アイドルマスター ワンフォーオール 765プロFight!! 1巻

kage

2015/05/10 (Sun)

OFAをより楽しむために


アイドルマスター ワンフォーオール 765プロFight!!(1) (ファミ通BOOKS)アイドルマスター ワンフォーオール 765プロFight!!(1) (ファミ通BOOKS)
(2015/03/25)
ファミ通コンテンツ企画編集部

商品詳細を見る


プレイ漫画「目指せトップアイドル!」 おかだアンミツP編
プレイ漫画「目指せトップアイドル!」 オカモトP編
イラスト&コラム「PIECE OF PIECE」PartⅠ
プレイ漫画「目指せトップアイドル!」 弟君P編
4コマ漫画「THE idolm@ster わん4おーる!」 シュガー
イラスト&コラム「PIECE OF PIECE」PartⅡ


「ONE FOR ALL」の発売に合わせて「ファミ通.com」にて連載が始まった企画、
「765プロFight!!」の紙媒体版。そもそも無料のコンテンツではあるんですが、
こうして本として有料販売、というのはネット漫画と同じ売り方で、違和感もありません。

内容としては、数人のP(=漫画家)がゲームをプレーしていく内容を
コミカライズしたものや、イラスト&コラムがまとまっている、というもの。
アイマスの一つの集大成、「OFA」をより楽しむために役立つ一冊と言えます。


プレイ漫画「目指せトップアイドル!」 おかだアンミツP編

PヘッドならぬあんみつヘッドのPがゲームに準じてプロデュースしていく内容で、
春香をトップバッターに、亜美律子もユニットに加えて展開していきます。
しっかりとゲームシステムに触れつつも、各アイドルの魅力も描きつつ…
ということで非常にうまい構成
。セリフもフォントを使わず手書き(?)で、絵も独特の
タッチですが、内容としては非常にシンプルに、OFAが楽しめるものです。


プレイ漫画「目指せトップアイドル!」 オカモトP編

こちらはPの姿は描かれない形式。真美をトップバッターに、伊織を…
というユニットで、一人ひとりとの最初のシーンについてもしっかりと描かれます。
レッスンや衣装などシステム面もやはりしっかりと描きますが、特にDLC新曲について、
13人分ちゃんと触れられる、というところが大きなポイント
になってきます。
また小鳥の出番も多く、丁寧な説明でわかりやすく面白い内容になっています。


イラスト&コラム「PIECE OF PIECE」PartⅠ

この一冊の中で二つに分けられたうちの前半。6人9作のイラスト&コラムが
掲載されているわけですが、当然個々人でイラストのテイストも、メンバーも異なります。
コラムの内容も当然人それぞれですが、特にyae氏のものは、文章量からも
分かる通り非常に深いものであり、最も読み応えのあるものに感じられます



プレイ漫画「目指せトップアイドル!」  弟君P編

PヘッドのPによるプロデュース漫画で、美希千早やよいを…というユニット。
他2作と比べて最もギャグテイストが強く、最も人を選ぶ部分もありますが、
システム的なところにしっかり触れているのは変わらず、また玲音についても
しっかり触れ、OFAの紹介漫画として十分に楽しめる内容になっています。


4コマ漫画「THE idolm@ster わん4おーる!」 シュガー

4コマ漫画ということで当然のごとくギャグ的内容です。しかし7話一挙掲載で、
1話につき7つの4コマ、かつ1話につきアイドル一人ずつにスポットライトを、という構成で、
ボリューム感もあり、そしてアイドル一人ひとりの魅力を描く充実の内容でもあります。
最も大事な「アイドル」を掘り下げる、という意味で、やはりOFAをより楽しませてくれます。


イラスト&コラム「PIECE OF PIECE」PartⅡ

PartⅠとほぼ重複しての5人10作のイラスト&コラムがここでは掲載されます。
OFAが云々、というか765プロを描いた、というもので、これはPartⅠとも同じなんですが、
それでも765プロの魅力こそがOFAの魅力でもあるわけで、納得の内容です。


最後におまけ漫画&あとがきもつく、という充実の内容となっている本書。
普通のコミカライズとは異なるタイプではあるのですが、「OFAをより楽しむために」と
いうネットコンテンツを本でも読める、というのはやはり嬉しい試み
ですし、
実際楽しむことができる内容です。ガチガチのコミカライズももちろん面白いですが、
こうした別のタイプの媒体もまた、別の魅力があり、良いものだと感じます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック