劇場版アイマス打ち上げパーティー レポート 中編

kage

2015/02/17 (Tue)

THE IDOLM@STER
(中村今井浅倉平田釘宮沼倉滝田)

まさかのオープニングに遅れたのは当然私だけではなく、会場全体がまごつくというか、
座っていた席から立ち上がるのもバタバタ、といった感じになりました。

しかしながら勢いに乗ってしまえばいつもの通りのライブ。曲自体もこれなわけですし、
一気にヒートアップしていきました。思えば、映画自体のオープニングも、「眠り姫」を
除けばこれから開始だったわけですし、これが開幕に来ることだって予想できたはず
ですよね。
その辺が自分自身まだまだ甘いなと思いつつも、まずはこの曲を楽しむことができました。


イベント前半戦

まずはこの8人の挨拶があり、続いて赤羽根さん、そしてミリオンの7人が相次いで登場。
各々の挨拶を済ませると、社長が音頭をとっての乾杯からスタート、となりました。

そしてイベント本編、「パネルクイズ! アタック765」なるゲームが始まります。名前の通り、
「アタック25」的なパネルクイズで、先にビンゴをそろえたほうが勝ち、というもの。

そのチーム分けも、765の8人VSミリオンの7人+赤羽根さん、というオーソドックスな形。
そして司会は「いつもの」高橋祐馬さんが登場し、進行、という形になりました。

パネルを開けるごとに映画のシーンなどが上映されて、それに関するクイズを…
という形なんですが、こういうのを見るといつも「どこからどこまでが台本で、どこからどこまでが
素なんだろう」というのが最初に来てしまって、正直純粋に楽しめなくなっています

と、ひねくれ過ぎてどうしようもない自分に失望を感じつつも、クイズ自体は正当派から
個性派までバリエーション豊かで楽しめましたし、それに対する彼女らそれぞれの
リアクションも楽しむことができたので、十二分に満足することはできました。
特に、中々自身からは前には出てこない感じの大関さんに対し、今井さんや赤羽根さんが
フォローというか、アシストのような事をしてくれた事は非常に嬉しくも思えました


ちなみに勝利チームはミリオンチームで、映画にちなんだ福井県の名産品をゲット。
中身がどこまで台本だったかはさておき、やっぱり後輩に花を持たせたんじゃないかな、と。

続いては「祝電」コーナー。ここでは石原さん、坂上さん、中川さん、鳥羽さんが登壇。
さらに賑やかになったところで、最初に錦織さんからの手紙から始まり、次いで
たかはしさんがVTRで登場いつもの通りの姿で、いつもの通りのネタを展開してくれました。
引き続いては長谷川さんと下田さんが一緒にVTR内で登場。「アーツビジョン」という
ユニット名というか事務所名を名乗り、下田さんが中村さんへ無茶ぶりする流れに。
これもまた「いつものアイマス」を感じさせてくれる流れで、嬉しかったです。
お次は仁後さんが登場。やはり「天使」の称号は彼女にこそ相応しい、という他なく。
そして最後は若林さんが…流石にVTRでは登場できなかったのか、手紙で挨拶を。
それを読んだのは、我先にと飛びついた中村さん。若林さんらしい、ユーモアと
情熱にあふれた内容で、最後に相応しい「祝電」
となりましたが、ここでは出産という
話には全く触れず、「もしかしてスルー?」と思ったのですが…これは後述、ですね。

そしてここでは浅倉さんと平田さんの誕生日祝いとなり、錦織さんからそれぞれに、
それぞれのキャラの書き下ろし色紙が…となったのですが、浅倉さんが自分宛てに
の色紙が貰えると勘違いしたのか、やたらはしゃいでしまうシーンも

実際には浅倉さんに雪歩の、平田さんにの、という形だったんですけどね。

それが終わると、女性陣はお色直しのため一旦降壇、となり、男性陣のみ残って、
劇場版にまつわる様々なエピソードなどを語るコーナーに。「女性アイドルコンテンツ」で
ありながら、この状況が許される、というかむしろ歓迎される、
というあたりもまたアイマスらしいな
、と感じられる場面でもありました。

そして765は白、ミリオンは黒をベースにした、「スターピースメモリーズ」風のパーカーを
上に羽織った形で再び女性陣が登壇。再び彼女らがメインでイベントは進みます。


続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック