MASTERWORK 02

kage

2013/07/31 (Wed)

彼女たちの“relations”


THE IDOLM@STER MASTERWORK 02THE IDOLM@STER MASTERWORK 02
(2007/02/28)
ゲーム・ミュージック、星井美希(長谷川明子) 他

商品詳細を見る


1.relations(M@STER VERSION) 歌:星井美希如月千早
2.My Best Friend(M@STER VERSION) 歌:秋月律子萩原雪歩双海亜美/真美
3.魔法をかけて!(M@STER VERSION) 歌:秋月律子
4.ポジティブ!(M@STER VERSION) 歌:双海亜美/真美
5.relations(M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
6.MY BEST FRIEND(M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
7.ボーナス・トラック・トーク ~美希千早律子


01とは打って変わった雰囲気のジャケット絵で、代表曲も全く雰囲気の違う「relations」。
声優陣から高い評価を得た名曲で、本来は美希個人の持ち歌であるところを
千早とデュオで歌うことで、より楽曲の質を向上させています。

一方で「MY BEST FRIEND」は柔らかで穏やかな印象の楽曲。
これも箱からの新曲で、律子雪歩の持ち歌なのですが、
それに亜美真美が加わったトリオで収録されたバージョンとなっています。
「魔法をかけて!」の流れを汲んだ乙女チック曲で、律子雪歩にはぴったりですね。

ソロ曲としてはその「魔法をかけて!」と「ポジティブ!」を収録。
千早雪歩のソロは収録されない、という構成となっています。
この2曲のうち、ゲームverと大きく異なっているのが「ポジティブ!」で、
曲中での亜美真美の掛け合いが楽曲の雰囲気をより盛り上げています。
この二人の掛け合いを聴いているだけで本当にポジティブになれるというか、
元気と勇気をもらえる、そんな素晴らしい曲として完成されている
のです。

トークに関しては、ジャケット絵の3人が登場。律子は01に続いての連投で、
美希は音楽CDでのトークパート初登場、ということになります。

このトークでは「relations」のタイトル通り、3人の関係性がうまく掘り下げらています
律子を恐れ、千早を尊敬する美希
美希を評価するも、指導に苦心、千早相手には正直になれる律子
美希を気にかけつつも、律子とも対等に渡りあえる千早
この関係性からちょっとしたトラブルが起こるわけですが、千早がうまいことやることで、
この関係を1ステップ先に進めることにつながった、という内容です。

この内容だけで十分完成度の高いシナリオなのですが、
トークパートでは毎回ネタを提供してくれる律子がここでも大暴れ
なまはげやメガネ魔人(これは千早が元ですが)など、新ネタをふんだんに投入してきます。

なんにしても、これまでの音楽CDのトークのどれもよりずっとシリアス度の高い内容。
彼女たち個人のキャラクター、そして関係性の掘り下げを確実に進めた1枚となっています。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック