THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 04 菊地真

kage

2015/06/04 (Thu)

変わるコトと変わらないコト


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 04 菊地真THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 04 菊地真
(2010/12/01)
菊地真(平田宏美)

商品詳細を見る


1.トーク01 ―挨拶―
2.tear 歌:菊地真
3.トーク02
4.自転車 歌:菊地真
5.トーク03
6.星間飛行 歌:菊地真
7.トーク04
8.星のかけらを探しにいこうagain(Version Makoto) 歌:菊地真如月千早四条貴音
9.トーク05
10.MEGARE!(M@STER VERSION) 歌:菊地真
11.tear(オリジナル・カラオケ)

MA2、第二弾トリオのトップバッターは。1stVISIONから髪を少し伸ばし、
ビジュアル的に女性らしさを増したですが、歌声の勇ましさは以前と変わらず。
トークも相変わらずの調子で。それでも成長を確実に感じることができる一枚です。


1.トーク01 ―挨拶―

まずは挨拶から、ですが、本来の元気はやや抑えつつ、なぜか「実質睡眠時間」ネタを
使う展開に。ストレートなトークは「らしさ」でもありますが、少し猫を被っている感じも…?


2.tear
歌:菊地真

一曲目から新曲。これまでの曲とは少しテストの異なる、オトナな恋愛曲。
やや背伸びした感じもありますが、その歌声の力強さはならでは、という感じ。
失恋曲であり、後ろ向きな歌詞ですが、それをあえて突き詰めたあたりに「らしさ」を感じます。


3.トーク02

「なぜか男の子と間違えられる」と言いながらも、そうなってしまう要因の一端を
まさにこのトークで展開してしまう。ですがそんなことにはサッパリ気付かず、次の曲へ。


4.自転車
歌:菊地真

の爽やかさが100%詰まった既存曲。前曲とのギャップもあり、その世界観はより鮮やかに
感じられます
。その疾走感は、良い意味で「変わらない」ことを示しても暮れています。


5.トーク03

ここでもトークはストレートに展開。淀みなく、次の曲へと一気につなげていく勢い自体も
また、らしさなんじゃないかと感じるくらいです。


6.星間飛行
歌:菊地真

そうして紹介されたカバー曲は人気アニメの楽曲。アイドルらしさに満ち溢れつつ、
宇宙へと突き抜けるような開放感、煌めき、あるいは暖かさをも感じさせ、彼女の
ボーイッシュな歌声が曲そのものをより際立たせているようにも感じる、絶妙な一曲
です。


7.トーク04

前曲の振りかえりをしたところ、父親とのやり取りを思い出してしまい…暴走モードに入って
しまうですが、そこで千早、そして貴音が登場。…貴音が驚異のパワーを発揮します。
そして始まる千早のお説教タイムですが、貴音は優しくフォロー。完全に飴と鞭ですね。
しかしそこで正気に戻ったはずのが二人に提案したのは…明らかに人選ミスで…。
案の定な展開ですが、意外にもノリノリの貴音…。そしてなんだかんだで「良い話」に
なっていくのもいつもの展開
。そのまま、3人での楽曲へつながっていきます。


8.星のかけらを探しにいこうagain(Version Makoto)
歌:菊地真如月千早四条貴音

MA2第二弾の共通カバー曲で、ここではもちろんバージョン。タイトル通り、星、
あるいは宇宙を歌詞に散りばめた、スローな曲調で、それでいて爽やかさもある恋愛曲で、
このアルバムの各楽曲の特徴を一曲で感じられ、その集大成にすら感じられる曲です。


9.トーク05

3人での曲に大満足のを尻目に、そのの魅力を語る二人。年上の貴音だけでなく、
年下の千早すらも「お姉さん」に感じるようなトーク展開です。
そして最後は一人になるですが、しっかりとラストトークを締め括ってくれます。


10.MEGARE!(M@STER VERSION)
歌:菊地真

そして最後の曲はMA2の共通楽曲。アイドル業界を歌う歌、まっすぐな
ダイレクトに気持ちを歌った歌
、という捉え方もでき、彼女らしさを感じることもできます。


2ndVISIONよりビジュアルがやや変わったですが、良い意味で彼女らしさは
失うことなく、「変わらないコト」をこのCDでも感じさせてくれます。それと同時に、
一つ歳を重ね、少し大人になったという意味で「変わったコト」を、楽曲のタイプからも
感じられます。MA2自体、それが全員に共通するテーマにもなるんですが、
はよりそれが色濃く感じられ、それ自体がこのCDの価値になっているとも思えます
関連記事

この記事へのコメント

kage

星のかけらを探しにいこうagainのカバーは今でも印象的です。
この3人の実力を確信して、この3人がアイマスメンバーでいてくれることに感謝しました。

さらにあさぽん、智秋さんと歌唱力が高い人がいるのだから恐ろしいです・・。

Posted at 20:17:39 2015/06/08 by イワシ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

イワシさん

コメントありがとうございます。

この3人に合った、非常に良いカバー曲ですよね。
複数人でのカバーというのはアイマスでも珍しい形ですが、
ベストチョイスという感じで私も嬉しく思っています。

Posted at 00:09:24 2015/06/09 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック