THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 03 三浦あずさ

kage

2015/07/07 (Tue)

三浦あずさ七変化



1.トーク01
2.MEGARE!(M@STER VERSION) 歌:三浦あずさ
3.トーク02
4.ウイスキーが、お好きでしょ 歌:三浦あずさ
5.トーク03
6.Mythmaker 歌:三浦あずさ
7.トーク04
8.ラ♥ブ♥リ♥ 歌:三浦あずさ
9.トーク05
10.Best Friend(Version Azusa) 歌:三浦あずさ秋月律子
11.ラ♥ブ♥リ♥(オリジナル・カラオケ)


1stVISIONまでのロングヘアをばっさり切り、ショートヘアになったあずさ
ビジュアル的にも非常に大きな変化があり、立ち場としても竜宮小町というユニットで
新境地、というところ。そんな彼女の新CD、歌にトークにと様々な側面を見せていきます。


1.トーク01

開幕の挨拶は相変わらずのマイペースっぷりから話の脱線、という「らしさ」を発揮。
歌の紹介もままならない、というところでなんとが登場して…。しかしそれでも
歌が決まらないあずさの前に、さらに律子が登場して、どうにかこうにか方針が決まります。


2.MEGARE!(M@STER VERSION)
歌:三浦あずさ

「アイドルとしての私」として紹介されたMA2共通新曲。曲調も歌詞もあずさには
アンバランスな感じもありますが、それがギャップとして活きる
、と感じられる曲。
いつもマイペースなあずさも芸能界で奮闘している、という事も改めて気付かされます。


3.トーク02

次の曲はムーディーでアダルティな曲を…というところから、に手伝ってもらって
衣装を着替える、という流れに。戸惑うを尻目に、ノリノリのあずさは次の曲に。


4.ウイスキーが、お好きでしょ
歌:三浦あずさ

気合の入った準備に見合う、「スナックあずさ」を感じさせるムーディーな楽曲。
765プロ唯一の成人アイドルだからこその選曲で、他のメンバーにはない大人の世界を
見事に展開。独特な世界観を酔いしれる事ができる一曲です。


5.トーク03

あずさのペースは止まらず、動揺するを余所に次の曲へとつなげていきます。


6.Mythmaker
歌:三浦あずさ

「カッコ良い私」という紹介通り、あずさの持ち歌の中でも異彩を放つ既存曲をチョイス。
圧倒的なカッコよさの中に神秘さを感じさ、あずさの歌のバリエーションを痛感できます


7.トーク04

複数の楽曲を紹介し、は大満足も、当のあずさはまだ物足りなさを感じているようで…。
そしてそんなあずさの前に律子が再び登場し、見事なアドバイスを送ります。
そのアドバイスを受け止めたあずさは、迷いも晴れ、次の曲へ。


8.ラ♥ブ♥リ♥
歌:三浦あずさ

「等身大の私」として新曲を披露。これまでのあずさ曲には無かった甘々の世界観を
ポップにキュートに展開。これまでは高い歌唱力と最年長という立場からの曲、
というのが多かったあずさの新境地、と言える曲ですが、紹介にあった通り、
この曲の世界を持つのが「等身大のあずさ。それを一曲に込めたのは見事というほかありません。


9.トーク05

最後のトークは律子の言葉もあり、いつものように「良い話」、そして最後に律子と一曲を、
という流れになり、ますが、思わぬオチが待っていて…というのもまた「いつもの」展開です。


10.Best Friend(Version Azusa)
歌:三浦あずさ秋月律子

あずさの「優しいところ」として、律子とのデュオカバー曲を最後に披露。
暖かい曲調と歌詞から「優しさ」を、そしてタイトル通り、律子との友情をも感じられる曲。
あずさの方が年上ながら、律子に引っ張られていて、それでいてここぞというところでは…
という二人の関係性がこの一曲から感じられ、見事なカバー選曲
と言わざるを得ません。


新曲から既存曲、カバー曲と実に様々なタイプの楽曲を披露し、さながら七変化が如く。
それでいてトークはいつものあずさらしい、マイペースっぷりは変わらず…という形で、
聴きごたえのある一枚。あずさの魅力が凝縮されている、とすら感じられます。
また、の登場については、2ndVISIONから765プロに新加入、という事で、
既存メンバーとの絡みをより描くため、という措置でしょう。それにより、確かにあずさ
律子という珍しい組み合わせのトークも実現され、カップリングの広がりを見せています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック