デレマスアニメ17話 「Where does this road lead to?」 雑感

kage

2015/08/13 (Thu)

先に【私のシンデレラアニメに対する対応について】をお読みください。


「城ヶ崎美嘉+凸レーション回」

今回主役と言えたのは、1期でCP以外で最も出番の多かった美嘉であり、
2期1話の14話から続く、「CP以外の個人回」が今回も描かれた形になります。

ただ、今回は美嘉もですが、凸レーション(と言うか莉嘉とみりあ)もかなり
掘り下げられていた、ということもあり、実質「美嘉+凸レーション回」だったと言える感じ。

そう考えると、14話はともかく、15話は「楓+NG回」、16話は「菜々+アスタリスク回」
だった、とも言えるわけで、となると今後ラブライカ、RE、キャンディアイランドと
個人を絡める回が続くのでは
、と感じられます。もっとも、OPでもそうであるように、
LLとREはトリオ扱いで一組と換算される可能性もあると思いますが…。

それはともかくとして今回、美嘉と莉嘉とみりあについては随分と丁寧に描かれ、
「先輩アイドル」として強さを見せていた美嘉の弱さが見られ、明らかに描写が不足していた
莉嘉とみりあの個性がしっかりと見て取れた、そこは非常に良かったと思います。


常務の方針とPの方針

「結果が出ている描写がなければ…」という常務の方針は、ギャル路線で売っていた
美嘉をオトナ路線で売り出した結果、成果が出た、という形で「成功」が描かれます。

まぁこれも元々美嘉がこれまでギャル路線で実績をあげてきた結果あってのもの、
としか思えない
んですが…。そもそも346の中でトップ級であるであろう
美嘉さえも路線変更を求める、というのはどうなの、という話なんですが、
ギャル路線が「346ブランドに相応しくない」からなんでしょうね。

まぁなんにせよ(ストーリー的には当たり前ですが)常務の方針は成果を出せる、
とうことをここで明示したのは大事なポイントではあります。

一方でCPのPは常務に対するあてつけかのように「346ブランド」とはかけ離れている
であろう「とときら学園」というテレビ番組を立ちあげます。…しかし新規にテレビ番組を、
というのは非常に大変な話だと思うのですが、Pにそんな裁量権があるんですね…


とにかくここで、346の年少アイドル達をロリ路線丸出しで売り出す、という形をとるのですが、
皆ノリノリの中、莉嘉は不満が募り…という話になります。最終的にはその中で莉嘉は
自身の個性を発揮していく、と自分で決めて丸く収まるのですが、
この「ロリ路線」自体は好んでいなかったのは明白で、それをあてがったPのセンス、
というか莉嘉とのコミュニケーション関係はどうなっているの
、というのが問題になります。

「個性を伸ばす」と散々常務にぶつけてきた割には、自前のCPのアイドル達の事すら
ロクに把握しておらず、年齢だか見た目だかだけで勝手に枠に収める、というのは
「無能」という表現しかしようもありません。
この番組開始にあたり莉嘉とよく話し合って…
ということがあったならまだしも、勝手に放り込んだだけで野放し状態。
問題を解決したのは莉嘉本人、という話で、Pは何もしていないのです。

そこまで解決できる能力が莉嘉自身にあるはず、という絶対の確信を持ってこうした、
というのならまだ良いのですが、そんな描写は全く描かれていないわけですし。

そもそも一人で14人をみるのが大変で、しかも他の部署のメンバーもみる必要が
出てきて、「シンデレラの舞踏会」のために早期に結果を出す必要もあって…
という状況で、完全にPの手が回らなくなってしまった結果、ということを描きたいが
ための描写だったのかもしれませんが、それにしてはPの多忙さは大して描かれず

それこそ765の6話くらいの描き方があれば随分印象は違ったはずですが…。

まぁ結局は莉嘉と美嘉、みりあの個性をしっかりと描くためにはこうせざるを得なかった、
という話でしかないんでしょうが
、もう少しうまくシナリオは書けないものか、と思えます。


常務vsそれ以外

ともあれ、Pは独自に番組を立ち上げ、美嘉も常務の方針の枠の中で反発を見せ、
という事で「常務vsそれ以外」はより明確化していく形になります。

今後もこの路線で話を進め、恐らくは常務は大成功、それ以外も成功、という形が
続くものの、後者はどこかで重大な失敗が起き、常務が一旦勝利、という流れになるかと。
しかしなんだかんだで「シンデレラの舞踏会」で逆転勝利、という感じで。

これなら物語的には王道そのもので、ある意味「シンデレラ的」だとも思います
だからそれは良いのですが、その中で、常務の異様とも思える姿勢に
何か理由があるのか、ということがいかなる形で描かれるか、というのもポイントでしょう。

もちろんその中でアイドル達の個性がどう描かれるのか、というのも極めて大事で、
前提が非常に不安定だったにせよ、この17話はその意味では非常に良かった
と思います。

あるいは、2期はCP以外のアイドル一人ひとりにスポットライトを当てていますが、
それが誰にあたるのか、というのは特に既存Pにとっては大きなポイントでしょう。
私個人的にはこれは悪い形ではないと思いますが、当てられるのは結局少数の
「人気キャラ」でしかなくて、大多数のモブ扱いのアイドル達が哀れ、と思えますが…。
まぁ出番があったり、声が新たにあてられたりと、そういう事に一喜一憂できる人達が
「シンデレラのP」なんでしょうし、コンテンツに求めているものが違うのでしょうから、
そこをどうこう言っても埒の明かない話なんだとは十分わかっています。


とにかく、この路線で今後どう進むのか、「王道」ではなくサプライズ展開もあるのか。
今後も注目です。
関連記事

この記事へのコメント

kage

補足として…
Pが一からTV番組を立ち上げた、というよりも、常務が改革を起こす前にとときがMCの番組の予定があり、常務の改革のせいでその番組が凍結した所にPが提案して動き出したのでは?
確証はありませんが、ソシャゲのほうで、常務が来る前にはとときがMCの新番組がやるという前振りがされていたので、多分そうだと思います。

また、Pが無能というのは早計かと…
今週の話は多分1週間以内(リハから本収録まで3日くらい?)の出来事ですし、当初は間違いなくロリ路線じゃなく、Pにはその変更の連絡がいっておらず、しかも蘭子との別の用事のせいで現場に行けず、そのことについて謝り、なにか不都合はなかったかと聞いたところ莉嘉が強がったせいでPは知る由がなかった、という明白な理由が出てたのに無能は流石にないですよ…
Pが無能だったとすれば中学1年生の強がりに気づいてあげれなかったということくらいですよ。
…まあ、このP無能説は、来週、もしかしたらバラエティ向きじゃない子にバラエティを強制する無能なP、という点で見れるかもしれませんが…

なんにせよ更新お疲れ様です
文句をつらつら書きましたが毎回感想楽しんで読んでいます(もちろん皮肉ではなく本心からそう思っています)
楽しんで読んでいなかったら毎回こんな早くにコメント残さないですし…
明後日の感想も楽しみにしています

Posted at 23:23:07 2015/08/13 by にわかファン

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

あの番組のロリ路線はPが企画したわけではないことが劇中でも描写されていたと思います。(衣装合わせをしている場面、リハ後の電話での会話)
Pとしては学園モノにするはずだったのが、現場の独断で幼稚園児路線に変更されてしまった、という話ではないかと。
ここからは半分想像ですが、学園モノなら「カリスマギャル」になりたい莉嘉の思いにも沿うだろう、というのが元々のPの意図だったのではないでしょうか。

常務の真意については後半で触れられていくのでしょうかね?
常務のブランドイメージへの執着も気になりますが、PはPでセカンドシーズンに入って偏執的なまでに「笑顔」にこだわっているようにも見えます。
1話からずっと張られ続けているこの伏線がどう回収されるのかが気になりますね。

Posted at 23:39:40 2015/08/13 by 空飛ぶ猫タンク

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

にわかファンさん

コメントありがとうございます。

番組開始についてはゲーム内で伏線的なものがあったのですね。
そういうのは本編でやってくれよ…と思ってしまいますけど。

Pが無能、というのは言い過ぎだったんですかね…。
現場の状況が把握できていない時点でアウト、という気もしますが、
それだけ忙しい状況に追い込まれている、ということがやっぱり
描きたかった、という風に受け止めるべきなんでしょうか。

とりあえず、これで話も追い付きましたし、次回からはまた
リアルタイムなペースで更新していけると思いますので、よろしくお願いします。

Posted at 00:09:05 2015/08/14 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

空飛ぶ猫タンクさん

コメントありがとうございます。

Pが現場との意思疎通がうまくできていなかった、という感じですかね。
それはそれで問題、という気もしますが…やはり多忙さが要因、という
ことがここで描きたかったものと受け止めるべきでしょうか。

Pの「笑顔」のこだわりは1期から、だとは思いますが、
これについては終盤で大きな問題が起きるのだと予想できますね。
この辺をどう描くかが、このアニメの評価に直結するんじゃないかと思います。

Posted at 00:12:01 2015/08/14 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

一応、346プロ関連のTV番組については、「アイドル部門」とは別系統で「番組制作」の部門があるという設定になっています。例によってアニメではなくゲームでの補足ですが…。
9話のCI回でも番組内容が突如変更になるという描写がありましたし、こういった連絡の不徹底は今後も共通してあるかもしれませんね。

また、急遽番組内容が変更になって莉嘉が抱えた不満は、今回莉嘉自身がPに伝えることを明確に拒んでいる(電話のシーンです)、「伝えなかった」という消極的なものでなく「知られないようにがんばった」という積極的なものなので、Pとしては仕方ない部分もあるとも思います。当初の「生徒役」という配役には喜んでもいましたから。

また、とときら学園の立ち上げ自体は、常務があえて武内Pの力を試すために話を通した部分もあると思いますが、それ以上に十時愛梨が特に何の描写もなくあっさり武内P側の番組の配役にOKしたというのには驚きました。ゲーム内での立ち位置だけでなく、アニメ内での描写でも、彼女も間違いなく346のアイドルのトップに近いはずで、彼女を連れてくるのは1人のアイドルを連れてくるだけとはわけが違う気もするのですが…。
このあたりの配役に意味があるのかないのか、今後注目したいですね。

また、今回の常務の成果としては、ちょっと違う感想を持ちました。
17話では、最後に大人路線の服装でもいつもの姿を見せる美嘉の姿があったわけですが、この美嘉の1枚の写真というのは、常務が関わらなければはじめから存在しなかったと思います。
もちろん、常務一人では最後の姿にはたどり着かないのも当然で、ある意味最後の美嘉は常務の方針とPの方針、2つが合わさった結果生まれたものだと思います。2つの方針の力で、アイドルの新しい魅力を発見したとも言えるのです。
もちろん、今回そうなったのは偶然ですが、最初は偶然でも良いと思うのです。
最初は偶然でも今回をきっかけに、あるいはこういうことを繰り返すうちに、2つの方針それぞれに強みがあることにPが、あるいは常務が気づき、共闘路線へ向かうというのもストーリーとしてはありだと思っています。
個人の願望が多分に入っていますし、「シンデレラ」のストーリーとはかなり外れてしまいますが…。

Posted at 01:22:23 2015/08/14 by

この記事へのコメント

kage

Pの忙しさの描写足りてませんか?私的には十分何ですが。
主役はアイドル。Pの描写は必要最低限にと、良い書き方だと思ったもので。
15話でのエレベーター。16話のアスタリスクより先に帰るP。17話のすり減った靴と電話演出。これで十分だと考えます。

Posted at 02:29:42 2015/08/14 by

この記事へのコメント

kage

記事お疲れ様です。

今回、凸美嘉回ということで、私としては一話に匹敵するぐらい良い回でした。

まず、美嘉について、ある程度今までの土台があったからこその成果でもあるとは思うんですが、高級化粧品関係というのは現実でもかなりトップレベルの方がやられるというイメージが私はあるんですよね。

なので、美嘉が数多くいるアイドルの中の一人ではなく、それこそ城に相応しい姫というような、トップ中のトップというようなイメージに路線変更した上での成果という点が、美城常務の思い描くアイドル像の成功ですよっていう流れを描いたんじゃないんですかね。美嘉の意志は別にしてですけど。Pが言う個性とはまた違うと思いますし。

美嘉とすれ違うモブ子もそれっぽいことを言っていたと思いますしね。


莉嘉については、まああの面子を揃えて、ロリじゃねぇとは言いづらいですが(笑)、とときら「学園」っていう名前からスモックは現場の独断ぽいですし、莉嘉的にはあの面子(多分莉嘉が年長だったかな)なら、学園の中でのギャルとしての立ち位置で番組を成功させれると、Pが考えていたかどうかは断言出来ませんが、少なくとも莉嘉はその気だったと思いますけどね。

逆にバインボインのねーちゃん勢やギャル系の子も何人かいますし、そこに放り込まれる方がロリ枠になりそうで、莉嘉の意に反してる采配になるかなぁと。そこまでいくと学園バラエティーにこだわらなきゃいんじゃねってなりますが(笑)。


あと、これは私の感覚なんで何とも言えないですけど…

あくまで均等にって方や、担当の子が不遇って方からしたら「あり得ねー」という感じる部分もあるかもしれませんが、私は今回のシンデレラのアニメは良い感じなんですよね。

基本的にはまんべんなくで、あえて出ている子で言うならまゆPだったりしますが…
14話がまゆ回だなって言われなきゃそこまで強く思ってませんでしたし(まゆやんけうぉー!!とは思いましたが(笑))、美嘉回だと美嘉に「うぉー」ってなったりしますし。私が薄情なだけかもしれませんが…差があるわーって見方はあまりしない感じですよ。キャラ数的に差があるのは仕方ないし、差があるのは事実なんですが…。
そういう見方してるやつもいますよって感じですかね。まあ私はシンデレラだけのPじゃないんでシンデレラPとは違うでしょうけどね(笑)。


あと話変わりますが、ミリオンのコミカライズの二巻の帯をゴリさんが描いてましたが…もしミリオンのアニメをするとしたら、ゴリさんが監督するんですかね~。もしアニメやるんだとしたらもう企画段階で動いてそうですけど…どうでしょうかね~。

Posted at 13:01:34 2015/08/14 by 五和P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

「番組制作部門」なんてものもあるんですね…。
となると346の冠番組も一つや二つなんてものじゃないんでしょうね。

十時愛梨はそんな立ち位置のアイドルなんですね。
楓といい美嘉といい、誰もかれもが常務に反旗を、という状態で
今後どんな手を常務は打てるんでしょうか…。

共闘路線へ向かう、というのは想像していませんでした。
確かに今回の美嘉のラストの結果は、結果的にはそういうものでしたし、
もしかしたらそういう方向に物語が進む事もあるのかもしれませんね。

Posted at 23:20:38 2015/08/14 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

6番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

Pの描写は私的には不十分でした。
Pの描写量自体が多い必要はないと思いますが、
今回のストーリーにおいてはそこにもっとウェイトをおいても良いとも思えたのです。

Posted at 23:24:02 2015/08/14 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

五和Pさん

コメントありがとうございます。

高級化粧品関係が現実でもトップレベルの方、っていうのは私もイメージとして感じます。
常務も美嘉をイメージチェンジというかステップアップ的な意味合いを含めて
この方向に進めたのかもしれませんね。

莉嘉についても仰る通り、もっと高年齢アイドル達に放り込まれた方がロリを求められた、
という事はあるのかもしれませんね。まぁ実際のあのメンツでも、スモッグはやりすぎとしても
番組自体ロリ路線にしかならないでしょ…というのも感じてしまいますけど。

ミリオンアニメ化については、765の続編的なものなら可能性は高いんじゃないかと思います。
それこそ映画の設定とかどうすんだって話ですけど、まぁ発表待ちですねこれは…。

Posted at 23:32:57 2015/08/14 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック