ミリオン1stライブBD雑感と2ndライブについて 前編

kage

2015/01/06 (Tue)

今回は昨年末に発売したミリオンライブの1stライブBDについて雑感と、同じく年末に
放送された番組「ゆくM@S くるM@S」にて発表された2ndライブについて色々と書きます。


THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!! Blu-ray THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!! Blu-ray
(2014/12/24)
山崎はるか、田所あずさ 他

商品詳細を見る


今更詳細を説明することでもありませんが、2014年6月7日、8日に中野サンプラザで開催された
ミリオンライブの1stライブ「HAPPY PERFORM@NCE!!」のBD1日の公演が2枚の
ディスクに分かれ、さらには特典のBD+CDで計6枚、という大ボリューム…
なのですが、
そもそも1公演を2枚に分ける意味があったのかが非常に疑問になってきます。

二日目の方が長いにしても、合わせて199分ですが、同じBDの規格であった7thライブは
220分を1枚に収めており、今回も1枚に収めることができたはず
なんですが…。
SSAのときは流石に長さ的に厳しいのは理解できましたが、今回は…。
単純に入れ替えが面倒で、臨場感も薄れるため、1枚に収められるならそれに越したことは
ないはず
なんですけどね…。これがランティスクオリティ、という感じでしょうか。

ちなみに9thBDも予想と言うか危惧したとおりランティスの発売で決まっています。
まぁあれは長さ的に分割はやむなしだとはわかりますが…あまり気持ちは良くないですね。


ライブ本編について

私は両日ともに現地参加していて、レポートもしっかり書いているので、細かくは書きません。
が、そうは行ってもBDで改めて見て、と言う部分もあるので、そこについて簡単に。

メンバーについて改めて見るならば、やはり他の誰でもなく大関さんに目がいくのは
必然
で、それは当日とも何ら変わりません。その上で改めて述べるのであれば、
今回の彼女のパフォーマンスは私が何をどう贔屓しようにも、一般的な意味で
レベルの高いパフォーマンスであった、とは言うことはできない
ものだとは思います。

特に最初の方は緊張感はどうやっても拭えないほどで、見ているこちらがドキドキする
でしたが(特に私が大関さんに入れ込み過ぎているから、というのはあるにせよ)、
それでもステージが進むごとにそれは緩み、「スマイルいちばん」は素晴らしいステージでした。

その過程は、ある意味では他の誰よりも最も「1stライブ」に相応しい姿でもあったし、
そんな彼女だからこそ、という気持ちが強まったのは言うまでもありません。

オーディオコメンタリーでも本人が仰っていた通り、初日においては最年長メンバーで
ある彼女は、ミリオン全体でも年長者側です。しかしながら、今回のステージを見れば、
その彼女にこそ最もノビシロがある、と言える状態でしょう。そして、そのノビを、後述しますが
2ndライブでしっかり魅せてくれると信じていますし、絶対だと確信しています。

他のメンバーについては、8th横浜時点で最も印象的であった伊藤さんの煌めきは
変わらず眩しく
、SSABDで要注目となった木戸さんの豊かな表現力にはやはり驚嘆
そしてその他では上田麗奈さんが特に印象的に映りました。

上田さんについてはLTP10のイベントで既に一度立ちあっていて、それもあって
中野当日でも注目メンバーではありましたが、正直それほど強く印象には残りませんでした。
しかしながらこうしてBDでみると強く目を惹くインパクトが感じられたのです。

具体的にどこが、と言えばソロの「ココロ☆エクササイズ」でのパフォーマンスになりますが、
海美の持つエネルギッシュさをフルに発揮し、そこに可憐さもあると感じられたそのステージは
改めて見れば圧巻
と言えるものであり、特に2日目においては非常に印象的でした。

海美というキャラもまた、美奈子琴葉に次いで好印象のキャラクターであり、
ミリオンのゲーム内でも実際に琴葉に次いで起用もしています。そこまで踏まえた上で、
今後注目していきたい、そう考えています。上田さんも、海美も。

とまぁ特定少数のメンバーについてはある程度は書けるのですが、本当に一人ずつ細かく、
ということが、765にはできても、現在はミリオンに対してはできません
。書けないのです。
それが今の自分にとってのミリオンのあり方である、と言うほかありませんが、
今回また一人注目メンバーが増えたように、今後徐々にでも増えていけば、
色々な意味で見え方も変わってくると思いますし、そこに今後期待していきたいと思います。


というのはさておいて、非常に気になる点が他に一点。それは、二日目の「素敵なキセキ」に
おいて、はっきりとわかるミスがあったにもかかわらず、そこが編集されている点
です。
編集があまりに見事過ぎて、当日現地あるいはLVで観ていない限りは絶対にわかりはしないレベル。
というか実際現地でみたにもかかわらず、どこを間違えていたかもよくわからないくらい。
1日目の映像・音声と上手く組み合わせたのだろうとは思いますが…凄いですね。

しかし果たしてこの編集、良かったが疑問です。もちろん商品としての完成度は
編集版の方が良いのでしょうが、しかし、アイマスにおいてはかつて4thでの中村さんの
「THE IDOLM@STER」でのやらかしが編集されずに収録された
、という過去もあります。

これについては映画の舞台挨拶の場でも語るほどに、彼女自身の失敗として残っている
わけですが、そうした過去を踏まえて現在がある、というスタンスでもあるはずです。
それに対し今回こうして「あった過去」を塗りつぶしてしまった、というあり方は…
このミスについては山崎さん自身が当日のMCで触れたはずですが、それも当然カットされ、
完全になかったことになっている事態。「1st」という大事な舞台。キレイなモノを残したい、
ということも分かりますが、ミスも含めての「1st」であり、それをこれから先につなげていく、
そういうあり方の方が良いのではないのか
と思えます。「4th」ですら中村さんはそうしましたし。

この判断を下したのが誰なのかは分かりません。石原さんか、山崎さん自身か、事務所か、
他の誰か。ただ、誰であれ、これが美しいとは私には思えないし、逃げて欲しくなかった
そこが非常に残念です。これもまたランティスクオリティ…なのかは流石に分かりませんが。


特典BD+CD

今回の特典BDはミリオンのラジオ番組である「ミリオンラジオ」の映像版が収録されていて、
メインMCである山崎さん、田所さん、麻倉さんと、ゲストに愛美さん、諏訪さん、郁原さん、
種田さんを加えた計7人で番組を進行、という形となっています。

まぁ内容自体は言ってしまえば凡庸でしかないんですが…そこに特別なものは特に期待して
いないのでいいのですが、それより気になるのが、「ライブ」のBDにおいて特定の「ラジオ」を
あてがう
、という構成自体についてです。あてがうも何もミリオンのラジオはこれ一本、
と言えば全くその通りなんですが、このフォーマットを何としてでも維持しようとする、
つまりは特定のメンバーを固定化する、というミリオンのあり方そのものを示しているよう
で、
それが私にとっては非常に気分の良くないあり方である、ということです。

37人という人数がいるにもかかわらず、うちごく少数に絞り、固定化させ回す形式。
これは13人というより少数ながら、完璧とは言わないまでもある程度フレキシブルに回せている
765のあり方とは全く違う形式
であり、私は完全に後者の方を好意的に受け取っています。
というかメンバーを固定化しないあり方こそ、私がアイマスを、正確には765を好きになった理由の
一つであり、そしてそれができていないミリオンに対し現在否定的に感じる理由でもあります。

これはライブそのものにも言えて、「U・N・M・E・I ライブ」という楽曲がその象徴でしょう。
765では周年ライブで決してやらないラジオ楽曲を、ミリオンではやったという事実。
楽曲自体は素晴らしいと思っていますが、その事実がどうにも引っ掛かるのです。
他にも曲は多数あるのに、あえてこの曲をやったということ。「ラジオ」を非常に強く推す、
正確にはラジオのメインMC達を強く推す、ということ
、この形に、です。

全くもって山崎さん、田所さん、麻倉さんに罪はありませんし、彼女たち自身に対する
印象が悪化するものでもありませんが、ミリオンと言うコンテンツのあり方には疑問を呈します。
これほどの人数がいながら、なぜここまで固定化するのか、と。

そしてこの「固定化」はオーディオコメンタリー、そして2ndライブでも…となるのは
次回に回して、ここでは最後に特典CDについて簡単に。

簡単にも何も、今回のライブで初披露された新曲「Welcome!!」が1日目出演者版、
2日目出演者版、計2曲入っている
、というだけになるんですが、これは単純に嬉しい音源です。
曲自体非常にポップで軽やかであり、新代表曲として魅力的な仕上がりだと思いますし、
それをより多くのパターンで聴ける、というのはそのまま嬉しい事ですからね。


ということで、問題のオーディオコメンタリー、そして2ndライブは次回に続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

レビューお疲れ様です。ブログはよく拝見しますが、コメントは初めてになります。

僕も1stライブのBD購入しました。一通り見ましたが、やはり今ひとつ満足感は欠けてしまいましたね
。ディスクを分けたこともそうですが、編集の多さが本当に残念でなりませんでした。ミス云々や曲の合間が長かろうとその臨場感を感じられるのが、やはりライブBDには重要だと思います。

素敵なキセキの件はランティスの方針ではないかと考えています。同じくランティスから発売されているラブライブのライブBDも、編集が多用されていることを聞いたことがあります。やはりその編集の多さは残念がっていました。

コロムビアから先日発売されたシンデレラの1stライブBDも購入しましたが、こちらはほぼ無編集で、臨場感は充分に感じられました。また、8thライブですらカットされた新情報PVなども無編集でその場のP達の反応も見られて、とても満足しました。

内容のクオリティはコロムビアの方が勝っていると思いますね。ランティスに対しても改善を求めたいところですね。

Posted at 23:29:47 2015/01/06 by ゴールデンスターP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ゴールデンスターPさん

コメントありがとうございます。

編集はランティス主導の可能性もあるんですね。
ただ非常に大きなポイントなので、独断ということもなく、バンナム側と話し合って
決めたとは思いますが…いずれにせよ編集の多用は残念ですね。

シンデレラでは新情報PVすら無編集だったんですね、驚きです。
これまでの765の大型ライブBDでも新情報はカットでしたし…。

9thBDもランティスで、と発表されていて、不安が尽きませんね。

Posted at 00:04:52 2015/01/07 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

いつもブログ参考にさせて頂いております

メンバー固定化問題については次の記事で語って頂けると思うので
ランティスクオリティについて一言言わせて下さい。コロンビアも酷いとw
管理人さんは御存知ないかもしれませんが、シンデレラの方でカバーアルバムの発売が遅れに遅れて結局2ndliveに新曲が間に合わなかったという失態を最近やらかしています。(カバー以外のオリジナル新曲有)
MA3の展開もようやくですし、コロンビアの方もスタッフに余裕がないのかと感じます

Posted at 00:15:16 2015/01/07 by れい

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

れいさん

コメントありがとうございます。

コロムビアもシンデレラでやらかしてるんですね。
MA3についてはOFAのシナリオ終了を待っていたのかな、という感じもしますが、
だとしても今からカバー曲リクエスト、ですしやっぱり遅いですね。
まさか某現代のベートーベン騒動でそれどころじゃなかったから…
とかではないと思いたいですが、可能性もゼロではないですよね…。

Posted at 00:31:20 2015/01/07 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

山崎さんの失敗については、本人も事有るごとに、話題にされていたので、本人の意向ではないと思いますし、おもいたいですね。

U・N・M・E・Iライブについては、一日目に出られなかった田所さんが二日目に出れるかもしれないとわかった時点で急遽用意されたのでは?アイマスの運営は曲名とかけるのが好きですからね。

実は現地で見た二日目を買おうかと思っていたのですが、主様の雑感を読んで見送ろうとおもいます。

Posted at 07:52:41 2015/01/07 by つばさ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

つばささん

コメントありがとうございます。

「U・N・M・E・Iライブ」についてはこのタイミングが初披露の曲ですし、
いくらなんでも急遽用意・対応なんてできたとは思いません。

結果的に演出としては素晴らしい選曲になりましたし、
もしかしたら曲順の変更はあったのでは、とは思えますけどね。

Posted at 22:09:53 2015/01/07 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

まあこれまでのライブBDもミス修正はありましたし多少はね?
あさぽの7th2日目とか。

Posted at 10:22:15 2015/01/08 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

7番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

これまで修正がなかったわけではないのはわかっていますが、
ここは直しちゃいけないだろう、と思ったので指摘しております。

Posted at 21:37:01 2015/01/08 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック