アイマス10thライブ レポート ライブ編 2日目 その1

kage

2015/07/25 (Sat)

1.READY!!
(中村今井釘宮平田下田浅倉沼倉たかはし滝田)

3チーム合同、といったところで開幕曲自体は昨日と同じだろう…と思っていたら
ものの見事に裏切られる形になったこの曲。曲自体はもちろん、開幕にこの上なく
相応しい曲であり、765プロの風格と貫禄を十二分に感じられ、会場も私自身も
ボルテージは初っ端から最高潮へ
、となるのは必然でもありました。


2.お願い!シンデレラ
(大橋・福原・原・青木・五十嵐・大空・黒沢・洲崎・高森・松嵜・山本・佳村)

最初は765単独、ということなら当然次はこうなる、というのはもう想定の範囲内。
シンデレラ単独のライブに参加した事のない私ですら何度も観て、聴いたこの
代表曲。完成度の高さもさることながら、シンデレラの現在の勢いをそのまま
ダイレクトに感じられるエネルギーも放っていた、魅力的なステージ
でした。


3.Thank You!
(山崎田所Machico愛美麻倉雨宮伊藤上田木戸夏川藤井渡部)

この流れならもうこの曲しかありえないわけで。この曲もまた、幾度となく披露され、
私自身も幾度となく観聴きしてきました。けれども、この大舞台で、この12人で、
というのは当然初めてで。彼女たちの眩しい煌めきを、改めて感じ取ることができました


4.THE IDOLM@STER 2nd-mix
(出演者全員)

最初から全員楽曲をやるのではなくて、それぞれのチームごとに代表曲を披露し、
そして全員曲へ、という流れ。これは、「アイマスの10年間」のひとえに言っても、
チームによって稼働し始めたタイミングが違うから、それをここでも表現したかった、
そう取れます。その上で、3チーム披露し終えてからの、この曲。
「2nd-mix」にはやはり驚きもありましたが、「2ndVISION」にて彼女たちが
集った、という事を考えれば、ある意味必然でもあって。
ここまでの4曲の流れで、10年の歴史を描いてみせたのだと、そう感じました。


MC

ここでは中村さん、大橋さん、山崎さんという3チームの代表者からの挨拶が。
そして早速最初のブロックへと突入していきます。


5.Welcome!!
(山崎田所Machico愛美麻倉雨宮伊藤上田木戸夏川藤井渡部)

いくらなんでもここでミリオンの代表曲、2曲のうち2曲目までもが披露されるのは想定外。
ただ、「ようこそ!!」というタイトルを考えれば、このタイミングは非常に妥当なもの。
このお舞台の、彼女たちなりの出迎えのパフォーマンス、しかと目に焼き付けました。


MC

ここでまずはミリオンのメンバー一人ずつの自己紹介がなされます。
山崎さんが特に息を切らしてしまっているのが印象的でしたが、
田所さんがうまくつなぎ、無事自己紹介を終えた後、再び楽曲へ。


6.キラメキラリ
平田浅倉滝田

1日目はサポートメンバーに使われた、スタンド上部ゴンドラがまさかここで使われるとは…。
想定できたはずですが、いかんせん自分の席がステージに近いおかげで、その可能性を
失念していました。仁後さん不在でも、やはりライブでは欠かせないこの曲。
マイクの音量バランスに不具合があったのか、滝田さんの声がより儚く、
平田さんの声がより逞しく聴こえる、という事もありましたが、
ウルトラオレンジの海の中、3人でのキラメキを魅せてくれました


7.Vault that borderline!
今井

前曲で一塁側に登場した3人とは逆の三塁側スタンドに、前曲時点から登場していた
二人によるこの曲。ステージと客席という境界を突破している演出とこの曲は
非常にマッチしており、1日目は「待ち受けプリンス」で意外性を見せてくれた二人が、
また新しい境地を見せてくれた
と、そう感じられるパフォーマンスでした。


8.We're the friends
(五十嵐・大空・洲崎)

視点を再びステージに戻してのパフォーマンス。この曲はライブでは初めて聴いたのですが、
アイマス楽曲の王道を走るようなタイプの曲で、好印象を持つ事ができました。


9できたてEvo! Revo! Generation!
(大橋・福原・原)

new generationsのユニット曲を、まさにそのオリジナルメンバーで披露。
アニメで聴いていたとはいえ、フルバージョンは私は初。メイン3人の曲、ということもあってか、
この曲もまたシンデレラの勢いをそのまま表現した楽曲にも感じられ、そのパワーを感じました。


10.星屑のシンフォニア
麻倉雨宮伊藤

LTH楽曲の何かが来るだろうとは思っていても、オリジナルメンバー不在のこの曲が
まさか来るとは…という感じ。しかしサイリウムの星空の中、スタンドに現れた彼女たちは、
星屑のように眩く、そして美しいシンフォニーを奏でてくれました



11.Sentimental Venus
木戸夏川渡部

私も予想セットリストに入れていた通り、リベンジという形で入れてきたであろう一曲。
ミリオン2ndと同じく渡部さん、夏川さん、そして「センチメンタル木戸」こと木戸さんの3人で、
このオシャレで緩やかな楽曲を軽やかに披露。今度はアクシデントを受ける事もなく、
ミリオン2nd同様に客席の中、サイリウムの海の中で見事に歌いあげ、リベンジしてくれました


MC

ここで一旦MC。ここでは中村さん、今井さん、大橋さん、福原さん、原さん、山崎さん、
Machicoさんがステージに登場。Machicoさんのヘソ出しが云々…という話から次のブロックへ。


12.ジレるハートに火をつけて
愛美上田藤井

昭和の香りが漂う独特の世界観を持ちつつも、熱さも感じるこの曲からスタート。
燃え上がるような赤いサイリウムの海の中、ハードに、クールに、
カッコイイパフォーマンスを3人で魅せてくれました。


13.Shooting Stars
山崎田所Machico

曲自体はある程度想定できましたが、しかしここでこの3人揃い踏みとは…という感じ。
ミリオン1stでも、2ndでも実現しなかったメイントリオがここで、この曲で、といううのは
非常に驚かされるもの。そんな中、彼女たちはミリオンスターズをこれからも
引っ張っていく、という姿勢を感じる逞しく勇ましいパフォーマンスを魅せてくれました



14.Orange Sapphire
(黒沢・松嵜・山本・佳村)

SSAでも披露された、一面ウルトラオレンジに染まるこの曲。
今回も美しいオレンジの海の中、華麗なステージを披露してくれました。


15.ØωØver!!
(青木・高森)

スタンドに登場したアスタリスクの二人がユニット曲を披露。
この曲もまたフルを聴くのは初めてだったのですが、二人の個性がぶつからず、
見事に融合した絶妙なバランスの曲
だと改めて感じることができました。


16.SMOKY THRILL
釘宮下田たかはし

7th以来となる、竜宮小町そろい踏みでのこの曲。ファンキーで摩訶不思議な
世界観はやはり異色、といった感じですが、そのアンバランス感もまた見事で。
曲中、伊織が、亜美が、自分たちをアピールしつつも、最後はこの日が誕生日となった
あずさの誕生日を祝う、という素晴らしい演出で、見事なステージ
でした。


17.乙女よ大志を抱け!!
中村沼倉

ライブ定番曲が来たか、という感じですが、ここで中村さんソロではなかったということで、
今日はもうソロは無い、と確信できるタイミングでもありました。とはいうものの、
二人だからこそ、というパワーも感じられましたし、新鮮さも抜群でした。


18.GOIN'!!!!
(大橋・福原・原・青木・五十嵐・大空・黒沢・洲崎・高森・松嵜・山本・佳村)

アニメ1期の最終回で披露されたこの曲。視聴時は「それほど良い曲では…」とも
感じましたが、このステージでフルバージョンを、となるとやはりそのエネルギーを、
ダイレクトに感じられ
、非常に魅力的な楽曲だと気づくことができ、嬉しかったです。


続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

お疲れ様です。
自分が行ってたやつだと、感動もひとしおですね。
GOIN'は全く同じ感想ですね。
そんなに良くないかなぁと思ってたけど、
ライブで聞いたらもう惚れました。
盛り上がりも良かった。
ジレるハートは、今回のミリの中でもかなり良いパフォーマンスだったように思います。

Posted at 23:49:54 2015/07/25 by ワッツP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ワッツPさん

コメントありがとうございます。

「ジレるハートに火をつけて」、確かに良いパフォーマンスでしたね。
3人同じステージではなくてが別々のステージに登場、
というのも非常に曲にマッチしていて良い演出だったと思います。

Posted at 01:09:18 2015/07/26 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

連続のコメント失礼します。
そして返信ありがとうございます。

キラメキラリの音響についてですが、
あの時くらいから声が良く聞こえないという事象に悩まされていました。
以前芝席の我々は歌が聞こえないことが良くあったとかきましたが、
当日のことを思い返している時、ふと物販に並ぶ朝のことを思い出しました。

C駐車場から駅までの道で、当日リハーサルの模様が覗けて、テンションが上がったのですが、
その時歌が良く聞こえたのを覚えています。
その場所こそ、ちょうど我々の芝席の後方に当たるんです。
やはり芝席の後ろは返しがなく、
音がそのまま遠くまで伸びてしまい、
結果我々には良く聞こえず、
駐車場の方には良く聞こえたのかなと、今更ながらに気がつきました。
すみません、完全に個人の問題なのですが、
キラメキラリの項目で思い出したので書かせていただきました。
長文大変失礼しました。

Posted at 02:34:04 2015/07/26 by ワッツP

この記事へのコメント

kage

We're the friends!って初めてなんですか?
シンデレラのアスタリスク回で挿入歌(みく、りーなが歌詞を考えるシーン)として使われたと思いますが、、、
フルで、という意味ならそうかもしれませんが、それならばそれでGOIN'!!やできたてEvo!Revo!Generation!と書き方が違ったので気になりました

Posted at 00:17:32 2015/07/27 by 柿P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

柿Pさん

コメントありがとうございます。

アニメ内で流れていましたか…ならば初聴きではないはずですが、
正直全く記憶に残っていませんでした…。
ご指摘ありがとうございます。一応本文も修正いたします。

Posted at 21:55:57 2015/07/27 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック