シャイニーフェスタアニメ 「Music is a friend」 Bパート

kage

2014/12/26 (Fri)

やよいの強い言葉に怯えつつも集まる亜美真美、そして伊織に声をかける
そしてやよいは「シャルルはどうしたの」と問いかけます。伊織といつも一緒のシャルルが
朝から姿を見せていないことにやよいはちゃんと気づいていた
わけですね。

「置いてきた」となおも嘘をつく伊織ですが、Pの言葉もあり、昨日どこかでなくしてしまった、
という本当の事をようやく口にします。それに対して「探してくる」と真っ先に反応するのが
こういうときのフットワークの軽さというか、対応力の高さは流石というべきでしょう。

しかし「昨日遊んで今日働く」と誰よりも強く言っていた伊織はそれを引きとめます。
あれほどまでに自信満々だっただけに、余計にシャルルの事を言い出せなかったわけですしね。

そんな伊織の引きとめに対する、の「ペットを逃がしちゃったとき」の話がどれだけ妥当かは
ともかく、結局のところシャルルを探しに行くことに。やよいの妹や弟も一緒に。
Pも「伊織の不安を取り除くのが先」としっかり対応。パーフェクトコミュニケーション、ですね。
そしてPは伊織の手をとり駆けだします。ここは流石に素直な伊織です。

そして昨日遊びまわったところを巡り、シャルルを探し回ります。ここでは遊びのシーンでは
描かれなかった様々な施設を探しまわっていて、これだけのところをたった一日で周り、
遊び切れたのだろうか…
とちょっと疑問に思ってしまうくらいのカットが挿入されます。

fn6.jpg

しかし日没になってもシャルルは結局見つからず、伊織は「ステージに戻りましょう」と
やよい達に声をかけます。そしてシャルルが自分の元からいなくなったのは、遊んで
ばかりで仕事に対し真剣に取り組もうとしなかった自分への罰であると解釈した、とも。
実際にはそんなこともないのでしょうけど、そう解釈するほかないところですし、
伊織が自分で自分を納得させるにはこれしかない、という考え方でもあります。

fn7.jpg

その頃観覧車に乗りまだ捜索中であった亜美真美も諦めムードでしたが、
なんとそこで別のゴンドラに乗る少女がシャルルを手にしていることを発見します。

そして無事伊織の元に戻るシャルル。少女はホテルの廊下で拾ったとのこと。
これに対し、皆に感謝、そして謝罪する伊織。そんな姿に涙する新堂。
家でも(表面上は)わがまま放題であろう伊織の立派な対応を見て、でしょうね。
そして伊織達は日が暮れているけれどもこれからステージを頑張ろう、と決意します。

さらに伊織はかすみ達にも謝罪と感謝の言葉を述べますが。かすみ「ちゃん」、弟「くん」達、
という言葉をかけます
。これは正直かなり意外な感じ。伊織は765プロでは年長年少問わず
名前は呼び捨てですし、まさか「ちゃん」付けをしていたとは…。また「弟くん」という
表現も、実際個別には「長介くん」とか呼ぶのだろうか、とか妄想も膨らみます。

そしてかすみ達から今日の事も「冒険みたいで楽しかった」という言葉が得られたことで、
ステージ演出も一気に決まった感じ。Pだけはおいてけぼり、となってしまいますが…。

fn8.jpg

そしてそのままステージへ、というシーンも描かれること無く、「ビジョナリー」のPVへ。
楽曲の持つファンキーな雰囲気、様々な施設のある島で遊びまくったその経験を
さらに膨らませたような世界観が、年少組ならではの遊び心満載の描写で描かれていきます。

fn9.jpg

そしてPV終了後はステージで万雷の拍手を浴びる、というシーンに映ります。
ここで観客が持つサイリウムはもちろんこの5人の4色。ここはもちろん外しませんね。

そしてその様子をステージ袖から見ていたPですが、そこに他の765の面々が登場。
シャルルを手にしていたPを茶化しつつも、ステージに戻ってきたメンバーに対しては
暖かく迎え、称賛します。年少チームだから余計にその雰囲気は強いですね。

そしてここから先のアンコールのシーンは3作共通、ということでラストです。


さてこの「Music is a friend」、「音楽が友達」といった感じの描写は実際のところなく、
5人の、特に伊織やよいの友情、あるいは伊織とシャルルの関係性が強く描かれました

その意味ではややタイトルはズレてるな、と感じてしまうのは確かです。

また、5人という少数ながら、伊織やよいにフューチャーされ、亜美真美
実際には脇役扱いに感じられる描き方なのもいかがなものか
と…。もちろんやよいおり
描写は嬉しいのは確かですが、せっかくの少数メンバー、5人全員を描き切れなかったのか。
このあたりのバランス感はアニメ本編からも解消し切れず、残念な限りです。

とはいうものの、そこに目をつぶれば物語自体は非常にうまくまとまったもの。
やよいの妹や弟達の登場、そして多数描かれる島の施設の描写だけでも非常にワクワク感を
感じられ、楽しめるものですし、「ビジョナリー」という楽曲を引き立たせてくれるのは確か
です。


アイドルマスター シャイニーフェスタ ファンキー ノートアイドルマスター シャイニーフェスタ ファンキー ノート
(2012/10/25)
Sony PSP

商品詳細を見る
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック