劇場版アイマス打ち上げパーティー 総括 & 新情報

kage

2015/02/19 (Thu)

イベント総括

今回のイベントは私にとっての今年初アイマスイベント、ということで、振り返ってみれば
アイマスイベント自体、昨年10月のLTH05&06以来、4ヵ月ぶりというものでした。
たかだか4ヵ月と言えもするとは思いますが、これがかなりのブランクなんじゃないかと
感じてしまったのは、昨年が異常なまでの密度だったからこそ、でしょう。

そして今回のイベント、「10周年」最初のものとしては、これ以上ないだろう、と言って
いいものでしたし、もう2ヵ月近く立つ形ではありますが、最高のスタートになりました。

イベントへのスタンスとしては、レポートで書いている通り、それ以前にフラスタを
贈っている通り、他の誰よりも、大関さんをという姿勢で、今回は臨みました

もちろん765プロオールスターズが私にとって掛け替えのない存在なのは当然で、
この映画の、そして10周年の主役である事も言うに及ばずではあるんですが、
彼女たちの大舞台はここではないのも確かなのです。

一方で大関さんは今回が事実上初の765プロメンバーとの共演で、
そもそもアイマスイベントへの出演回数もかなり少ない状態
(もっともこれでも
ミリオンの中では恵まれている方、というのが実態でもあるんですが…)。

そして何よりも、彼女を知ることになったLTP09、昨年の初イベントからちょうど一年(と少し)の、
この舞台で、あのときから私自身を「輝きの向こう側」へと誘ってくれた彼女に対して、
偉大なる765プロのメンバーを差し置いてでも、となるのは私にとって必然
でした。

そこまで期待して挑んだこの舞台で、彼女は間違いなく輝いていたし、
この輝きをこの先も、具体的な目先の話としては、ミリオン2ndでも魅せてくれると、
そう確信するには十分なもの
を感じさせてくれました。

改めて、イベント全体を通しても、「ライブ」として完成され過ぎてしまっている
周年の大型ライブとは異なる形で、良い意味での「アイマスらしさ」を感じさせる内容で、
心の底より楽しめる、「これぞアイマス」と満足できる、素晴らしいものでした。


「10thライブ」について

私が765プロのメンバーに望んだ「彼女たちの大舞台」というのはもちろんこれだったわけですが、
その具体的な内容が、予想通り今回のイベントで発表されたわけです。

「TH IDOLM@STER M@STER OF IDOL WORLD!!2015」
2015年7月18日(土):MAIN WORLD 765PRO
2015年7月19日(日):MAIN WORLD 765PRO + CINDERELLA GIRLS + MILLION LIVE!
会場:西武プリンスドーム(現西武ドーム)


まずタイトルですが、昨年のSSAライブと同じで、「2014」から「2015」に変わっただけ、という
手抜きとすら言えてしまうもの。ただ、仰々しさと華々しさのバランスが絶妙なタイトルなのも
事実
で、年表記も含め、SSAでのネーミング時点から今回まで想定していたのかな…という感も。

例えば「ALL FOR ONE」とか「アイドルアルティメイト」とかも良いんじゃないのかな、
と思っていたんですけどね…。まぁタイトルも大事ですが、最重要なところで無いのも事実です。

より大事な日時は7月18、19日、ということで、私の予想であるアーケード稼働から丁度10年、
より1週間前
、という形になりました。ただ、2005年7月19日から一部で先行稼働していた、
という話もあって、その意味では間違いなく「丸10年」
ですし、もっと現実的な話として、
7月20日が祝日、ということで何かと都合の良い日程である、というのもまたあるでしょう。

そして極めて重要な出演者についてですが、上述の通り、1日目765、2日目合同、という形。
このブログに何度も書いてきたとおり、私の望みは765単独、願わくば13人オールスター、
という形だったのですが、同時に現実的には合同になるんじゃないのか、という気持ちも
あって…そして蓋を開けてみたらその折衷案、ということで、納得はしやすい形
でした。

ただ、大事なのはその順番。1日目に765が「765プロの10年」を締め括り、そして2日目に
「アイマスの10年」で、シンデレラとミリオンにバトンパス、するのではないかと…

逆ならばまた話は違ったと思うのですが、この構成ではそう考えずにはいられません。

また、その出演チームに関しても、両日とも「MAIN」となっていることが非常に重要です。
2日目はともかく、1日目すら「ONLY」ではない、という表記。これは何を意味するのか…。
「意味するのか…」も何も、少なくとも1日目は「765以外も出る」ことを意味するはずで、
それが何者なのか、は極めて大事。順当に考えるならば2日目のシンデレラとミリオンは
除外、のはずなんですが…まさか1日目にも、例えばメインの3人ずつは登場、
なんて暴挙はしないはずですし、そんなことはやらかさないことを祈るほかありません


となると誰が…でまずあがるのは876、なんですが、スケジュール的に厳しい、という
話が出ていて、現実性はない模様。次なる可能性は315、となるのですが…。
いくらジュピターだろうがこれはNG
、というのは以前書いた通りで、これは1日目に限らず
2日目も同様…なんですが、2日目には可能性がありそう、という現実も…。

もう一度1日目に絞って考えれば、9thから連続で茅原さん、という可能性は十分。
「アルティメットアイズ」という新曲もあるわけですしね。ただ、「アイマスの10年」、
特に「765の10年」に玲音がどれくらい寄与したかについては…非常に怪しいラインです。

他に可能性を考えれば、それこそ長谷さん、ということもあるのかもしれません。
彼女こそ現765メンバー以外で「765の10年」に最もふさわしいメンバーであることは
疑いようもない
わけですし。しかし彼女の存在が「ONLY」表記を「MAIN」に変えるほどの
ものなのかは定かではなく、そもそも彼女の出演はやはり現実的にありうるのか、という話も。

また、二日目の「MAIN」は、3チームだから「ONLY」にしなかったのか、あるいは
この3チーム以外からも出るからなのか
、それも判然としません。ただ、やはり315の可能性は
十分あって…というのは前述した通り。315のCDリリースイベントの開催も決まっていて、
その流れでこちらにも一気に…
ということになってもおかしくはないのが現状です。

あるいは、それこそ「3rdVISION」からの新チームとして、「第6勢力」の登場の可能性がゼロ、
とは言いきれない
のもあるにはあるんですが…どうなんでしょうか…。

何を言っても「MAIN」表記については現状は予想というか妄想が膨らむばかりなんですが、
その前に、そもそものその「MAIN」の中身が大事なのは言うまでもないはずです。

765についてはとにかく13人を、と願っていまましたが、しかし若林さんは現実的に…というのは
わかっているので、12人を願うだけ
です。ただもちろん若林さんにしてもフォローは絶対に
あるはずで、9th同様にビデオレター、あるいは歌い踊らなくとも、挨拶だけでも、
ステージに…
という可能性もあると信じています。彼女がその形の出演を望むのか、
というのが大前提ですが、しかし誰もが彼女を待ちわびているのもまた事実のはずです。
とにかく、1日目だけでなく、2日目までも12人は絶対、これを願うのは変わりません。

その上で、2日目。シンデレラはCPの14人…は流石に多いと思いますし、そこから少し減らし、
あるいは数人別メンバーも、という形なんでしょうが、結局ほとんどSSAと同じなんじゃないかと
そしてそれはミリオンも同様で、「いつものメンバー」で固めてくる未来しか見えません
もちろん経験値を積んだメンバーを大舞台で、というのはわかるので、一概には否定しませんが、
ただ、とにかくミリオンについては、大関さんの出演以外願うものはありません
幕張でのミリオン2ndで必要な「経験値」を積めば、更なる大舞台でも…と信じるだけです。

とにもかくにも、結局妄想しかできませんし、いずれ公開される出演者をまずは待つほか
ありません。そこで「MAIN」以外も発表されるのかどうか、も含めてですね。


そして出演者同様に大事なのが開催地で、これが今回「西武ドーム」となったのです。
「ドームですよ、ドーム!」の春香のセリフ通り、アイマスにとって非常に大きな意味のある
「ドーム」ではあるんですが、しかし…素直に喜ぶ事ができないも事実です。

まずはアイマスの「ドーム」とは「東京ドーム」のはずでは、という話。明言はされて
いませんが、描写的には明らかにここで、間違っても「西武ドーム」は示していなかったはず。
その意味で「誤魔化し」でのドーム到達になってしまうのではないか、そうも捉えられます。

また、その西武ドームについては、環境の異常な悪さに定評があり、立地の悪さに加え、
真夏の開催は地獄、という話も出ていて、その意味で今から恐れられてもいます。

そして「誤魔化し」だろうがなんだろうが「ドーム」であるという事実は、つまりは一つの物語の
終わり、それこそ「765プロの終わり」を意味するのでは
、ということが何より大きいのです。

これについて、今回のイベントで中村さんは「ドームと名はついても、これで終わりじゃない。
ここからがスタート」といったような話もされていましたが、しかし私にはどうにも歯切れが
悪いようにしか聞こえませんでした
。これは「そう思って聴いていたから」と言われれば
その通りなのかもしれませんが、「765は終わっても、アイマスは終わらない」という話でも
通用してしまう話し方だったのもまた事実で、とても気持ちの良い話でもありませんでした。

今回中村さんは、初期はイベントごとに「次こそは、ドームですよ、ドーム!」と言っていたのを、
いつからか「アイマスですよ、アイマス!」に変えた、という話をしていて、それは現実的に
ドームが近付くにつれて、「ドーム=終わり」を示したくないから、という話でもありました。

そしてそれを話した今回のイベントで、彼女は言うべきはずだった「ドームですよ、ドーム」を
言わなかった
、その事実がありました。言おうと思ったけど言うタイミングを失ったのか、
ただ失念していたのか、あえて言わなかったのか、絶対言いたくなかったのか、わかりません。
しかし「言わなかった」という事実は、私には「言いたくなかった」≒「終わりたくない」、
そう捉えられてしまった
のです。もちろん、中村さんの真意はわかりませんが、そう感じたのです。

以前にも「世代交代」については記事に書いていて、「765プロの完全撤退はありえない」と
結論付けましたが、しかし立ち位置の変化などはあってもなんらおかしくなく、あるいはその事態は
中村さんにとっては望ましい形での変化ではないのではないか
、とも感じられました。

全ては私の受け止め方の問題で、事実がどうであるのかは少なくとも現時点では
全くわかりません。ただ、そういう受け止め方ができてしまうのが、「ドーム」という現実。
アイマスが、765プロが夢見て、走ってきた先にある、一つの夢の終着点なのです。


もう少し別の観点からドームの話をすると、そもそもキャパの話があって、席作りにも
よるはずですが、「3万弱」という数字が現実的なようです。当然これはSSAライブの際より
大きく、2倍近いスケール。果たしてこれを埋められるのか…という課題もあって、
だからこそ今井さんが「お友達など誘って」という話をしたはずです。

もちろん、私のような「絶対に行く」層にはキャパが大きい=チケットが取りやすい、という
話は嬉しいですし、今回は望めばほぼ確実にいける
、それくらいなんじゃないかと思えます。
しかしスカスカでは寂しいのもまた事実で、なんとか埋まってほしい、それを願うばかりです。

また、西武ドームについて悪い事ばかり書いてしまった感もありますが、「アイドルの聖地」とも
呼ばれたり(呼ばれなかったり)している
ようで、その意味では良い会場なのかもしれません。

また、西武ドームが「誤魔化し」だろうがなんだろうが、「ここが限界」でもないわけで、
真のドーム、東京ドームの可能性がより先の未来に残る、という形でもあります。
2次元アイドルコンテンツが現実としてそこに到達できるのか、それはわかりません。
しかしこれまで他の何者も成し遂げてこなかった歴史を紡いできたのがアイマスであり、
いずれ真の「ドーム」にたどり着く、その可能性がないわけでは当然ない
のです。

なんにしても、「10thライブはこうである」という発表は紛れもない事実なわけで、
それをしっかりと受け止め、来るべき事態に備える、それを今はするほかありません。


「アイドルマスター10周年プロデューサーミーティング」

今回はもう一つ新情報があって、それがこれ、なんですが…実態はサッパリわかりません。
一応詳しくは以下の通り。

「アイドルマスター10周年プロデューサーミーティング」
日程:2015年3月14日(土)~2015年3月下旬(予定)
場所:テアトル新宿
主催:株式会社バンダイナムコゲームス
配給:株式会社プレシディオ


何が何やら、なんですが、映画館でやるという事実と、「アニメなどの映像を中心に」という
文言、「配給」の存在から、動画がメインになるイベント、という形なのだと思われます
しかしそれ以外はサッパリ…ということで、私自身の参加も現在不透明です。
10周年に相応しい、楽しめそうなイベントであれば、当然参加はしたいですが…
現時点で10thほどに「絶対」とは言えない、そんな位置づけになります。
スケジュール的にも詳細はすぐに発表されるでしょうし、それ待ち、ですね。


輝きの向こう側で

ということで本来は分けるべきほどに異様に長くなってしまったのですが、勢いで書ききりました。
何はともあれ、「10thライブ」、これがとてつもなく大きな存在なわけです。

ここで「何が起こっても耐えうる精神」を身につけようと、前々から頑張ってきたつもりですが、
正直現状全く身についておらず、場合によっては憤死する可能性すらあるのが実際。
それほどまでに私にとって「765プロ」は大き過ぎるし、偉大すぎるのです。

しかし、一筋の可能性は残っていて、それが私を「輝きの向こう側」に連れてきてくれた
大関さんであり、ミリオンライブです。現状、私にとってのミリオンが765に及んでいるとは
口が裂けても言えませんが、しかし、光源を残してくれる存在であるのもまた事実
です。

シンデレラは、今まさにアニメを観ていますが、現時点ではミリオンの足元にも及ばない、
というか、好き嫌いの「嫌い」側にあるという現実は変わらず、何の有効打もなりません。

全ては765プロが現在のまま、この先も走ってくれれば何も問題のない話ですが、
そうなる可能性が見えないのが現実。それは「西武ドーム」がより濃くしてしまいました。

それでも、前述の通り、それを受け止めなければいけないし、そうしないと生き残れも
しません。もちろん私は死にたくなんて全くないですからね。

しかしその受け止め体制が…という話はもはや堂々巡りでしかないですし、
今はただ、この「10周年」を噛みしめ、全力で楽しむ、それをしていきたいと思っています。

今回の打ち上げパーティーを皮切りに、参加確定イベントがこれから立て続けに
あるので、まずはそれをそれぞれ楽しんでいく事、それが第一。

その先に10thライブが待っているわけですが、それはそれとして、全力で楽しむこと、
全力でプロデュースする事、そうするという誓いだけは今からでも立てられます。

「輝きの向こう側」にあるこのアイマス10周年。私にとっては、8年目。
多大なる不安があるのは事実ですが、それを背負い、輝くアイドル達を全力で
プロデュースしていく。それを今誓い、そして彼女達とともに走りだしたい
、そう思っています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

参考までに

同時期は、プロ野球興行中で、プロ野球のオールスターゲームが東京ドームで開催されています。

オールスター開催期間は、ペナントレースの合間ということでオールスター開催球場ぐらいしか使われないのですが、そこはもう仕方がないということで。

Posted at 22:28:55 2015/02/19 by hina

この記事へのコメント

kage

Re: 参考までに

hinaさん

コメントありがとうございます。

たとえ東京ドームが空いていようとも、そこに行ける状態ではないと思いますし、
まず西武ドームありきで、日程もちょうどここがとれたので、選ばれたのだと思います。

Posted at 23:29:23 2015/02/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

西武ドームの環境面では暑さ(秋~春先は寒さ)が強調されますが、
他にも雨風が吹き込む点(後列は傘以外の雨具がいるでしょう)
アクセスが非常に悪い点(終了時間にも影響するかと)
虫が大量発生する点(周囲の環境的に)
駅周辺に何もない点(時間をつぶすこともままなりません)
等、非常に問題点は多いです。
こういう問題点を知らない人もいるはずで、公式のアナウンスがあるかわからないので参加者間での情報交換が大事かと思います。

Posted at 15:25:31 2015/02/20 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

これまでのライブでは会場の特性的なアナウンスは
ほとんどなかったのは確かですからね。

ただ、今回は集客が必要ですし、その辺もある程度は
しっかりしてくれるんじゃないかな…とは思います。

もちろん情報交換も出来る限りしたほうが良いでしょうね。

Posted at 22:47:19 2015/02/20 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

こんばんは。打ち上げパーティー参加しました!
すごく楽しいひと時でしたね~。
ここのブログは時々見させてもらっていましたが
トリプルデイさんは
アイマスについてしっかり見ているなと思っていました。

貰えたものについて・・・
Tシャツもですが、ドリンクホルダーとかも
アイマス仕様で嬉しかったですね。

打ち上げ終了後、フラワースタンドを見て行って、
トリプルデイさんはネットで見たことある名前だなと
思っていましたが、
大関さんの名前があったのはこういうことだったのかと納得w

実は私は、
この打ち上げがアイマスイベント初参加でしたが、
次の西武ドームも是非参加できればと思っています。
Pの皆様の熱い応援をまた見たいですしw

チト長くなりましたが失礼しました。

Posted at 23:41:01 2015/02/20 by

この記事へのコメント

kage

10thは是非とも出勤したいところですが経験的に西武ドームの字を見る度に意欲が萎えてしまいますね…
やり過ぎなくらいの対策をしたほうが良さそうです

Posted at 00:36:21 2015/02/21 by 百合子P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

今回が初のアイマスイベントとは、中々凄い事なんじゃないかと思います…。

イベント自体も本当に楽しかったですし、
ドリンクホルダーも嬉しいもので、今後も使えそうですね。

フラワースタンドについては、見ていただいての通りで、
彼女への気持ちとして今回贈りました。

10thライブ、また参加して、楽しめると良いですね。
本格ライブはこうしたイベント以上にP達も盛り上がりますし、
なんといっても10th、ドームですから、凄い事になるんじゃないかと思います。

Posted at 00:54:38 2015/02/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

百合子Pさん

コメントありがとうございます。

西武ドームのライブ参加経験がおありなんでしょうか。
過去の参加経験者の意欲をそぐような会場、というのも中々厳しいですね…。

難しいのかもしれませんが、会場設営自体を上手くやってほしいですね。

Posted at 00:56:28 2015/02/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

少しだけ…

更新お疲れ様です。
 自分はアニマスからのファンなので、思い入れの部分でまったく及ばず、発言を躊躇う思いもあるのですが、少しだけ…。

 今回の10thライブIN西武ドームに関して、日本人のもともとの特性とソーシャル・メディアの特殊性を合わせたところで、不毛で無意識的なネガティブ・キャンペーンが拡がっているような危惧を感じています。

 西武ドームは、屋根が付く前の西武球場時代から、素晴らしい音楽イベントを多数開催してきた実績がありますし、プロ野球の公式戦だけでも毎年70試合前後で万単位の集客を30年以上し続けている立派なハコ、会場として特段の不安があるとは思えません。

 存分にライブを満喫するため、十分な準備は大切でしょうが、訳知り顔で「あそこは~~が最悪でね…」とかいうつまらない連中に必要以上に付き合うのは、楽しみを自分から遠ざけてしまう、もったいない行為だと思います。

 野外のロックフェスや、屋根なし会場でのスポーツ・イベントなど、快適さだけで言うなら万全と言えない中でも、本物の興奮と直に接する事が出来る事こそ、LIVEの醍醐味! と、私は思います。

 もしも雨が降っても、ものすごく暑くても、「あんなバカみたいな環境だったのに、あの日の誰々のあのパフォーマンスは圧巻だったなぁ!」いつか振り返った時、そう思わせてくれそうな期待感の積み重ねをこれまでたくさん受け取ってきたので、私はこのLIVEに是非参加したいなと、今から楽しみにしています。



追伸:
 私はシアター・ビューイングだったので会場にいたトリプルデイPとは得られた情報(画像や空気感等)に違いがありましたが、中村さんの「ドームに行っても終わらないんだ」発言は、文字通りの意味に受け取りました。たぶん、トリプルデイPはアイマス愛が深すぎて、少し心配のし過ぎではないでしょうか?

 あと、私のような新参のファンは、昔のPたちのする初期アイマスの手作り感や(言葉が違うかもしれませんが)ある種のドサ回り感、未完成で荒削りなちょっと歪なくらいの情熱、そういうものにも憧れやある種の嫉妬を覚えます。

 何もかもが完璧に準備されてる346プロみたいなイベント(ごめんなさい。disってるわけじゃありません)より、雑居ビルから虎視眈々とてっぺん目指し、足りないところは右手に抱えた憧れと左手に握りしめた情熱で未来をかき集めて埋めてしまう765的な空気、10周年のLIVEにはぴったりだと勝手に思います。

 だから、初めて会う未来へ、悩んでないで駆け出しましょう! なんちって…。

 出過ぎた発言、すいません。それに全然少しじゃなくて、すいません。いろんな不安、全てぶっ飛ばすような最高のLIVE、期待しましょう!

 日々の更新、プロデュース活動、応援しています。

Posted at 11:45:35 2015/02/21 by くらぐら

この記事へのコメント

kage

Re: 少しだけ…

くらぐらさん

コメントありがとうございます。

西武ドームについては仰る通り、ネガティブな印象が先行し過ぎですね…。
厳しい環境であるのももちろん嘘ではないんでしょうが、
実績があるのも間違いなく事実ですし、そちらの喧伝も大事でしょうね。

何より今回はちゃんと集客をしないといけないはずですし、
ポジティブな印象を公式側からも打ち出していって欲しいものです。
また、私もこうしたブログで極端にネガティブに寄った話もすべきでないでしょうね、


中村さんの発言については、仰る通り、私の心配のし過ぎはあると思います。
そもそも非常に悲観的なものの考え方をしてしまうタチで、
アイマスだと余計にそうなってしまうのが理由というか、要因なんですが…。
素直に彼女の言葉を受けとめられればいいな、とは思っています。

冷静に考えれば、西武だとしてもドームは夢に描いた舞台なのは確かで、
「ついにここまで来た」ことをしっかりと噛みしめなければいけませんよね。


また、ご自身のお立場について仰っていますが、別にP歴が長いから偉いわけでも、
短いから発言を控えなきゃいけないわけでも、全くないと思います。
その話は「MASTER ARTIST FINALE」の「社長訓示」でもあって…という話を
してしまうのが「古参的」なお節介というか、物言いになってしまいますが、
もし聴いたことがないのならぜひお勧めいたします。
今からみると「初期」に過ぎないこの時期に、今でも、いや今だからこそ
通用する非常に大事な話が社長よりなされていますので。

とにかく、10thライブ、最高のものになることを期待しましょう。

Posted at 22:51:06 2015/02/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

記事作成お疲れ様です。まあ西武ドームの環境については語り尽くされたとして、個人的にやはり心配なのは尺ですね。
ゆくm@sくるm@sで、山崎さんが「もっと短くできないんですか?」とディレ1さんに聞いて「曲だけ数えたら2時間半なんですよ!」と答えたという出来事があり、
曲しか数えてない疑惑がまさかの本当だった&出演者も短くするのを望んでるということでゲンナリしたのですが、さて今回は…
結局環境の話になりますが、今回は5時間とかやるとかなりまずいことになるでしょう。

あと男性出演者については最近入ったpの方は全く抵抗ない方も結構いて、こちらもどうなることやら…です。
ツイッター見てるとシンデレラの武内p登場直後に開幕アナウンスで登場することを期待する声があったり、sideMのキャストの中にシンデレラのキャストの弟さんがいるため、姉弟共演を望む声があったり。

Posted at 23:08:26 2015/02/21 by ぴゅう彦

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ぴゅう彦さん

コメントありがとうございます。

時間については確かに非常に大事ですね。
(想定される)人数的にも2~3時間で収まるわけもなく、
年々長くなっている事を考えてもその長さでは不満の声が多数でしょうし。
じゃあ4~5時間というと環境的に苛酷…というわけで、どうするんでしょうね。
事前に発表されるにしても、石原さんの発言は全く信用できませんしね…。

SideMについては…難しいですね。「アイマスの10年」ならば少なくとも
ジュピターは全くの対象外、とするほうが不自然なのはわかるんですが…。
ただ、私同様の否定的な声が少なくない中で、あえてこれをブっ込む
リスクを取るのかどうか…バンナムならやりかねない、という話ですけど。
武内さんについては10thよりシンデレラ3rdでアナウンスするのでは…と思います。

Posted at 11:34:11 2015/02/22 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アイマスタジオを聴く限りでは、会場のキャパが大きいというのはキャスト人も同様のようです。
今まで、かなり慎重な会場選びをしていたのに(SSAはちょと無理した感がありますが)かかわらずです。シンデレラの舞浜もミリオンの中野もキャパ不足ぎみでした。
なのに今回はこの強気…10年目でどうしてもドームに拘りたかったのか?理解に苦しみます。
まさかとは思いますが、某雑誌のインタビューで言っていたこと実現するつもりでは…もしそんなことをしたら9.18どころの騒ぎでは無くなると個人的には思うのですが?トリプルデイ氏はどうお考えですか?エラ1は何を考えて西武ドームにしたのか?も氏のお考えを拝聴したいと考えています。

Posted at 03:27:07 2015/02/24 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

13番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

仰る通り、キャパ的にはかなりの挑戦になると私も思います。
そうまでしてドームに拘った理由としては、やはり記念の10周年だからこそ、
アイマスにとって特別な「ドーム」でなんとしても、という話でしょう。

あるいはそれに加え、一つのプロデュースの物語の終わりを示すため、
つまりは765プロの物語の終わりを示すため…なのかもしれませんが、
中村さんの言葉を信じたいところですし、彼女たちの物語が続くことを私は願っています。

Posted at 22:37:01 2015/02/24 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック