アイドルマスター ミリオンライブ! 2巻

kage

2015/08/26 (Wed)

私の夢を掴む



第6話 乙女ストーム
第7話 Thank you for
第8話 クレシェンドブルー
第9話 てづくりのぶどーかん
第10話 Catch my dream


ミリオン初のコミカライズ作品第2巻。1巻終盤、アクシデントから未来がステージへ…
というまさにそのシーンから描かれるこの2巻。物語はそのステージを超えてさらに先へ、
と進むわけですが…表紙通り、未来静香の二人の物語が丁寧に描かれていきます。


第6話 乙女ストーム

いざ初ステージへと向かう未来。そこに駆けつけるP。あくまでも未来が主役ですが、
P視点というものもここで初めてしっかり描かれ「アイドルマスター」を感じさせてくれる構成。
そしてステージに立った未来がド新人っぷりを発揮しつつも、そこで彼女が観たものは…。
キレイゴトではない描写をしっかりと描き、それをクリアしていくという物語は実に綺麗
コミック版ではその演出をフルに生かていないのは残念ですが、構成は秀逸です。


第7話 Thank you for

ライブ終了後、静香の視点からその先の物語が描かれるこの回。ライブに関する感謝を
未来に直接言おうと思うものの、中々タイミングが合わず。さらに志保とのやりとりや
学校の文化祭の出し物を決める委員会での思わぬ事態で過剰に未来を意識してしまう
ことになり…。複雑な心境に陥った静香未来とすれ違ってしまう事になります。
学校が舞台になっている事も含め、アイドルらしさというか中学生らしさを感じられる展開です。


第8話 クレシェンドブルー

静香のアイドルに懸ける想いが過去のシーンとして描かれ、それを踏まえての現在の
未来との会話、というところで二人の関係はギクシャクしてしまいます。…二人とも、
全く悪くはないのに。そしてその静香の真意がわからない未来は思い悩みますが、
ある策を講じて、静香との仲直りを図ろうと試みます。感情表現が豊かな未来と、
自らの気持ちを上手く表現できない静香、二人の違いが鮮明に描かれる回
です。


第9話 てづくりのぶどーかん

未来達の学校の学園祭に潜入した星梨花杏奈、そしてこのみの3人。
成り行きで杏奈がステージに上がることになる一方、このみ静香と会い、会話。
このみのお姉さんとしてキャラが引き立ち、シチュエーション的にも彼女ならではのシーンです。
ステージでは杏奈だけでなく星梨花未来も、という流れで「Thank You!」を披露。
未来にとって唐突な初ステージだった765定例ライブではない、自分で場を用意したステージ。
初めての「Thank You!」。「てづくりのぶどーかん」「ミリオンらしさ」を感じさせる構成です。


第10話 Catch my dream

未来の歌を、MCを聴いてやっと体が動き出す静香。タイトル通り、「Catch my dream」の
歌詞を合わせて走り出すわけですが、その歌詞が物語とジャストフィットしており、
非常にうまい構成
春香とのやり取りの回想ではあえて顔が見えなかった
千早静香にとってはやはり特別な存在なのだと分かるシーンも描きつつ、
静香が人間として一皮むけ、アイドルとして次のステージへ駆けだす、
という物語が見事に描かれます。もちろん、未来との仲直りまで含めて。



全体を通してのメリハリがあるのはもちろん、1話1話しっかり見せ場があるような構成は
月刊誌ならではなのかもしれませんが、コミックで読んでも非常に読み応えのあるもの。
人数の多いアイドルの中でメインを絞って「ミリオンライブ」を描くのならばこれしかない、
とも思える見事な物語性と構成力で非常に完成度の高い作品
になっていると感じられます。
この2巻で一旦物語はまとまりますが、次からは新章突入、ということで期待も高まります。

また、この2巻でも1巻同様に限定版があり、この2巻の物語で、漫画内では描かれなかった
裏側のエピソードに加え、カバー曲として未来の「キミはメロディ」、杏奈星梨花
「ビジョナリー」が収録さ
れており、必聴の内容となっています。

関連記事

この記事へのコメント

kage

最高でした…この漫画、作画も構成も本当に良いですね
キャラクターの繊細な表情や心理描写から、デフォルメやギャグ顔も上手いです
ライブ関連のシーンでは一変して勢いのあるコマ割りで爽快感を感じます
未来と静香を中心に描いているので見やすく、かつ志保や奈緒、翼やこのみさん、杏奈といった他のキャラも魅力的に描かれていますね
私は今までミリオンライブのことは殆ど知らなかったんですが、(劇場版を見て少し志保の事を好きになっていたくらいで)こんなに良いキャラが沢山居たんだなぁと今更ながら知りました
ミリオンのキャラは内面を知ってじわじわと好きになってくるタイプですね
個性的でありながら、普通の範疇から大きく逸脱するような事も無いので親しみやすいです
このまま続いていけば、アイマスのコミカライズとして傑作と言えるものになるのではないでしょうか?
とにかく、3巻が待ちきれません!次は翼編からですね!

Posted at 09:07:56 2015/08/27 by あみまみ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

あみまみさん

コメントありがとうございます。

私もこの漫画はアイマスのコミカライズの中でも屈指の作品だと感じています。
あらゆる面で完成度が高く、読み応えのある内容ですよね。

人数の多さという課題もありますが、メインをしっかりと定めつつも、
これまである程度の人数をちゃんと描けてきましたし、連載が続けば
全メンバーそれなりに描写がされてくるんじゃないかなとも期待しています。

ミリオンはまだまだメディア展開が弱いですが、その中でも
しっかりとアイドルの魅力を描く作品としてこれからも続いて欲しいなと思います。

Posted at 22:56:18 2015/08/27 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

門司さんは本当にアイドルマスターが好きなんだと感じます。
ひとりひとり丁寧に描かれているし、メインを絞っていても不満を感じない。

アニメ化となればまた違うのでしょうが、こういうお話が展開されるのなら期待は大きいです。

Posted at 02:57:05 2015/08/31 by イワシ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

イワシさん

コメントありがとうございます。

私もアニメでメイン絞りはマズイとは思っていますが、
漫画だからこそ、それでいいし、実際それで実にうまく描けていると思います。

アニメ化の際には…どうなるんでしょうね。

Posted at 22:44:48 2015/08/31 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック