私にとってのシンデレラガールズ アニメ1期を受けて

kage

2015/04/27 (Mon)

改めての確認事項として、私は「アンチシンデレラガールズ」でありました。
その理由としては、以前に記事としてまとめて書いています。
http://imastadium.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

しかしながらこのアニメを見ようと思った理由、これも以前に書いています。
http://imastadium.blog.fc2.com/blog-entry-481.html

簡潔に言うと、
>シンデレラガールズの彼女たちに、「アイドルマスター」の名を冠す彼女たちに、
私のシンデレラというコンテンツ自体に対する観方を変えてくれることを祈り、
「お願い!シンデレラ」と願う

この姿勢でこのアニメの視聴に挑んだ、という話です。

そして実際にアニメを視聴して、毎週(最後は時期がずれましたが)記事を書く。
これを続けていくことが無事1期13話完結までできたわけです。

その上で、「私のシンデレラというコンテンツ自体に対する観方」は変わったのか、
と言うと、変わりました、確かに。そしてそれはもちろん、良い方向に、です。

まずアニメのストーリーの流れとして、「総括」でも書いた通り、「良い回」「悪い回」、
これが非常にはっきりしていた、これは確かにありますが、しかしトータルで
見れば「良かった」。
確かに、1話で感じた「これは凄い事になるんじゃないか」と
いう期待に比べれば、その後一気に下降線に入り、「凄い事」にはなりませんでした。
けれども、一つのストーリーとしてはきちんとまとまっていて、好印象だったのも事実です。

また、より大切な「アイドル達の魅力」、これも良かったと思います。
事前段階でもCP+αのアイドルの名前と顔の一致、なんとなくのキャラクター性程度は
把握できていましたが、「なんとなく」より一歩先に進んだのは事実で、そしてそれは
概ねは良い方向
でした。具体的に言うのであれば、蘭子しかり、きらりしかり。

一方で杏のような「どうしようもない」としか感じられず、「嫌い」の感情が全く変わらなかった、
そういうキャラクターもいました。卯月は思ったほどに魅力的でもありませんでした。
未央には魅力以上に哀れみを感じる、という変な感情すら持ってしまいました。

けれども全体では決して悪くなかった。765プロのメンバーのように「愛しい」と
いう感情を持つことは全くなくとも、それでも「魅力はある」と感じられた、それは事実です。

そのアイドルの描き方として、前半に過剰にNGを押し出し、そして後半はパタリと
それが止まってしまった。それが良かったとも全く思いませんが、一方で、
シンデレラは私にとっては「ヨソモノ」であるから、だから「バランス」についても
ある意味目が瞑れたし、ある意味では大きなマイナスにもならなかった、それも事実
です。

ただ、こうしたプラスの側面が積み重なったところで、シンデレラというコンテンツが抱える
私にとってのマイナスの側面をカバーできたとは全く思っていないし、
言ってしまえば「このアニメは良かったよね」という話で終わってしまう


けれども、そうしたプラスマイナスの話をさておいても、アニメを1クール見たことで
「情」は持てた、それが私にとって非常に大きなポイントになってくる
のです。

常々「情」についてはこのブログにおいて書いていますが、私にとって765プロが絶対なのも、
この「情」に基づくところは多大にあるのです。もちろん各種コンテンツの展開方法、
そしてアイドル達の魅力、というのが大前提にあるのは確かですが。

その上で、このシンデレラも、依然としてマイナスは山積しますし、嫌いな部分は嫌い、
これは全く変わりません。しかし、「情」が持てたというこの一歩、これは何より大きい。

依然として、ソシャゲに登録するつもりも全くないし、CD等各種アイテムを買う事も
ありません。シンデレラ単独の声優のライブやイベントに行こうとも全く思いません。

けれども、例えば10th二日目ならば、SSAのときよりももう少しちゃんと見てあげよう
という気持ちも出てくる
わけです。SSAだって最低限の姿勢ではありましたが、それ以上には。

そして何より、今は、アニメ2期を引き続きしっかり観たい。その気持ちがしっかりあって、
この姿勢が持てただけでも大きな変化があった、そう思っています。

「お願い!シンデレラ」という願い、シンデレラ達は可能な限りは叶えてくれたと思います。
だったら今度は私が魔法使いとして彼女たちに魔法を…とまでは現在思いませんが、
もしかしたらそう思える日が来るのかもしれないし、そのための一歩として、このアニメ1期は
間違いなく効果はあったし、2期もさらにそれを進めてくれると、そう期待しています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です

蘭子やきらりがアニメを通じてプラスの方向への感情を持つことができたようでうれしいです
一方であまり良い描き方をされなかったキャラクターがいるのも事実だと思います

よろしければ蘭子、きらり、杏、未央、卯月以外のCPキャラクターはアニメ前とアニメ1期後でどういう感想の変化が起きたか教えていただけると嬉しいです

わたくし自身はシンデレラのPでどうしても色眼鏡で見てしまうので正当な評価ができませんので

Posted at 15:21:01 2015/04/28 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

他のメンバーについては、書いたメンバー程には視聴前後で大きな変化が
なかったため今回は書きませんでした。
2期まで終了した時点で主要キャラ総括はする予定ではありますが…。

ここで軽く書くならば、かな子、智絵里、美波あたりはまぁ上々、
みくは描写には恵まれたけどイマイチで、アナスタシアは逆に描写不足でなんとも。
凛はキャラの立場的にも2期次第、で保留せざるを得ない感じですね。
…書かなかったメンバーはお察しというか、厳しい感じです。

Posted at 22:12:35 2015/04/28 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アニメを見ることで少しでも興味や許容の気持ちが持てるでしょうか?

私はP歴も長い方に入るとは思いますが、正直にいうとモバマスが好きになれません。好きか嫌いかと言われたら嫌いです。

元来ソシャゲというものが好きになれず、アイマス2の騒動からのモバマスの流れに着いていくことが出来ずにいわゆる765プロ関連のものしか手を出さずに今に至ります。

別ににシンデレラ自体を乏すつもりもありませんが、あまり快く思えないのが本心です。しかし周りのPは順応し、最近の展開に盛り上がっています。

そこに混ざれない孤独感や自分の器の小ささに悩む日々が何年も続いています。Pとして長い間アイマスに携わってきた以上はモバマスだって同じ様に接しないといけないと思いつつも、行動には移せません。

SSAは出張で参加出来ませんでしたが、行けなくて悔しい気持ちの中に、少しホッとした気持ちがあったのも事実です。

7月には10thがあります。二日目をきちんとした気持ちで参加するには、この気持ちにケリを付けないといけないと思っています。

そのキッカケに、このアニメはなってくれるのでしょうか?

長文失礼致しました。もし、お答え頂けたら幸いです。

Posted at 02:46:38 2015/05/02 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

現在のアイマスの状況について、心中お察しします。

質問についてですが、このアニメをまだご覧になっていない、
ということでよろしいでしょうか。

あくまでも私個人の考え方としてですが、この記事に書いている通り、
(私にとっての)シンデレラの山積する「マイナス点」を
このアニメがカバーしてくれたとは思っていません。

せいぜいできたことは、一部のキャラクターの認識が
多少変わった、ということくらいです。

しかしながら、1クールアニメを見たという事実そのものが、
「ヨソ」の存在であったのが「ウチ」の存在のように感じる一歩になった、
つまりは「情」を持てた、そういう効果はありました。

極端に言えば「こんな連中知らねーよ邪魔だ消えろ」から
「君たちは君たちで頑張ってるのはわかったから、余所でやってね」
というような感じです。(10thでは余所でやってくれないのが問題ですけど)


>Pとして長い間アイマスに携わってきた以上はモバマスだって同じ様に接しないといけないと思いつつも、
と仰っていますが、私は別に「同じように接しないといけない」なんて事は
ないと思いますし、それこそ、それについては映画で春香が、
9thで中村さんがまさにそういう事を言ってくれています。

だから、10thで彼女たちを765と同じように、なんてことは無理に目指さずに、
「これはこれで」という姿勢で臨むこと、それが良いんじゃないかと思います。

そしてその気持ちを持つきっかけとして、少なくともソシャゲよりは
このアニメはずっととっつきやすく、良いと思います。

Posted at 21:44:25 2015/05/02 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

順応出来ないなら無理する事は無いと個人的には思うのですが、よそ者でもないし他所でもやりませんよ身内なんだから。
なんと言おうが最高意思決定者は石原氏で有り、その事でコンテツが倒れれば責任を取るのも石原氏です。そもそも4年もやってるコンテツをまだ認められないとか順応力が低すぎます。順応出来ないなら出来ないで静かにしてていただきたい。10thでも765単独をやらないのは、今後も混ぜて行くと言う意思の現れで有ると思いますよ。ずっと同じままでアイマスが消えるなんて御免です。私個人はスタッフとキャストの距離感、アイマスサウンド(特にコロンビアサウンド)、アイマス愛に溢れたスタッフが居れば、それがアイマス何です。だから、今やってる全ての展開がアイマスで、どれひとつ欠けてはいけないのです。もし、765が無くなるならアイマスも無くなってもいいと言う考えならそんな人を同僚とは呼びたく有りません。
トリプルデイ氏は10thでミリオンとシンデレラにサイリュウムを振らないと公言されていますが、それは誰にたいしての抗議ですか?氏の考えは嫌いですが抗議するのは勿論賛成です、ただ、それは運営に対してでなくてはならず、そのやり方ではキャスト陣に対する抗議になりませんか?どの様な経緯で参加することになったのかは想像する他有りませんが、場合によっては彼女達も被害者になりませんか?参加しないと言うのが一番の抗議になるとは思いませんか?

Posted at 22:32:50 2015/05/04 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

生理的に合わないものは4年経とうが10年経とうが合わないんですよ。
それを「順応力が低すぎる」というのは簡単ですが、随分ガサツな物言いでもありますね。

「静かにしてて」とも仰いますが、自分のブログで自分の意志を述べることは
十分<「静か」の範疇でしょう。そこにわざわざ反対意見を述べに来る方が
よっぽど「うるさい」行為と言えるんじゃないでしょうか。

今のアイマスの全てを受け入れ、それを楽しめるのは結構なことで、
羨ましいとすら思いますが、同僚と呼びたくないんなら呼んでいただかなくても結構です。
「考え方の違い」を大事に、というアイマスのメッセージに反したお考えのようですし、
であれば私からも別に呼びたいとも思いませんし。

10thの出演者に対して「彼女たちも被害者」というのであれば、
そうした被害者を生みだしたのが運営そのもの、ということです。
それをわからせるためにも「彼女たちには申し訳ないけど」こうした姿勢で臨むのです。

Posted at 23:01:42 2015/05/04 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

何万人の中の数人がサイリュウムを振らなかったのが運営に伝わるのでしょうか?余り効果が無いように思いますが…

それこそ署名を集めるとか9.18の時は署名運動が起こったのでしょう?そのぐらいやらないと伝わらないと思いますよ。

Posted at 02:23:15 2015/05/05 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

振らないという行為自体が直接的に効果があるなんて思ってませんよ。
それについては10thの記事に書いている通りです。

署名なんて事はしませんが、アンケートなど伝える手段はあるので、
直接的なアクションとしては、それをするまでです。

Posted at 00:21:44 2015/05/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 13:29:06 2015/05/19 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック