アイマス2013冬フェスBD 夜公演レビュー

kage

2013/07/22 (Mon)


THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!(Blu-rayBOX)(完全初回生産限定)(BD3枚組)THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!(Blu-rayBOX)(完全初回生産限定)(BD3枚組)
(2013/07/03)
V.A.

商品詳細を見る


8thライブ開幕以降、その関連の話ばかりしていましたので、
随分ひさしにぶりになった気もしますが、こちらに戻ります。
今回はNight Time、夜公演なわけですが、セットリストは昼と全く同じ。
なので特に印象的だった楽曲だけをピックアップします。


07.ゲンキトリッパー

昼公演では尻もちをついてしまった飛び出しですが、今回は無事成功。
成功したときの笑顔、そして楽曲中終始続いた笑顔に
「本当に成功して良かったな」と思わせるものがありました。
しかし「昼は失敗で夜は成功」という順番で本当によかったですね。
これが逆だったら本当に「失敗」がはっきり残ってしまったはずです。
昼の失敗が計算だったとは思いませんが、本当に仁後さんには脱帽です。


10.Vault That Borderline! (M@STER VERSION)

イントロ時点では中村さんは観客席に背中を向ける形になっているのですが
観客席が側を正面から映すカメラがあったことで、中村さんの顔が
バッチリ映る構図となっていました。しかし、当たり前かもしれませんが、
そこでもキメ顔笑顔。ここで気を抜くことがないのは当たり前かもしれませんが、
それがしっかりできてる、ということがわかっただけでも嬉しかったです。


17.愛 LIKE ハンバーガー(M@STER VERSION)

この曲はのミュージカル調の曲調で、昼公演でもハイテンションでしたが、
夜公演はさらにヒートアップしていたように感じます。仁後さんと若林さんは
7thのメドレーでも小芝居をやっており、元々こういうのが好きなんだとは思いますが、
その熱意がフルに発揮される楽曲でしたね。総じて昼より夜のほうが
「はっちゃけ」度が高くなるものですが、この曲は特にそれを色濃く感じました。


19.MC3

昼公演では映画化が発表されたところで、坂上さんが登場したのですが、
夜はここでは登場せず。代わりに仁後さん、下田さん、沼倉さんが映画への
展望を語る、という内容となっておりました。社長の顔は多分出ないでしょうね…・。


25.First Step

昼公演でもいっぱいいっぱいだった浅倉さんですが、夜は完全に堪えられなくなっていました。
最後の最後はもはや歌えていませんでしたが、それほどまでの思い入れがこの楽曲に、
このステージに、そしてこのアイドルマスターというコンテンツにある、ということを
意味するのでしょう。「アイマスは人生」をPだけのフレーズだけではないですよね。


27.MC4

映像ではこの直前に坂上さんが登場し、ミリオンライブの紹介などをしていました。
LVではありましたが、今でもその時の会場の冷めた空気はありありと思いだせます。
やはりライブにきているPはソシャゲを求めるPではないんだな、というところでしょう。
MC自体は、昼とは違い滝田さんが最初から並んでいたこともあり、
もう少しきちんとした形になっていたのではないか、と思います。


というわけで夜公演は以上になります。
7thのときも同じ感じでしたが、良い緊張感があるのが「昼公演」で、
はっちゃけて盛り上がれるのが「夜公演」
といったところでしょうか。
どっちが良い悪い、ではなく、どっちもよいので、今後もこういった
2day/time制ならば両方参加したい、と思っております。
まずは8thの幕張になりますが、これはまた別の空気になりそうですけどね…。


お次はこの冬フェスのオーディオコメンタリーについて。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック