MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY!! 展望

kage

2015/04/03 (Fri)

ということでいよいよミリオン2ndライブ前日になりました。
色々な側面から今回のライブについて考えていきます。


物販

毎度物販軽視の私ですが、今回はパンフレットと限定CDだけは絶対欲しく思っています。
…しかしパンフレットはともかく、限定CDはまたも「5枚限定」とテンバイヤー以外得しない
意味不明な設定をしていて、9thの悲劇を繰り返すつもりというのは残念極まりません


買いたい人全員に買ってもらうためには限定1枚が最善に決まっていて、
その必要枚数くらい過去のノウハウでわかっているはず。それでも売れ残るのであれば
それこそ売れ残りをネット販売すればいいだけのはずです。それをしない、できないというのは
やはり意味不明で、10年ライブ物販をやった答えがこれか、というのは残念でなりません。

…それはさておくと、アクリルスタンドやパスケースあたりも欲しくも思いますが…。
1stのときは物量は十分に用意していたようですし、今回もそうあってほしいと思います。


会場

会場はアイマスではお馴染みの幕張メッセ。今更どうこう言う事もない場所でしょう。
となると問題は自分の座席なんですが、両日ともに非常に厳しい座席になっています。
特に一日目については自身のアイマスライブ史上最悪と言えそうな席であり、
果たしてここからどう見えるものなのか、不安でならないのが現状です。
少なくとも8th幕張の悲劇だけは絶対に繰り返されてはならない、そう願うばかりです。
…要するにモニターはちゃんとどこからでも見えるようにしてくれよ、という話。

まぁ両日とも現地参加できること自体が幸せと噛みしめなければならないのも事実で、
「その席から見える風景は自分だけのもの」という下田さんの言葉を胸に挑みます。


新情報

ミリオンライブのゲーム内の「次の展開」についての発表は事実上確定でしょうし、
これについては以前の記事で長々と書いているので、ここでは繰り返しません。

となるとそれに伴って新CDシリーズも、というのが必然に感じますが、
気になるのは今回の限定CD「LIVE THE@TER SOLO COLLECTION Vol.01」と、
それとは別に「LIVE THE@TER COLLECTION Vol.1」の発売が既に決まっている事


どちらも「LIVE THE@TER COLLECTION」なんですが、別モノのようです。
順当に考えれば、前者は今後もシリーズとしてライブ限定CDとして発売していくもので、
後者はLTP & LTHのベストアルバム的な存在で、一般販売していくのでしょう。

いずれにしても「新CDシリーズ」とは厳密に呼べないもので、
やはりミリオンの新展開に合わせたCDシリーズもあると見るべきでしょう。

その他に考えられるのは、やはり「アニメ化」かと。このアイマス10周年、
シンデレラと765の再放送を1クールずつ交互で、という話になっていますが、
例えばその後16年1月からミリオンのアニメが、というのはあり得ない話でもないはずです。

まぁこのタイミングではまだ早すぎるという感もあるかもしれませんが、
なんにしてもいずれやるのは既定路線と考えること自体はおかしくないはず。
今回それが発表されるかどうかはやはり微妙なラインだと思いますけどね…。

それ以外だとやはり「コンシューマ化」でしょうか。それこそ、「PS4版アイマスがミリオン」、
という可能性がないわけではまったくない
わけですしね。まぁこれをやってしまうと、
現在のソシャゲはどうするんだという話でもありますし、アニメ同様タイミング的に
どうなのという事もありますが、私としては期待したいものではあります。

そしてそれに伴って「3rdVISION」をここで、という可能性すらゼロではありません
流石にこれは10thだとは思いますが…765と直結するミリオンだからこそ、
ここで事前発表的にやるのもおかしくないかと。それこそ「2ndVISION」は4thで発表され、
DSが始動し、5thで本格化、という段階的なステップを踏んだ過去もありましたしね。

…それ以外だと、それこそ新作コミカライズなんかはあるかもしれませんが、
他にはあまり思いつきもしません。サプライズ的なものがあってもおかしくはないですが…。

実際には(ソシャゲの新展開以外は)何もない、という可能性もあるわけですが、
「アイマス10周年」における大型ライブですし、何か大きなものがある可能性は十分かと。

まぁ、何にせよそれが嬉しいもので、満足いくものになると期待するほかありません。


ENJOY H@RMONY!!

この期に及んで、ではありますが、改めて今の自分のミリオンに対するスタンスについて。
かつて期待した、自分にとっての「765の後釜」に彼女たちを立たせることができそうもない
というのはまさに1stで痛感したことでありますが、それは今も全く変わっていません。

ただ、大関さんありき」からは少しは脱却出来ている気がするのは確かです。
彼女の存在が絶対的に大きいのは変わりませんが、「他のメンバーは他のメンバーで」、
というのは、アイドルの面からも、声優の面からもより強く感じられるようになっています


それはPSLのシナリオやLTP・LTHの楽曲であり、イベントであり、といったところで
単純に接触機会が多くあったから、というのもそうですが、その中で彼女たちが各々の
魅力をしっかりと魅せてくれているからに他なりません。

そもそも765と比べようとした事自体が間違いで、大関さんは別次元に行ってしまった、
と考えるべき話。それを踏まえて、他のメンバーを、という考えがベストなのです。

これまでの各種イベントでその躍動を魅せてくれたメンバーには、更なる煌めきを、
今回私が初めて見ることになるメンバーには、そのフレッシュな眩さを、
そして大関さんには、私にとっての唯一無二の存在としての輝きを。
それぞれの、様々なメンバーが奏でるハーモニーを、このライブで魅せて、聴かせてほしいのです。
そしてそれが必ずできるメンバーだとも信じていますし、私も可能な限りの力を尽くします。

彼女達がENJOYし、私達をENJOYさせてくれるHARMONYになるよう祈って!!
関連記事

この記事へのコメント

kage

通りすがりで失礼します。
席に関しては、あまり言及しないほうが良いと思います。参加できない人たちも沢山いますし…ただ下田さんの言葉は名言ですよね!
レポート楽しみにしてます!

Posted at 22:59:58 2015/04/04 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

席については仰る通りだとも思うのですが、それによってレポート内容自体も
影響があるので、言及しないほうが変になってしまう、ということもあるのです…。

そんなレポートですが、ちゃんと書いていきますのでよろしくお願いします。

Posted at 23:46:19 2015/04/04 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック