劇場版アイマス打ち上げパーティー レポート 後編

kage

2015/02/18 (Wed)

イベント後半戦

舞台に舞い戻ったメンバーで行われたのは朗読劇。映画でのライブ後の打ち上げ
という内容で、そのまま今回のイベントそのものと被せてきた形ですね。

内容的にはこれもまぁ「いつものアイマス」的で、ドラマCDなんかでよくある話なんですが、
やはり生で、というのは大きい
ですし、観客の声を使って、という演出も多数取り入れられ、
非常に楽しめるものでした。765とミリオンの組み合わせ、というのもまだまだ新鮮ですしね。

続いては「アイマスの過去・現在・未来」を振り返るPVが社長によって公開されたわけなんですが…
アイマスの、というかアニメ版アイマスの、という内容で進んでいき、そして最後の最後、
「未来」として10thライブの詳細が発表、開場も大いに沸き上がりました。
これについては後述、としますが、このPVの間、いつの間にやら中村さんと今井さんが
手を繋いでいたのが非常に印象的
でした。「西武ドーム」で、ということ自体は事前に
聞かされていたようですが、このPVをこの場でみて、というのはまた格別でしょうし、
目に涙を、というのも当然のことかと思います。これについてはこの二人に限らず、ですね。
そしてイベントはクライマックスへ。


M@STERPIECE
(中村今井浅倉平田釘宮沼倉滝田木戸大関渡部伊藤雨宮夏川麻倉)

この曲は絶対来るし、絶対全員でだろうと事前に確信していた通り、やはり来ました。
この曲自体の素晴らしさについては今更語ることはないわけなんですが、
9thはそもそも別として、今回がSSAのときと決定的に違うのが、大関さんがいることです。

言わずもがな、彼女だけが今回のメンバー、ミリオンも含めた中でただ一人SSAに
出演しておらず、当然「M@STERPIECE」は今回初。多大なる期待を込めて見守った
ステージで、彼女は映画でのライブでの間奏ダンス同様、ミリオンでは最も下手の位置で、
他のメンバーに追いつき追い越さんばかりのパフォーマンスを魅せてくれました


ミリオン1stライブは、彼女の一つの努力の成果として、それはそれで素晴らしいものでしたが、
今回はそこからさらに飛躍的に向上し、ダンスが得意な美奈子のレベルにすら到達していた
ように感じられ、ただただ言葉もなく
。「感無量」とはこういう時に使う言葉なんでしょう。

また、当然今回このミリオン7人が揃ったのも初で、その意味でも非常に良かったのですが、
あとはやはり、悲願の「13人版」、そして「20人版」もいつの日か、と願わずにはいられません。

曲が終わった後は、各々の挨拶。中村さん、今井さんに挟まれてのセンター、木戸さんや
渡部さんの勇ましい宣言にも感服しましたが、やはりこの初のステージを噛みしめた
大関さんの言葉が何より
。全員が無事挨拶を終え、これにてお開き、かと思いきや…。


虹色ミラクル
(中村今井浅倉平田釘宮沼倉滝田木戸大関渡部伊藤雨宮夏川麻倉)

この曲も予想こそしていたけれど、もうすっかり失念していたというかなんというか。
そしてこちらも全員で、という形。このタイミングで765だけ、というのもないですしね。

クライマックス的ではありながらも、未来への疾走感溢れ、「ドラマは終わらない」と歌う
この曲。「ドーム」という舞台が見えてしまった今、その言葉を信じたい、そう思えるこの曲。
その輝きを、今回の虹色、15色で最大限に魅せてくれる形になりました。


具体的な話としては、舞台上で3チームに分かれて歌う、という、アイマスの大人数曲では
よくある形式。そんな中で、大関さんと沼倉さんの絡みが最も印象的だったのは言うまでもなく。
いずれにせよ、この華々しいイベントの、ラスト楽曲としてはこれ以上のものはないでしょう。


閉幕

そして最後は男性陣もステージに戻り、赤羽根さんの音頭で一本締めを…の前に、
石原さんより、若林さんが無事出産された、という発表がありました。
「発表がありました」というか、当日の日中に御本人がブログで報告されていたわけですが、
こうした場でも発表される、というのはやはり嬉しい話でもありました。
また、それを聞いた中村さんの喜びというか、感激のリアクションは極めて大きいもので、
ここが本当に初聞きだったんじゃないかと思えるレベルでしたが、どうだったんでしょう…。

なにはともあれ、赤羽根さんが一本締めで締めて無事終了…かと思いきや、終わったのは
シアタービューイングだけで、現地のみ大抽選会が行われる
、という形に。

抽選方式は、キャストがスロット機(?)を、口頭で「スタート」「ストップ」で動かし、
入場時に貰った番号札とそのスロットが止まった番号が同じ人が当たり、というもの。

そしてその景品はキャストのサイン入り映画台本や、サイン入りの映画ポスター、
サイン入り公式サイリウムセット等々
、非常に豪華なものだったのですが、キャスト16人に
対し、観客は1000人以上。100倍近い倍率というのはやはり夢物語でしかなく…。

しかしながら、なんと退場時に出口で「スターピースメモリーズ」風のTシャツを
全員にプレゼント、という大盤振る舞いがなされ、そちらはしっかりゲットできました。


ということで「最高」という他ないこのイベントのレポートは以上になるんですが、
次回はその総括的なことと、そして新情報について詳しく取り上げます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック