私がグリマスを許容できる6の理由

kage

2013/07/17 (Wed)

1.コンテンツの扱い方に方向性が見える

「嫌いな理由」の「7」を受けてになりますが、これは嫌う点でもあり、
同時に許容できるポイントにもなってくるわけです。
765と冠し、声をつけ、既存メンバーと共演する、というやり方を公式は展開しています。

これは「ソシャゲとしてとりあえず始めてみて、成功したので、多角的な展開をし、
765プロとも絡めてみた」というモバマスとは大きな違いになる
と思います。
ブレがないというか、したいことが明確に見えると言うか…。
展開そのものが気に食わなくとも、その姿勢だけは評価できるのです。


2.声優にストーリーができる…かもしれない

立ち上げ時から声優がいる、というところは大きなポイントとなりえます。
アイマスが中の人と二人三脚で歩んできた歴史を踏襲できるからです。
私はグリマスのラジオも聞いておらず、イベントも未参加で、グリマス声優については
全く何も知らない状態です。現在はストーリーらしいストーリーはないのかもしれません、
しかしながら、「最初から一緒」という、ただそれだけで、今後のストーリーに期待ができる
ということがあります。これはモバマスとは決定的に違い、評価すべき点だと思います。
もっとも、中村さんたちの領域まで行く可能性は限りなく低いとは思いますが…。
声優個人のパーソナリティー云々の問題ではないので、あしからず。


3.モバマスに比べアイドル達が魅力的

あくまでも比較の問題で、765プロ13人の持つ魅力とは全くレベルが異なります。
しかしながら、キャラの薄さ、匂い(?)などは765プロと同じ水準であり、
必要以上に濃かったり、薄かったりするモバマスよりははるかに魅力的に映ります。
もちろん、このキャラ設定は765のバランスに合わせたレベルに意図的にしていて、
並べた時に違和感がない、という風にしたんだとは思いますが。
とはいえそれは成功しており、私にとっては受け入れやすい形になっています。
実際にLTPのドラマパートなどを聞いても、違和感はそれほどない、というのが現状です。


4.モバマスに比べアイドルの扱いが平等

これもまた比較の問題。あまりにも扱いに差がありすぎるモバマスに比べ、
グリマスははるかに平等に映ります。37人全員にきちんと声があり、
CD(楽曲)も今後全員分出る、ということ。イベント参加については、8thしかり、
全員平等ということはないですが、それは765プロでも同じことでしょう。
ただ、今後の展開如何では、人気キャラに絞ったりしてくることは十分考えられます。
それが現在の春香千早美希優遇というレベルで済むのか、それとも…。
これによって評価は変わってくるポイントだとは思います。


5.コンテンツの規模が未だ小さい

続いては少し趣向が変わります。グリマスの現在の登録者数はわかりませんが、
モバマスに比べはるかに少ないのは確かでしょう。そうなってくると、ついている手垢も少ない
ということになります。これは変な表現かもしれませんが、
要するに、必要以上の二次的キャラ付けがされていない、ということです。

言ってしまえば、765プロ13人はもうベッタベタに手垢にまみれてしまい、
これ以上どうにもならないところまで来てしまっている
、という感があります。
しかしこの手垢は自分自身がつけたところもあるわけで、嫌な感じはありません。

しかしモバマスの場合だと、自分が全く知らない(知ろうともしていませんが)ところで
手垢まみれになり、本来のキャラ設定を覆ってしまっている感
が強くあります。
こういった「他人の手垢」に関しては嫌な感じがどうしてもしてしまうのです。

そしてグリマスの場合だと、まだ手垢がついていないように見えます。
公式のキャラ設定から大きくブれるようなことにはなっていない、ということですね。

こうやって書くと単なる処女厨みたいな感もあり、それが否定できないのも確かです。
もう少しカッコよく書くなら、「レイトマジョリティになるよりアーリーアダプターになりたい」、
といったところでしょうか。こういった感覚はアイマス以外のところでも出てきてしまいます。
とにかく、上記4項目が仮になかったとしても「今後本筋に入ってくるのならば、
手垢の少ないグリマスのほうがより許容しやすい」
というところは確かなのです。


6.今後の展開について

「嫌いな理由」とも重複しますが、ここでは好意的に解釈します。
先日バンダイナムコゲームスが「3rd VISION」を商標登録したことが話題に上りました。
言うまでもなく「2nd VISION」に続く、次のステージ、ということになるでしょう。
その「3rd」において、モバグリが今の位置よりさらに高い所へ来る、
というのはもはや不可避だと考えられます。

具体的にどうなるのか、というのはいくら想像しても埒があきませんが、
現在のコンテンツの展開を考えると、765プロにグリマスが本格合流、というのが
筋なんじゃないかな、という風に思えます。これは私としては望ましい展開では
ありませんが、より嫌悪感の強いモバマスとの合流に比べればマシで、
「13人体制維持・グリモバは別扱い」という理想形態に次ぐ次善の策とも言える展開です。

もちろんこれとて痛みが伴うでしょう。しかしながら変化なくして未来がないというの
ならば、受け入れていくほかありません。なので、グリマスに関しては、その余地を作っておく、
というのが私の現在の姿勢になっています。


最後は私が「グリマスに期待する事」についてです。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック