デレマスアニメ13話 「It's about time to become Cinderella girls!」 雑感

kage

2015/04/21 (Tue)

先に【私のシンデレラアニメに対する対応について】をお読みください。
今回ももちろんネタバレなのでご注意ください。


最終回として

結論から言うと、面白くなかったし、違和感も目立った回、そういう印象です。

ライブ本番での体調不良、そして野外フェスならではの悪天候、というベタ過ぎる演出を
使った事、これ自体が特別に悪かったとは思いません。これまでこのアニメでは
散々ベタな演出を使ってきたし、「そういうアニメ」だともう分かっていたわけですからね。

ただ、それ以外にあまりにも微妙過ぎる演出、表現が多すぎたのが問題です。

例えばNGがステージに立った際、雨が弱まったからこそ再開したわけですが、
客の戻りがあまりにも悪過ぎる、そこが引っ掛かってきます。

これは6話との対比で、似たような条件でも未央の感じ方は変わった、ということを
示すための演出だったはずですが、この346のフェス、346ファンしかいないはずなのに、
ロクに客がステージ前に集まってこない、というのは違和感しかありません

再開一曲目だから、とはいえそのアナウンスをきちんと掛ければもっと戻るはずでは…。
激しい雨に打たれてまで見る価値がない、という判断を下されたから、ということなのかも
しれませんが、346ファンというのはそこまで新人アイドルに厳しい人たちなんですかね…。
ステージ終了時には客がたくさん集まっている、という演出にもなっているはずですが、
その割には終了後に客席全体を映すカットすらなく、それすら微妙になっています。
一応「客密度の高いカット」はありますが、もっと引きの絵をなぜ見せなかったのか。

また、雨での中断があったとはいえ、美波が平然と復帰しているのはいかがなものなのか
39度に迫る高熱、そう簡単に下がるものなのでしょうか…。急な発熱だから
下がるのも急だった、という話なんでしょうが、ストーリーの都合としか感じられず…。
まぁ熱は下がりきらなくとも、彼女の強い意志がPの制止を振り切った、という
話なんだと受け止めるほうが自然な話なのかもしれませんしね。

また、その美波の代役としてLLで出演した蘭子については、優遇が過ぎるのでは
とも思います。8話で個人回をやり、12話でも良い扱いで、そしてこの13話でも…。
結局個人にスポットライトが当てられることのなかったアナスタシアとのユニット、
というのも皮肉にしか受け止められないというか、もう少しバランスは取れなかったんでしょうか。

そして最後、ファンレターを受け取った時の彼女たちの反応。どう見ても初めて
ファンレターなるものを受け取った、というリアクションなんですが、これまで一通たりとも
来なかった、ということなのでしょうか…。活動開始から何ヵ月たったのか知りませんが、
CDリリースイベントなども散々展開しているわけで、これまで手紙がゼロのわけもないはず。

まさかPが彼女たちにこれまでは渡さなかった、この日、このフェスが終わるまで隠し通していた、
そんな話なのでしょうか。だとすればそれがどんなプロデュース方針なのかサッパリわかりません。
アイドルとしての一つの喜びであろうもの、最速のタイミングでそれを渡すべきではないのか。
それともそんなもの渡してしまったら気が緩むとでも思っていたのか…?

結局はそういうPのプロデュース方針ではなくて、ストーリーとしてメタ的にここでこうした
演出として見せたかったから、という話なんでしょうし、だとすれば下手過ぎる描き方
です。

これは765のアニメ・映画でもそうなんですが「描きたいシーンのために無理やりな展開をする」
というのが平然と行われていて、そのシーンだけを切り取れば「良い話」になるものを、
そこまでの経緯が余りにもアレなので「良い話」に感じられない
、という事になっています。

これを何の違和感もなく受け止められる人もいるんでしょうが、どうしても私には
それはできないし、その意味でただただ残念、と言わざるを得ません。


ただもちろん、この13話の全てが悪かった、とは全く思っていません。

例えば蘭子。個人回においても頑なにその口調を崩さなかったのに、
ここにきて、この大事な場面ではきちんと皆に伝わる話し方をした。
これは、一つの「成長」と呼べる描き方ですし、それ自体は良かったと思っています。

また未央。6話で落とすだけ落としておきながら、7話でフォローが足りなかったと
感じられましたが、ここにきてあのミニライブを対比させて、彼女自身の心境の変化、
成長を描いた、これ自体も良かった
と思います。

…いずれにしてもその演出がうまくない、という話ではあるんですが。

また、もちろん6話でしっかり描かれなかった「できたてEvo! Revo! Generation!」や、
新曲の「GOIN’!!!」については、ダンスシーンも流石ですし、曲調自体も勢いが
あり、ここでこうした曲を持ってくるのはやはりベタですが、それでも良かった

(もっとも「自分REST@RT」そして「M@STERPIECE」を見てしまった後だと
インパクトに欠けたというのもまた事実ではあるんですが…)

そしてもちろん、最初はバラバラに見えた彼女たち自身が、この13話までに築いてきた
絆を、このフェスで、この形で見せた
、これもまたベタですが、これはこれで良かったです。

あるいは、最後、NGの3人が実はCP加入前に同じライブに関わっていて…という話で、
1話の伏線回収にもなっていますし、「運命」という、ベタではありますが大事な要素を
しっかりと描いた、そこも良いシーンだった
と思います。


とまぁ良い点も悪い点もある、という話。その上で、ベタベタベタベタ書いてきたとおり、
あまりにも予定調和過ぎて何も面白くない、というのもポイントとして一つあがってきます。
そういったものを加味してトータルで「最終回」として見た場合は…最初に書いた通り、
面白くなかったし、違和感も目立った
、というのが私の率直な感想です。


2期に向けて

とにかく、一旦ここで物語は締められ、2期に続く、という話になります。

それに向けて、新アイドル(候補生?)の二人や、謎の女社長(?)も姿を見せ、
十中八九2期の物語で鍵を握るキャラになるのだろう、ということを示してきています。
新アイドルは既存のシンデレラのアイドルのようですが、女社長は…真っ先に
思い浮かんだのが876の石川社長ですが、室内装飾が明らかに876的でなく、
そもそもここで石川社長が出る意味もあまりわからないですし…
順当に考えれば、1期では登場しなかった346プロの社長、かと思いますが、果たして。

いずれにしても、「分割二期」にした以上は、ここまでで「一つの作品」となるわけで、
だからこのタイミングで「総括」ということもできる、ということになります。

ということで次回はこのシンデレラアニメ1期の総括になります。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

美波の発熱は緊張(ストレス?)による発熱らしいので、1,2時間で治るらしいです。まああれじゃ分かるわけないし、そもそもダウンさせてまで蘭子を出す意味あったのかと思ってますが・・・

あとはトリプルデイさんの言う予定調和というのは分かります。
アニマスとほぼ同じ様な展開なので、そこは自分も拍子抜けでした。
制作側が沢山のサプライズを用意してると言ってたので期待したのですが、新曲と既存の声付きキャラ(奈緒と加蓮)だけだったので予想通りすぎて、がっかりです。

後は2期では全員が主役という話になっているので少々不安です。
智絵里とか一部のCPは1期での活躍があれでしたので、2期はCP組を掘り下げてから、先輩組も活躍させて欲しいと思ってます。

長文失礼しました。

Posted at 23:40:18 2015/04/21 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

発熱が緊張によるもの、ということ自体は説明はありましたが、
そのフォローがあまりにも弱過ぎた感じですかね…サラリと流し過ぎでしょう。

流れ自体、王道と言えば聞こえは良いですが、
サプライズなんて言っていたのならばもう少し何とかしてほしかったですね。

2期はCP以外にももっとスポットライトを当てる感じなんですかね。
CP自体、消化不良感も残っているので、どうしていくのか気になりますね。

Posted at 00:00:34 2015/04/22 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

あんな出来の回でも、ニコニコアンケートでは
1:とてもよかったが96.7%だそうです。
やっぱあの連中はおつむが弱いですね。

トリプルデイさんのように、物語の論理性や細部に渡って
背景を想像し矛盾点を検証していくリテラシーと、
自分たち作品ファンのリテラシーがその作品、コンテンツの
未来の行く末を半分握っているという気概が足りないのでしょう。
結局、昨今の深夜アニメにありがちな、美少女のキャラを
愛でたり、キャラ同士の関係性に時めくしか楽しみ方が無く、
ストーリー性も結論ありきで中身に乏しく、盛り上がってるのは
一部の信者だけ、という駄作アニメに、この作品も
ご多聞に漏れずなってしまったのが残念です。

貴方のような悪いところを悪いと気付き、堂々と主張できる
ファンがもっと増えてくれればいいのですが、
現状ではそれを言っても「そんなにつまんないと思ってるのに
なんで熱中してんの?時間の無駄だと思わないの?」
と、信者共にせせら笑われ拒絶され無視されて終わりですからね。
(そもそも、↑の阿呆みたいな反論程度で論破できたと
思っていそうな所が何ともイタイですが)

Posted at 02:50:07 2015/04/22 by 今のこの国の全てを憂う者より

この記事へのコメント

kage

ときどきこちらのサイト拝見させていただいています。まあ、管理人さんの仰ることは的を射てはいるんですよね。ただ、演出上あなたの気になっていることを説明してると物凄くつまらないものが出来上がってしまうでしょう。もう少し想像力を働かせてみませんか?そうすれば違ったものが見られるのではないかと思います。例えば星の王子さまのような作品も現実と物語だけを追っていては何も面白くないのと同じように感じました。とても差し出がましいうえ、突然の書き込みで大変申し訳ない気持ちもあるのですが、ちょっとかなしくなってしまい、書き込んでしまいました。お気に障ったようでしたら、削除してください。大変失礼しました。ライブの感想など、とても楽しみにさせていただいております。これからも期待しております。

Posted at 09:32:44 2015/04/22 by オレンジ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

今のこの国の全てを憂う者よりさん

コメントありがとうございます。

アニメの観方というのは人それぞれであって、
それこそ一切のリテラシーもなしに盲信的に見ることも
決して間違いではないと私は思っています。

しかし、だとしても「とても良かった」が96.7%、
というのはあの内容に対しては異常な数値だとも思います。

そもそもニコニコで見ているのは盲目の信者だけなのかもしれませんし、
完全匿名のネットアンケートにもかかわらず同調圧力に屈しているのかも
しれませんし、実態は何ともわかりませんけどね…。

シンデレラに限らず、アイマスの最近の異常な同調圧力の背景には、
昨今言われる「ファッションオタク」的な存在が幅を利かせてきているのでは、
と私は思っているのですが、そうした層は「みんなと同じネタで楽しめれば良い」
という存在なので、理論なんて関係ないし、批判しようという精神なんて一切ないし、
コンテンツの未来なんてものもどうでもいいんでしょう…その場が楽しめれば。

もちろん96.7%の全てがそうだとは思いませんが、
少なからずそうした層がいるのは確かなんじゃないかと感じます。

まぁそんな連中の言うことなんてどうでもいいので、
自分の信じるやり方でアイマスをプロデュースしていこう、そう私は思っていますし、
同じような人が多くいてほしいな、とはやはり思いますね。

Posted at 23:53:18 2015/04/22 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

オレンジさん

コメントありがとうございます。

仰る通り、私の指摘している点を全て劇中で説明してしまっては、
作品としてつまらなくなってしまう可能性もあるかと思います。
ある程度想像の余地を残しておいた方が、作品としては魅力的ですしね。

ただ、このアニメがリアル路線の物語を描いている以上、
もう少ししっかり描写してくれないと…と思えてしまうのです。
これは私のアニメの観方、というかアイマスというコンテンツへの
接し方として、細かい点に突っ込み過ぎる、というのが大きいのですが…。
それこそこのアニメが「ぷちます」みたいな路線なら
そんな細かい点にウダウダ突っ込んだりなんて一切しないんですけどね。

いずれにしても自分自身、もう少し寛容的な視点・視線で
アイマスも、アニメも観られるようになると、
もっと楽しくなるのかもしれないとは思っています。

Posted at 00:05:08 2015/04/23 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

1クールの一先ずは完走お疲れ様です。

結論や描きたいシーン有りきのストーリー構成というのはすごいわかります。そのために整合性が合うのかよくわからなかったり、想像で補うしかない部分が多かったりというのは賛否両論あると思います。

ただ、わかりきった展開と言えばそうなのですが、例えば今回のフェスが大失敗して、CPは解散、2クール目はバラバラになったメンバーが再出発するところからスタート・・・みたいな展開だって無かったわけではないでしょう。ただ、自分はそうなるとは全く思っていませんでしたし、それは勿論シナリオ的にそれはないだろって思っていたのも有りますが、それ以上に12話のこれまでを通してCPのメンバーが成長し、グループとしてまとまっていったのを感じ取れたからです。
これは3話のライブで成功か失敗かギリギリまでわからなかった時や、6話で失敗するだろうと予想できた時とは逆です。そしてそういう期待に応えてくれたという意味では、わかりきった展開でも全く不満には思いませんでした。

キャラクターへの思い入れが強い自分としてはそういう見方になったのかなと思います。逆にトリプルデイPのように一歩引いた視点で見ているとストーリーがベタで細かい粗が多くて・・・という感想を持つのは当然なのかもしれません。

そしてずっと気になっていたのですが、度々感想で使われている「リアル路線」という言葉、そもそもアイマスの「リアル」って何なんでしょうか?
ゲームでもアニメでも、これまでのアイマスで言ってしまえばフィクション的なご都合感のある設定、シナリオは散々あったと思います。ただその中で「アイドルがドタキャンするのがリアルだ」と思う人がいたり「ファン数0(1)から始まって最初は箱も小さいのがリアル」と思う人がいたり、それらについて真逆の印象を抱く人もいたりするわけです。
結構アイマスのリアルって人によってブレが大きいと思いますし、どこまでいってもフィクションの世界観なのかなとも思います。更に言うなら石原さんの言う「リアル感」なんてものを信じることはまるで出来ないわけです、残念ですが。
何というか、「リアル路線」という言葉が、批判する側に都合のいい言葉になっているような気がします。
勿論、その辺を抜きにしてもこのアニメで詰めが甘い部分がしばしば見受けられるのは否定しませんが。

あと、作画等のミスが多かったこと、地方では明らかな未完成版が放映されたこと等は、非常に残念でならないですね。昨今のアニメ業界の状況が厳しいのは知っていますし、単純に時間の問題ではないというのもわかるのですが、1年近く前からアニメ化が決まっていたのにこれだけミスがあったのはどうなんでしょう。こういう業界の問題点についてこそ、我々消費者側がもっと関心を寄せて改善されるように働きかけていくべきなのかなと思います。とはいえ特に何も出来ていませんが。。。

Posted at 02:20:32 2015/04/23 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

先のコメントに補足しますが、リアル路線という言葉を都合よく使っているというのは、肯定的な文脈でも否定的なものでも両方においてそうだと思っています。

あと、ニコニコのアンケートについてですが、あの結果だけで盲目の信者などと言うのは幾ら何でも言葉が過ぎると思います。そしてその裏に「自分は真のファンだ」とでも言うような主張が見え透いているのは気のせいでしょうか?
実際にはその場の空気があったり、加点方式的に良かった点があったから1を選んだり、2期への期待を込めて1を選んでたり、とても良かったを選んだ動機は様々だと思います。そもそもあのアンケートは極端な結果になりやすい傾向がありますし。
そして彼らにしたって、それぞれに良かった点と悪かった点を述べさせれば、全員が全員ではないでしょうが、それなりに自分の意見を持っているのではと思います。(色んな感想サイトを回って見た自分なりの意見です)

ファッションオタクや厄介の批判はわかりますが、自分とは違う人間=ファッションオタクのような言い方は危険だと思います(まあそれは言い過ぎかもですが)

Posted at 18:36:01 2015/04/23 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

この記事を読んでファンレターのくだりの違和感の正体がわかりました。
確かに、この時点まで1通も届いたものを見せないというのはおかしいし、そもそもあそこまで量があるのがなんとも。
ライブのおまけ状態ではその他でまとめて一箱程度が描写として妥当なのではないかと思いました。

Posted at 19:10:54 2015/04/23 by 名無し春香さん

この記事へのコメント

kage

はじめまして

はじめまして。こんばんは。

とても興味深く読ませていただきました。
共感する部分が多く、スッキリしました。

話も強引な所が目立つんですが、大風呂敷を広げすぎな感もありました。
1話みたいにちょっとした日常を描くだけでも良かったと思うのですが、やたらシリアスに描こうと、緊張感を出そうとしていたような。

またキャラ個人の掘り下げも不十分で、卯月が「どんどん空気に」という指摘がネットで散見されましたが、もっと悲惨なキャラもいたような・・。
もうちょっと人数を絞っても良かったと思いますが、シンデレラガールズというコンテンツを考えればこれでも妥協した方だったのかもしれません。

1話が良かっただけに、どんどん自分の中でテンションが落ちてきています(苦笑)
新規のファンを取り込めれば良いなと思っていましたが、この調子だと2期もあまり期待できないなと・・、

ネガティブなことを書いちゃいましたが、批判していてもあくまで「アイマス」がより良いものになって、コンテンツとしてずっと続いて欲しいという強く願っています。

Posted at 23:47:36 2015/04/23 by イワシ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

コメントありがとうございます。

私もベタとも王道とも言える展開自体が嫌いなわけでは全然ないですし、
この1期のラストがそうであったことが悪かったとも思いません。
ただ、ストーリーとしては王道であれ、その中での演出がどうしても
気になってしまって…というのが大きい、という話なんです。

キャラクターに思い入れがあって、よりそちらに注力してみれば
仰る通り見え方もまた変わってくるのは確かだと思います。

私の言う「リアル路線」は「アイマスとして」ではありません。
現実世界の出来事として、という意味合いで使ってます。
もちろんそもそもフィクションなんですから、
全てが現実通りのわけがない、ということは当然わかっていますが、
しかし現代日本が舞台で、ファンタジーやSFのような要素もなく、
「実際にありうる世界」で物語を動かす以上、「リアル路線」と言える、という話です。

とりわけこのシンデレラは、765と比べても心理描写や
人間関係などより生々しく描いているように感じられたため、
「リアル路線」という言葉を強調して使っています。

そして、その中で「現実にあったら不自然なこと」が起きているために、
そこにより違和感を強く覚えてしまう、ということです。
「全部フィクションなんだからなんでもありでしょ」と言えばそれはそうですけどね。

作画ミスについては、このシンデレラに限りませんし、765に至っては1話から
律子の名前を間違えるというありえないミスも発生していたわけですが、
業界そのものが不健全と言える状態なんでしょうね…。
これはどうにもしようがありませんが、どうにかしてほしいものですね。


また、ニコニコのアンケートについては仰る通り言葉が過ぎたかもしれません。
まぁ「そう答えた全員が盲目の信者に決まっている!」とも書いてはいませんけどね。

ただ、どういう気持ちで回答したにせよ、アウトプットとして出たのは
「大絶賛」だったわけで、あのアンケートにおいてはそれが全てになってしまいます。
そしてその結果が独り歩きして、作品の本来の出来以上の評価が認知される、
制作陣もそれに満足してしまってまたあのクオリティのものを作ってしまう、
という悪循環が起きかねない、というのは誰にとっても喜ばしくはないはずです。

本当にこのクオリティでみんながみんな本気で「大絶賛」だというのならば
悪循環でも何でもなく、私の単なる杞憂ですけどね…。
そしてそもそもあのアンケートの結果が全てではない、というのは当然の話ですが。

私自身は自分の事を「ファッションオタク」だとは思っていませんが、
「真のファン」などというファッションオタク以上に怪しい存在だとも思っていないし、
強いて言うなら、他人の意見に流されずに自分の意見を言いたい、
そして実際言うオタク、とでも言える存在だと思っています。
もちろんそれがカッコイイとかではなくて、自分として一番自然なあり方なんです。

Posted at 00:03:03 2015/04/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

名無し春香さんさん

コメントありがとうございます。

あのシーン単品で見れば綺麗なシーンだし、1期ラストにも相応しかったとも
思うんですが、一歩引いて考えればやはり不自然な描写なんですよね。

もうちょっと他に表現方法はなかったのか…と思ってしまいますね。

Posted at 00:05:34 2015/04/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: はじめまして

イワシさん

コメントありがとうございます。

私も1話は素晴らしかったと思いますし、
その後がその最初に上げ過ぎたハードルに敵わなかった、
という展開であったのは残念に思っています。

2期もまたCP中心なのか、はたまたそこから離れるのかわかりませんが、
人数が多いとはいえしっかり主要キャラクターの掘り下げはして欲しいですね。

新規層から見て「可愛い子がいっぱいいたね」だけで終わってしまっては、
シンデレラのPとしても不本意なんだと思いますし、
私としてもアイドル一人ひとりの魅力をもっと魅せてほしいと思います。

Posted at 00:10:55 2015/04/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

まずは13話分という長い期間、またその期間の長さにふさわしいほどの量のレビュー、お疲れ様でした。
今回の感想、確かにトリプルデイPさんが感じられたように、問題点が全くなかったとは私も思いません。ですがトリプルデイPさんのとらえ方は少し狭量なように感じます。
リアリティというのはありとあらゆる分野の創作物で重要なものですが、それは厳密な言葉通りのものでないと思うのです。ドラマにはドラマの、アニメにはアニメのリアリティがあると思います。どんな面白い、人気のある創作物にもリアリティの無い部分というものは存在するものです。にも関わらずリアリティというものをあまりに突き詰め、大切にしすぎれば、その結果できるのは何の面白味もない、無味乾燥としたものではないでしょうか。昨今良く使われる中身が無いだの、浅いだのといった定型文のような批判のように、トリプルデイPさんはあまりにもリアリティという言葉を簡単に使いすぎているように思います。少なくとも私は、物語性のあるアニメという創作物に求められるリアリティは満たした13話であったと思っています。
また少々関係のない話かもしれませんが、ニコニコ動画や昨今のファンに関する意見はどうかと思います。アニメによってはアンケートの結果が振るわないものはもちろん、1の割合が3割をきるようなこともありますし、ある程度の信頼性はおけると考えてもいいと思います。もちろん良いと思うに入れた方の中には適当に入れたり、無条件に入れている人もいると思いますが、それは悪いと思うに入れた方にも言えることです。
あまりこういったことは言いたくありませんが、つまらないと感じることはもちろん間違っていることではなく、意見は人それぞれだと思います。ですが自分はつまらなかったのだから面白いと感じた人がこんなにも多くいるのはおかしい、と思うことはさすがに少し異常だと思います。

Posted at 00:15:07 2015/04/24 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

14番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

仰る通り、私もモノの見方として狭量なところはあると自覚しています。
リアリティをどこまで求めるか、というのもメディアによって違うのは
当然だと思いますし、それこそアニメは実写ドラマに比べでれば
「現実らしさ」というリアリティは薄くてしかるべき、とも思います。

ですが、その上で、私としては、この「物語性のあるアニメ」において
気持ち良く見ることができるリアリティをこの13話は満たしていなかった、
そう感じたのが率直な感想なんです。

また、リアリティという言葉を簡単に使い過ぎているのも事実かもしれませんが、
このアニメはその言葉を使いたくなるような作品だからこそ、使っているつもりです。
それこそこれが「ぷちます」のようなギャグアニメならそんな言葉使いませんよ。


ニコニコのアンケートについては、他のアニメならそうなんでしょうが、
強固な「既存ファン」のいるアイマスとそれ以外の作品を比べるのはまた違うでしょう。
ラジオなど他のアンケートでも常に極めて高い数値が出るアイマスというコンテンツにおいて、
それが本当に「その番組」を評価しているのか、信頼に足るかは甚だ疑問と言わざるをえません。
「アイマスというだけで満足」という層が少ないとはとてもじゃないけど思えないのです。
…そういう層を生み出すほどの魅力があるアイマスはやっぱり凄いんだ、と言えばその通りですが。

また私自身の感想もそうですが、他のネットコミュニティなどを見ても
ほぼ全員が「大絶賛」なんて評価をしているようにはとても見えないこの13話だからこそ、
ニコニコの数字に違和感を覚える、なにかおかしいのでは、という話です。

Posted at 01:13:13 2015/04/24 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

興味深く拝見させていただきました
ニコニコの評価をした人に信者呼ばわりをした点に疑問点があります

以前765プロのアイドルに対して好きなアイドルとそうではないアイドルがたしかに存在するが誰一人として欠けてはならないし、その好感度は他の媒体のアイドルに対して大きな開きがある、とおっしゃっていましたね
ということはそうではないアイドルに関してはおそらく惹かれない何かがあるはずですがそれでも評価しているはずです

モバマスを評価している人の中には管理人様の765アイドルだから、という理由と同じでアイマスコンテンツだからという理由でモバマス、ソシャゲ展開、アイマス2、ゼノグラシアというコンテンツ全てを問題点があることを理解しながらそれでもアイマスの一部だからと評価している人が少なくないと思います
全員が盲目的な信者ではありませんし、今後アイマスコンテンツが歪まずに何時迄も続くためには彼らが必要です
また、ニコニコのモバマスでアイマスを知った人が続けてアニマス再放送を見ることで新規ファンの獲得にも繋がります

嫌いなのはわかりましたがファン同士で罵り合うのは不毛ですよ
個人的には恋する春香が見れたのと序盤の春雪だけでゼノグラシアは大好きです
アイマスなんですから嫌うなんてもったいない

Posted at 02:14:13 2015/04/24 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

16番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

まずニコニコの評価者についてですが、「96.7%全員が信者」なんて
全く書いていないし、「実態は何ともわかりません」と書いています。

その上で、ですが、「アイマスの一部だから」で評価しているのであれば、
それこそ信者としか言いようがないかと思います。
私自身、765の信者ではないかと言われれば否定はしませんが、
しかしだからといって全てを肯定しているわけでもありません。
例えば765のアニメのニコニコアンケートで、全話「とても良かった」
なんて回答は絶対しません、できません。

特にここで罵り合いをしているつもりはありませんが、
コンテンツそのもの以外の話をしても仰る通り不毛でしょうね。

Posted at 23:13:14 2015/04/24 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック