劇場版アイマス打ち上げパーティー レポート 前編

kage

2015/02/16 (Mon)

さていつもの通りレポートを書いていこうと思うのですが、
楽しさのあまり記憶が曖昧で、不正確だったり、順番が前後している可能性も
あることをあらかじめご了承いただければと思います。

入場

今回は物販もなし、ということなので、開場の16:00の10分程前に現地に到着、
という形になりました。私にとっては今回の「Zepp 東京」、初の会場だったのですが、
待機場所が非常に狭いな、というかわかりにくいな、という印象でした。

ただ、会場のキャパがキャパでしたし、物販がない事もあってか、待機人数自体が
非常に少なく感じました。自分自身、大型ライブに慣れ過ぎてしまったんですかね…。

天候的には晴天だったのですが、風が極めて強く、寒さに震えながら待つ事数分、
ほぼ定刻通りに開場となり、入場も非常にスムーズに行われました。

いつものようにザルの手荷物検査を通過し、ドリンク代も支払い、
ドリンクを交換、というところで、今回チェックしておかなければならないポイントへ。
そう、フラワースタンドです。最近のライブでは、大量に贈られ過ぎるからか
楽屋花へのシフトが進んでいましたが、今回は打ち上げに相応しく、華々しく、
ということもあったのか、フラワースタンドが受け付けられる形になりました。

しかし狭い会場内。ギュウギュウにスタンドも並べられ、その華やかさも
やや苦しげに感じなくもなかったわけですが、その中でこちらを確認できました。

movie_flower.jpg

自分自身が、大関英里さん宛てに出したフラワースタンドになります。
見ての通り、形はこの劇場版で使われている「輝きマーク」(?)に準じたひし形に。
花の色はもちろん美奈子のパーソナルカラー。そしてトレードマークのポニーテール…の
再現は色々と難しいので、それを結わえるリボン、という形で作らせていただきました。
…作らせていただきました、というかもちろん実際には花屋に作ってもらったのですが、
非常に難しかったであろう注文に応えていただき、本当に感謝しかありません。

フラワースタンド自体、一種の自己満足であることは全く否定しませんが、
彼女自身にも喜んでいただけたようで、それに勝る喜びもありません。

また、「非常にギュウギュウ」な中で、運良く(あるいはバランス的な都合もあって?)、
非常に映える配置にもしていただき、そちらも花屋・運営スタッフに感謝いたします。

さて、入場もスムーズに終わったわけで、あとは開幕を待つばかり、なのですが、
その前の印象として、やはりキャパ自体非常に狭いなという感と、
それに伴い客数自体が少ないなという感
、それを持つことになりました。

もちろん狭い中でも客席は満席ですが、ロビーなんかでは人が非常にまばらで、
普段の大型ライブとは全然違うな、と感じましたし、開幕前に向かったトイレも
並ぶなんて事も全くなく、完全にスカスカ、というので拍子抜けするレベルでした。
やはりこの辺も大型ライブ馴れし過ぎたんですかね…。


開演

ということでいよいよ開演、とその前に。今回の私の席なんですが、2階席になり、
その中でも非常に恵まれた席になりました。どう考えても1階の後ろ半分よりは恵まれた席で、
自分のアイマスライブ歴でも屈指の良席だった
、とはっきり言える場所でした。

そんな幸運に感謝しているうちに、17:00、ほぼ定刻通りに開演することになります。
そう、もちろんスクリーンに社長が登場、ということですね。
いつものように開幕の挨拶、そして諸注意を受けた後、いよいよ本格的に開演。

暗く静まるステージの上に8つのシルエットが並び立ち…まさか、まさかと思っているうちに、
765プロメンバーによる「THE IDOLM@STER」で幕を開ける
ことになったのです。

続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック