私がモバマスを嫌いな13の理由 ~後編~

kage

2013/07/15 (Mon)

10.コンテンツの扱い方が不明瞭

ここにきてモバマスは765プロと8thライブで共演、という形をとっていますが、
モバマス立ち上げ時点でここまで混ぜようとはしていなかったように思います。

声優決定後も、ライブはおろかラジオですらゲストには呼ばない、という姿勢が続き、
「別のコンテンツ」であることを強調していたようにすら思えます
しかしモバマスが商業的な成功を収め、肥大化したことで分けておくのが
勿体なくなったのでしょう。昨年末のローソンライブを皮切りに、
垣根が一気になくなり、互いのラジオにゲストで出演したり、
同じイベントに参加したり、ということが頻発するようになってきています。

これを受けての8th、なのは言うまでもないことですが、
このようなやり方を好意的に受け取れ、というのは無理があると思います。

かつて美希貴音が初登場したときには、ラジオなどに早期に出演させ、
仲間であることを強調し、「このメンバーを加えた路線で行く」ことを
徹底していたように思います。しかし今回の場合は、「やってみて成功したから
この路線で行こう」
という風にしか見えないのです。

「先のことをあまり考えず、とにかく『やってみよう』」というのが
アイマス全般の方向性ということはわかっていますが、
今回のやり方はあまりにも稚拙というか、杜撰というか…。
「失敗したら切り捨てればいい」というのが最初にあったのではないか、
という風にしか見えないのです。無論モバマス誕生時点でアイマスは既に
大きなコンテンツになっており、いい加減なことができない状態になっていたのは
あるでしょう。しかしながら、どう扱うか決めかねるものを世に送り出す、
ということをしてしまう、というのは、やはり如何なものかと思えてしまいます。

その反動・反省としてか、グリマスは初期から従来の765プロと混ぜ合わせ、
イベントなども積極的に行っているように見えます。
しかしその、モバマスとは逆のやり方に対するに反動として、
今度は「ゴリ押し」にすら見えてくる、という悪循環を起こしてしまっているのです。

少なくとも私の場合、モバマス立ち上げ時点から「今後はこれでいきます」
打ちだされていれば、現在とはまた違った心境でアイマスコンテンツを享受していたはずです。
しかし現実には扱いが不明瞭なまま出てしまったコンテンツになりました。
これを今からどうしていくのか、その方向性は幕張で見えてくるはずです。


11.声優にストーリーがない

アイマスというコンテンツにとって、アイドルを演じる声優陣というのは
非常に重要な存在となります。単に声を吹き込んだり歌ったりするだけでなく、
そのパーソナリティーがアイドルのキャラクターに深く関わってきているのです。

私は元々は声優という職の人たちには一切興味がなく、アイマスに触れ始めたころも
こちらにはノータッチ、という期間ががある程度ありました。
しかしながらラジオなどを通じて少しずつこちらにも目を向けるようになり、
いつしかアイドル達とはまた違った魅力を持つ人たちだと、捉えるようになりました。

そうなってからは自分が触れてこなかった時代の音源や動画にも触れ、
彼女たちがアイドル達と歩んできた歴史、重みというものを感じ取ってきました。
「リアルFランク」とさえ言われた時代から、現在の「ギャルゲコンテンツトップクラス」
の位置に至るまでのストーリー、これはそのままアイドルマスターという
ゲームのストーリーと重ねて捉えることができます。


中村さんたち初期メンバーのそうした駆け上がりのストーリー。
長谷川さん、滝田さんという新たな仲間との出会い。
新人ながら強大なライバルという役回りを任され、見事にこなしてみせた沼倉さん、さん。
アイマスとのかかわり方、声優としての在り方の違いによる、長谷さんとの別れ。
そして他の誰にもない重圧と戦った浅倉さん。

彼女たちには、春香達にも負けないようなストーリーがあり、
それを今現在もともに進めている、プロデュースしている、という実感がそこにはあります

一方でモバマス声優にはそれがありません
そもそもモバマスには最初はボイス自体がありませんでした。
もしかしたらプロジェクト立ち上げ当初から声優は決まっていたのかもしれませんが、
どう見ても一心同体でやってきた、という風には見ることはできません
メンバーの多くが新人声優で、「頑張っている女の子」という観点から見れば、
それは確かに「アイマス的」かもしれません。
しかしそこにはそれ以上のストーリーがどうしても見えてこないのです。
中村さんが春香と二人三脚で歩んできたストーリーが、
浅倉さんが雪歩を引き継ぎ、プレッシャーと戦ってきたストーリーが、そこには見えない。

もちろんモバマスのラジオを聴いたり、イベントに参加したりすることで、
多少なりストーリーは見えてくるのかもしれません。しかしそのストーリーを
見出してみたい
、と思わせるほどのものがやはり彼女たちにはないのです。

私は彼女たちを8thライブで「頑張っている女の子だから」応援することなんてできません。
応援したいと思わせるだけのストーリーを断片でも見せてほしいくらいで、
それができればやっと「声優だけは応援」することができるかもしれません。


12.765プロとの兼ね合い

ここまで散々叩いてきましたが、公式側としてはモバマスを押してくる状況は
どうしようもなく、変わらないわけです。「嫌なら見るな」を実践し、気に食わない
ものは触れなければいいわけなのですが、共演してしまう以上、それもできません。

8thライブは言うに及ばず、ラジオのゲスト、CDの展開など、
モバマスの進撃によって従来の765プロが割を食う、という展開は少なくありません。
モバマスが関わっている全ての展開を切り捨てればいい、なんてことは
当然できないので、今まで通りのプロデュース活動をするわけですが、
8th名古屋公演に感じた「物足りなさ」のようなものは、どこへ行ってもついて回ります。

これについてはもはやどうすることもできないわけで、その最たるものが
幕張公演でお目見えする可能性も高いのですが、やはり非常に辛く感じるのです。

ここまできた以上モバマスが倒れる可能性は限りなく低いので、
以前のように適切な距離をとってもらうほかないのですが、それすらもはやありえないという…。

いずれにしても私は幕張で決断に迫られるのではないか、と思っています。


13.今後の展開について

13個目というには無理矢理というか、総括的なものになります。
「12」で書いたように、もはや「混ぜるな危険」の時代は過去のものとなり、
「混沌の中から新しいものを生みだそう」という時代に突入しています。

この時代に私のような765プロ原理主義者はどう生きればいいのか。
そのはっきりとした答えは現時点では出すことはできません。

一つ言えるのは、こうして頭を抱えなければいけない事態を生みだした
「モバマス」という存在が、やはり好きにはなれない
、ということだけです。

勝手に頭を抱えているだけなのは承知ですが、モバマスのやり方が「うまい」とは
どう見てもいうことはできません。SPやDSのようなやり方はきっとあったはずで、
それができなかった時点で、少なからずの反感は受けるべきコンテンツなのだと思います。

しかし今反感している層がどれだけいるのか、となると…どうなんでしょう。
もはや私のようなのは少数派なのかもしれませんね。



さて、ここまで長く書いてきましたが、この話題はいったんここで終わりになります。
これを読んでくださった方にも、色々な「アイマス像」があり、
それによってこの文章の取り方も大きく変わってくるでしょう。
共感してくれる人もいれば、批判する人もいるのは当然だと思います。

しかし何はともあれ、他の人がどう思うか、というのは本質的には関係ないのです。
「自分はこう思う」とここで表明し、その信念を貫く姿勢を作りたかった、それだけです。

もしかしたら色々な要因が重なれば、私もモバマスを受容できる日が
来るのかもしれません。しかしながら、少なくとも今の時点では、
「私はモバマスが嫌いです」
関連記事

この記事へのコメント

kage

こんばんわ~ (^ ^)ノ
私がモバマスをやっている理由はバンナムと共同開発している某メーカーの為であって、極論を言えば
バンナム産なら何でも良いけど、お金を出す以上は勝ち馬に乗りたいからモバマスを選択しただけです。

某メーカーとの共同開発が無ければ、例の一件でアイマスは切捨てたままでその後、モバマスがどれだけ
強大な勢力になっていても見向きもしません。むしろ馬鹿にしていたでしょう。

解答は人の数だけあるから、どれも正しくてどれも正しくない。中立・中庸こそが人間の業なのだから
難しく考えるだけ損ですよ。参考にもならないと思いますが、一人のユーザーとしての意見です。

Posted at 00:04:50 2013/07/16 by chalcedony

この記事へのコメント

kage

chalcedonyさん

こんばんは。
>共同開発している某メーカーの為
これは凄いですね…こういう立場もあるということを初めて知りました。

この問題について答えがないというのは仰るとおりですね。
ただ「難しく考えるな」というのこそ難しいことになっています。
他人の考えはともかく、公式が出してくる展開をどう受け入れるか、
ということについては対処しないといけないですから。

私は「メーカーのためにどうこう」とは考えられませんが、
そういう考えがあることを知れただけでも参考になります。
ありがとうございます。

Posted at 00:20:51 2013/07/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

えりりんやミンゴス、ぬーが楽しそうにモバマスグリマスガールズと話していることはどう思うのか気になるところ。それすらも否定されるのか。

765原理主義でもなんでもかまわないんだが、「11」の理由に関しては
あなたが関心を持っていないが故にそう思えるだけだろう。
アイマススタジオも聴いていないのかな?

Posted at 15:50:54 2013/09/10 by

この記事へのコメント

kage

コメントありがとうございます。

まずラジオについてですが、アイマスタジオ、CHU、アイステ+、そして一番くじは全て欠かさず聴いております。

その上で、先輩声優陣の対応についてですが、はっきり言って、これによって私の考えが変わることは一切ありません。

先輩メンバーが後輩メンバーを受け入れる姿勢を見せ、楽しげなトークを展開する、というのはいわば当たり前のことです。本心がどうであるかは全くわかりませんし、それを考える必要すらないと思います。我々が聴いているのはプライベートのトークではなく、仕事用のお話、ということを忘れてはなりません。

私が関心を持っていないだけ、という点に関しては全くその通りだと思います。でも、だからこそ「ギャルゲー」に全く興味がなかった私を引き込んだ「アイマス」のような、「声優」に全く興味がなかった私を引き込んだ「既存アイマス声優」のような、エネルギーを期待しているのです。モバマスと言うコンテンツに、その声優たちに、です。
しかしながら、現状はその期待に応えてくれていない、というところで、「11」を書いた次第です。

Posted at 21:10:30 2013/09/10 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

始めましてです。私はモバマスも本家765も両方好き(どちらかと言えばモバマスより)な人なのですが、この一連記事を読んでて少し違和感を覚えたのでコメントさせていただきます。
まず、アイドルが平等でないと言う意見ですが、最近は割りと人気の少な目のキャラもカードの種類が増えてきてるのでそこまで差はないかなぁと。

それに、2で竜宮プロデュースできないとか言う最大の差別を棚にあげてモバマスばかり批判するのはどうなのかと。

次に、検索の邪魔ってそれはもう単なる言いがかりじゃないですか。嫌いだから邪魔なのであって邪魔だから嫌いになるわけではないと思うんですけど。

また、扱いが不明瞭とか言ってますけどモバマス声優等を本家と合流させる決断をしたのはあくまでも普通なら本家の偉い人なんじゃないんですかね?勿論モバマス側からも接近はしたんでしょうけど。

最後に、声優にストーリーがないと言う意見ですが
「かなり大きくなった企画のメインキャラ並みの扱いを受けている声を新人さんがやる」
って割りとストーリーあると思うんですけど。

Posted at 00:24:00 2013/10/22 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
一つ一つのご意見にかえさせていただきますね。

まず、平等でないということについては、ゲーム内での扱いというより、
それ以外のメディアミックスのほうが主なところになります。
特に「声がない」そして「歌がない」ということはアイマスにおいて致命的以外の
何ものでもなく、他の何をもってしても埋めようのない差になっていると思います。

竜宮小町の扱いについて、これは確かに大きな差になってしまっているところで
あるわけですが、その後の展開において、それ以外の面で穴埋めを図ろうという
姿勢がうかがえ、事実そうなっているので、現状私は問題視していません。

検索の邪魔、というのが言いがかりと仰るのは確かにその通りだとも思います。
ただ、これはよく言われるような、誰か歌手の歌を動作サイトで探そうと
したとき、「歌ってみた」ばかり出てきて本物が探せない、ということと
似ていて、負の感情のスパイラルを生み出す要因になってしまっているんです。

合流については、本家というかアイマスプロジェクトのお偉いさんが
決断したことには違いないと思うのですが、それに至るまでが「不明瞭」だと
言いたいわけです。961(フェアリー)や876のときとは全くここが違うんです。
一番最初から合流路線なら私はこの記事のような書き方はしていません。

そして声優のストーリーについては、難しいところなのですが、
これもまた一番最初から「●●役の××です」と出てきてくれなかったこと、
ここがどうしても引っかかってしまいます。これはもちろん声優陣の問題では
なくて、お偉いさん方のプロジェクトの進め方の問題です。
「ストーリーがない」が大げさな書き表現になっていることは否定しません。
本文中にもありますが「(私にとって見たいと思わせてくれる)ストーリーがない」
という表現が本来的には正しいのだとは思います。

Posted at 00:50:14 2013/10/22 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 20:25:56 2014/09/04 by

この記事へのコメント

kage

本当の原理主義者は美希すら認めないんですよ

Posted at 10:59:25 2015/01/06 by

この記事へのコメント

kage

10thライブが近づき・・・

改めてこの記事を読み、このブログ内で初めてのコメントをします。

10th両日に当選しましたが、765以外はどうしても好きになれないような自分がいます。グリマスとモバマスの曲も予習しようと思いましたが量が多く、「わざわざするものか?」と再考しました。
彼女らが突然降って湧いてきたコンテンツに見え、ストーリーなどの分厚い背景がないように見えるアイドル達をどうしてもしっかりと応援、好きになれそうにありません。
確かに765の「進歩してゆくストーリー」に終止符が打たれそうなのはうすうす勘づいていますが、終わってほしくないなと駄々をこねるような自分がいるのは確かです。しかし、後から露骨に降ってきたように感じるアイドル達にそれと同じような思い入れをすることが現実にはできていません。できるものならばしたいですが……

そこで、何点か質問させてください。
・2日目はどのように楽しめばいいでしょうか?
・これからは765勢は第一線から撤退するという考えで合っているでしょうか
・トリプルデイPさんはこの記事投稿から現在までに、グリマスとモバマスを好きになれたでしょうか?

差し支えなければ意見をお聞かせください、よろしくお願いします!
うまくまとまっていないコメントで申し訳ありません…

Posted at 20:06:16 2015/06/19 by 初投稿

この記事へのコメント

kage

Re: 10thライブが近づき・・・

初投稿さん

コメントありがとうございます。

ソシャゲのアイドルに対する考え方について、765の先行きについて、
いずれも私も非常に同感する次第です。
その上で、質問についてですが…。

・2日目はどのように楽しめばいいでしょうか?
「10周年ライブ」という楽しみ方をするのは1日目だけ(サポートメンバーもいますが…)
と割り切り、2日目は別モノ、という姿勢がベターなんじゃないかなと思います。
知らない声優(キャラ)や曲があっても、知らないモノは知らないモノとして割り切り、
良い曲だと思えばノれるはずで、そうでないなら休憩時間にでもする、くらいで。
「アイマスだから全部愛さなきゃいけない、楽しまなきゃいけない」という考えは
自分の首を絞めるだけになってしまうと思います。
「765が好きだから765を愛する。そうでないメンバーはそれ相応に」
くらいの気持ちがいいんじゃないのかな、と私は考えています。


・これからは765勢は第一線から撤退するという考えで合っているでしょうか
それが正解かどうかは私はもちろんわからないのですが、
その可能性が否定できないとは各状況から感じられますね。
実際にこの2015年は2014年より密度が下がっていますし、これが進む可能性は
十分あるんじゃないかと思います。それが徐々に進行するものなのか、
それとも一気に進行するのか、というのがわかるのは、恐らく10thで発表されるであろう
「PS4版アイマス」でプロデュースできるアイドルが何者か、次第でしょう…。


・トリプルデイPさんはこの記事投稿から現在までに、グリマスとモバマスを好きになれたでしょうか?
この記事を書いてからですと、いずれも変化が起きたのは確かです。
初投稿さんが私のブログをどこからどこまで読んでくださっているのかはわかりませんが、
ミリオンは声優をきっかけに大きく前進し、シンデレラはアニメをきっかけに一歩踏み寄れました。
「好きになれたか」という意味では、ソシャゲというゲーム自体の嫌悪は変わりませんが、
アイドルに関しては、ミリオンは親しみは生まれてきているし、シンデレラは認知は進んでいます。
トータルで言えば、ミリオンは好きか嫌いかなら「好き」、シンデレラは「嫌い」です。
765に対する「愛している」にはミリオンもまだ遠く及ばない、というのも確かです。


10thには期待も不安も入り混じりますが、楽しめるところは全力で楽しみ、
最後には「満足だった」と言えるようなものになると良いですよね。

Posted at 21:20:39 2015/06/22 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 00:35:00 2015/09/26 by

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 21:09:59 2016/10/18 by

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 17:02:17 2016/12/30 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック