アイステ公録イベント ぜんぜんあいたかった レポート 前編

kage

2015/03/01 (Sun)

さて本日行われたこのイベントに参加してきたので、そのレポートを書きたいと思います。

「アイマスは人生」と常々言っていて、「765のラジオは毎週欠かさず聴いている」とも
言っておきながら(それは事実なんですが)、「ラジオのイベント」についてはこれまで
ほとんど参加してきていない
、というのがこれまでの私のプロデュース実績でした。

「ほとんど」であって「全く」でないのも、直近である昨年4月の「CHU」の
イベントに初めて参加したからであって、それまでは皆無だった、というのが事実です。

そんな状況でありながら、今回のイベントに応募したのは、「彼女たちの時間」が
もう残り少ないのでは、と危惧しているからであり、参加できるものは可能な限り全て、
というスタンスで臨まねば絶対に後で後悔する
、ということを確信したからです。

ということで今回のイベント、無事当選もして、参加することができました。


入場

今回のイベントは14:00開場、15:00開演、と比較的早めの時間帯。それは良いのですが、
前日とはうってかわっての寒さと雨で、天候としてはすこぶる悪い状況でした。

そんな状況で、普段から物販を軽視している私は、今回の物販は完全スルー。
入場にきちんと間に合えば良い、というスタンスで会場に向かう事にしました。

ということでほぼ14:00ぴったりに会場に到着したのですが、当然のごとく
開場の前に人だかり。そして当然皆傘をさしているので非常にごちゃごちゃの状況でした。

それは仕方ないのですが、今回の開場はオールスタンディング、ということで、
入場番号順、ということになり、一人ひとり番号を呼んで入場させる、という形式に。
今回の会場がキャパ1300程度と、周年ライブなんかと比べるとはるかに小さいとは言え、
この方法では1時間で入場は不可能では…という話に。一人3秒だとしても3900秒、
65分で1時間をオーバーする、という非常に効率の悪いやり方なのは明白です。

スタッフ側もそれに気付いたのか、100番前後からは20番ごとにまとめて呼ぶ、という
形式に切り替え、ペースは格段にアップ
。…最初からそうしろよ、としか言えないんですが。
雨もあってかメガホンの声も後方ではサッパリ聞こえず、イマイチ進行はうまくない印象でした。

さて私の番号はというと、1000番台以降、という非常に遅い番号。冷たい雨の中、
ただひたすら待つほかありませんでしたが、ペースアップ後はそれなりにスムーズになり、
思っていたよりは早めに入場。もっとも、呼ばれて列に並んでからは傘をさすのは
(狭いので)禁止、という形になっていて、冷たい雨に打たれて待つのは残念でしたが。

入場時にはいつもの通りのザルの荷物検査とドリンク交換を済ませ…たのはいいのですが、
ドリンクがペットボトルではなくてコップ型、というのに気付かず誤算をしてしまいました。
オールスタンディングでコップ型は邪魔以外の何物でもなく、LTP系ではそれに気づいて
イベント後交換、に切り替えていたのですが、直近の打ち上げがペットボトル型だったので
完全に油断して、今回も先に交換してしまいました…。これはミスですね、はい。

さて会場入りすると、番号が番号だけに7割方埋まっている状態で、当然良い位置など取れません。
それは事前にわかっていたので仕方なく、出来るだけセンターで、背の高い人が前に
いない位置、というのキープするために移動。結果、それなりに良い位置にはつけました。

ということであとは開演を待つだけ、という形になり、アイステ曲、アイマス曲がBGMとして
流れる中、ドリンクをさっさと飲み干そうと躍起になっているうちに会場が暗転。

定刻より5分程度遅くはなりましたが、無事開演のときを迎えることになりました。

続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック