シンデレラ2ndライブとアニメ続報についての私見 後編

kage

2014/12/12 (Fri)

アニメについて

さて、ライブにおいて、当然のごとくシンデレラのアニメ新PV、新情報が公開されました。



http://dengekionline.com/elem/000/000/965/965735/

大きなポイントは、「346プロ」の存在と、「シンデレラプロジェクト」でしょう。
346プロについては、ネーミングはともかくとして、アニメ化においてプロダクションというのは
あってしかるべきで、当然の存在だと思います。ただ、765プロとは違い大きなプロダクションで
ある、というのは一つ大きなポイント
ですね。特に、トップアイドルも在籍している、という事実は
非常に大きな部分であるはずで、それが果たして誰なのか、というのもポイントかと。

そしてそれより大きなトピックは、「シンデレラプロジェクト」であるはずです。
つまりはこの14人が「メインメンバー」であると明示したわけで、最大のポイントとも言えるかと。

これについては「この14人以外は登場しないのか」については明確に「NO」と答えていますが、
だとしても扱いが違うであろうことは確実で、それが果たしてどうなのか…という話。

私から見れば、これは「逆竜宮小町」ではないのか、と思えるのです。
竜宮小町は、「選ばれた」3人(4人)がゲームにおいて「プロデュース対象外」になったことが
問題になったユニットで、これが9.18の最も大きな要因でありました。

このシンデレラプロジェクトは「選ばれた」14人にスポットが強く当てられる(であろう)、
という意味で「逆」、としたわけですが、要は「それ以外」のメンバーの扱いは厳しいであろう
ということです。ただ、これについてはそもそもアイドルにおいて非常に重要なはずの
「声」からして「有無」がある、というシンデレラというコンテンツ、キャラの扱いの差など
気にしない、という人たちが楽しんでいるから何の問題ない、のかもしれませんが…。

ただ、この「選ばれた」という事実は、アニメ本編内だけの話に限らず、各種展開においても
明確に扱いに差が出る(であろう)という事実でもあり、それでもいいのか
、は気になります。


少し話はそれますが、シンデレラのゲーム内で現在声がついていないアイドル限定の「総選挙」が
なされている
とのことで、そこで1位になったアイドルには新たに声がつく、という話とのこと。

しかしいつもやっているはずの総選挙になぜか批判が起きている、というのが気になるところです。
これは「声なきアイドル」という表現を使っているのが気に食わないから、らしいんですが…。
今更何を、としか言いようがないし、事実を突き付けられるのがそんなに嫌なのものなのか、
と私には思えてしまうのですが、その私の捉え方はともかくとしても、この程度の話で
アレコレ言う人たちが、シンデレラのPの中にもいる、という現実ははっきりわかったわけです。
その状況においてこの形でのアニメ化が果たしてどう受け止められるのでしょうか


また、現時点でこのシンデレラのアニメにおいて「プロデューサー」の存在は明示されて
いませんが、765のアニメでも放送前には存在が伏せられており、この「346プロ」の規模で
「プロデューサー不在」という現実があるとは考えにくいかと思います。

その、いるであろうPが765のPのようにアニメの「一人称」を担う場合、担当するのが
シンデレラの14人であり、それ以外の百数十人は「プロデュース対象外」として
描かれるのではないか
、という話にもなるわけです。そうした描き方になった場合、
「それ以外」のアイドルの担当P(このPはアニメ内のPではなく現実のPの意)達は
それでも受け入れられるのか、というあたりについてはどうなんでしょうか。

765のアニメでも竜宮小町の存在はありましたが、ゲームほどに明確に分けられること無く、
個別回もしっかり設けられました(亜美真美は二人で一話だった、というのは別として)が、
果たしてシンデレラではどうなんでしょうね。2クールあれば14人+数人まではできるはず
ですが、その「数人」に含まれるか否か、というのも大きな境目になってくるはずです。

また、一人称Pの「担当アイドル」と「(同じ346プロだとしても)ヨソのアイドル」、これは
アニメから入るであろう新規P(ファン)から見てどう映るか、という話にもなってきます。
もちろん「アニメではあまり描かれなかったアイドルがゲームではプロデュースできる!」
という楽しみ方もできるのかもしれませんが…少なくとも「総選挙」なんてことをやっている
シンデレラにおいて人気にさらに差がつくであろう事態はどうなんですかね。

まぁ全ては前述の通り「アイドルの扱いの差なんて気にしない(むしろ担当アイドルの
扱いが悪い方が燃える)P」がシンデレラPの大多数、というのならば大した問題で無く、
少なくとも私のような立場の人間の杞憂は余計なお世話なのかも
しれませんが。

ただ、一つ言えることは、「アニメ化の影響はとてつもなく大きい」ということ。
765もアニメ化により確かに人気も上がり、コンテンツが拡大した、ということがありましたが、
全てが良いこと尽くめだったかというとそうではない、というのもまた事実です。

また、765の場合は「9.18」からの立ち直りという意味でアニメ化は非常に効果的でしたが、
現状順風満帆に見えるシンデレラにアニメ化という「火種」が投じられる、という状況は
765のときとは違う
わけで、その辺りがどう影響してくるのか、気になるところです。


私のアニメに対する姿勢

…ということでアニメについて少し考えてみましたが、このアニメ化が決定した時点では、
そもそも「観るか観ないかも未定」という状態
でありました。

そしてその放送を目の前にする今の段階では「観る」という予定でいます。
その理由についてはいくつかあるのですが、最も大きな理由については伏せます。

「『アニメを観るための余地』を自分の中でつくることを目標にする」とした目標が
達せられたというか、達せられそう、ということだけは言えますが、具体的にはなんとも。
一つ言えるのは、シンデレラというコンテンツそのものに対する姿勢が変わった、
それこそ軟化したわけではなく、全く別の要因が視聴の余地をつくりだした
、ということです。

もちろん観る理由はそれ一つだけではなくて、例えばこのブログにおいて、シンデレラを
観ての私の感想が知りたい、といった御意見をいただいている
こともあります。

視聴したとして、実際にこのブログでどう扱うか、についてはもっと直前に、具体的には
年が明けてから書こうと思っていますが、いずれにしても厳しい見方なのは確実かと。

少なくとも、765のアニメのクオリティではシンデレラの印象が好転することはないと思います。
765のアニメの構成・シナリオは、私が元々765プロのPだったからこそ受け入れられたし、
「よりアイマス(765プロ)というコンテンツをトータルで楽しむ」ために機能しましたが、
そうでなかった場合、終盤のシナリオの杜撰さなどを要因に高評価は与えられません
映画も「メッセージ性」は評価できてもシナリオは評価できたものじゃないですからね。

今回のシンデレラのアニメについても、765のアニメ同様にスタッフの「アイマス愛」なるものを
インタビュー記事などで盛んに喧伝して、「作業としては劇場版とほぼ2ライン同時進行でした。
しかも高雄監督は同時期に『シンデレラガールズ』2周年のPVも担当していたので、スタッフには
相当ハードな進行を強いていた状況でした」なんてことを制作の「A-1 Picture」が
「ブラック企業」と言われている中で、平然と言ってのける姿勢には疑問符しかありません


私からすれば「アイマス愛がどうこうとか御託は良いから結果を出せ」、つまりは
私のような立場の人間がシンデレラを好きになれるようなものをつくってみせろ、という話。
まぁ私のような立場の人間を説得できることを目標になんて作ってはいないと思いますが、
「誰が観ても楽しめる」作品であることは目指しているはずで、それがどうか、という話です。
「本当に愛があるのなら、口先だけでなくて、その愛を伝えてみせろ」ということですね。

ミリオンだってシンデレラほどではありませんが、否定的な立場でありましたが、
「結果を出した」人が実際にいたからこそ現在の状況に至っています。

シンデレラは当時のミリオンよりさらに否定点が多く、厳しい状況だとは思いますが、
同じ「アイマス」ならば不可能はないと、信じてはいませんが期待はしていますし、
それを可能にするためにも、このアニメを観る、そうした姿勢で臨みたいと思います。
関連記事

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 00:02:41 2014/12/13 by

この記事へのコメント

kage

はじめまして、いつもブログを楽しく拝見しております。

物議を醸している"シンデレラプロジェクト"の件ですが、キャラクターの扱いの差で不平不満が出てくるのはどう描こうと避けられないでしょうし、メインとそれ以外の線引きを早めに公表することでファンの「心の準備」を促す効果はあるのかなと私は感じました。
劇場版の貴音の出番の少なさに愕然とさせられた身としては、「あなたの好きなアイドルはサブキャラクターです。」と先にはっきり宣告してもらった方がまだマシに思えます。(幸いなことにシンデレラで好きな子は私の予想に反してメインに選ばれましたが...)
ただ、今回スポットライトが当たらないキャラクターが大勢いることは、その子らをメインにした2期・3期制作の可能性でもあり、コンテンツの継続性としてプラスになる期待もできるのではないでしょうか。(もっとも、続編ができるかどうかは今回のアニメの業績に懸かっているのですけれど。)

何はともあれ、シンデレラのアニメに対する感想を拝見できるのを楽しみにしています。
私はシンデレラガールズが大好きです。が、トリプルデイさんがシンデレラに拒否感を持たれている理由には、納得できるものも多いです。
ただ、シンデレラのキャラクターに対して持たれているイメージ、声優に対して持たれているイメージに関しては、ただの食わず嫌い(失礼)では?と今までの記事を読みながら感じることもあります。
個人的には、シンデレラのアイドルたちは今の765プロ以上に"アイマスをしている"ところも多いように感じています。
アニメで彼女らがどのように描かれるかはわかりませんが、もしかしたらトリプルデイさんの持たれているイメージも変わるのではないかと期待しています。

Posted at 01:19:14 2014/12/13 by 空飛ぶ猫タンク

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

空飛ぶ猫タンクさん

コメントありがとうございます。

キャラが多い分、2期、3期の可能性、という御意見は以前にもいただいていて、
確かにそういう可能性はあるのかもしれませんね。
ただこの14人でこれまで「推されてきた」キャラを概ねカバーしているように
私には思え、あまり「推されてこなかった」メンバーをメインに2期以降やれるのか、
決して簡単なことではないだろう、とも感じます。

私の感想を楽しみにしてくださっているというのはありがたい限りです。
「シンデレラだから全て叩く」なんてことは決してしないつもりですが、
非常に厳しい見方にはなると思います。それでもよろしければ、
何らかの形で書いていく予定の感想をお待ちいただければと思います。

Posted at 02:03:29 2014/12/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

いつもブログ楽しみに拝見させていただいています。

まず私は3展開追っているPである事を断っておきます。
シンデレラPの中でもいろいろ考え方はあると思いますが、担当アイドルのカードを集めるのが大変なソシャゲの特性上、
自分が決めたただ一人の娘に対する思い入れは765以上に加速しやすいと私は感じておりますので、
トリプルデイPもおっしゃられているように、シンデレラプロジェクトという括りがアニメで出来る事によって、
メインとそれ以外という風潮が出来てしまうであろう事には正直不満はあります。

自分の担当をメインにしてほしいというような要求はそれこそ、破綻を招くだけなので望みませんが、
例えばゲッサンで連載しているミリオンのコミックが未来と静香を主軸にストーリーの流れの中で他のメンバーを見せていっているように、
NG3人をメインにして、彼女たちの視点から他のアイドルを見せるというやり方の方が不満は出にくいのではないかなと。
まぁまだアニメも始まっていないうちから心配だけしていても仕方がないので、
出されたものをみて評価については判断をするつもりです。

トリプルデイPはシンデレラに対する情というノイズがない分、ある意味作品の単純な出来に対して感想が言える立場だと思いますので、
厳しい見方であっても、どのような評価を下されるのか楽しみにしております。

Posted at 20:37:21 2014/12/13 by オイスターP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

オイスターPさん

コメントありがとうございます。

確かに仰る通りミリオンの漫画はその辺りが割と上手く描けていますね。
でもやはりメインが14人もいると、そこをカバーするので手いっぱいで…ということに
なりそうで、他のメンバーとの差が顕著になるのは避けられなさそうですよね。

私の感想を楽しみにしていただけるということで、ありがとうございます。
確かに情が薄い分、引いた観方は出来ると思うので、そこで何か書ければと思っています。

Posted at 23:53:14 2014/12/13 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

いつも記事お疲れ様です。
夜中の一休みに度々拝見させて貰ってます。

また時間があったのでコメ書かせてもらいました。かなり長いですが…

遂に一月切って私も楽しみです。

まず選挙については…批判は毎度なので何ともなのですが、私的に何故この時期に、と言うのが一番ですね。正直CD7弾発表の時点で8・9弾は視野に入れてる(7弾でPV出の桃華がこなかったのも可能性高めていますが…ただ単に声が間に合わなかっただけかもしれませんし、公式の判断次第なので絶対ではないですが…)と思うし、次の候補も中の人もある程度目星つけてると思うんですよね。
それでいて今回の選挙、一位だけ…せめて各属性一人ぐらいにしたら…というのは私は思いましたし、一位は周子ちゃうんかと思ったらやはり周子、上位も安定の面子。この選挙の意味が低いんじゃないのってのが正直なとこです。まぁ結果はまだですし、6弾から間が空いてるというのもありますが…うーん、ですね。

プロデューサーについては、これは当初から不安でしたがどうするんでしょうかね…赤羽根Pはかなり上手く絡めましたけど……。話ずれるんですが今期のガルフレ(仮)がまさに男を出さないという手法みたいで…自分は見るの辛くならない限りはなんとなく見るんですが、一話で切ってしまいました。肌に合わなきゃ合わない自分が悪いだけなんですが、あの感じは駄目でしたね…。ガルフレ(仮)はスケジュールがきつかったって言うのもあるようですが…シンデレラは比較的余裕あるみたいですし、ハードだブラックだとは言えブラックじゃないスタジオは少ないですし(苦笑)、作画ガバカバとか制作陣が愚痴で炎上とかない限り、クオリティは大丈夫でしょう。あとは脚本ですね…どう料理するか。14人にスポットと言えど、物語にしたら主要人物多すぎな訳で…アニメという展開上新規層も取り込みたい訳ですから、難しいところですね。興味ない人からしたら顔と名前すら一致しないでしょうから。元々の層から不満続出で新規層からは総スカン…商業的にかなりキツいでしょうね…。その辺がPとしてに加えて只のアニオタとしての不安でしょうか。


やはり自分がPである以上かなり親身に入っちゃいますね。自分は結構、原作好きからのアニメ視聴だったとしても、大方の視聴者があーだこーだ言っているのに乗っかる方なんですが…どうしてもPの立場で見ちゃうんで何とも俯瞰視しづらいです(笑)。なるべくフラットな状態で見たいなぁとは思うのですが(笑)。


何はともあれ、この映像化がシンデレラだけでなく更なる本家、ミリオン等に続くステップになることを願うばかりです。

Posted at 08:28:35 2014/12/14 by 五和P

この記事へのコメント

kage

ネーミングはともかくと有りますが、事務所のネーミングが非常に重要なのです。
765+346=1111でワンフォーオール!このメッセージこそが大事なのです。765つまり765AL+765MLと346でダブルスタンダードにしていくんだ!そう言うメッセージだと受け取っています。

選抜の14人に関しては確かに心配も正直有りますが、実はそこまで心配していません。先日行われた2ndライブで、ライブに参加していないメンバーが全員出演したドラマCDが売り出されています。内容もライブと連動したものになっていて全員が一丸となって盛り上げる!運営からのメッセージ的なものになっています。今のこの姿勢のまま行ってくれればそうひどい事にはならないでしょう。

モバマスには事務所機能と言うものが有り、メンバーとチャット出来るようになっていて、そこで14選抜は好意的に受け止められています。うちの事務所だけかも知れませんが。

総選挙の批判についても、前出のチャットでは好意的な意見が殆どで、否定的なものも、1位しか声が付かない事に対してであり総選挙自体に対する否定的な意見は有りませんでした。匿名で書き込み出来る物に信頼性など皆無な訳で私には反シンデレラの嫌がらせで有ると認識しています。

あと、たこれはお願いになるのですが、どうかアニメを見ないで頂きたい。ブログのネタに見られたのではたまったものではありません。勿論お願いすることしか出来ませんし、多分ご覧になるのだとは思いますが。見るにしてもきっとかなりの苦痛を伴うでしょうし。

主様の765関係のレポートはとても楽しく拝見しています。どうかこのままシンデレラを嫌い続けて下さいますよう宜しくお願い致します。

Posted at 16:16:47 2014/12/14 by つばさ

この記事へのコメント

kage

たしか、2クールとは何処にも書いてないし言ってないはず。(何処かに出てたらごめんなさい。)なので、1年位続けばカバーしきれるのでは?

勿論それより短いと言うことも十分に有るわけですが…

Posted at 18:30:47 2014/12/14 by

この記事へのコメント

kage

はじめまして。
ブログの記事を楽しみに読ませて頂いています。
トリプデイPのアイマスに対する愛情はシンデレラPとしても深い感銘を受けています。
また、シンデレラに対する酷評にかなりムカつきながらも読み進めてしまうその文章力にはいつも感服させられつつ、一歩引いた別視点からもシンデレラを見るきっかけとさせて頂いています。

さて、アニメ化におけるシンデレラプロジェクトについて一部では物議を醸しているようですが、私の推しているアイドルはメインに入って当然と言われながらメインから外れてしまいました。
しかし、私自身では特に悲観もせず、アイドルの妹の存在などを鑑みると納得できる部分はあります。
#某巨大掲示板の担当声優さんのスレは一時お通夜状態だったようですが…

まあ、アニメが終わったらシンデレラやアイマスが終わる訳では無いので特に気にしていませんが、9.18のようにアフィブログが不必要に煽らないかちょっと心配しています…。

ただ、シンデレラに関してはちょっと心配な展開も有ります。
今月から、韓国でもシンデレラがサービス開始しました。
また、アニメも英語、中国語、台湾語、韓国語でも展開するようです。
また、AFA 2014に今井さん、原さん、沼倉さんと大橋さん、田所さんが参加していると言うことは、少なくともアイマスのアジア展開は考えていると言うことと受け取っています。
私は中国や韓国がうんぬんという感情よりも同じPとして一緒にアイマスを愛でる事ができればいいとは思っています。
しかし、展開するならその国の文化をしっかりリサーチしてからにして欲しいと思っています。
勢い余って何も考えずに中東などのイスラム圏にそのまま展開すると現地のなんとか原理主義者との文明の衝突、なんて事になるのではと危惧しています。
まあ、ISIS関連は極論としても、世界には色んな考え方の人がいるのでアイマスが日本バッシングの対象になることは多いに考えられるかと。
#東南アジアでは某幼稚園児のアニメですら規制がかかるぐらいですから
#本音で言えばアイマスは日本国内で愛でておきたいです

かなり取り留めないコメントで本当に申し訳ありません。

シンデレラから入ったにわかPの戯れ言と受け取っておいて下さい。
他の記事も頑張って読ませて頂きます。

Posted at 13:18:19 2014/12/15 by シンデレラからの新参P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

ガールフレンド(仮)については私は観ていないので何とも言えませんが、
男性を出さずにやっている、という情報は知っています。
シンデレラについては765という成功例があるためにそこを回避する必要は
無いとは思うんですが…不快感を与えない男性Pを、765のPとは違ったタイプで描く、
というのは決して簡単ではなさそうで、どうなるんでしょうかね。
もちろん女性Pの可能性だってあるのかもしれませんが…。

メインが14人だとしても多すぎるのは事実で、そこも課題でしょう。
13人の成功事例があるので、そこもある程度は大丈夫なのかなとは
思いますけど、765同様に既存Pからのツッコミは入らざるを得ない
描写というのも出てくるはずで、その質・量次第、といった感じかと思います。

1月からのアニメということで、アイマス10周年の先頭バッターになるわけで、
全体に勢いをうまくつけてくれることには私も期待しています。

Posted at 19:48:56 2014/12/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

コメントありがとうございます。

ネーミングについてはインタビュー記事を読んでいるので当然わかっていますが、
どうにもとってつけたような感じを受けてしまいます。
そもそも「ワンフォーオール」って765の掛け声じゃなかったの、という話もありますし。
単純に「346」が「ミシロ」とは読めずに「サシム」とか読んじゃうこともありますが…。

参加していないメンバー全員出演のドラマCD、というのは良さそうに思えますが、
結局「声あり」メンバーだけですよね。その辺はどうなのかな、と。
何をもって「全員」なのかが非常に曖昧で、私にはこの辺の感覚が
全く受け入れられません。シンデレラPには慣れっこなのかもですけど。

アニメを観ないで、という声にはお応えできません。
もちろん苦痛を伴う可能性も十分あるので、視聴打ち切りはあるかもしれませんが。
そして観たところで好きになる可能性というのは決して高くないと思っています。

Posted at 19:55:14 2014/12/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

8番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

確かに仰る通り2クールという情報は私も確認していません。
しかし、765が2クールであったこと、ある程度の成功が約束されている作品で
あること、メインキャラクターの人数、等々から2クールはほぼ確実かと。

1クールじゃ短すぎるのは確実で、3クール以上が現在のアニメ業界で
レアケースであることを考えても、2クールと考えるべきかと思います。

もし1か3以上なら、色々前提は変わってしまいますね。

Posted at 19:58:25 2014/12/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

シンデレラからの新参Pさん

コメントありがとうございます。

アイマスの海外展開ですが、確かにリスクもあるのかなとは思います。
その辺りについてはしっかりとリスクマネジメントをすると思いますが…。
全然別のトピックかもしれませんが、9.18を回避できなかったアイマス公式に
それができるか、というのを考えるとはやっぱり不安もありますね。

海外展開が成功してコンテンツがよりビッグになるのは嬉しい半面、
手が届かなくなる部分も出てきてしまう、という意味では複雑ですね。

Posted at 20:05:17 2014/12/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

必死過ぎて可哀想な方だなあ、ととりあえず。
本家765とシンデレラには夢を見させて貰いましたが、ミリオンライブの魅力に全く気付けなかった自分もまた可哀想な人間なのかもしれませんが。

Posted at 08:49:06 2014/12/19 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

14番目のコメントの方

私はシンデレラに対しては全く必死ではないので御心配いただかなくて結構です。
より多くのコンテンツを楽しめたほうが幸せであろうことは確かだとは思います。

Posted at 22:23:34 2014/12/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

346に関しては確かにこじつけ感たっぷりですが、それよりもこじつけてでも、そのメッセージをQPPが発言した事に意味が有ると考えています。後付けにしては上手く考えたものだなとは思いますが。

CDの件はシンデレラはCDを出す=デビューと成っているため、CDデビューを済ませた全員となります。シンデレラの場合はこの声付が増えていくのも楽しみの1つなので、今までの感覚でいくと理解出来ないと成るかもしれません。アイドルマスターとはこう言うものだとはしたくないとはデレ1の言葉ですが、シンデレラは765ASとは違うアイドルマスターの形を模索したものだともデレ1はのべています。この理由も後付けぽいのですが…私個人としては例えシンデレラが成功するとは思わず、でも、成功したので慌てて体裁を整えた物だとしても一向に構わないと思っています。事実として成功を納めたのだから其を成長させにかかるのは企業としては当然だからです。

だからアイドルマスター=アイドルとプロデューサーの関係=アイマスらしさ、を持った別物として見てください。出来ればそっとしといて頂けるとたすかります。

あと、アニメと言えば気になっている事があって、櫻井桃華と言うキャラが居ます。PVにもキービジュアルにも登場しているのに声優が決まってません。いや、これは私の妄想ですが、決って無いのでは無くて発表をわざと遅らせているのでは?と考えています。いるんです。765ASの中の人に似合いそうな人が。もしそうなら29日のニコ生発表かなと思ってます。他にも765の中の人できんぐ、あずみんやはらみーそれとぬーさんはシンデレラで兼役で出るのではないかとあくまで妄想ですが。

Posted at 22:33:28 2014/12/21 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

もちろん765とシンデレラは「アイマス」の名は同じ、けれども別物と認識しています。
ただその上で関係性がしっかりあるのだから無視できないのが現状です。

声優について、765とシンデレラで兼役なんてことがあるとは思えません。
そんなことをしたらとんでもなく荒れると思いますし、リスクが高すぎます。
まぁ9.18をやってのけた公式ですから、やる可能性を完全には否定できませんが…。

Posted at 23:31:33 2014/12/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

前後編読みました
私は今年からPになったのでシンデレラミリオン共に深く知らないのですが、どちらもよく思ってはいません

そもそもソシャゲが嫌いというのもありますが、765勢が長く頑張ってきてやっと立ったSSAのステージによくない言い方ですがパッと出のシンデレラミリオンがいると言うのが正直気に食わない部分がありました

所謂本家だってアニメ化までは長くかかったことも知っていますしその場にはいなかったものの9.18がどういうものであったかも詳しく調べたつもりです
新参が偉そうなことをと言われそうですがアイマスの人気はそういう問題をみんなで解決した先にあるものだと感じました

ですが記事を読んで、もしかしたらシンデレラにも765らしさがあるかもしれないという可能性を持ちました
何も知らずに叩くのではなくとりあえずでいいから観るだけみてみようとまずは軽い気持ちでアニメを観ることにしました
その上でもう一度シンデレラについて考えてみようと思います

Posted at 11:14:18 2014/12/30 by HK416P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

HK416Pさん

コメントありがとうございます。

今年からPになった方でシンデレラミリオン共によく思っていない方というのは
中々珍しいのではないかと感じますし、貴重なご意見ありがとうございます。

シンデレラには「765らしさ」はあまりないと私には思えますが、
「アイマスらしさ」ならあるのかな、と思いますし、それを受け入れられるか
どうかを試すためにも視聴する価値はあると私も思っています。

Posted at 20:34:39 2014/12/30 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

シンデレラに765らしさは全く必要ありません。
それだと存在意義がありません。

たとへば、はじめはセダンしか無い自動車メーカーがあって、この自動車メーカー好きだけどセダンはチョト…って思ってる人が同じ自動車メーカーからSUVが出てそのSUVは好みだったので買う。

つまり、色んな価値観が存在するわけなので、何でも保守派と言うのはどうなのか?と思います。事実として、アイマスはラブライブに負けた何故か?今までのアイマスに飽きたひと、アイマスに馴染めない人を取り込んだからでは無いのでしょうか?シンデレラは今までのアイマスでは無いかも知れませんが、石原さんの本当にやりたかったアイマスなのでは?と最近は思っています。

Posted at 02:09:57 2015/01/05 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

私もシンデレラにはアイマスらしさはあっても
765らしさはないし、いらないと思います。

何を持ってアイマスがラブライブに負けた、としているのかは
わかりませんが、アイマスとは別の層を取り込んだのは事実でしょう。

そして石原さんが本当にやりたかったアイマスなのでは?
というお考えについても、私もそう思います。
「競争」のあたりは明らかに彼のやりたかったことだと感じますしね。

Posted at 21:29:16 2015/01/05 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック