デレマスアニメ5話 「I don't want to become a wallflower」 雑感

kage

2015/02/07 (Sat)

先に【私のシンデレラアニメに対する対応について】をお読みください。
今回も雑感を。当然ネタバレなのでご注意を。


「格差問題」への踏み込み

4話のラストシーンから変わることなく、CDデビュー発表のシーンから始まりました。
それに対し、戸惑いと喜びを見せる「決定組」の5人に対して、他のメンバーは
皆一様に祝う…ということにはならず、「自分たちは?」という反応を見せるのが
城ヶ崎莉嘉と前川みく。その雰囲気は、まだギャグテイストのあった3話とは違い、
真剣そのもの
。ここでこの問題をシリアスなものとして取り扱う、という
この話の方向性が感じられ、非常に緊迫感を感じられるスタートとなったのです。

実際物語の中では、デビューに向けて着々と準備する5人と、それに対し各々の
反応を見せる9人、というものが描かれていき、最終的にはみく達がその「格差問題」に
対してストライキの決行までします。そのストライキ自体はギャグ調なところも
ありますが、問題自体は極めて深刻なものである
ことは間違いないはずです。

というのは、その直前に、「いくら頑張ってレッスンしても、仕事しても、デビューできない
のはなんで?」という不満を持っているのはみくや莉嘉、みりあだけではない

ということがしっかり描かれたからでもあります。Pへのアプローチ作戦もギャグ調では
ありましたが、その姿勢自体はギャグではなく真剣でしたしね。

さて、この問題、この物語内での「格差」を描いてはいますが、同時に「シンデレラガールズ」
というコンテンツ自体が抱える「格差」をもあらわしているのではないか
、と考えられます。

約200人ものアイドルが存在するシンデレラにおいては、キャラ間の扱いには絶望的なまでの
差があるのが現実
で、もっとも明確なラインとしては「声の有無」であり、それと同時に、
この5話同様に「CDデビュー」というものもあります。まさに「格差」そのものですね。

シンデレラガールズという、この「格差」があるコンテンツを楽しめる人たちというのは
もちろんいて、その人たちが「シンデレラガールズのプロデューサー」なんだとは思いますが、
その中でも全員が全員、現状の「格差」が望ましい、このままでもいい、と思っているとも
思えません
自分が一生懸命プロデュースしているアイドルに声がついて欲しい、
という気持ちは当然あるはず
で、それが「総選挙」の原動力の一つでもあるでしょう。
しかし少なくとも現時点では全員に声がついているわけではないし、キャラクターの扱いの
格差がなくなっている、平等化しているようにも、少なくとも私には全く見えません。

その「頑張っているのに(様々な事情で)報われない」という「問題」を、今回のみく達が
代弁するかのような方で「問題」として掲げた、それをこのアニメで描いた
、そう思えるのです。
前川みくというキャラクター自体は、このアニメでCPのメンバーに選ばれている時点で、
明らかな「優遇される側」ではありますが、それでもメインの3人との格差はあり…
というのも含め、物語内での「格差」問題に踏み込むメンバーとして選ばれたのだと思います。
もちろん自己主張が強い、躊躇わない、というキャラクター性も大きいとは思いますが。

そして最終的にはCP全員のCDデビューを予定している、ということがきちんとPの
口から話されることにより、今回の話の中の騒動は落ち着くわけですが、これはつまり
メタ的な意味でも「将来的にはなんとかする」というメッセージとも捉えられるわけです。
もちろん現実的に200人に声がつくのは極めて難しいと思いますし、この人数では平等にも
なりようもない
とは思います。ただ、このアニメで初めて声がついたメンバーが出ているように、
少しでもそれに向かって前進している
、というの事実はまさに目の当たりにできていますし、
みくに対するPの言葉は、視聴者であるP達に対する公式側の言葉、とも置きかえられるでしょう。


さて、この「格差問題」、似たような事態は765でも起きていました。そう、「竜宮小町」です。
ゲームまで含めれば3人(4人)は優遇どころか不遇な扱いに、という話なんですが、
アニメの物語に限定していえば事実上「優遇」されてのデビュー、という形の扱いでした。

ただ、その問題に対して、他のメンバーはほとんど不平不満を述べはしませんでした
6話冒頭でほんの少しばかりあったようななかったような…程度の描き方です。
それは選ばれたメンバーが、最年長のあずさであり、アイドルとしての才気をみせる
伊織であり、だったからかもしれませんが、じゃあ亜美は?という話もあって…。
端的にいえば「なんで真美じゃなくて亜美なの?」というのは間違いなくあって、
ここで真美がそれについて何も言わない、というのは普通に考えれば不自然な表現
でした。
これについてはコミックの方でフォローはされていますが、よりリアリティのある話を
描くのであれば、アニメ本編内できちんと描かれなければならなかった話です。

結局のところ、そもそも「竜宮小町」はゲームの設定をアニメに持ち込んだ存在であり、
そもそもゲームでそうなったのも諸々の「オトナノジジョー」が大前提であったはずで、
それで決まったものに対し、アニメの物語内でもっともらしいことをとやかく言うほうが
無理がある、というのはあったと思いますが…。しかしやっぱり物語としては不自然でした。

「竜宮小町」に対するリアクションとしては、美希が一人踏み込んでいたのは確かです。
自分が選ばれなかったのは真面目にアイドルをやっていなかったから、という自覚をした
ことで(それが正しいかはさておき)、「頑張れば報われる」という考えを持つ、という話でした。
結局竜宮小町には入れませんでしたが、頑張った結果、ライブの成功という形で
報われたわけで、ここでは「頑張ったけど報われない」は描かれなかった
のです。
「頑張ったら竜宮小町入りできる」というのも美希の勘違い(とPの失態)でしたしね。

それに対してこのシンデレラのアニメ。765では描かなかった、描けなかった「格差」に
ちゃんと踏み込んだ、「頑張ったけど報われない」というリアリティのあるテーマすらも
描いた、というのは、765とは前提条件が違ったにせよ、非常に好感が持てること
で、
「アイドルアニメ」としてどちらが良いかと言えばそれはやっぱりこのシンデレラ
とハッキリ断言できるものであります。もちろん今後「頑張ったから報われる」ところも
描かれるのだとは思いますが、その前にこれを描いた、というのはやはり大きいのです。
そしてそのテーマを、シンデレラのコンテンツ特性そのものと重ね合わせて…という表現は
素晴らしいという他なく、今度は逆に「4話とは何だったのか」とすら言える出来
でした。


「前川みく回」

というこの5話、一番目立っていたのは明らかにみくであり、「みく回」だったとは思います。
しかしながら、「個人回」としてはあまりにも弱過ぎるのでは、と感じたのもまた事実です。
最大の要因は、みく個人と同等レベルの出番があったメインの3人の描き方であり、
結局この3人なしではシンデレラの物語は描けない、という事実上の宣言にすら等しいものでした。

もちろん今回の話においては、「優遇される側」を描く必要があり、この3人を描かなければ
ならなかったのはわかりますが、しかしあまりにもこの3人の描写が多過ぎるのです。

今回、みくが主観といえるような表現がある程度されたのは事実です。彼女の気持ちを
描き、彼女の行動を描いた、それは間違いありません。しかしそれと同様なくらい、
この3人について描かれた。この3人から見てのみくが描かれることとなった。

この表現方法では、「メイン」は3人であり、11人は「サブ」である、それを全く脱せていません
というか、前述の通り、もはやそれを脱する気がない、という表現をした方がいいでしょう。
このアニメはこれで行くんだ、ということですね。今後変わる可能性もゼロではないでしょうが…。

個人回として1番手にみくが選ばれたのは、今回の問題に最も踏み込める、意見が言える
キャラであるからだろう、というのは前述のとおりで、またPに対して反発的な側面がある
というのもあるからでしょう。これは765の一番手に伊織が選ばれたのと同じで、
こうしたキャラの、こうした表現は早いうちにやっておいたほうがいい、というのが
間違いなくあるからだと思います。アイドル達全員の「Pに対する信頼感」を得る物語を、
一人に代表させる、託す、という表現が非常にしやすいパターン
でもありますからね。

ただそれと同時に、個人回として弱くなるのは同じで、伊織も「伊織はこんなに馬鹿じゃない」
というツッコミが入ってしかるべき内容でもありました。その意味で、このみく回は、
例えば彼女は「キャラ作り」をしているキャラ(でいいんですよね?)なのにその話については
特に描かれなかった、というのは、個人回として十分だったのか
、という話になります。
ストライキでは語尾が普通になり、素になっているシーンというのはありましたけど…。

「ふざけているようで、本当は真面目で熱心」というキャラクター性についてはこれで十分
表現できていた
とは思いますが、全体としてはまだ不足しているのでは、そうも思えるのです。

もっともまだ5話に過ぎず、個人回は終わっても今後フォローを入れる機会はいくらでも
ある
のもまた確かでしょう。伊織もその先の物語で、より魅力を発揮してくれましたしね。
ただ問題は、やはりメイン3人に尺を取り過ぎなところで、それが要因では…という話。


プロデューサーについて

1話で強烈な存在感を発揮しながら、2話以降は別人のように存在感を失っていたP
主役は「アイドル」で、彼は「プロデューサー」だからそれはそれで良いのですが、
この5話で再び存在感をあらわしてきました。ただ、役割は1話とは少しばかり違いました。

今回彼は明らかなミスをした、ということです。それは「9人にちゃんと今後の予定を
早いうちに伝えなかった」
という話。これについては本人も言っていたように、
正式決定ではないからで、ぬか喜びさせるわけにはいかない、という判断の元に
そうしたのだと思いますが、その判断は良い結果を生まなかった、ということになりました。

ストライキ自体はプロダクション内だけの話で、内輪の問題で済む話ですが、
それ以上に不信感・不安感を与えてしまったのが問題で、明らかな失態です。

ただ、この「失態」を描いたのもまた良かったのではと思います。765のPはフレッシュな
明らかなる新人で、彼自身の成長もまた、一つ物語の軸になっていました。
しかしこのCPのPは新人ではなさそうな雰囲気で、ベテランの貫禄すら漂わせます。
しかし今回ミスをした、ということで、決して「超人」ではないし、彼にもまだ成長の
余地はある、ということを示した
のです。無論、PはPに過ぎず、アイドルより目立っては
ならないと私は思いますが、「アイドルマスター」という物語にPは不可欠であり、
その成長もまた「アイマスの物語」の一つであるのは確か
だと考えています。

だからその意味で、今回のミスは良かった。「選ばれなかったメンバー」は最初から
それについて真剣に訴えていたのだから、不確定であれちゃんと安心を与える
べきだったのに、それができなかった、というミスは、彼の慎重さは必ずしも
ベストなものではない、ということでもあったのです。そもそも346程の規模の
事務所なら新人のデビューなんて確実にできるんじゃないの
、という話もありますしね。

今後も彼を目立たせる必要は全くないとも思いますが、アイドル達の物語を描く中で、
少しずつ彼の成長も描いていけるならば、それは理想的な表現なんじゃないかと思います。


今後について

ということで非常に長くなりましたが、まだ少しばかり話は続きます。
今回は、CDデビューのユニット名が正式に決まった、というのも大きなポイントです。

「new generations(ニュージェネレーションズ)」…島村卯月・渋谷凛・本田未央
「LOVE LAIKA(ラブ ライカ)」…新田美波・アナスタシア


今回はこの2ユニットの決定も描かれつつ、みく回だった、という話なんですが、
じゃあ次回は…というと、今度こそ「美波回」なのか、「アナスタシア回」なのか、
あるいは別のメンバーなのか、という話になってきます。個人回とも限りませんが…。

ただ、もしLLの二人のどちらかならば、より「成長」の要素が強そうなアナスタシアが
先に来るべきでは
、と思えます。これは765の雪歩千早のように、「成長」自体が
個人の大きなテーマとしてあるメンバーは早いうちにそれをやった方が良い
、という
ことからです。まぁアナスタシアに成長要素がどれくらいあるかは私には不明瞭ですが…。

まぁ、個人回が誰であれ、現状それ以上に問題なのはNGの3人の扱いであり、
本当にこのままいくのか、という話。他のメンバーの個人回すら食う勢いでそのまま。


私にはこれがどうしても良いものには感じず、非常に厳しい部分です。
これを除けばこの5話は非常に良い物語だったと思いますし、改めて「4話とは
何だったのか」と言いたくなるような素晴らしい演出であった
と思います。

このクオリティのまま今後も進んでくれれば、4話のような落とし穴がなければ、
と思いますが、「NGの優遇」も肥大化していくのならば、それもやはり問題。
あるいはそれすら覆せるものが描けるのか、どうなのか、次回も期待しています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
私はシンデレラガールズのキャラクターが大好きなので厳しい評価をなさっていた3話も楽しめましたし、もちろん今回も満足のいくものでした。
765のアニメもそうですが、キャラが好きだとストーリーそのものよりもキャラの魅力がきちんと描かれているかという目線で見ていますので演出に目を向けたレビューというのは新鮮に感じました。
質問なのですが、アイドルアニメとしてはシンデレラが優れているとかかれていますが765のアニメはそこまで面白くなかったということでしょうか?また、一番好きなアニメ作品を教えてください。

Posted at 23:05:19 2015/02/07 by

この記事へのコメント

kage

先ほどのコメント、酷評していたのは4話でしたね。すみません。

Posted at 23:09:23 2015/02/07 by

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。記事を読ませていただきました。
今回は「格差」がテーマと言う回でしたね。
個人的な感想ですがシンデレラガールズというコンテンツには「平等」というものは皆無であり、「競争」がメインであると思っております。
188名のアイドル+3名で総勢191名のアイドルのうち「声」が付いているのは41名、そのうちCDデビュー済は35名です。
この41名が全員登場とは思ってもいません。ゲーム内でもプロデュースしているアイドルがガチャとして出てくるのは年2回あればいい方です。
この「格差」をアニメではどう表現するのか、私は一番期待していました。
ですが、みくがこの「格差」という問題に声をあげるとは思ってもいませんでした。
前川みくは比較的早い段階でCDデビュー、また1stライブと2ndライブすべて参戦とかなり恵まれたアイドルであるにもかかわらずです。
この「格差」(しつこいですが)をしっかり描いてくれたことに少しほっとしました。
「格差」が存在するぞ、というアピールはこの回で新規層(どれほどかはわかりませんが)に対して表現できたと思っています。
恐らくアニメ放映中の4月には「第4回総選挙」があるでしょう。
そこでの「格差」はこんなものではありません。
人気の有無がはっきりし、「シンデレラガールズ」というコンテンツの厳しさがよりはっきりわかるでしょう。離れてゆくファンも多いでしょう。
アニメ終了後、11月には3rdライブ、2016年には「シンデレラガールズ5周年ライブ」もあるでしょう。
そこでも191名が出れるわけではありません。
今回の話は新規だけではなく既存のシンデレラPである私に対しても、考えさせてくれた、そんな話であったと思います。
長文失礼しました。

Posted at 23:42:18 2015/02/07 by デレマスからのP

この記事へのコメント

kage

アニマスと比べるとシンデレラは個人回にそのアイドルの要素を集中するというよりも、2クールに渡ってストーリーを進めながらその中でアイドル個人を描いていくのかなと思います
765が基本12人で展開していたのに対し、CP中心ということで、それ以外のアイドルというこの物語での脇役を担う人数は多いわけですから、仮に上記の進行をしたとしても取れる選択肢も多いんじゃないかなと思います

Posted at 23:44:52 2015/02/07 by 名無し春香さん

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

1番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

私の場合は765のときはキャラの魅力にも目を向けていましたが、
シンデレラだとやっぱり演出の方により目が向く、という感じになりますね。

765のアニメについては、正直アニメとしてはそれほど面白いとは
思いませんでした。自分の大好きな765プロがアニメ化する、
ということで楽しめましたが、そうでなかったら中々難しい感じでしたね。

好きなアニメについては「N・H・Kにようこそ!」が一番です。
1話単発型の日常系よりも、ストーリーがきちんとあって、各話つながって
描かれるタイプのもののほうを好んでいます。

Posted at 00:58:50 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

デレマスからのPさん

コメントありがとうございます。

シンデレラの現在の状況について、具体的な数字までは
良く知らなかったので、それも教えていただきありがとうございました。

既存のPの方にとっても格差はやはりポイントなんですね。
ここを逃げずに描き切ったというのは私も良かったと思います。

この状況下で総選挙なんてやったらCPのメンバーが圧倒的に有利なだけ、
と思えますが、どうなんですかね…。それも含めての格差なんでしょうが、
中々私個人としては受け入れがたい話ではあります。

Posted at 01:03:02 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

名無し春香さんさん

コメントありがとうござます。

個人回でありながら、そのメンバーだけに絞り切らない、という感じでしょうか。
確かにこの5話はその形でしたし、今後もそうなる可能性は十分ですね。

個人回を薄め、全体でバランスを取っていく、というのがうまくできるならば、
それはそれで良いと思うので、その可能性にも期待しておきます。

Posted at 01:04:52 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アニメ放送記念ニコ生でQPPが、1話は敢えてアニマスの逆をやっていると話していました。アニマスは最初に全員の紹介があって、最後にPが出てくる。シンデレラは最初にPが出てくると言った具合です。

そこで思ったのは全体の構成も逆なのかもと言うことです。

アニマスは全員が同じ扱いから春香、千早の話へとなっていきました。個人的には、アニマスは後半の方が大好きです。

シンデレラはNGの3人がビックアップされてどうやら6話でも其が続きそうです。ユニットがどんどんデビューして、最後は全員(CPメンバー)が平等に扱われていく。そうなるのではと予想します。

Posted at 02:29:42 2015/02/08 by

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

笑いあり涙あり、中身の詰まった良い回だったと思います。


卯月・凛・未央の家庭や学校の様子が描写されたのが、個人的に良かったポイントです。765のアニメではあまり描かれていなかったので新鮮でした。家族や(アイドル以外の)友人の存在を示すことで、より現実味のある存在として彼女たちをイメージできました。良い演出だと思います。


みく個人のキャラクターについては晴れてデビューを果たした時にまた触れられるのではないかと期待しています。彼女が何故キャラ作りにこだわるのか、を見せて欲しいところですね。


さて、NGが「メイン」で他CPは「サブ」なのか、について。
放送前のインタビューでは、「NGが主人公というわけではない」と書かれていました。が、他の媒体の物だと「NGの成長が物語の中心」という要旨に取れる文脈も見られて、いまいち判然としないですね。今までの展開を見ると明らかに後者の印象ですが。

NG優遇がほぼ確定とすると、個人的に気になるのは、卯月と凛、話のウェイトはどちらに置かれるのか、です。
順当に考えれば春香ポジションの卯月なのですが、シンデレラの「代表」として扱われるのは卯月ではなく凛であるケース(最たるものが劇場版のエンドロール)も多々あるのです。
「アイマス」としての象徴が卯月ならば、「シンデレラガールズ」としての象徴は凛である、とのような解釈をする人もいます。
このあたりのバランスをアニメはどうするのか、注目して見ていきたいですね。


次回の更新も楽しみにしております。

Posted at 03:12:20 2015/02/08 by 空飛ぶ猫タンク

この記事へのコメント

kage

期待通りの予告詐欺でしたね

今回の内容、言ってしまえばよくある話だと思います。
「頑張ってるのに自分の努力とは関係の無い要因によってどうにもならない」
フィクションでも現実でも多くの人が経験しているのではないでしょうか。
シンデレラの元には運良く魔女が現われましたが、あの世界には灰を被りながら耐え忍んでいる少女は他にも居たはずなのです。彼女たちが魔女にチャンスを貰えなかったのは、シンデレラより何かが劣っていたからなのでしょうか?
今回のみくの叫びはまさにその理不尽さとも言える部分へのもので、そんな誰もが感じたことの有る気持ちだからこそ、感情移入して試聴することが出来たのではないでしょうか?そして、彼女たちも等身大の女の子だと認識できたのではと思っています。

さて、それに対し魔法使いであるPは順番に魔法をかけることを約束するわけで、実際これはシンデレラガールズの現状へのメタ的発言だと思いますが、それがP達へどれほど影響が有るのかというと、微妙かも知れません。何しろ「将来的にはどうにかする」と言っているアニメが放映されているその瞬間に格差が広がっているわけですし。それに悪く言えば、「エサをちらつかせて集金を狙っている」ともとれますし、そもそもアイマス公式の言うことをどこまで信用できたものか・・・って話でもあります、残念ながら。
まあ現状について目をそらすこと無くしっかり認識していることがわかったというだけでも十分な収穫なのかなと。

そして、これがみく回なのかというと正直微妙だというのは仰るとおりなのですが、その分がこの先の話で補完されていくのであれば全然いいと思います。個人の掘り下げも大事ですが、プロジェクト全体の進行も大事です。みくが不満を募らせるのと平行してNGの話が進んでいくというのは対比として上手いですし、同じようにデビューするはずのLLについては描写が少ないというのが、美波の自信の無さと繋がっているように感じられ、全体的に無駄なく話が進んでいるように思えました。
個人的にはキャラ個人回で1キャラにクローズアップしすぎるあまり、全体のストーリーが進まなくてある意味無駄な回となったり、あるいは一部のキャラ回にストーリーの核心部分を背負わせすぎたりするより、こちらの方が好きだなと思いました。
また、未デビュー組のみく以外の子についても多少理解が進んだのではと思います。今回の場合、今までは美波が明らかにお姉さんポジションのキャラだったのが別行動となり、その後残ったキャラの中で誰がどういう立場になるのかを少し見れたのが面白かったかなと。ちょくちょく描写されているけれどきらりが実は結構面倒見がいいというのがそろそろ伝わってきたのではと思います。
これからの話も、「ある日の風景」とはならずに、主題のストーリーを置いた上でその中でキャラの魅力を総合的にアピールしてほしいなと期待しています。

それにしても、今回でPの人間性というものも少しわかってきて、それを踏まえて4話を再考察すると、4話は5話でのPの失敗の布石だったのかなと思いました。
4話はただのキャラ紹介回かつ格差が広がるだけの回のように思えましたが、その広がった格差は5話で取り上げられたので、これは無駄ではなかったわけです。
そしてここからは自分の勝手な推測ですが、「PV撮影を3人でする」というのはNG3人が本来最初にするはずだった仕事なのかなと思っています。もしそうだった場合、追加で合流した3人がCPに馴染むために3人が他メンバーと交流できる機会を設けたことになりますし、この場合なら遅れている3人への優遇ですから問題にもならなかったと思います。
しかし実際はライブのバックダンサーの話が突然舞い込み、それによってNGの3人はむしろ他メンバーより一歩進む立場になってしまった(メタ的な意味でも)。その結果PV撮影の仕事は「他よりリードしている人間がまた特別な立場につく」という当初とは真逆の効果を生むことになるわけです。
しかしそこに気づかず、或いは気づいていたけどイレギュラーはイレギュラーに過ぎないと思って、Pは予定通りPV撮影をNGに任せ、5話のような行動を取り(「そもそも346程の規模の事務所なら新人のデビューなんて確実にできるんじゃないの」と仰っていましたが、それはみく達に向けても言えることで、Pとしては言わなくてもそこに疑問を抱かれることはないと思っていたのかもしれません)、それが今回こういう事態になったのかなという結論に、現在の自分の中では落ち着きました。
つまり、トリプルデイP氏が抱いた、「なぜ4話にもなってキャラ紹介回なのか」という批判は制作サイドの失態ではなく作中のPの失態であり、そう思わせることまでが狙いだったのではと思っています(念のため言っておきますがキャラ紹介内容が浅いことに関しても意図的に情報を制限していると思っています。それに関しては4話記事に自分がコメントしたとおりです。)
とまあこんな風に考えてみたのですがどうでしょうか?


すみません、滅茶苦茶長くなってしまいました。「もうお前自分でブログ書けよ」って思うかもしれませんが、後半だけでも読んでいただけると嬉しいです。

Posted at 04:42:42 2015/02/08 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

感想をめぐってると、ゲーム原作ファンの感想で
「何でこの子だけ声がついてあの子にはつかないの」とか
「何でこの子にはアニメで出番があるのにあの子はないの」みたいな
感想が結構多くて、5話後半の前川の主張と被るとこあって、
なんか変に感慨深い気持ちになってしまった
この格差って案外デレマスの根底に関わるテーマなのかもしれないと思った

Posted at 06:57:19 2015/02/08 by あ

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

「格差」というテーマと赤羽根Pとはまた違ったところからの武内Pの問題点をみせてくれましたね。みくが素になって訴えかけてた言葉はいまだ陽の目を浴びないアイドル、プロデューサーの言葉を代弁したように感じました。またそれに対するPの答えが運営からそのアイドル、プロデューサー達への解答ということなのでしょうね。少しでも報われることを祈ってます。

今まで見てきて思ったのですが個人回としてではなくユニット回として魅せていくのでは?と感じました。
今回ユニット名が決まった3人組ニュージェネレーションズ(以下NGs)を中心にシンデレラプロジェクトメンバー(以下CP)を含めた様々なアイドルとの関わりを描いていくのではないかと考えました。

というのもシンデレラにはたくさんのアイドルがいるらしいですが5話までこのペースでCP一人一話で掘り下げていけるのか?
そこで数多くいるアイドルの魅力を少しでも魅せるためにユニットという形で魅せていくのではないかと。

今回の話も「前川みくの話」ではなく「デビューと未デビューの話」と感じ個人回とは感じませんでした。
今まで随所にアニマスを意識した作りが目立っていたのに今回のEDにこれといった変化もなかったのもそう感じた理由の一つです。

また、私はアイドルマスターについてはアニマス以後の展開に疎いのでどんなアイドルなのか全くわからない状態で見てきているのですがNGsは視聴者視点(凛は私のような初見目線?)で話が進んでるように感じたので非常に見やすかったです。

とはいえ作品名はアイドルマスターシンデレラガールズでありニュージェネレーションズでもシンデレラプロジェクトでもないので格差はあってもメイン3人とサブ11人からの脱却は期待したいですね。

また姿を見せたアイドル、まだ見せてないアイドル達の話もあるといいですね。
私としては茜ちゃんがまた見たいなぁとかあるので
まだほんの少しらしいですが魅力を感じたアイドルがたくさんいたので出来る限り見せてほしいですね。おそらくそこがアイドルマスターシンデレラガールズの魅力なのだと思うので。

Posted at 08:57:47 2015/02/08 by アニマスぶりのP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

8番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

なるほど、全体の構成も逆、ということになっているのかもしれませんね。
私は765は前半~中盤の方が良かったと思っていますので、
最終的に横並びになっていく、というのなら、そちらの方が理想的です。

Posted at 10:58:33 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

空飛ぶ猫タンクさん

コメントありがとうございます。

家庭や学校の様子については確かに新鮮でしたね。
これも765では描かれなかったところですしね。

3人と11人の扱いの差について、媒体によって言っていることが
違うんですね…。その辺もしっかり統一して欲しいものですね。

卯月と凛については、3話ラストのカットが凛であったように、
私も凛のウェイトが大きくなるのかな、と感じています。
まぁ765でも千早のウェイトは相当大きかったですけどね…。

未央を含め、この3人のバランスも注目ですね。

Posted at 11:05:27 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

コメントありがとうございます。

>「将来的にはどうにかする」と言っているアニメが放映されているその瞬間に格差が広がっている
は仰る通りですね。実際問題明らかにこの14人+αは他の百数十人より
どんどん良い目を見るようになっているわけですしね。

個人回を描きながらもメインストーリーを進ませる、ということは私も良い形だと思います。
ただやっぱりその「メインストーリー」自体がNG3人のもの、という形式になっている
現状がどうなの、というのが拭えず、中々難しいところです。

この5話を受けて4話を見直す、というのは確かに良い見方ですね。
あれ自体がPの失敗だった、となればああいう出来だったこと自体が伏線だった、
ということであり、極めて高度な演出だと感じられます。

実際そこまで考えて作っているのか、というのは微妙な感じもしますが、
そう考えればそう観られる、という意味で、上手い作りなのは確かですね。

Posted at 11:21:12 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

あさん

コメントありがとうございます。

やはりシンデレラのPの中でそういう声は出ているんですね。
その問題にこの5話で踏み込んだ、というのは
英断だと思いますし、素晴らしい演出だったと思います。

Posted at 11:23:57 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

アニマスぶりのPさん

コメントありがとうございます。

>個人回としてではなくユニット回として魅せていく
というのも確かに可能性としてはありますね。

ただ、残り20話程度で、みくを除いて残り13人、個人回でやっても
まだ余裕はある状態ですし、個人回は十分やっていけるかと。
ただ、CP以外のメンバーも含めて…となると、余裕はないのかもですね。

以前にいただいたコメントでも、凛は視聴者目線、というのがあって、
そういう描き方はできているんだろうな、と私も感じます。

ただ、仰る通り、「アイドルマスター シンデレラガールズ」であって、
「ニュージェネレーションズ」でも「シンデレラプロジェクト」でもないので、
やっぱりもっとバランスを重視して欲しい、と思っています。

Posted at 11:32:31 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

記事お疲れ様です。
五話も拝見しました。ゆにこさんの担当回ということで、そこまでシリアスにならないだろうとは思ってましたが、適度な緩急で良い感じでした。

予告の段階から美希回の匂いがしていましたが、赤羽根Pは適当な返答が、武内Pは言わなさ過ぎが美希やみくの焦りや不安からの不信感を買い、問題を起こしたわけで、そこまで考えて脚本をおこしているとは思いませんが、対比して見ていると中々面白いです。

武内Pの失態については、起こるべくして起こったと思いますね。Pとしては卯月達ですら社外秘な以上デビューすらしていないみく達に伝える訳にも行かないでしょうから。しかしみくもアイドルの前にまだまだ夢見がちな15歳の女の子な訳ですから、Pの真意を汲めずに誤魔化しの言葉だととるのも仕方ありません。ただ、Pである以上デリケートながら多少なりとももっとみく達のケアもすべきだったという点では、トリプルデイPが言うように武内Pの成長の余地を残しているなと思いました。その辺では、アニマスで美希の覚醒や赤羽根Pの成長を描いたように、賛否あると思いますが、武内Pをただのモブとしてではなくアイドル達と共に成長する姿も描いていくんだという点で好感が持てました。

みくに関しては、掘り下げ回ともとれますが、トリプルデイPが仰るように後の話数で伊織のようなフォローがあると思いますね。やよいの回や運動会の回みたいな。今回はアーニャと美波の不安を描いた回でもあったわけで、丁寧な展開からも、両者ともに更なる掘り下げ回があるのではと思います。


格差について、これは私個人の感覚なのですが、そこまで格差は感じないんですよね。差が無いと言う訳ではないんですが…。
シンデレラと言う展開事態、声ありきではありませんでしたからね。声がつき喋ると言う時点で私は驚愕だった訳です。ただ、シンデレラの展開の仕方から全員平等というよりは、プロデュースしている子がいて、その子が他の子より差があるのが苦いと言う方が本家よりも多いということも分かりますが…。

メディアの違いとは言いませんが、アニメと言う展開上今の14人という人数と選出は年齢やキャラクター性等を鑑みても、まだ絶妙だと私は思います。何でも平たく出せば良いわけではないですし(確実に破綻してたでしょう…)、少なければ良いという訳でもないですしね。その上で、物語の展開上NGの3人が前に出やすいことは自然に感じます。他の子が回すイメージも出来るとは思いますが、やはり物語の前半部分においては3人を中心に話を作る方が私は自然です。もちろん3人が薄い話や出ない話もあるでしょうし、あるべきなんですが、この五話迄において3人が前に出ることは、私は何とも思いませんしむしろ自然にすら感じました。

この辺は私のシンデレラやミリオン等に対するスタンスも入ってるので参考にはならないとは思いますが…。この辺りが、シンデレラからというか声ありきで入った方達と違う部分がある理由なんでしょうかね…。
正直いうとアニメ化前後で既に新規で声が6人もついてる時点で(彼女達が今後CDデビューするかは分かりませんが…)私としては異常な早さです。それでも全員に声がつくことは限りなく無いと思いますし、平等というわけにはいかないと思いますが…。


私個人的には、一話からお尻まで流れがある作品も好きですが、一話完結のお話(具体的に、ドラマ相棒とか漫画のぬ~べ~とか秀逸で好きです。勿論一話事の良し悪しはありますが。)も結構好みではあるので、そういう部分でトリプルデイPよりも四話が響いたのかもしれません。アニマスもそうでしたが、シンデレラは一話大きな流れはありますが、一話ずつ分けて見てもそこまでぶつ切りなく不自然に感じず見られる作品だと思うので。

長くなりましたが、ここまで本当に良くできていたので、これから個人回も全体回もこの感じでいってほしいです(笑)。

Posted at 16:57:30 2015/02/08 by 五和P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

このアニメはかなり765のほうを意識している部分もあるようなので、
Pが言う/言わないのところも意図的なのかな、と私は思っています。

格差の問題について、そういう考え方もあるんですね。
私にもNGの3人が物語を回しやすい、ということはよくわかります。

それ自体について是か非か、という話になるとは思うのですが、
他の方のコメントにあったように、これは「アイドルマスター シンデレラガールズ」
なのか「アイドルマスター ニュージェネレーションズ」なのか、という表現が
できる話で、現状後者的な話になっているのはどうなのかなぁ、とやっぱり思います。

ただ、現状ではこのアニメの評価は概ね高いようですし、
ここまでは間違いなくこのやり方で正解なんだとは感じます。

しかしそれが今後もずっと続いたとして、それでも同じ評価が得られ続けるのか、
というのはどうなのかな、という点は気になります。

ちなみに1話から最終話までの流れがあるタイプの方が好きなので、
その意味では765よりこのシンデレラの方が現状は理想的な展開だったりはしています。

Posted at 23:27:14 2015/02/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

格差に踏み込むという意味ではまさにその通りな回でしたね。
この格差については、シンデレラPもいろいろな受け止め方をする人がいますね。
もっと平均化してほしいという意見も聞きますし、今のバランスがいいという人もいます。
特に、担当アイドルがSRになり声がつきというその過程が楽しいという人も多いので、今のやり方だからこそここまで人気が出たという一面もあるため、今のバランスがダメとも言いにくいところです。

また、NGについては、3話までと4話からでは扱いが変わっていると思います。
3話までは明確にNG中心の話ですが、4話以降はNGの視点で話が進行するというだけで、話のメインはCPの残り11人だと思います。
おそらく、シンデレラではプロデューサーが四六時中一緒にいるわけではないので、誰の目線で話を進めるかということになるとNGしかいないというところだと思います。
画面に写る頻度が多いから優遇されている、少ないから扱いが悪いとは私は思いません。

また、2話同様に5話でもアニメで突然声がついたキャラが3人いました。
警察関係のイベントをやっていた3人のうちの2人、及川雫、片桐早苗。(もう一人出ていた堀裕子はすでに声があります。)
あとはストライキ中のギャラリーにいた大和亜紀ですね。
アニメ中では本当に一言しゃべった程度ですが、それでも声優が決まってゲーム内でも声が反映されますので、担当Pにとっては非常に嬉しいわけです。
ただ、タイミングがよくないと思います。今回は全体通してシリアスな話だったのですが、そこでサプライズ的なことをやられると話に集中できない、という意見は多く聞きます。(シンデレラP限定の感想かと思いますが。)
正直、サプライズ的なことをやるならそれこそ4話のような回に入れておいてほしいと思います。
そうすれば、内容の薄い回でも多少見かたも変わって来るとはずなので、そこは惜しいですね。

個人的には、4話のような回も不要とは思いませんけどね。
2クール全部3話や5話のような雰囲気で進むとそれはちょっと疲れてしまうと思います。

Posted at 23:32:32 2015/02/08 by

この記事へのコメント

kage

このアニメはあまりに隠し要素が多いアニメで、一回見ただけでの判断は危険だと感じています。ある意味批判も多かった4話ですが、あれがあったからこそ5話が活きているのだと改めて感じました。管理人さんもそう評価したようにみりあや梨嘉はまだまだ子供で、だからアーニャに甘えたり、みくの誘いに簡単に乗ったりしました。杏が、みくと行動を共にする描写も4話が有るから理に叶う物になったのではないでしょうか?
そして、此を見て思った事は、このスタッフに任せておけば作画以外は大丈夫と言う安心感です。最期までぞんぶんに楽しみたいと思います。

Posted at 23:55:06 2015/02/08 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

20番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

当然のことですけど、シンデレラPでも色々な考え方があるんですね。

NGについては、確かに3話までの「全面主役」よりは4話以降は一歩引いてますね。
その意味で、主観的な役割を担っている、というのはその通りかもしれませんね。

具体的に新しく声がついているのが誰なのかは私にはわからないですし、
それに対するリアクション、というのも特に考えていませんでしたが、
シンデレラのPにはそれについても色々な考え方があるんですね…。

みんながみんな「新しく声がついた」ということに喜んでいるばかりではない、
ということがわかったのは目から鱗でした。ありがとうございます。

Posted at 01:05:48 2015/02/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

21番目のコメントの方

コメントンありがとうございます。

確かに何度も観返すことで魅力をより感じるアニメというのがあるのは
わかりますが、それでも本来はどんなアニメも一回観ただけで判断して良いし、
その判断で好評になるものをつくるべきなんじゃないかと私は思います。

もちろん、後から観直すことでより魅力的に感じる、というつくり自体は
素晴らしいと思いますし、ここまで実際ほとんどそうできているのは
見事だな、とは感じています。

Posted at 01:17:06 2015/02/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

今回のニュージェネ、そして美波とアナスタシアの突出は確かに竜宮小町を彷彿とさせ、またそれに対する周囲の反応の差異…というのもあります。

自分としては、これは所属プロダクションという環境の差異ではないかと思っています。
最初にみく一派になったのは莉嘉とみりあですが、この2人は単純に「私も早くデビューしたい!」が強く出ている気がします。
みくは元々の性格もありますが2人よりは多少年上の15歳ということもあって別の危機感を感じていたのではないかと。
それは、時々聞く考えで「346プロのような大きな事務所に入れたんだから安泰、デビューも簡単」がありますが、むしろその逆で「別に自分がいなくてもいいんじゃないか問題」ではないでしょうか?

765プロの規模であれば、もし1人がいなくなるとなったらかなりの痛手、ダメージですが、346プロの規模であればすでに他にも有名アイドルが多数存在し、そもそもアイドル部門そのものも一部に過ぎないわけです。
であれば、放置され続けたら目無しとしてそのままなかったことにされ切られてしまうのでは…そしてそれは346プロにとってはさほどの影響もないことなのではないか…という焦りが沸いてくる、というのは当然あって、それを最も鋭敏に感じ取っていたのがみくだったのではないかと。

ちなみにニュージェネ3人については、特別枠というか、まあそうなるだろうというところですね。
ご存知かもしれませんが、あの3人はゲームを始めて一番最初に出会うことになるシンデレラガールズオリジナルアイドルです。
属性をキュートで始めればやよいと卯月、クールなら千早と凜、パッションなら雪歩と未央、そして固定でエリアボスのみくがチュートリアルで所属することになります。
最初から各属性の看板、代表的なポジにいるわけで、話の幹を引っ張る役に説明不要で配置できる…というのはあるかと思いますね。
ただし当然万能ではないとも思っていて、例えばきらりや杏などやや特殊なタイプのところには踏み込みにくいはずなので、今後そのあたりがどうなるかですね。

Posted at 01:53:51 2015/02/09 by もくす

この記事へのコメント

kage

巷ではみくの努力描写が薄い点や
感情の発露の仕方が立て篭りなのはやや幼稚過ぎる点などが批判されちゃってますが

氏の記事だとそれらへの言及が殆どありませんけど
氏としてはあまり気にならなかったということでしょうか?

Posted at 12:36:13 2015/02/09 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

もくすさん

コメントありがとうございます。

なるほど、大型事務所だからこそ、逆にデビューができないのかも…という
心配があるのかも、ということですね。確かに、だからこそ焦りがあった、
というほうが自然なのかもしれませんね…。

NGの優遇っぷりについてはある程度はわかっているつもりでしたが、
このアニメでこうなるほど、とはあまり思っていませんでした…。
今後どうなるのか、というのがやはり注目ですね。

Posted at 21:45:36 2015/02/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

25番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

努力描写についてですが、確かに薄かったとは思います。
ただ、あれほど必死に、「自分も頑張ってる」とアピールするからには
それなりの努力を重ねたという自信があるのだろう、と読み取れて、
描写不足、というのは特に感じませんでした。

ただ、例えば夜遅くまでレッスンを一人頑張っている姿なんかが
描写されていれば、よりよい描き方になったのでは、とも思います。


キャラクター性については、私はそもそも前川みくというキャラクターの
個性を深く知っているわけではないので、このアニメでの描き方を、
本人の個性そのものだと受け取っている形になります。
幼稚と言えばその通りですが、そういうキャラなのかな、と。

ただ、ソシャゲからやっている既存Pからすれば、「こんな娘じゃない」
という意見もあるのかもしれませんし、同様の事は今後個人回が続くに
つれてどんどん出てくるのでは、とも思っています。

それこそ、765の10話のやよいがそれで、新規Pには自然な描写だったのかも
しれませんが、既存Pからは批判された描写でしたからね。

まぁほぼ初見でも「どうなのこれは…」と思えるほどの、悪い意味での
個性が出るキャラが今後出るのならば、それを批判するかもしれませんが、
少なくとも今回のみくは特に私にとって不快なキャラクターではありませんでした。

Posted at 21:53:57 2015/02/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

確かに何度も観返すことで魅力をより感じるアニメというのがあるのは
わかりますが、それでも本来はどんなアニメも一回観ただけで判断して良いし、
その判断で好評になるものをつくるべきなんじゃないかと私は思います。

と有りますが、仰っている事は確かにその通りですが、アニメでは有りませんが映画「シックスセンス」(実は主人公が死んでいるが最後まで見ないと分からない)の様に最後のシーン引き立たせる為に前半はとても面白いとは言えない物もあり、作品の一つの作り方ではないでしょうか?

Posted at 21:45:37 2015/02/11 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

28番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

「シックスセンス」はそもそもあのネタ(オチ)ありきの作品であり、
あれが最大の肝、アイデンティティである、と私は受け止めています。

例えばこのシンデレラのアニメが「CPのPが実は961プロのスパイで、346プロ崩壊のために
暗躍している」というものであり、その伏線が1話から巧妙に張られていて、
終盤はそれが最大のキモとして描かれる、そういう作品なら同様と言えるかもしれません。

しかし明らかにそうではないわけで、「アイドルのサクセスストーリー」である
今作と「シックスセンス」のような作品は比較すること自体が間違いだと思います。

Posted at 23:09:43 2015/02/11 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

今回の話をみて、やはり4話の必然性を強く感じたので、
コメントさせていただきます。

5話では格差というテーマに踏み込んだストーリーでしたが、
4話の段階で既に格差について意識させる描写があったことに気づかされました。

他の方が言われているように、
4話ではニュージェネの3人以外も、文字通りフォーカスされているにも関わらず、
ストーリーが進んでいないというのは、3人以外のメンバーのアイドルとしての物語がまだ始まっていないという焦るべき不安な状況を表していたのだと思います。

仮にもし4話がなく、すぐに5話が来てしまったとしたら、立て籠りまでしてしまったみくの必死さが急すぎるように感じてしまうと思います。
これに関しては4話でみくは撮影を任された3人以外で一番早くレッスンのため欠伸をしながらも事務所に来るという努力の描写も5話を見てから気付きました。


そう考えると4話は5話への、「溜め」となる回だったと思います。

スタッフのインタビューにもありましたが、導入を意識したのは3話までで、
それ以降については、今回で言えば「格差」のように、1つのテーマや、ラブライカのようなユニットごとに関して同時進行で2、3話ごとに区切りをつけるような展開になっていくと自分は思います。

これについては2クールという話数の多さがあってこその話の使い方だと思いますが、

ひとつ聞きたいことは、一回観ただけで判断し、その時点で好評になるようにすべきというのは、区切りを待たずに評価しているようで、
その見方自体がまるで1話完結のように感じてしまいました、これに関して、

それ以前、更にはそれ以降のストーリーへと繋がる部分があとから判明した場合であっても、それを加味せず、
最初の評価の方を重要視し、後から評価を良い方向へ上げることは難しいということでしょうか?
具体的には4話の感想についてなのですが、かなり後だしのような問いになってしまって申し訳ありません。

また、ニュージェネの3人以外のメンバーの描写についても、今の段階では事務所内のレッスンぐらいしかこれ以上できないように思え、今後、デビューしてから、ユニットごと、又は個人単位での仕事が来て、そこで問題が起こったり、自分と向き合う展開になると思います。

今回でもラブライカの2人が初ライブに備えていますが、
ここに関しては初ライブの描写をどう3話と差別化して描くかどうか、また全メンバーの初ライブを描くのかどうかも気になっている点です。

今後も感想を楽しみにしております。

Posted at 14:46:55 2015/02/12 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

30番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

私もこの4話のタイミングで、「キャラ紹介回」自体は必要だったと思います。
しかしあの内容がとてもベストだったとは…と5話が終わった今も思ってもいます。

もちろん1話ぽっきりではなくて数話で一つの話、という作りの物に関しては
1話だけを観て判断すべきではないのかもしれませんが、少なくとも
今作の4話は1話ぽっきりで一つの話として完結していると感じます。
ラストのユニット発表のヒキは4話の物語自体とは直接関係ありませんしね。

4話について評価が上がるとしたら、あのPVが今後のストーリーに影響するもので、
かつあの一人ひとり並べて紹介する形自体に重大な意味があった場合くらいです。

4話はさておいて、一般のアニメの感想としても、やっぱり初見が最重要です。
とはいえあとから多少評価が上下する、ということもあるにはあります。

Posted at 22:53:39 2015/02/12 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック