THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 01 水瀬伊織

kage

2015/07/05 (Sun)

いおりんのMA2マジ最高!



1.トーク01 — 挨拶 —
2.MEGARE!(M@STER VERSION) 歌:水瀬伊織
3.トーク02
4.バレンタイン・キッス 歌:水瀬伊織
5.リゾラ 歌:水瀬伊織
6.トーク03
7.DIAMOND 歌:水瀬伊織
8.トーク04 ED
9.あ〜よかった(Version Iori) 歌:水瀬伊織双海亜美
10.DIAMOND(オリジナル・カラオケ)
11.トーク05

「MA2 FIRST SEASON」より遅れる形で発売された「SECOND SEASON」、
竜宮小町の4人分の先頭バッターはリーダーの伊織。ゲームにおいては「プロデュース不可」
という痛恨の事態となった4人ですが、それ意外においては差別化しない、という姿勢を
このトップバッターである伊織のCDから感じさせてくれるものとなります。


1.トーク01 — 挨拶 —

まずは挨拶から、ということで伊織らしいゴージャスなオープニングから始まります。
相変わらずの自信満々トークを展開し、ロケットスタートを決めてくれます。


2.MEGARE!(M@STER VERSION)
歌:水瀬伊織

「真骨頂」と自ら評した通り、明るくポップな曲調はお手の物、ということもありますが、
やはり「アイドル」を体現する伊織にはこの歌詞自体がジャストフィット、とも感じられます。


3.トーク02

「いつもの伊織」トークを展開する中で、亜美真美が平然と登場。二人のペースに
伊織もタジタジ…というのもまたいつもの流れで、ある意味安心させてくれます。


4.バレンタイン・キッス
歌:水瀬伊織

ソロのカバー曲は王道アイドルソング。これ以上なく完璧に「アイドル」をこなし、
甘い歌声で歌いあげるのは流石伊織というほかなく、傑出した完成度の楽曲です。


5.リゾラ
歌:水瀬伊織

MSからの既存曲で、バカンス気分を感じさせてくれる一曲。前曲が冬でこの曲が夏、
という捉え方もでき、異なる季節感のあるアイドルソングを聴かせてくれる、という形です。


6.トーク03

いつものノリを展開する伊織に、亜美が思わず厳しいツッコミを…ということでこれには伊織
流石に動揺。そこから真美に対してシリアストークを展開していくことになります。
しかしそこからの流れは真美のペースに飲み込まれていくことでおかしくなり…。
事実上のモノマネショーも展開され、中々聴きごたえがある内容にもなっています。


7.DIAMOND
歌:水瀬伊織

ソロ新曲はまさに「王道アイドル」、伊織の輝きをタイトルに、そして歌詞にも込めた一曲
ここまでのど真ん中曲はこれまの伊織曲にもなく、「みんなの先頭を切っていく」という
姿勢を示す、「2」設定においてついに本領発揮をした結果、とも受け止められます。
15歳という年齢からはやや背伸びした曲ですが、それを完璧に歌いこなすのはただただ見事。


8.トーク04 ED

思わぬサプライズを受けた伊織は「変わらない事」を宣言。「竜宮小町」の存在に対する
不安を伊織自身が拭い去ってくれる宣言ともとれ、嬉しいメッセージでもあります。
まぁ、そのサプライズの中身は一部、案の定アレなわけですが…。
なんだかんだで最後は綺麗にまとまり、次の曲へとつながる事になります。


9.あ〜よかった(Version Iori)
歌:水瀬伊織双海亜美

デュオのカバー曲は、原曲自体も女性ボーカルのデュオ曲で、ハーモニーが美しく、
心洗われるスロー楽曲。伊織バージョンではより透明感を感じさせる仕上がりとなり、
彼女の本質を映し出したかのような一曲
に。亜美のハモりも秀逸です。


11.トーク05

最後のトラックは、パッケージ等にも表記されていない隠しトラック的存在。
色々な意味で「ご褒美」と言える内容で必聴モノです。


「SECOND SEASON」として区分されたものの、構成は「FIRST SEASON」と全く同じで、
強いて言えばトリオからデュオに組み合わせが変わった事、くらいでしょうか
(もっとも、トークパートには真美も登場し、トリオで展開するんですが)。
そうすることで「彼女たちも変わらぬ仲間」という事を示している、ともとれます。
この伊織のMA2に関して言えば、彼女の魅力は依然として変わらず、ということが
楽曲からもトークからもわかりますし、立場を変えたことで更に成長し、その輝きは増した、
とも取れるもの。それを感じられるという意味でも、このCDは非常に大きな一枚です。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック