デレマスアニメ18話 「A little bit of courage shows your way.」 雑感

kage

2015/08/15 (Sat)

先に【私のシンデレラアニメに対する対応について】をお読みください。
今回ももちろんネタバレなのでご注意ください。


「キャンディアイランド+輿水幸子回」?

今回も2期に入ってからのこれまで同様、「CP以外+CPユニット回」かと思いきや、
フィーチャーされたのはCPユニットのキャンディアイランドの3人

「CP以外」はこれまでとは違って余り描写されず、完全に「キャンディアイランド回」
…かと思いきや、エンディングの新曲によると「輿水幸子回」でもあった模様…。

確かに数人出てきたCP以外のアイドルの中では最も目立ってはいましたが、
それでもこれまでの2期でフィーチャーされたアイドル達の描写と比べると
非常に薄く、どう転んでも「幸子回」とは表現できないものでした。

つまりはこれまでの2期の回とは構成が違った、というものであるんですが、
1期のCI回、9話ではユニット回だったはずが描写がやや薄かった、ということもあり、
そのフォローとして今回の話になったのかな
、という感じもあります。

また、前話17話で凸レーションの中で描写が弱かったきらりも、杏とのコンビ結成、
ということで、今回の話で補完された、という形になったかと思います。

一方の幸子に関しては、9話同様「KBYD」のトリオとして登場したわけですが…。
出番が少なかったのはともかくとして、その中で「ウザキャラ」、それでいて
「大事なところではちゃんと仲間思い」というのが描かれたのは良かったと思います。
まぁ個人的には「仲間思い」の描写まで含めても全く好きになれないキャラですけど…。

「好きになれない」と言えば杏の万能感というか強キャラ感というか、
「私わかってますから」的な描き方も全くもって良い印象を受けることができません。
杏のキャラを考えれば、「いかにPがこの杏を働かせるのか」というPの手腕を、
プロデュース力を示せるタイプなのにもかかわらず、それらしい描写はなく

ただただ「本気出せば凄い」という描き方。こういうキャラが私が好きじゃない、というだけなら
ともかく、「プロデュース対象アイドル」にすら見えないというこのザマはいいんですかね。


「ユニット」のあり方

今回はCI回だったわけですが、「とときら学園」できらりと杏がコンビを組むことになり、
ユニットの形が崩れて…というのが話の一つのキモになるところでした。

ただそもそものところとして、このアニメ、「ユニット」の描写が強過ぎると感じられます。
もちろんユニット単位で基本的に仕事をしているから、というのがあるからなんですが、
それはアニメ内での設定の話に過ぎないはずで、コンテンツをもっと俯瞰してみた場合、
それ以外の横のつながりをもっと描いても良いのでは
、と感じられるのです。
というか私がシンデレラのPだったならばそこは非常に重大な問題だと考えます。

現状では結局アイドル達の描写を活かすも殺すもユニット内が基本となっていて、
表現できる幅が狭い、という状況に陥っていると考えられるのです。

もっと色々な組み合わせの描写が見たい、会話が見たい、と思ってもそれはロクにない。
CPに限ってみても14人もいるのにいつも限られた組み合わせ、というのは中々に
厳しい状況というか、面白みに欠けるものなんじゃないか
と、そう感じられます。

今回はその中でユニットを崩し、きらりと杏で、というのもありましたが、
これについてはアニメ以外でも良く見られる組み合わせのようで、
全く枠から出られていない証明にすらなっています。

もしかしたらまたゲーム内でのサブストーリーではもっと色々な組み合わせが
描かれているのかもしれませんが…アニメ本編だけを見れば非常に厳しいところです。
…まぁこうした「いつもの同じメンバーとばかり」というほうがある意味リアルですけど、
そんな半端なリアルよりも、斬新な組み合わせを描いた方が少なくとも私は嬉しいです。

また、CP以外でも、2期からの新キャラで恐らくキーパーソンズであろう
奈緒と加蓮に至っては、登場以来ずっと二人一組でしか描かれておらず、
亜美真美も裸足で逃げ出すコンビっぷりを発揮していますが…

もはや二人一組でしか認識できないようなキャラとなってしまっていて、
全く個人としてのアイデンティティが見えてこない、というのはいかがなものなのか…。

今後もっと掘り下げられるキャラでしょうし、いずれ一人ひとり描くんでしょうが、
よほどうまくやらない限り「新人コンビのうちの一人」としか認識できず、
個人として活きないくらいの状況に既に陥っていると感じられます
が、
彼女たちのキャラって果たしてこれで良いんでしょうかね…。


日々の仕事

今回は常務は全く登場せず、メインストーリーの進行、という回ではありませんでした。
ただ、毎度毎度ストーリーをきっちりと進めないといけない、なんてこともありませんし、
「日々の仕事」をこうしてしっかりと描く回というのがあるのも良いもので、
その意味では今回はしっかりとそれが描けていて、そこは良かった
と思います。

仕事への向き合い方や苦労、それを乗り越えての成功を描くだけでなく、
Pとのコミュニケーション、仲間内のコミュニケーションをもしっかり描く、というのこそ
「アイマス」を体現しているはずで、そういう回になっていたのは何よりでした。
まぁ2期はそういう回が続いていると言えば続いているんですが、常務が出てこない事で、
それがより明確に描かれていた
、という意味で良かった、という事ですね。

次回、LL回なのかRE回なのか、はたまたトリオ扱い回なのかわかりませんが、
恐らくCP以外のアイドルとともに描かれるはずで、そこでまたどう話は進むのか、
あるいは進まないのか。どうあれ魅力的な物語が描かれる事を期待しています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

更新お疲れ様です。

杏は難しいキャラですね。原作でも、働きたくないばかり言う割に実際はちゃんと仕事をこなすような描写が多い子なので、アニメの杏もイメージ通りと言えばイメージ通りなのですが・・・
「本当に仕事しないキャラ」をなんとか働かせる話にするのも厳しいと思いますが、もう少しPとのやり取りを見たいとは私も感じます。

以前からシンデレラを見ていた身としては、むしろこのアニメのコンセプトが「新しいアイドル同士の関係を開拓」にあると感じるくらいですね。
NGを除き、アニメのユニットはどれも今まで描かれなかった組み合わせばかりですから。ですので、個人的には「斬新」に感じたものが2期でようやく定着してきた感じですかね。この辺りの感じ方はアニメからシンデレラを見始めた人と以前からの人で相当変わってくるのかもしれません。
ユニット単位での話数構成になっているので、確かにユニットを超えたやり取りは少ないですが、終盤に近づくにつれシンデレラプロジェクト全体の物語になっていくことに期待します。

Posted at 01:02:17 2015/08/16 by 空飛ぶ猫タンク

この記事へのコメント

kage

名前の通り自分の一番好きなアイドルは加蓮なんですが、
自分としては動いて喋ってくれてるだけで十分なんですよね。

加蓮の描写が十分ではないって言われるとそのとおりなんですけど、
それを全部描こうとすると明らかに尺が足りない。
今の状態ですらCP全員のフォローが必要最低限ってレベルなんですから、
これ以上メイン以外の個人に時間を割いてストーリーが割りを食うくらいなら、今の「名前のあるモブ」状態でもいいかなと。

そもそもアイドルマスターが「アイドルをプロデュースする」がテーマな以上、キャラについて語ろうとするとアイドルとPの関係性に焦点を当てる必要が出てくるわけで(DSはここでは置いといて)、今のアニメのシステム的に加蓮についてその描写をやるのは無理ですよね。
これまでの美嘉回や菜々回でも「美嘉・菜々のPは何やってるの?」って言われてましたし、CP以外のアイドルでその辺が描写されることは無いのでしょう。

まあアレです。アニメに出演した時点で、舞踏会に参加できたんです。(未出演のアイドルを貶めているとかではなく、加蓮とそのPである自分にとってのという意味です)
加蓮が本当にシンデレラなら、それ以上の魔法は無くても自力でチャンスを物に出来るはずだと、そう信じて見守っています。

今週の内容に全然関係ないコメントですが、記事内で加蓮の話題が出ていたので。

Posted at 02:41:25 2015/08/16 by 加蓮なP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

空飛ぶ猫タンクさん

コメントありがとうございます。

杏はゲームでも割と働いている感じなんですね…。
でもやっぱりもう少しPがなんとかする、という描写が欲しいところです。

アニメ以前から見ていると、今回のユニットの組み合わせが新鮮なんですね。
ただアニメの影響力は非常に強いので、今後様々な展開でも
このユニットがベース、という事も多くなるはずで、
果たしてそれで良いのかな、と思ってしまう事があります。

とりあえず残りLL回とRE回はやるはずですが、その後どうなるか、ですね。

Posted at 20:11:18 2015/08/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮なPさん

コメントありがとうございます。

「動いて喋ってくれてるだけで十分」っていうのはやっぱり凄いというかなんというか…。
特に加蓮(と奈緒)については単純に描写が少ないだけではなくて、
「二人一組」というアイデンティティが付与されてしまっている感じですが、
「それでも良い」、という感じなんでしょうか…。

例えば765で響がアニメの影響によるマイナス面が多かったように、
「出演する」というプラスだけでなく、その扱いでマイナスも起こりえます。
それこそこのシンデレラでは未央がそれにあたるのかもしれませんし、
今の加蓮(と奈緒)の「二人一組」がプラスかマイナスかで言うと私にはマイナスに感じます。
「それでも良い」と言い切れるなら凄いなぁと思いますけど…。

CP以外のアイドルのPの存在については、完全にカットされた存在なんでしょうし、
その意味でCP以外のアイドルをこのアニメではまともに描く気もない、
と言えばその通りなんでしょうが…まぁそもそもシンデレラのアイドルの人数的に
これはどうしようもない話なんだというのは理解できますが。

とはいえ加蓮と奈緒はこれからまだ出番はあるでしょうし、
そこでどう描かれるか、というところが大事になってくるでしょうね。

Posted at 20:22:13 2015/08/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

いつもみたいに非難しようと思って開いたら書いてることが正論だったので、好みの問題を…


幸子、ダメですかね?
765だったら伊織に近くてこの手のキャラクターは好きなんですが…(伊織ほど描写があるわけではないので、バックボーンが説明不足なせいでなぜこんなに自信過剰なのかがわからない、と言われたらそれまでですが…)

あと、コメント欄について、未央ダメか?
未央を魅力的だと思ってる自分としては、ロクにアニメを見ていない人が適当に叩いてるようにしか思えないのですが…

Posted at 21:57:25 2015/08/16 by にわかファン

この記事へのコメント

kage

杏をいかに働かせるかというプロデュース、という点に関しては、それこそCIというユニットを組んだこと自体がその回答な気はします。
杏というキャラは別にアイドルをやめたいわけではなく、できる限り労力を使いたくないだけなので、自分が動かざるを得ない状況にすればちゃんと動く、というのはゲーム内でも実は言われていて、いまいち頼りない智絵里とかな子を杏に引っ張ってもらう、というバランスにしたことが、Pの「プロデュース」なのだと思いました。

他のユニットにしてもそうで、シンデレラのアニメにおける「プロデュース」とは、アイドルが自分の力を発揮できる環境を作ること、という描写が多いと思います。その結果がユニットという形なのではないかと。

そもそも「モバマス」自体、アイドルとPのコミュニケーションというよりは、アイドルの組み合わせを考える(デッキという形で)要素が強いゲームですので、ある意味原作の再現ともいえます。

Posted at 22:14:42 2015/08/16 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

にわかファンさん

コメントありがとうございます。

幸子については、あなたが好きなことと私が好きな事はイコールでは全くないし、
完全に「好みの問題」としか言いようがないでしょう。

未央については叩かれても仕方ないというか、描き方が下手だったように思います。
「描き方が下手」なんて言ってしまえば幸子だってそうなのかもしれませんけど、
メインキャラだけに、より丁寧に描けたはずなのにあれでは…という感じです。

Posted at 22:56:42 2015/08/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

6番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

「ユニットを組ませた事自体がプロデュース」というのは盲点でした。
キャンディアイランドというユニットが最も杏を働かせるのに最適、
とPが判断した上でのユニット構成だったのなら、確かにうまいものですね。

人数が多く、全てを見て回れないから環境だけは整えておく、
というのは一つのプロデュース方法として正しいのかもしれませんね。

Posted at 22:59:20 2015/08/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

今回の話が見せたかった所はCIの柱である杏が抜けて智絵里とかな子がどう頑張るか、抜けた杏は何を思うかだと思う。なのでメインじゃないNGや奈緒と加連、KBYDはこんなこと言ってたなぐらいの印象ぐらいでいいと思うしピントを絞ってCIを描く方が話は面白くなると思う。KBYDと奈緒加連は脇役としてキャラクターより役割を果たすほうが大事だと思ってる。
無理なダイエットをするかな子とカエルのおまじないで失敗する二人を諌めるPとあんきらんきんぐは見た目の面白さだで選ばれたと言う杏。二人に対しては前もって忠告をすれば失敗はなかったと思うけどバッドコミュニケーション魅力の一部だし、何事もトントン拍子で山も谷もないアニメじゃ自分は楽しくない。杏の言った言葉はあんきらを当たり前だと思っている自分には新鮮だった。よく考えれば分からなくもないけど表面的な物を見せるソシャゲではそういったものを考える必要もない。アイドルはたくさんいるから杏に興味がなければ他のアイドルを見ていればそれでいい。プロデュース対象が複数いるアイドルマスターもそういった面がないわけじゃないけど。シンデレラガールズは一人の女の子としてのアイドルよりも記号を持ったアイドルが強いから仕方ないけど。
他の見どころはEDの江戸切子が綺麗だったことだと思う。

Posted at 16:54:40 2015/08/17 by キウイ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

キウイさん

コメントありがとうございます。

今回はもちろんCIの話がメイン、というのはわかっています。
それでも他のメンバーも描写されているわけで、そこについて考えるのは
別におかしくないというか、人による観方の違いでしょう。

人によって色々な観方が出来るから面白いのであって、
同じ観方しかできないのだとしたらそれこそ作品自体に難ありだと私は思います。

Posted at 23:11:11 2015/08/17 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

アニマスからの人でモバマスはキャラの名前を聞いたことある程度です
2期の話がなんか中途半端だなーってたびたび思ってたのですが 起承転結の転が雑なのではないか?と思いました
話としてのテーマが何かがきっちり伝わってくるのは確かですしキャラの特徴もしっかりとつかませようとしてるのは伝わるのですがその解決のきっかけが雑というか
ななさん回でうさみんコールとか(これはモバマスpならそれだけでわかるとかかもしれませんが自分にはいきなりすぎて何が何だか)りかとかもオシャレするとか正直それでいいの?って感じでした
せっかく各話のテーマがしっかりとしてて見せたい結論?結果もひしひしと伝わるだけに転をもう少し丁寧、わかりやすくして欲しかったと思いました
(これは自分の読み取り力の問題かもしれませんがね)
まあ勿体無いって書くからには元から期待値が高いってのもあったからですがね
失礼しました。

Posted at 03:46:57 2015/08/19 by スプリング

この記事へのコメント

kage

アニマスではすでに完成されている人間関係を何よりも優先され、ブログ主さんはそこに評価の主眼を置いているようですが、
シンデレラのアニメは何よりまずアイドルを知ってもらう、誰か一人でも好きになってもらうってことが目的だし、モバPの欲求なのではないでしょうか?

ユニット単位でのアイドルの扱いも、まずユニットを知ってから個別に覚えてもらう、興味がある人、既存P向けにはNOMAKE、Magichour、ラジオ、ソシャゲで補完、別の組み合わせをしていくという工夫だと捉えています。

アニマスはどうしても既存P向けとしか思えず、シンデレラのアニメはその辺の工夫が評価したい新参者としてコメントを書かせてもらいました

Posted at 17:18:40 2015/08/19 by 新参P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

スプリングさん

コメントありがとうございます。

「起承転結の転が雑」というのは言い得て妙かもしれませんね。
ストーリーが結局結論ありきというか、私は何度も記事に書いてはいるんですが
「描きたいシーンのために無理矢理でもストーリーを進めている」感じが
どうやっても拭えないんですよね。
そのシーン(結)のためなら途中(転)は無理があってもいい、みたいな。

シナリオ担当の力量の問題なんだと思いますが、
もう少し自然にストーリーを組み立ててほしいな、とは常に思っています。

Posted at 23:20:36 2015/08/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

新参Pさん

コメントありがとうございます。

>シンデレラのアニメは何よりまずアイドルを知ってもらう、誰か一人でも好きになってもらうってことが目的
というのは初耳ですが、どこかで出ていた情報なのでしょうか?

ユニット内でアイドルを魅力的に描けるのならばそれに越したことはないし、
現状それが失敗してるとまでは全く思いませんが、
新規Pにこそ色々なメンバーとの絡みで色々な側面を観て観たい、
と思うものなんじゃないのかな、と感じます。少なくとも私はそうです。
せっかく2クールあるのだし、もう少し色々描けるんじゃないのかな、とも。

765のアニメも既存向けだと確かに感じましたが、
シンデレラのアニメも同じくらい既存向け、という風に私は現状感じています。

Posted at 23:31:07 2015/08/19 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

コメントの返信ありがとうごさいます。
>>誰か一人でも好きになってもうのが目的
詳しくは覚えていないんですが、どこかの監督との対談記事で書いてあったと思います。

新規P的には新しい関係を書いてもらった方が…っていうのは理解できるんですが、まさしく自分がアニメからの新規なんですよね。アニメ前なんて渋谷凛の顔しか知らないレベルです。第1話を見て好意寄りの意見になりましたが。
メイン14人ならユニットでまとめて覚えた方が楽だし、これ以上を求めるならアニメ外のショートストーリーで楽しめるんですよ。褒められたことではないですが、NOMAKEもニコニコで見れますし…
これ以上本編の人間関係を複雑化されるとついていけないけど、本編外で補完するなら現状がベストだなっていうのが正直な感想ですね。

Posted at 05:25:28 2015/08/20 by 新参P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

新参Pさん

>どこかの監督との対談記事で書いてあったと思います。
そういう目的がしっかりあったんですね。ありがとうございます。

新規Pといえども考え方は人それぞれ、ですね。
CPに限れば14人ですし、2期あれば覚えるのが難しい人数ではありませんし、
私としてはユニットに固執しない描き方の方が嬉しいですけども…。
どちらの方が多数派なのかはわかりませんが、現状を受け止めるしかないですからね。

Posted at 23:06:48 2015/08/20 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

>Pの手腕を、プロデュース力を示せるタイプなのにもかかわらず、それらしい描写はなく

すごく同意です。
Pの存在感が薄くなっている気が・・・

シンデレラというコンテンツの性質上仕方ないですが、キャラが入り乱れてもうよくわからなくなってます

Posted at 23:08:11 2015/08/20 by イワシ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

イワシさん

コメントありがとうございます。

Pの存在が強過ぎても困りものですが、Pあっての「アイドルマスター」なので、
その辺のバランスをうまくとってほしいものですね。

14人だけならまだしも、まともに紹介されていないキャラが次から次へと、
というのは既存P以外には優しくない構成ですよね。

Posted at 22:41:48 2015/08/22 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック