アイドルマスター ミリオンライブ! 1巻

kage

2015/03/19 (Thu)

765プロ新チャレンジ!


アイドルマスター ミリオンライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アイドルマスター ミリオンライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2015/03/12)
門司 雪

商品詳細を見る


第1話 あふれる夢
第2話 フェスタの開演
第3話 Let's dance!
第4話 かけがえのない夢
第5話 ココロがかえる場所


ミリオンライブ初のコミカライズ作品は、未来静香の3人をメインに描くストーリーモノ
「765プロAS」の13人を「先輩」ポジションに、37人をシアター組、「後輩」と置くことで、
原作ゲーム以上に区分化し、よりハッキリと「ミリオンの37人」にフューチャーする形です。
ソーシャルゲームではどうしても見えてきにくい「ストーリー」を漫画として
可視化した今作、「765プロ新チャレンジ!」の第一歩を見ていくこととします。

一応ネタバレに注意を。


第1話 あふれる夢

同じ中学校に通う未来静香の邂逅から始まる物語。既にアイドルとして駆けだし始めている
静香と、自分のやりたいこともみつからず、部活動を複数掛け持ちする「非アイドル」の
未来。立場も性格も違う二人の出会いから物語が動き始めることになります。

静香に誘われてから無理矢理チケットを貰い「シアター」に向かった未来が出会ったのは
あの有名アイドルの天海春香さん…のはずなのですが、変装もしており、
未来は気付かない様子。そしてその二人で観る静香のステージは…。

2人以外のシアターのメンバーも少しですが顔見せをしますし、何よりも、未来がゼロの
立場から初めてアイドルを夢見るようになる、というシーンの描き方が秀逸

「アイドルの物語」としては、これ以上ない第1話、と言える印象的な幕開けです。


第2話 フェスタの開演

アイドルになる手続きをするため、未来は765プロの事務所を訪れます。…というか
本当に「手続き」の段階のようで、オーディションはおろか、面接等何もなくフリーパスで
良いんですかね…
。「誰でもWelcome!!」なのか、春香が口でも利いてくれたのか…?

ともあれ、事務所では小鳥や社長のほか、このみ美希とも出会うわけですが、
気になるのは飾られた「765プロ」の写真。律子を除く12人の集合写真となっていて、
律子は別の写真に収められています
。衣装こそ着ているようですが、
写真自体は不意に撮られたもののようで…。ミリオンのゲーム原作では律子
正真正銘「アイドル」のはずですが、この世界の律子はどうした立ち位置なのか…。

シアターではまつり亜利沙らとの対面もあり、そして客のいないステージで
未来は「アイドルの煌めき」を感じさせ…未来がアイドルとしての一歩を踏み出します。


第3話 Let's dance!

レッスンに初参加する未来ですが、案の定最初からうまくいくわけもなく…。苦言を呈する
静香もまだ、シアターの年長メンバーからすればまだまだ、ということもわかる展開です。
また、その中で千早も登場するわけですが、静香から「堂々とステージに立つ方法」を
問われ、「繋がること」と回答する彼女は、それだけで「越えた」先だと感じられます

そしてそれについて考える静香の言葉、「私の時間」とは…。


第4話 かけがえのない夢

定期ライブで「765プロカバーチャレンジ」という765プロの楽曲をシアター組が
カバーする、という企画が立ちあがります。これは現実の声優の1stライブをモチーフに、
というか重ねる形ですね。また、さりげなくPが初登場していますが、顔も見えない
描き方で、「いることはいるけど、物語上は重要ではない存在」
に感じられます。

ということでライブに向けたレッスンを、という事になるのですが、新入りの未来
参加できず…静香とペアで「GO MY WAY!!」を担当するのは、ということで、が初登場。
非常にマイペースながら能力が極めて高く、真面目にレッスンに取り組んでいた
静香を圧倒、という描き方は完全に同ポジションの美希を踏襲する描き方。

そのに触発され、より熱心にレッスンに取り組み、夜の公園で未来に夢を語るなど
した静香ですが、迎えたライブ当日、思わぬアクシデントが発生して…。


第5話 ココロがかえる場所

静香の身に起きたアクシデントは、漫画的にはベタと言えばベタですが、しかしこれもまた現実の
声優のライブを模したもののはずで、取りようによってはエグいとすら感じられるもの。
とにかく、この窮地に、マイペースを貫くの提案もあり、未来が代役でステージに立つことに。

しかしいざステージを目の前にすると、静香の想いを考えてしまい、躊躇してしまう未来
そこに当の静香からのメールが届いて…。そして未来は、輝くステージへ



描かれる物語は王道そのもの。しかしながらその王道こそが何よりも胸を打つし、
「アイドルマスター」としても相応しいものだと感じられます。「プロデューサー」の
存在だけはあえてスポットライトから外しつつも、「アイドルマスター」のあり方としては
決してブレることなく、その世界を描いた形
。多数のアイドル達も、一度に出しきらない
ことがむしろ自然で、徐々にそのメンバーが知れていく、というのもそれはそれで魅力的な構成。
「ミリオン初のコミカライズ」に相応しい、「新たな一歩」も感じられる物語で、1巻です。

また、この1巻には「限定版」もあり、カバーイラストが異なる他、特典のCDも添付。
内容はドラマCDで、この1巻の物語をなぞりつつ、描かれなかった側面も触れる形
そして静香の「蒼い鳥」、未来静香の「GO MY WAY!!」のカバー音源も収録、という
充実の内容で、この1巻を読むからには必聴と言えるものでもあります。


アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2015/03/12)
門司 雪

商品詳細を見る
関連記事

この記事へのコメント

kage

ネタバレ注意入れた方が良いのでは?

Posted at 02:46:37 2015/03/20 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

発売から1週間経っていますし、重要な点もボカしているので
あまり必要ないとは思ったんですが…念のため入れておきますね。

Posted at 00:55:09 2015/03/21 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 00:26:04 2015/04/15 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

管理人のみ閲覧コメントの方

コメントありがとうございます。

アイマスについては、アイマスほどのコンテンツだからこそ、
難しいのだと思います。10年もやって、色々積み重なり過ぎましたからね。

これからも自分なりに書いていくので、よろしくお願いします。

Posted at 21:45:56 2015/04/16 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック