アイステ公録イベント ぜんぜんあいたかった レポート 後編

kage

2015/03/03 (Tue)

レコーディング映像

3人が同時にステージから去ったため、どうするものやらと思っていたら、
モニターに当の3人が登場。…もちろん事前に収録された動画、という形ですね。

そこで話されたのは、今回の新曲、「in WonderRadio」にまつわる話。その中では
3人によるエセレコーディング風景も紹介されて…となるのですが、そこからはさらに実際の
レコーディング前後の様子も紹介され、この楽曲の聴きどころなどを紹介してくれます。

ここまでやったからには盛り上がらないはずがない、という流れで、動画も終わり、
ステージに3人が再び舞い戻ってまず披露されたのが…この曲でした。


1.ぜんぜんあいたい
(沼倉浅倉)

「これだけ煽っといて新曲じゃないんかい」と突っ込まざるを得ず、実際この曲の後のMCでも
同様のツッコミを自分達でもしていましたが、今回のイベント名からもこの曲が来るのは必然。

曲自体は通常のアイマス曲にはあまりないテイストで、非常に穏やかで緩く、優しい世界観を
3人でつくり上げる形
。「ぜんぜんあいたかった!」を声を大にして叫びたくなるような、
美しく素敵な楽曲で、ライブパートを最高の形でスタートさせてくれました。


2. SUPERSTAR
浅倉

ソロコーナー一発目は浅倉さんで、アップテンポなこの曲から。雪歩としては珍しい曲調ですが、
浅倉さんとしてなら、という感じ。普段のではなくてウルトラオレンジのサイリウムの海の中、
伸び伸びと楽しそうに歌う浅倉さんが眩しく、「帰ってきてくれてよかった」とも実感できました



3.continue
()

続いてはさんで、こちらもアップテンポな曲調。こちらもまた貴音としては珍しく、
さんならでは、という感じ。「女性版L'Arc-en-Ciel」という表現もできる、
彼女の好みに合っているような、ハードな楽曲は非常に新鮮にも感じられました



4.strawberry pain
(沼倉)

沼倉さんはこれまでの2曲とはうって変わってのバラード系のこの曲を披露。こちらもまた
とは違った雰囲気で、沼倉さんだからこそ。儚く優しい世界観を見事に展開してくれました


5.きっと
浅倉

一人一曲では終わらず、ニ曲という嬉しい構成で、二週目も先頭バッターは浅倉さん。
「SUPERSTAR」とは違った、雪歩にも通じるバラード系の曲調。二人の魅力が
存分に詰まった暖かい歌声が響く、素晴らしいステージとして完成
されました。


6.AVALON
(沼倉)

お次は1巡目とは順番を変えて、沼倉さんが登場。こちらは続けてのバラード系のこの曲。
優しい曲調の中、異国情緒溢れる素敵な世界観を見せる彼女の力量には感服です。


7.One Step
()

ソロ最後はさんが、アップテンポ系のこの曲を。バラードが続く中で、あえてこの曲を
ラストに、という構成は斬新でもありますが、「未来を明るく」というメッセージにもとれ、
非常に嬉しい感じ
。曲自体も、彼女自身が「この曲が大好き」と語った通りの楽しさや、
多幸感を感じられ、非常にスッキリと気持ちの良いソロのラストでした。


8.in WonderRadio
(沼倉浅倉)

そして最後には満を持しての新曲を。直前の番組で初披露されていましたが、
ここで初めて完全版を、という形ですね。曲は「不思議の国のアリス」をモチーフにした、
ワクワク感とドキドキ感、ごちゃごちゃ感なんかを詰め込んだ楽しい楽曲

この番組の構成自体を非常に良く表現している曲だとも思います。

コーナーから続いて持ちこんだエセ拳銃をさんがずっと持ったまま歌う、という
形はシュールでもありましたが、これはこれで中々新鮮で面白い形でしたし、
最後の最後、それをしっかりと使っての演出、というのも嬉しい形でした。


閉幕

ということでソロ曲2曲ずつ、3人曲2曲の計8曲、大満足のボリュームでライブパートも終了。
最後のMCでは「また2ndライブもやりたい」と述べていましたが、それが叶うことを祈るばかり。
それがあるとすれば「10thの先の未来」でもありますし、その先まで走ってほしいですしね。

最後は大歓声と拍手の中、ステージを去る彼女たち。意外や意外、アンコールなし、という
形式ではありましたが、非常に満足感に包まれた中で無事閉幕となりました。


ぜんぜんあいたかった

さて今回のイベント、私の初のアイステイベントだったのですが、非常に満足の出来る内容でした。
いつもは割と適当に書いている、コーナーパートを割としっかり書いたのも、その満足度が
あったからこそ。番組そのものの楽しさがそのまま飛び出してきた感じで、嬉しいものでした。

ライブパートについては、正直言うとこのアイステの「ラジオCD」は未所持であり、
番組内で流された分しかちゃんと聴いたことがなかっただけに、非常に新鮮に感じました

普段のアイマスライブは基本的に「知ってる曲」だけしかありませんしね。
その中でもやはり秀逸なのが「ぜんぜんあいたい」。非常に素晴らしい楽曲に感じました。

そんなこんなでイベント終了後の物販で、CDをまとめて4枚購入。最後まで残っていた
ナイロンショッパーもついでに購入し、これはこれで満足の物販となりました。


今回のイベントに参加した理由、「彼女たちの時間が残り少ないのかも」というのは、
実際はどうかもちろんわかりません。しかし、そうであれどうであれ、このイベント自体を
十分楽しめましたし、前述の通り、「10thの先」も彼女たちが走り、またこのラジオの
イベントがあるのならば、是非参加したい
、そう思うには十分過ぎる内容でした。

「ぜんぜんあいたかった」というイベントタイトルに掛けて、最後に言うならこれしかありません。

ぜんぜんたのしかった!



THE IDOLM@STER STATION!!! Amazing graceTHE IDOLM@STER STATION!!! Amazing grace
(2012/12/12)
(アニメーション)、原由実(四条貴音) 他

商品詳細を見る
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック