
他3ユニットが5人全員ミリオン、という構成になっています。

この構成からは残り4ユニットが「美希+ミリオン4人」、「美希以外765の5人」、
「ミリオン5人」×2、ということが予測できるわけですが…どうなるんでしょうか。

これまでのユニットのシナリオについて少し触れると、「レジェンドデイズ」は
実はファンキーノートから真美律子に変わっただけ、というチームですが、
「いつもの765プロだな」という印象を受けられ、安定感は抜群
まぁ、言い換えればフレッシュ感がない、という表現もできてしまいますけどね…。

フレッシュ感という意味では「乙女ストーム」ですが、非常に王道な感じ。
「ミリオンのみ」の一番手チーム、未来がリーダーということもあり、
意外性のある展開にはせず、ド真ん中を突き進んだ、という感じでしょうか。

「クレシェンドブルー」は志保がキーパーソン。映画に引き続き、ということで、
非常に恵まれた扱い
だという印象になります。まぁ映画は批判の矛先にもなるような
立ち位置で、諸手をあげて良かったと言い切れるものではないでしょうけど…・。
それより問題は麗花でしょう。終始ふざけてばかりで、はっきり言って全く良い印象を
受けることができませんでした
。シリアス展開についてこれない、というのは
今後ミリオンが様々な展開をする際に不利な要素でしかなく、非常に厳しい感じ。
もう少し何とかしてほしかったのですが…37人もいればそういうキャラがいても、
ということなのかもしれませんが、やっぱり色々と残念に感じてしまいました。

「エターナルハーモニー」は千早のリーダーっぷりがポイントでしょうか。
ミリオンの世界では「ちょっとだけ先輩」という扱いのようですが、それよりも、
この9年間を乗り越えてきた成長の証、と感じられる描き方だと感じます。
そしてその上での「Just be myself!!」という曲は本当に素晴らしい、そう感じています。

そして現在進行形の「リコッタ」。アニメ同様聖人と化した春香桃子がどう絡むのか
という話になるのだとは思います。LTP12のシナリオでもひと悶着あった桃子ですが、
またちょっとした出来事があり、聖人春香さんがなんとかする、というシナリオならば、
捻りがなさすぎるとは思いますが…それ以外のパターンも思い浮かびませんけどね。

最後に「灼熱少女(バーニングガール)」。琴葉春香に匹敵する聖人っぷりをみせて
くれますが、春香と違い「これまでのイメージ」がない分、素直に「良い子」とも
感じられ、好印象。PSL以前からの印象でもそうでしたが、私にとって美奈子に続く、
37人中2番手における
、それくらいに思っています。そんなリーダー琴葉と仲の良い
恵美がシナリオ上重要になってきそうですが、どうなるでしょうかね。

現在はここまでですが、残る4ユニットについても少しばかり予想というか妄想を。
まず一つは千早春香とくれば美希がリーダーだろう、というユニットですが、そこに誰を
絡ませるのか。ある程度しっかりもののメンバーと組みそうな感じですが…。

その美希を除いた5人の765のみユニットでリーダーとなると、キャラ的には
が一番安定しそうですが、それでは安定し過ぎてしまう感
もあります。他の4人のうちの
誰かがリーダーほうがバランスは少し崩れ、意外性のある展開になるのかもしれません。

そして残る2ユニットでリーダー適正がありそうなのは…。ミリオンのキャラを未だしっかりと
把握し切れていない部分もありますが、それを差し引いても美奈子は十分有力だと期待しています。

もう一人は…諸々バランスを考えても可奈が有力かと。リーダーとしては非常に不安定な
キャラだとは思いますが、だからこそ描けるシナリオもあるはずでしょう。

結局映画に出た二人、という予想になってしまいましたが、例えばがリーダーになるかと
言ったらそれはないだろ
、とも思いますし、この二人の可能性は十分あるかと思います。

実際のところ、ゲームの中でどのようなシナリオが展開されるか、というのもですが、
やはりCDのライブイベントがどのようになるか、というのも気になるところです。


ということでこのミリオンの話は続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

コメント失礼します。
ブログ内の黄色の文字(真美とか育)がとても見づらかったので報告させてもらいます。

Posted at 01:44:33 2014/10/29 by いな

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

いなさん

コメントありがとうございます。

確かにおっしゃる通り非常に見辛いですね…。
公式のカラーコードをそのまま使っていて、あまり変えたくはなかったのですが、
何か対策を考えてみようと思います。

ご指摘いただきありがとうございます。

Posted at 21:57:26 2014/10/29 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック