デレマスアニメ9話 「“Sweet”is a magical word to make you happy!」 雑感

kage

2015/03/14 (Sat)

先に【私のシンデレラアニメに対する対応について】をお読みください。
今回ももちろんネタバレなのでご注意ください。


「CANDY ISLAND回」

前回は蘭子の個人回だったわけですが、今回は個人、ではなくてユニット回、と呼べる形でした。
これについてはコメントでも「残り話数を考えれば個人回ではなくてユニット回になるのでは」と
いうものもいただいており、蘭子にしてもソロユニットであったわけで、まぁ納得はいく形。
もちろん「一人ひとり別」のほうが理想的というか、そうあってほしいとは思っていましたが…。

肝心なのは3人の魅力がしっかりと描かれるのかどうか、というところだったわけですが、
それについてはそれなりに、というか、可もなく不可もなく、だったと感じました。

今回の3人は、それこそNGと比べればこれまで描写も少なかったわけですが、
そのうちかな子や智絵里については、「他11人」の中ではそれなりには描写もありましたし、
そこをさらに膨らませる、魅せる、ということはできていたのではないのかな、と思いました。
もっとも、前回の蘭子のような「掘り下げる」ということがしっかりとできていたわけではなく
(もっとももしかしたらこれ以上掘り下げようもないキャラクターなのかもしれませんが)、
そのまま出番を多くしただけ、というような感じであったのも否めません
だとしても、私としてはこの二人のキャラクターは好きなタイプでもありますし、
それを「1人回」ではなくて「3人回」であったにせよ、しっかりと魅せてくれたのは何より。

となると問題は杏になってきます。これまではあまりにも酷過ぎる描写しかされず、
「そういうキャラ」だとわかっていても、存在意義を疑わざるをえないメンバーだったわけですが、
今回はこれまでとは違った側面を見せ、それこそ「掘り下げ」「ギャップ」が描かれました。

「それこそが杏の魅力」なのだろうと思うし、それ自体は理解もできるのですが、
「普段はやる気がないのに本気出したら凄いキャラ」は私の好きなタイプでは全くなく、
残念ながらこれまでについたネガティブイメージを覆すどころか、それを積み重ねただけ
でした。

もちろんこうした側面をみせたことで「存在意義を疑う」をある程度解消できたのは事実ですが、
蘭子のように評価をあげるには全く至らなかった、という点については残念なことでした。
ただ、これについては好き嫌い以外の何物でもないし(というか最初から一貫して好き嫌いの
話しかしてはいないですけれども)、「魅力が描写された」事実自体は良かったと思います。


構成について

今回はCIのデビューということで、テレビ番組で宣伝を、という形で、その番組の様子が
そのほとんどを占める、という構成でした。その中で注目すべき点は、
CP以外のメンバーがこれまでになくしっかりと描写された、という点になるでしょう。

具体的には番組の司会であった川島瑞樹 と十時愛梨、ライバルユニットとしてあらわれた
「KBYD」の輿水幸子、姫川友紀、小早川紗枝の5人です。これまでこのアニメでCP以外に
しっかりと描写されたのはせいぜい城ヶ崎美嘉くらいだったわけで、「CP以外も描く」が
なされた事自体は何より。もっともじゃあ5人の魅力が描かれたのかというと、KBYDは
ともかく、司会2人はあまり…ですが、それでも出番があったこと自体が良かった
かと。
アニメ内でシンデレラのキャラ200人を描き切るのは事実上不可能なわけですが、
それでも可能な限り多くを、というのは私としては望ましい展開でもあるわけですし。

ストーリー自体について少し触れると、物語自体何も進んでいないとも言えるかもしれませんが、
着実にCPからユニットがデビューしている、という事実だけで十分だと思いますし、「芸能界」を
描くストーリーにおいて、こういう話があるのは必然でもあります。765でもありましたしね。
だからその意味では非常に満足いく構成でしたし、これはこれで魅力的な回だと思いました。

細かい点を言えば、冒頭のCDのお渡し会で客がいっぱい来てるじゃん、というのがあって、
6話のNGとLLのライブは何だったのか…とも思えてしまう事があります。もちろんこれは、
先鋒のこの2ユニットとREが結果を残し、「CP人気」が高まった結果、だとは思うんですが…。
だから不自然な描写、とまでは言いませんが、違和感というか、あまり気持ちの良くない
描写になってしまっているかな
と感じました。リアリティがあると言えばその通りですけれども。

逆にリアリティに欠けるのが、観客席に平然と座り観覧するNGの3人。特に関係者席にも
見えないわけですが、「346プロの番組」にもかかわらず、周囲の客が全く反応している
描写がないというのは…。オトナなファンばかりだった、ということなのかもしれませんが、
なんとも不自然な描写。NGの3人ではなく、CDデビュー前の5人のうち何人か、だったら
まだ自然だった感も
。あそこに未央のキャラクターが必要だったのはわかりますけどね…。

他には、346プロの実質冠番組だろうに、内容の変更がCP側に伝わっていないのはどういう
わけか
、というのもありますが、これはCP(のP)が346内では冷遇されている、閑職的立場に
あるから、という説を後押しする形
にも感じます。それでも番組出演自体が叶ったのは、
やはり先行ユニットがある程度結果を出せているから、という形なのではないかと。
まぁそもそもギャグテイストの回ですし、単なるギャグ要素として、と言えばそれまでですけどね。

あとはツッコミどころでもないですが、Pの口調はやっぱり丁寧語のままなんだな、という事。
まぁ前回のようなやりとりが続くとくどいですし、このまま今後も落ち着かせていく感じですかね。


総括

ということでこの9話、個人回ではなくてユニット回、というのはやはり残念ではあります。
しかし内容自体はベタだったものの、十分面白いものでしたし、3人がしっかり描かれたのが
一番。今後この3人の個人回の可能性だって、低いですがゼロではないですしね。

かな子や智絵里については、これまで通りと言えばこれまで通りでしかないし、
「アイドルとしての成長」もほとんど描かれませんでしたが(智絵里はあったと言えるかも
しれませんが)、「そのままの魅力」が十分に伝わるものであったので、良かったかと。

杏については前述の通りで、どうにもならなかったのが事実。結局こうしたキャラの存在が
シンデレラというコンテンツが好きになれない理由の一つとして、壁として立ち塞がってしまう

わけですが、「1/14」に過ぎず、もっと言えば「1/200」に過ぎない、というのも事実
もちろん、その「200」の中でも彼女は「推される」存在ですし、なにより杏以外にも好意的に
思えないキャラが多数いるのが、私にとってのシンデレラというコンテンツの現状です。

しかしそればかりを見ても仕方ないですし、シンデレラにもシンデレラの魅力がある、
少なくとも魅力的なキャラクターはいる
、というのもまた事実。それがこのアニメで
見えてきているわけですし、このアニメ自体のクオリティも、アップダウンは激しいながら、
トータルでは「アニメとして面白い」ものになっている
と、そうも感じられます。

依然としてシンデレラガールズというコンテンツに対する、否定的な気持ちの大部分が
解消したとは言えませんが、しかし肯定的な部分が出てきた、というのは大きなところです。
だからこの先も、このアニメでそうした部分をみせて欲しいし、それができると期待しています。

ここまで来て思うのは、このアニメが終わるころに、「このキャラは良かった」と言える事、
何より「このアニメは良かった」と言える事、そういうことになればいいな、ということで、
その可能性については全く低くはない
、そう感じています。


今後の展開について

…というところまでは先に書いおいたのですが、本日発表された新情報として、
このアニメは4月頭の13話までで1期、7月から分割された2期、実質2クール目であろう形で
放送される
、というものがありました。これにより、残りも「個人回」ではなくて「ユニット回」
なのは濃厚で、そこで2話使い、ラスト2話で締め括る、という形になるのでしょう。

実際(私の知る限り)「2クール」とは明言されていなかったので、最初からこの構成を
考えていたのでは、とも思いますが、少し残念な形ではあります。
現実の10thライブや、「10周年」そのものと絡めて、という部分もあるとは思いますが…。

まぁそれはもう確定事項ですし、この形ならこの形で、まずは1期、13話までを
しっかり完結させてほしいですし、前述の通りになってくれれば
とも願っています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。
内容の前にシンデレラPの立場として一つ言わせてもらいますと、シンデレラにまでジュピターを出すなと。
315PではないですしCMも兼ねてるのだと思いますが、それでも不愉快です。

ここまですべて視聴してますが、新規層を取り込むことよりも、既存Pが喜ぶ手法をとっているのかなと思います。その内容についてですが、最後のバンジージャンプも幸子ではSRカードとして登場しているので、このあたりのファンサービスも既存のP向けに作られているなと感じました。

分割2クールということですが、そろそろ3rdライブの発表がありそうで、13話か10thでされるのかなと。
4周年で流石にツアーはないかと思いますし、やるとしても5周年であるかと…

Posted at 23:12:54 2015/03/14 by デレマスからのP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

デレマスからのPさん

コメントありがとうございます。

ジュピターについては、「世界がつながっている」という表現として、
私は悪い印象を受けませんでしたが…嫌な人には嫌なものでもありますよね。

新規層より既存層、というのは確かに私も感じます。
が、新規層への訴求力が決定的に欠けているわけでもないと思いますし、
バランスはきちんと取れているんじゃないのかな、と。

ライブについては、ちょうとアニメ終了後の10月頃じゃないですかね。
これについては10th次第、あるいは「3rdVISION」次第だとも思いますが…。

Posted at 00:48:48 2015/03/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

杏については…正直なところ、なぜここまで人気が有るのか私も理解しかねています。
ただ、こういう意外性もありかなと。
とは言うものの、働かないと言っているキャラの中の人はマチアソビでシンデレラ初の(渋谷凛役の福原さんよりも先に)ソロ曲を歌う、初期の各種イベントは常連、ライブの出席率100%、しかも2ndの時は色々と活躍するなど、松嵜さんと一緒に一番働いている印象があります。
#中の人は別にして、リアルで出くわすと問答無用で拳を振り上げそうな位杏自体は嫌いなキャラですが

智恵理についてはコンテンツ内でもあまり掘り下げられた印象はありませんね。
ただ、カードが出るたびに前向きに、かつ自信を持って行く様子が有ったのでここをもう少し掘り下げて欲しかったと思いました。
まあ、時間の問題も有るのでかな子も含めて仕方ない事だと思いますが。

分割2クールについては少しがっかりしています。
と言うか、繋ぎに765再放送って765のアイドルに失礼だろと。
#彼女達なら律子辺りがシンデレラのPに怒りながらも仕方ないなと引き受けそうですが

とは言うものの、765は一部録画に失敗したので今回こそはきっちり全話見ようと思います。
この編成がシンデレラのアニメのクオリティアップ、そして765も含めたPの新規開拓に繋がる事を切に願いつつ。

乱文失礼しました。

Posted at 08:36:36 2015/03/16 by シンデレラからの新参P

この記事へのコメント

kage

更新、お疲れ様です!

>「それこそが杏の魅力」なのだろうと思うし、それ自体は理解も
できるのですが、「普段はやる気がないのに本気出したら凄い
キャラ」は私の好きなタイプでは全くなく、残念ながらこれまでに
ついたネガティブイメージを覆すどころか、それを積み重ねただけ
でした。

トリプルデイPさんは杏さんを上記のように評価していますが、
もしよければ、その本気は“なんの為”に出したのか、それも少し
考慮していただければ嬉しいかなーって思います。罰ゲーム回避
が主目的なのは間違いありませんが、それだけではないと個人的
には感じました。

確かに杏さんは基本寝てるし、サボるし、立て篭りなどの働かない
方向にしか積極性を発揮しませんが、ユニットメンバーの頑張りを
放っておくほど非情でもありません。
ngsとLLのライブにはいなかったじゃないか!と言われるとアレですが…^^;
それに関しては若干、脚本的な都合もあったと信じたい。
(あの場面で未央の違和感を感じ取り、容赦なく現実を突きつける
キャラの存在は問題解決に至ってしまう可能性があるので)

きらりが一緒だとほぼ分かりませんが、意外と面倒見のいい一面も
ありますないことはないです。確かに今回の話で目立つのは
「普段はやる気がないのに本気出したら凄いキャラ」ではありますが、
「普段はやる気がないけど、面倒見のいい一面もあるキャラ」思えば、
ちょっとは印象が変わるのではないでしょうか?

無論、全くそうは感じなかった、と言われればそれまでですが…。

別に自分は杏Pでもなんでもありませんが、ほんの少し、雀の涙ほどでも
杏の魅力が伝われば幸いです。



分割クールになるのは驚きでしたが、逆に、これまでのシンデレラの
ストーリーと対比しながらアニマスが見れるのは面白いかもしれませんね。
ここで765のアニメを入れる以上、時期的にも10thライブに何か関係が
あるのかも知れません。

まあ個人的には、早く出演者の方々を知りたい気持ちでいっぱいなのですが!

話は逸れましたが、前半残り数話が、より素晴らしいものになるといいですね。
それでは失礼します。

Posted at 23:24:35 2015/03/16 by まだ名無しのP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

シンデレラからの新参Pさん

コメントありがとうございます。

杏については、当然だとは思いますがシンデレラのPの方でも否定的な考えの方が
いらっしゃるんですね。それがわかっただけでも少し嬉しいです。

杏はどう考えても好き嫌いが大きく分かれるタイプのキャラのはずですが、
にもかかわらずシンデレラでトップレベルの人気のキャラ(確かCDの売り上げは1番だったはず)、
というのが私には全く理解できず、シンデレラを敬遠する大きな理由の一つになりました。
私とシンデレラのPとは感性が根本的に違うのだな、と。

まぁそこについては今も改善したわけではないんですけどね…。

分割2クールについてはシンデレラPの方には残念だろうと心中お察しします。
が、仰られている通り、765を視聴していない方にとっては良いチャンスですし、
視聴されて765の事も好きになってもらえれば私も嬉しいです。

そしてそれは恐らく公式側の狙いでもあって、シンデレラ層から
新規に765の10thの客を引っ張って…というのをしようとしているのかな、とも思います。

Posted at 00:15:00 2015/03/17 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

まだ名無しのPさん

コメントありがとうございます。

杏については、クイズで最後に智絵里に回答を譲ったような描写が
「面倒見」をあらわしているのかな、とは感じられました。

だからと言って彼女への私の評価は正直変わりはしないのですが、
まだこのアニメは続くわけですし、少しでもそうした良い点が
見つけられれば良いな、とは思っています。

分割は驚きでしたが、10thとの連動的な部分もあるはずですし、
何らかの仕掛けがあってもおかしくはないですよね。

1期は残り4話ですが、うまくまとめてくれることを期待しています。

Posted at 00:19:14 2015/03/17 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

1ヶ所だけ
逆に、・・・「345プロの・・・」

となっていますが、346ですよね?

杏のCDの売り上げについては各CDの発売時期がかなりずれているので単純比較はできないと思います
杏のCD発売時期とそのあとでは世間のソシャゲの熱の入り方がかなり違いますし

Posted at 00:52:36 2015/03/17 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

7番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

当然誤字でした…。修正させていただきます。ご指摘ありがとうございます。

発売時期がズレているのは当然わかるのですが、だとしてもその熱も含めての
人気だと思いますし、少なくともアニメでCPに抜擢されるような人気キャラなのは
確かなはずです。それを踏まえてやっぱり…という感じですね。

ただ、CP14人並べて見れば、好意的に思えるキャラの方が多いのは確かです。

Posted at 01:12:05 2015/03/17 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

まず前回の自分のコメントに対して、トリプルデイPが「8話は蘭子の成長よりも普遍性が描かれたのではないか」という指摘をされましたが、これは確かにそうかもしれないですね。
前回の自分の批評は「アイドルの成長」というものに固執しすぎていました。「アイドルの成長が描かれなかったのが良くない」(要約)と批判した部分は撤回いたします。

さて、今回の9話ですが、話の構成・展開などは出来云々の前に自分の個人的な趣味嗜好として「嫌い」な部類でしたので批判は避けます。

それよりも今回気になったことは「CP以外のキャラが動き過ぎではないか」という点です。
もちろん私自身、200人のアイドルのうち、なるべく多くに出番があってほしいとは思っています。
しかし、今回ライバル役の一人「輿水幸子」が動きすぎているように感じました。
「楽屋を間違える」「マイクパフォーマンスをする」「滑り台にしがみつく」など、幸子は彼女の内面・性質や魅力を表現するシーンが全体に渡って存在していますが、キャンディアイランドの3人はどうでしょうか?
セリフや画面に映る回数こそ幸子以上にあったかもしれませんが、彼女たちの内面や魅力といったものを幸子以上に描写できていたとは思えない、というのが率直な感想です。

当然、シンデレラガールズは話が連続しているアニメであり、ここまでの話で彼女たちの内面や魅力の描写は充分されていると言えるのかも知れません。
しかし、1クールを一挙放送しているわけではなく、一週間毎に1話ずつしか放送していないのですから、約30分の間でCPのメンバー以上に他アイドルの方が目立っているように感じられるというのはやはり問題だと思います。

監督含めアニメスタッフの方々は、200人のアイドルから選抜して14人の物語にしているのですから、残りの180人以上いるアイドルを担当するPたちの為にも、選ばれた14人を最大限輝かせることを大切にして頂きたいです。



誤解を避けるため追記しますが、幸子は自分の担当アイドルの内の一人であり、今回の話に登場できたことそれ自体はとても喜ばしく思っています。
また幸子が目立っているという批判に対して、仮に「贔屓目からそう感じているだけだろう」という指摘をされる場合、私はそれを否定しません。

Posted at 05:16:31 2015/03/17 by カグラP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

カグラPさん

コメントありがとうございます。

輿水幸子については、仰る通り今回CIの3人よりも誰よりも目立っていたと私も思います。
ただ、考え方として、「シンデレラプロジェクト」は確かに「14人」だけれども、
このアニメのタイトルでもある「シンデレラガールズ」は「200人」であり、
幸子も間違いなくその中の一人である、というのもあるのではないかと思います。

私自身、「14人を選んだのだから14人を平等にしろ」とこれまでも書いていますし、
そうも思っているのですが、一方で上記の事も事実だと思います。

「ではなぜ残る180~190人の中で幸子なのか」と言われてもそれはわかりませんが、
「CP以外」が目立つ事に、私は目くじらを立てても仕方ないのかな、とは考えています。

もちろんそれに伴い、今回であればCIの3人がサッパリ描かれなかった、というのだと
問題だとは思うのですが、ある程度はそこは出来ていたと思いますし。
もちろん前回の蘭子ほどに、とは全く思えないですが、自身のデビュー時の
扱いが散々で、残り話数的に今後の「ユニット回」にも赤信号が点灯している
ラブライカに比べればずっと良かったとも取れる扱いだと思います。

今後も幸子が出続ける、というのなら当然話は変わってくると思いますが、
CIの3人に今回足りなかった分は、今後挽回する余地はあるはずです。
私としては「NG3人が特別」よりは「CP14人が特別」のほうがずっと良いし、
それに近い形で進むよう、「選ばれた14人」の物語を描いて欲しいとは思っています。

Posted at 23:43:52 2015/03/17 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック