THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 04 秋月律子

kage

2015/07/08 (Wed)

「アイドル秋月律子」として



1.トーク01
2.Best Friend(Version Ritsuko) 歌:秋月律子
3.トーク02
4.LOVEオーダーメイド 歌:秋月律子
5.空色デイズ 歌:秋月律子
6.livE 歌:秋月律子
7.トーク03
8.MEGARE!(M@STER VERSION) 歌:秋月律子
9.LOVEオーダーメイド(オリジナル・カラオケ)

「2ndVISION」よりプロデューサーへと転身し、その立ち位置の不明瞭さが危惧された
律子ですが、このMA2は他のメンバーと横並びでしっかりと発売されました。
その事実だけでもまず一安心、といったところですが、立場が変わったのもまた事実。
多くのメンバーが「変わったところ」「変わらないところ」を見せてきたこのシリーズですが、
トリとなった彼女はあえて「変わらないところ」をこのCDの中で特に魅せていくことになります。


1.トーク01

「アイドル復活」の名目で華々しくスタート。マシンガン売り込みトークのキレっぷりは
相変わらずで、律子らしさを初っ端から感じさせてくれます。しかし一人では
間が持たないと判断したのか、ゲストのあずさ貴音を早速呼び込む、という形に。
ただ、この二人は案の定マイペースっぷりで、律子も振りまわされる形に…。
とはいえなんだかんだで歌コーナーに、あずさとのデュオで突入します。


2.Best Friend(Version Ritsuko)
歌:秋月律子三浦あずさ

デュオカバーソングはハーモニーの重なりが美しい楽曲で、律子バージョンでは
より曲に厚みと重みを感じるようなアレンジ
あずさの低音も深く響き渡り、
プロデューサーとアイドルという関係性以上の二人の特別な絆を感じられます。


3.トーク02

あずさに続いて貴音ともデュオを…と企てる律子ですが、その意図も貴音
問い詰めにより明らかになり…。スイッチの入った律子がソロ歌コーナーへと突入します。


4.LOVEオーダーメイド
歌:秋月律子

新曲は暖かく柔らかい曲調の恋愛曲。律子の得意とするタイプの曲で、
「アイドル秋月律子らしさ」をフル発揮、という感じ
。その世界観が胸に染みわたります。


5.空色デイズ
歌:秋月律子

ソロカバー曲は開放感溢れるアップテンポ楽曲。この手の曲もまたお手の物、
と言う感じで歌いこなし、その歌唱力の高さ、表現力の高さを感じさせます


6.livE
歌:秋月律子

既存曲はアイマス全体でも珍しいダークな世界観のこの曲。ラップパートなどもある
斬新な曲ですが、これもまた見事に歌いこなし、「アイドル秋月律子」の
ポテンシャルの高さを改めて痛感させられる
事になります。


7.トーク03

最後のトークは、律子自身が今後どうしていくか、という決意を高らかに宣言。
多くの不安を吹き飛ばしてくれるかのような、晴れ晴れとしたものを聴かせてくれます。


8.MEGARE!(M@STER VERSION
歌:秋月律子

最後の曲はMA2共通楽曲のこの曲。「アイドル」をそのままダイレクトに歌うこの曲を
最後の最後に歌うことで、律子自身がこれからも「アイドル」としてもやっていくのだと
改めて示してくれているよう
でいて、その存在感、そして価値が際立つ一曲となっています。


トークで、歌で、「アイドル秋月律子」が健在である事を示してくれた一枚。
彼女の立場は確かに変わってしまったけれども、それでも彼女自身は良い意味で
変わらないという事、それが感じられるのがとても大きく、それが噛みしめられるのが何より。
また、名パートナーであるあずさや、新規加入の貴音とのトークも絶妙で、律子自身も、
そして二人の個性をも見事に描く形。シリーズのトリとして、綺麗に締めてくれました。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック