デレマスアニメ16話 「The light shines in my heart.」 雑感

kage

2015/08/11 (Tue)

先に【私のシンデレラアニメに対する対応について】をお読みください。


「安部菜々回」

今回もメインストーリーを「CP以外の個人回」ととれる内容で描いているものになります。
常務の求めていると思われる「王道アイドル」とは逆の「個性派アイドル」が苦境に
立たされる、という物語の中で、その代表として菜々が抜擢された、という感じでしょうか。

ただ菜々を見て思うのは、「個性派アイドル」の中でも、「キャラ作り」を意図的に
しているアイドル、という属性が彼女には存在する、というところがポイントになります。

もっとナチュラルに「個性派」たるアイドルならばこの状況ではどうにもならなくなる、
ということで非常に描きにくくなりますが、彼女ならばこの状況で考え、もがく、
という描写が描ける
し、同様に「キャラ作りキャラ」であるみくとの絡みも
自然に描ける、ということで、この話に非常にフィットしたアイドルだと言えるでしょう。

そうした側面をしっかりと描く事で、安部菜々というアイドルを深く掘り下げられたし、
メインストーリーに沿ってうまく物語も進行させられた、そこは上手かったと思います。

また、「個性派アイドル」というシンデレラならではの特徴を活かした話でもあり、
彼女たちを肯定する、という描写を描いた事、これ自体もコンテンツとしては
非常に大事な部分
であり、その意味でも大きな一話になったと思います。


美城常務の方針

ただ一方で、そもそもの常務の方針がどうなのよ、というところは全く抜けません。
まるで自身の死期が近いかのごとく生き急ぎ、性急な結果を求める彼女ですが、
なぜそんなにも早期の結果を求めるのか、が全く見えてこないのです。
もちろん会社として成果が必要なのは当然ですが、だとしても…です。

これが仮に父親である会長との確執とかなんとかで、彼女個人のパーソナリティに
起因する理由があって、それを今後物語で描くというのならば、こんなアイドルでもない
キャラの掘り下げをする暇があるならちゃんとアイドルを掘り下げろよ
、という話ですし、
そういう理由すらなく、単に物語に波乱を起こすための装置でしかないのならば、
それはそれであまりにも雑な存在、ということでどうなのよ
、と思いますし…。
この常務というキャラ自体の存在が非常に危うくしか感じられません。

また、彼女の求める「かつての芸能界で見られたスター性・別世界のような物語性」とは
所謂「王道アイドル」なんでしょうが、それが「売れる」保証が何かあるのでしょうか…。
346プロという芸能事務所のブランドとして「王道」がある、ということなんでしょうが、
ブランディングと人気(売れる)はイコールではないでしょう。
その意味で、「成果」を求める常務としての彼女と、「ブランド確立」を図ろうとする、
言わばPとしての彼女、それは別の話、という考え方は至極もっともだとは思います。
つまり、「成果の求め方がおかしいのではないか」という話。

この世界でいうトップアイドルが、765プロなのだとしたら、「生っすか!?」なんて
バラエティ番組をやっている彼女たちは常務の求める「王道アイドル」とはかけ離れているはず。

あるいは玲音がこの世界にいて、彼女がトップアイドルならば「王道アイドル」も理解できますが、
猫も杓子も彼女のようになれるはずもないし、事務所全体で下手に目指して劣化コピーを
増産しても、それこそ346のブランドが傷つくのではないか、とすら思えます。

実際問題、所謂「バラドル」的なアイドルを多数抱える346プロは、まさにこの回で
キャラの方向転換を求められたわけですが、それで本気で常務は上手くいくと思ったのか…。
まぁこれについては、いきなりリストラをするのはそれこそ事務所ブランド的にアウトだから、
言わば「追い出し部屋」に追い込んで自主退職を促した
、と見るべきなんでしょうけどね。

またこれについてはアイドル達はもちろん、スタッフも困惑しているようで、
完全にワンマンショー、独断に基づく判断でやっているようですが、
ここまで来ると「外国帰りのお偉いさん」という立場の人間のイメージダウンをさせたいのか、
と思えるくらいネガキャンを展開している
とすら感じられ、どうなんでしょうかね…。

そんなこんなで菜々はイベント本番でこの方針に反発を示し(自らのアイデンティティを
貫いた、という綺麗な描き方ですが、結果はこう言える行動ですし)、
CPのPも苦境のアイドル達と手を汲んで反旗を翻す、という展開になりました。

「常務vsCP」、というか「常務vsそれ以外の全社」、とも思えるこの状況で、
悪役でしかない常務に救いはあるのか、それとも…。

自らの無茶なワンマン方針を強行する常務に「結果」が出る描写がないとどうしようもない
という話なんですが、それは次の17話で描かれて…ということで次回に続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

常務のパーソナリティーとか方針とかを早急に知りたがっているという点で、視聴者がまさに常務っぽくなっているというのが笑いどころなんでしょうか?

さすがに常務が正しかろうと間違っていようとどうでもいい気が…。
水戸黄門でいう悪代官みたいなもので、この悪代官に対して「悪代官がこんなあからさまに悪人だったら街は上手く回らない」とか「こんなポンコツな悪代官を懲らしめてもカタルシスが感じられない」と言ってるようなものだと。
それに、常務の掘り下げは多分7話までのプロデューサーみたいな感じで進めていくでしょうから、そこまでは半舞台装置として見ればいいのでは?

今回でいうと、話の構成自体が上手く作られていたこと、りーなは「ロック」ばかり言ってて馬鹿みたいに見えるかもしれないけど結構マジメで可愛いところもあること、未央が冒頭で不穏な空気になりかけたときに一拍おいたベストなタイミング元気づけたことで6.7.12話を通して成長していることを演出しているなということ等、もっと「アイドルマスター」としてのこの作品を見てほしいと思いました

Posted at 08:03:15 2015/08/12 by にわかファン

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

常務の描写についてはいろいろありますが、そもそも15話と16話で常務の方針が若干変わっているのが気になりました。
15話では、「私が選抜したアイドルを集中的に売り出していく」と宣言し、1極集中型のプロデュースをするのかと思っていましたが、16話になると実際は、末端といえるようなアイドルのキャラにまでキャラクターの見直しを迫るなど、若干方針にずれがあるように見えます。
もちろん、言われるとおり実際は多すぎるアイドルの整理かもしれませんし、あるいは15話で高垣楓に仕事を断られて方針変換を迫られたのかもしれませんが、それにしても描写の仕方が雑だとは思います。
ちなみに、「トップ層のみを集中的にプロデュースして、そのイメージを全体に波及させる」というのはAKB48が、「所属する全員に一定レベルで同じイメージを求める」というのはジャニーズが現実でやっている手法で、全く違う手法だと思います。

また、常務の求める王道アイドルを語る際、「かつて存在した」というような過去を振り返る言葉が登場しますから、どちらかというと常務が若かりしころに見た誰かの姿を具体的に思い描いているのでは、と思います。日高舞がそれに該当するのかはわかりませんが…。

アイドルをメインに描写してほしいという想いはありますが、常務というキャラを出したからにはきちんと料理してほしいという気持ちも当然あります。(これに関してはPも同様)
個人的には、ストーリーが進行し、例えば舞踏会でひとつの区切りを迎えるまでは、存分に憎まれ役をしてもらっていいし、舞台装置でもかまわないとは思います。
ただ、常務というキャラが向かう終着点として、彼女の考えはダメだった、あるいは彼女が346を去って終わりというのではあまりにも残念な人物になってしまいます。
最終的に、常務も346の一員としてともに歩んでいけるストーリー構成にしてもらいたいものです。

それはそうと、今回登場した安部菜々という人物は、常務の言う「大いに結構だが成果が出るのが遅すぎる」という発言を象徴するようなアイドルだったと思います。
アニメだけだと描写が足りませんが、彼女はそれこそ346に入る前も入った後も、3年4年では足りないレベルの下積みの期間の間ずっとキャラを貫き続け、ようやく最近TVやラジオなどで芽が出始めた…という設定です。
常務の発言を聞いたとき真っ先に浮かんだのが彼女のことだったし、だからこそ今回それに関して言及があり、逆に前川みくたちがキャラを貫いていいのか悩む展開もあるのかとも思っていましたが…。まあちょっと題材が重すぎるかもしれませんね。

Posted at 15:13:08 2015/08/12 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

にわかファンさん

コメントありがとうございます。

確かにアイドルが魅力的に描けているかどうか、というのが最重要だと私も思います。
ですが、アニメというメディアで、それこそ「ぷちます」のようなものではない
ストーリーモノである以上、その物語の描き方はとても大事なものであるのも確かです。

少なくとも2期において、常務は明らかに重要人物であり、
彼女ありきで物語が進む形に現在なっています。

その重要人物たる常務の描写というのはこの作品の評価に直結する話であり、
それこそ「アイドルさえ魅力的に描かれればそれでいい」という観方の人を除けば
(あなたがそうだと言いたいわけではありません)、そのウェイトは非常に大きいはずです。

私もアイドルの魅力を描いて欲しいと思っていますが、その前提となる舞台、
装置に問題があれば魅力以前の話になってしまうわけで、そこが現状非常に
苦しいものになっていると、そうこの2期については感じているのです。

Posted at 22:06:00 2015/08/12 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

2番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

常務の求めるアイドルが日高舞、というのはあるのかもしれませんね。
具体的に言及される事は恐らく物語内ではないんでしょうが、
世代的に考えれば十分にありうる話じゃないかと感じます。
舞が本当に「王道アイドル」たる路線でやっていたのかは不明瞭ですが…。

また、常務の行く末については、普通に考えれば彼女が「敗北」する形に
物語はなるんでしょうが、そこで具体的にどう決着をつけるのか、ですね。
黒井ほどに「悪」とは描写されてはいませんし(黒井も純然たる悪ではないですが)、
彼女になんらかの救いは与えられるんじゃないかとは思いますが…。
過度な描写は御免ですが、うまい落とし所にもっていってもらいたいものです。

菜々のキャラについては、そうした詳細な話は知りませんでした。
教えていただきありがとうございます。
だとするとこの話にまさにうってつけ、というか常務の方針自体が
菜々を際立たせるためのものにすら感じるくらいですね。

Posted at 22:16:08 2015/08/12 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック