「アイドルマスター ONE FOR ALL」 プレー雑感 その7

kage

2014/11/10 (Mon)

今後のDLC

次回11月のDLC第7号については速報が出ていて、スペシャルアイドルに最上静香
そして完全新曲として「静かな夜に願いを…」
というものになっています。

スペシャルアイドルについては、前々回の可奈奈緒、前回の未来に続いてミリオンから
参戦、ということで完全にシンデレラとのバランスなんてものは壊れているわけですが、
ここまできたら第8号で伊吹翼、第9号からはアニメ化に合わせてシンデレラを連発
という形で来る、と考えるべきなのだと思います。そもそも交互に出すなんて言ってませんしね。

そしてこのOFADLC最後の最後には小鳥が「空」を引っ提げて登場、ということを
予想というか妄想
していますが…果たして実現はされるのでしょうかね。

新曲についてはタイトルからも予想できますが、バラード系と明記されています。このタイミングで
静香」と「静か」をかけたのかは定かではありませんが…冬に合いそうな雰囲気ですね。

そしてこれに伴ってCD未収録新曲は個別の13曲を除いて4曲目になります。これもMA3に
収録されるというのが順当でしょうが、あるいは別シリーズという可能性もなくはないかと。

また、全員シナリオについては、「虹色ミラクル」と予想はしていますが、どのようなシナリオに
なるのか、あるいは別楽曲の可能性も当然あるわけで、その場合どの曲が来るのか。
そして個別シナリオは全員共通で玲音がラスボスになるはずですが、それに向かって
いかなるシナリオが展開されるのか、そして難易度はどの程度のレベルになるのか

そして個別シナリオのラストがそれぞれどのように描かれるのか。全て注目ポイントです。
細かい点だと、ランクアップフェスS1で立ち塞がるアイドルが何者になるのか、なんかも。

さらに、気になるのが第9号以降で、前述の通りシンデレラを連発、と予想はしていますが、
全員シナリオは7号、個別シナリオは8号で完結予定であり、その後どうするのか、という話です。
どうするもこうするもアイドルと楽曲、衣装だけであっても本来は十分すぎるんですが、
ここまでシナリオを連発された後だと、やや物足りなくも感じてしまうのではないかと思います。
とはいえシナリオをDLC、というのは(「アイドラ」というのが一応あったにせよ)これまでには
なかった形であり、「あった」ということに満足すべきで、最後まで楽しみたいとも思います。

そしてOFAのDLC自体も、「PS4版アイマス」のお披露目あたりで完結するのが妥当な
ところ
になるのだと思います。それが7月末の10th、になるのかどうかはわかりませんが、
号数的にも時期的にもこのタイミングがベストなんではないかと感じます。
肝心の「PS4版アイマス」がいつ発売で、そしてどんな内容か、という話でもありますけどね。


MASTER ARTISRT 3


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 Prologue ONLY MY NOTETHE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 Prologue ONLY MY NOTE
(2014/08/27)
765PRO ALLSTARS

商品詳細を見る


ゲーム本編とは離れた話題になりますが、新曲絡みで関連してくるのがこの話題。
8月末発売の「Prologue」は、テーマ曲の「ONLY MY NOTE」、玲音の「アクセルレーション」、
そしてDLC新曲の13曲メドレーが収録されていたものだったわけですが、
肝心の本編シリーズについて全くの音沙汰なし、という状況がこれまで続いています

ここまで来ると年内の発売はなく、個別シナリオが完結した後、来年の発売になるでしょう。
となると、CD内でのアイドルの立ち位置というかあり方が、その「シナリオ後」、
つまりは「トップアイドル」という立場でのCDになる、ということが予想できます。

360版準拠の「MASTER ARTISRT」では、アイドルとして活動中も、まだまだこれから、
といった感じのランクであり、2準拠の「MASTER ARTISRT 2」ではまさに駆けだし、
というところで、ここから「2」の本編に続く、という立ち位置での内容になっていました。

アイドルとして成功を収めている立ち位置でのCDとしては「MASTER LIVE」や
「生っすかSPECIAL」もありましたが、これらはユニットでのもので、MAとはやや違います。

つまりはもし「トップアイドル」としてMA3が発売されるのならば、これまでにはなかった
という意味で非常に新鮮でもありますし、何よりも「10年目」にしてついにその立場での
CD発売、ということになるのならば、それは非常に感慨深いものになるはず
です。

そしてそれを発売した後で迎えるであろう「3rd VISION」は…というのはいつも通りの
妄想と危惧にしかならないので、これ以上はやめておきます。

MA3の内容としては、個別新曲は当然としても、前述の通り4曲が残っているわけで、
それをどう振り分けるのか、というのが気になるところになります。
うち「Destiny」は他のDLC3曲とは明確に違うわけですが、ソロで全員が歌うのか、
あるいは「FINALE」的なもので全員で歌うのか、その両方か
、になるのだと思います。

そしてDLC3曲は、まだ増える可能性があるにせよ、そもそも「13人」という素数では
綺麗に振り分けることはできないわけで、それをどうするのか、というのが気になります。
だからこそ「別シリーズ」の発売の可能性も考えられるわけですが…。

そしてこれもそもそもですが、13人を、13枚であろうCDをどう分けて発売するのか、
という話がやっぱり出てきます。ただ、もし「トップアイドル」として出すならば、
「MA」や「MA2」のように、他のメンバーにゲストで出てもらう、なんてこともせずに、
完全に一人で一枚やりきる、ということだってあっていいのでは
と思います。
それこそ、そうして13週連続発売、という形だっておかしくはないでしょう。
もっともこれだとやっぱりDLC新曲の扱いが問題になってしまいますけどね。

また、MAにはこれまでリクエストによるカバー曲があったわけで、今回もそれが
ある可能性は十分ありますし、期待していていいのでは、と思っています。


ということでゲーム本編からちょっと離れた話までしてしまいましたが、なんにしても
このOFADLC、毎度毎度のボリュームに圧倒されつつも、非常に楽しめてますし、嬉しい限り。
全員シナリオ、そして個別シナリオをどう完結させるのか、その先をどう展開していくのか。
それに多大な期待とちょっとばかりの不安を抱えつつ、最後まで楽しみたいと思っています
関連記事

この記事へのコメント

kage

シナリオが丁度12月の8号で終わりなら、シナリオ自体もシンデレラと言う可能性も有ると思っています。ただ、キャラ付き歌付きで価格は?とか、どのキャラが出るのか?等の課題も同時に発生しますが。

アニメ化に伴い家庭用と言う流れが最高な訳です。新規の客(P)を獲得するきなら本来はそうすべきなのですが、ソシャゲとの兼ね合いもあるので、OFAのシナリオで配信も十分に有りえると考えます。

Posted at 06:13:39 2014/11/13 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

シナリオ付きライバル、という形というよりは、
シンデレラのアイドルをプロデュースできるモード、ということでしょうか。

玲音を倒し、真のトップアイドルとなった765アイドルの
前にシンデレラが立ち塞がる、なんてことをやるとは思えませんしね。

完全に新規のモードなんていうのは流石に厳しいとは思いますが…。
ミリオンより出すのを遅らせた分の何らかのフォローはあるかもしれませんね。

Posted at 23:45:28 2014/11/13 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック