デレマスアニメ8話 「I want you to know my hidden heart.」 雑感

kage

2015/03/07 (Sat)

先に【私のシンデレラアニメに対する対応について】をお読みください。
今回ももちろんネタバレなのでご注意ください。


「神崎蘭子回」

これまでこのアニメはNGばかりが描写され、「アイドルマスター ニュージェネレーションズ」と
表現するに値する構成でした。しかしながら7話でその流れが一段落し、特別番組を挟み、
ようやく他のメンバーにスポットライトが、というのがこの回になりました。
(「前川みく回」と呼んで差し支えのないものも一応ありはしましたが…)

今回スポットライトが当たったのは神崎蘭子であり、紛れもなく、正真正銘の「個人回」で
あったことは疑いようがなく、個人回の存在すら疑われていた中で非常に嬉しいところ


ストーリーとしても、CPがユニットとしてそれぞれCDデビューしていく中での第二弾、
第三のユニットとして、ソロユニット「Rosenburg Engel」として蘭子のデビューという、
「個人回」としてスポットライトを当てるには十分過ぎる展開。…LLは犠牲になったのだ…NGの犠牲にな…

みく回で感じられたような、NGの過剰な出番もなく(未央が少し目立っていたのは、
元々の明るいキャラクター性もありますし、前回からの流れを汲んで、「平常運転」アピールのため
でしょうし、凜が少し良い役割を担っていたのは、他に適切なメンバーもいませんでしたし)、
彼女個人の魅力を、丸々一話使って存分に描かれたのでは、そう感じるものでした。

蘭子のキャラクター性については「中二病」というものがあって、だからああいう格好、
ああいう口調なのだということはアニメ前から知ってはいましたが、実はホラーが苦手だったり、
ハンバーグが好きだったり、といったあたりは知らなかったので、そういう「ギャップ」が
魅力として輝く、そういうキャラなのだという事が認識できたのは何より
でした。

一方、そもそもなぜあそこまで「普通の口調」で喋ることができないのか、というのは
わからず、少しモヤモヤ感もありました
。もちろん「恥ずかしがり屋だから」というのが
あるのはわかりましたが、「中二病」に傾倒する理由までは描写されませんでしたからね…。
単純に「好きだから」なのかもしれませんし、そこまで詳細なキャラ設定はされていない
のかもしれませんが…。Pも彼女の口調を自分なりに勉強したり、他のメンバーも
それなりに受け入れているわけですが、「なんでそんな喋り方なの?」と誰かツッコむ展開が
あっても良かったのでは…
と思います。これはこの8話よりもっと前にでも、ですね。
まぁ個性派揃いのCPでそんなツッコミしていたら埒が明かないのかもしれませんが…。
そしてそんなこと言ったら双葉杏はどうするんだよ、という話でもありますしね。

それは置いといて、改めて構成について考えると、蘭子回ではありましたが、自身のデビュー時は
スポットライトが外されたアナスタシアにここで良い役割が、というのは良かった
と思いますし、
「寮暮らし」という設定が自然な感じで明らかになったのも上手い感じ。エンディングで彼女の
ソロデビュー曲をしっかりとPVとして見せた、というのも非常に良かったですし、
Cパートでオチを用意した、というのもシリアス過ぎなかった今回では映える演出でした。

蘭子自身についての私の印象としては、「好きでも嫌いでもない」というのが前々からあった
ものでした。個性的なルックス、口調、あるいはソロ曲から「キワモノ」の側であるのは
間違いないはずですが、それでも滲み出る「素顔」が伺え、「嫌い」ではなかったのです。
そして今回を受け、「ギャップ」の部分で彼女に魅力を感じることができました

これは、私にとってはSP当時の貴音が最も近い形でした。ビジュアルや口調、設定自体、
765では明らかな「キワモノ」の貴音で、私も第一印象は決して良いものではありませんでした。
しかしSPで、ライバルという形ではありましたが、彼女の「ギャップ」、魅力を感じる事ができ、
「好き」の域に到達しました。そしてもちろん今では他の12人と並び立つ、大切な存在です。

蘭子もこの貴音同様に、第一印象の不利を撥ね退ける魅力があるキャラであったのは
良かったですし、それを感じられる脚本・演出であったもの本当に良かった
です。


プロデューサーについて

という蘭子回だったのですが、前回を受けて、Pにもスポットライトは多く当てられました。
最大のポイントはもちろん口調で、そこの描写については過剰すぎるとも感じましたが、
Pのキャラクター性を考えればこれくらいはまぁ妥当かと。これが今後も続くようだと
流石にどうかと思いますが…。次回以降、どうしていくんでしょうかね。

また、そもそも今回が蘭子回だったのは、Pの成長・変化を描写するのに最も適した
キャラだったから
でしょう。独特の口調・雰囲気で、接するのに一苦労するキャラですが、
だからこそ、独自で「辞書」的なものを作ってまで彼女を理解しようとし、踏み込もうとする、
そうした「成長」を見せるには最適な存在でもあるからです。7話以前のPではそこまでしたかは
疑問というか、したとしても、その描写はやや不自然ですし、終盤の二人での話し合いのシーンは
やはり7話あってこそのはず。アイドルの気持ちを理解しようとする姿勢を持つ事、
そしてしっかりと話し合うこと、これが大事だと気付いた、だからこそのシーン
ですしね。


総括

この8話、待望の「個人回」だった事で満足でしたが、それが私にとって理想的な「ストーリーを
進めつつも個人回を描き、かつNGの描写を控える」が完璧になされていて、ぐぅの音も出ません

細かい事を言えば、上述の蘭子の設定、あるいは1週休んだ割にはガタガタだった作画なんかは
あげられますが、そうしたマイナスを補って余りある、素晴らしい個人回であったと思います。
何よりも大事な「アイドルの魅力」をしっかりと伝えてくれた。これが一番、ですね。

こうなると、今後もしっかりと個人回で各々の魅力を感じさせて欲しいし、期待しています。
口調でどうしても好きになれないきらりだって、今回の蘭子のようにそれをひっくり返す
ことができるかもしれません
し、他のメンバーもそれは同様。また、ここまでの蘭子以上に
「浮いている」杏についても早々に個人回として欲しい
ところ。現状では何一つ救いの
要素がない存在ですし、このままでは回を追うごとにマイナスが積み重なるだけですしね。


このシンデレラアニメ、1話が完璧すぎる出来だった故、その後のハードルが上がり過ぎ、
それ以降、期待とは程遠い展開が続きました
。しかし仕切り直しとなったこの8話で
またハイクオリティなものがでてきて、本当に嬉しく思っています。これが今後続くであろう
個人回のハードルとしてまた立ち塞がるのかもしれませんが、そこを超え続けて欲しいし、
それができるのだということは、この8話自体で証明してくれている
わけです。

次回9話、タイトルでは「かな子回」とも「きらり回」とも予想されていますが、誰であれ、
今回同様にしっかりと魅力を感じさせてくれるものになると期待しています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れさまです。
蘭子の話し方の原因についてですが、私は謎のままの方がいいと思っています。その方が広がりがあるからです。
本家アニメ19話では貴音の素性についていろいろな話が出てきましたが、謎であるからこそ様々な可能性の話ができるわけです。蘭子の話し方の原因についても想像できる要素であった方が、メイン回を終えた今後も興味のわくキャラであり続けられるのではと思います。

Posted at 00:59:25 2015/03/08 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

確かに何もかもをハッキリさせてしまうと面白くなくなってしまう部分もありますね。
その謎自体が蘭子の魅力なんだと受け取った方が今後を考えても良さそうですね。

Posted at 10:31:18 2015/03/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。


個人的に蘭子はアニメでどう描くのか不安に思っていたキャラクターだったのですが、上手にまとめた話だと感じました。
ゲームでは蘭子のセリフには大抵「副音声」が付くのですけれども、それが無いアニメでも彼女の内面性をきちんと描写できていたことに感心です。
Pとのやり取りを中心に、他のアイドルも絡みながら話が進んでいく今回の展開は理想的ですね。

上のコメントの方も仰っていますが、彼女の話し方の由来はあまり触れなくてもいいのかな、と私も思っています。
ただ、蘭子がアイドルを志す理由の説明があればもっと良かった気はします。
765のアニメでは1話で各々の「なぜアイドルを目指すのか。」が描かれていましたが、シンデレラでは卯月と凛を除くとその描写が薄いように感じます。個人的にはここが結構大事だと思っているので、今後触れていって欲しいですね。

ニュージェネレーションやラブライカの回はまた今後あるのでしょうが、765同様の個人回形式で描かれるのか、ユニット回として描かれるのかが気になるところです。今回は蘭子の回でしたが、ソロユニットだったから結果的に個人回になったのかな、という気もします。
残り16~17話のうち13話を個人回で使ってしまうと、尺的に厳しい気もしますがどうなんでしょうね。制作側のインタビューによるとCP 以外のアイドルがメインの回もあるらしいですが、それも含めるとCP全体でストーリーが展開する話をやる余裕がほとんど残らないような…
その辺りをちょっと心配に思っています。


次回の更新も楽しみにしております。

Posted at 19:36:17 2015/03/08 by 空飛ぶ猫タンク

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

空飛ぶ猫タンクさん

コメントありがとうございます。

「なぜアイドルを目指すのか」、確かにこれは描かれていませんし、
それが卯月や凛を除けば見えていない、というのはありますね。
今後よりアイドルとして成長していく中では、それが見えないと
難しい場面もありそうで、その描写がされると良いですね。

今後は個人回なのかユニット回なのか…というのは確かにありますね。
話数が正直苦しい、というのは仰る通りで、どうまとめてくるんでしょうか。
私としてはなんとか一人一話でやってほしいと思うのですが…。
次回の構成で、それはある程度わかるのかもしれませんね。

Posted at 22:26:54 2015/03/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

記事お疲れさまです。

蘭子回可愛くて良かったです。まさかソロとは意外でした(笑)。
七話までの流れがあるとPの成長がまた感慨深いですね。

何気にみくがPチャン呼びしていたりとアイドルとの距離も近づいてるようで描写上手いなぁと思いました(恐らくあの感じだと敬語に戻りそうですけど(笑))。

次回はサブタイまんまきらりのセリフだったみたいで、背景の感じからもきらり回っぽいなと思ったんですが、このまま個人回な感じでいくんでしょうかね。
話数的にもこれからどう流れを持っていくのか期待大です。

何はともあれこういうキャラの魅力が十二分に伝わる話は見ていて気持ちがいいですね。

Posted at 08:11:18 2015/03/09 by 五和P

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

今回の話はトリプルデイP含め、自分の知っている範囲ではなかなか評判のいい話であったようですね。
ただ、自分としてはあまり面白いと感じられる話ではありませんでした。

6・7話に比べれば「キャラが動いている」感はありましたし、その点から見れば評価もできますし楽しめましたが、物語部分は「シナリオのための行動・展開」であったように思えた、というのが大きな理由です。
まず、今回の話で一番疑問に感じられるのは「蘭子が普通の言葉遣いで喋れば数分で終わる話ではないか?」といった部分です。
もちろん、シンデレラガールズをプレイしているので蘭子がそう言った言葉遣いができない子であるというのは承知しています。
では何故そこを疑問と感じるかと言えば、原作とアニメの違いとして「真意が伝わってるか否か」「真意が伝わらずとも問題ないか」の2点があげられます。

原作では多くのセリフにいわゆる「副音声」がついているので「真意が伝わってる」と言えます。一方、アニメでは「副音声」はなく、蘭子Pたちですら意訳はできても翻訳は困難というレベルであり、武内Pにも視聴者にも「真意は完全には伝わっていない」と言えます。
また、原作ではお仕事もライブも(言い方は悪いですが)ボタンを連打してれば終わってしまうものなのでアイドルという業務上「真意が伝わらずとも全く問題がない」状態です。しかし、アニメにおいてはアイドルとPの間でプロデュース方針に対する齟齬が生じており「真意が伝わらずに問題化している」状態と言えます。

つまり、原作では「蘭子は普通の言葉を喋る必要性がなかった」ので、「なぜ彼女は普通の言葉遣いをしないのだろう?」という疑問があまり生まれなかったのです。
しかし、アニメにおいて「蘭子は普通の言葉を喋る必要性が少なからず存在している」ので、「なぜ彼女は普通の言葉遣いをしないのだろう?」という疑問を避けて通ることはできないはずなのです。

アニメスタッフがその疑問に答えることなく「プロデューサーが歩み寄ればよい」という展開だけを示したことを大変残念に感じております。
結局のところ、8話を通して成長したのは蘭子ではなくプロデューサーでした。8話冒頭からEDまでの間に蘭子にあった変化は、プロデューサーや周囲の人間への信頼や感謝の念が強くなったことぐらいであり、これを「人としての成長」と捉えることはできても「アイドルとしての成長」と捉えるのは余りにも苦しすぎます。

今後は、“アイドルの成長”がしっかりと実感できる個別回が来ることを心から願っております。

Posted at 17:20:07 2015/03/09 by カグラP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

今回はアイドル個人の魅力がしっかりと描かれ、かつ前回を受けてのPの成長も、
という形で、本当に見事な出来だったと思います。

次回はどうなるんでしょうかね。このクオリティが保てるのならば
どういう形でも、とは思うんですが、期待して待ちましょう。

Posted at 23:23:24 2015/03/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

カグラPさん

コメントありがとうございます。

私には全く考えもつかなかった非常に興味深いお考えで、大変参考になりました。

「蘭子が普通の言葉遣いで喋れば数分で終わる話ではないか?」を言ってしまえば
それまでだとは思いますが、非常にリアリティのある世界観だからこそ、
キャラの個性に無理が出ている、浮いてしまっている、というのは確かにありますね。

「アイドルとしての成長」は仰る通り非常に重要な要素だと私も思いますが、
全てのメンバーが個人回において、そこにフューチャーする必要はないのかな、
と感じています。例えば765では雪歩や千早はそれが非常に大切なメンバーですが、
やよいやあずさはそうではなく、「普遍な個性」がより際立つ、という形です。

一人ひとりをしっかりプロデュースできるゲームなら全員「成長」が描けますが、
枠の限られたアニメにおいてはそうはいかず、色々な見せ方のパターンが必要なはずで、
その中で蘭子は彼女の「普遍的な個性」がより重要視されたのでは、と思っています。

もちろん今後全体のストーリーの中で彼女の「アイドルとしての成長」を描いて
いって欲しいですし、それは全員に対して必要だと、そう私は思っています。

Posted at 23:39:48 2015/03/09 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

名作…なのかな?

更新お疲れ様です。

 私と同じような感想の方がいらしたので、思わずコメントを…。

 しかし、シンデレラガールズは毎回つくづく考えさせられるアニメです。これだけ、「なんだか引っかかってくる」ということは、このもやもや感も含めて、制作側の術中にハマっているのでしょうか? 視聴者のいろんな想像を受け止める懐深い作品なのでしょうか? だとしたら嬉しく、最終的に霧の晴れた美しいエンディングに導かれる日が楽しみなわけなのですが、はてさて…。

 まずは、中学生レベルで思い付きそうな、蘭子に対する私の分析から。蘭子はおそらくあの特殊なキャラクターを演じることによって、自分を他者と明確に差別化し、それによって「特別な自分」という自我を護っているのだろうと思います。

 逆に言えば、そんな面倒な事でもしない限り、特別でも何でもない「普通の女の子」であることに自覚的で、非常にまっとうな自己分析が出来ている「賢い娘」と言うことが出来ると思います。

 そんな「賢い娘」が滑稽な行動をしてまで、自分を必死に護っているところが可愛らしく、いじらしく、またその甘酸っぱさが同世代には一種の共感を、あの頃を過ぎてしまった私のような世代には、懐かしさを呼び起こすのだと思います。

 悪くないお話ですが、冷めた言い方をしてしまえば、よくある話、です。

 私のアニメ・シンデレラガールズに対するフラットな感想は、絵がキレイ。キャラが可愛い、ところどころの演出や話作りがていねい。曲がいい…etc。よくあるアニメの中で、割と質の良いもの、というのが、ここまでの正直な感想。

 これ、アイドルマスターじゃなくてもいいような…。もちろん、アイドルマスターであるからこそ、豊富な資金や話題性を活かして、ハイレベルなスタッフを配置して、パート、パートでいい仕事が出来て、結果として、絵がキレイで、キャラが可愛くて、ところどころに光る演出やエピソードが散りばめられ、良い曲が採用されているのだとは思うのですが…。

 でも、アイマスなんでしょ!?

 他作品を比較に出すのは本当に失礼だと思うし、申し訳ないのですが、わかり易過ぎるので敢えて挙げてしまうと、巷で良きライバル関係と言われているので視聴してみたラブライブと感想が全く同じなんです。

 「じゃあ、どうすりゃ満足なんだよ? 言ってみろ、この老害めが!」(すんません(笑))

 たぶん、アイマスならば、視聴者と蘭子の関係は、メタ的にプロデューサーとアイドルの関係になるべきなのだと思います。

 具体的に言えば、蘭子が仲間たちの前で最後までキャラクターを演じきったのは、アイドルとしてのライバルたちへのあり方として正解。でも、蘭子はプロデューサーにだけはキャラという鎧を脱いで、素のままの自分を晒すべきだったと思います。そこに生まれる信頼関係が、P気質を持つアイマスファンの琴線に触れるのではないでしょうか?

 上でカグラPが指摘したように「普通の言葉を喋る必要性が存在して」いました。本当の自分を曝け出して、プロデューサーたる視聴者にプロデュースしてもらうために! そうしてくれたら、視聴者の中に、「俺だけの蘭子」を見出すことが出来る新たなPを生み出すことが出来たのではないかと思うのです。今よりもっと。

 そして、さらにここでもう一つ大切なのが、空飛ぶ猫タンクさんの指摘されている「なぜアイドルを目指すのか」という問い。これが語られていないせいで、イマイチ、シンデレラプロジェクトのメンバーたちの本気度が見えない。正直、現状では遊び半分にしか見えない。

 本気だったら、キャラとか体裁とか構っていられないはず! 必死でPに喰らいついて、自分をアイドルとして最高に輝かせてくれって、叫ぶはず! 視聴者だってそんなアイドルたちの魂の叫びが聞きたいはずだろうし、それなしにトップアイドルになれてしまえるのなら、あまりに安っぽい物語だと思う…。

 …とかなんとか考えちゃいました(笑) おっさん、うざっ(笑) たかがアニメになにムキになってんだよ! はぁ…、おっさん、うまくハメられて、これから起こるドラマに「あの蘭子が…、杏が…、よぉ成長した、立派になって…、オイオイ(泣)」と、まんまと感動させられてしまうのかな? そうだといいな、シンデレラガールズ。

Posted at 23:36:53 2015/03/10 by くらぐら

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
今回は互いを尊重し合い、決して誰も蘭子の熊本弁を矯正しようとしない
強烈な個性を持つマイノリティーである彼女がCPの中にしっかり存在していることがとても感動的なんだと思いました。

Posted at 14:40:06 2015/03/11 by

この記事へのコメント

kage

Re: 名作…なのかな?

くらぐらさん

コメントありがとうございます。

色々考える余地があるアニメというのは、名作かどうかはさておき、
記憶に残る作品であることは確かだと私は思います。

「なぜアイドルを目指すのか」はやはり重要ですね。
765では1話でやったところを、このシンデレラでは4話でもやらなかった。

もちろん765の焼き直しをすれば良いわけでもありませんが、
仰る通り「アイマスとして」大事な部分であるわけで、
どこかでフォローが必要なのだと思います。

恐らくは1クール目ラスト付近でまた全体の物語の山場があると思いますが、
その辺りでうまく描いてくれると良いな、と期待しています。

Posted at 00:15:23 2015/03/12 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

10番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

お互いの尊重、確かにそういう受け止め方もできますね。
それはアイマス云々というか、人として大切なところで、
それを狙って表現しているのなら凄いな、とは思います。

Posted at 00:16:45 2015/03/12 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック