THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03

kage

2015/09/27 (Sun)

がんばるアイドルたち



01.真剣なまなざし
02.SMOKY THRILL(M@STER VERSION) 歌:竜宮小町(水瀬伊織三浦あずさ双海亜美)
03.プロデューサー、走る!
04.THE IDOLM@STER 歌:765PRO ALLSTARS
05.いつも明るい
06.キラメキラリ 歌:高槻やよい
07.心情
08.おはよう!!朝ご飯(M@STER VERSION) 歌:高槻やよい
09.緊迫感
10.晴れ色 歌:三浦あずさ
11.エージェント夜を往く 歌:菊地真
12.迷走Mind 歌:菊地真
13.shiny smile(REM@STER-A) 歌:菊地真三浦あずさ
14.ガンバル…
15.ハニカミ!ファーストバイト 歌:竜宮小町(水瀬伊織三浦あずさ双海亜美)
16.トラブル
17.Next Life(Instrumental)
18.感情ダウン
19.黎明スターライン 歌:双海亜美/真美
20.THE IDOLM@STER(BGM Version)
21.L・O・B・M 歌:765PRO ALLSTARS
22.がんばるアイドルたち
23.GO MY WAY!! 歌:765+876PRO ALLSTARS
ボーナス・トラック「音無小鳥の765プロ秘密レポート〜世紀末救世主編〜」 出演:高槻やよい水瀬伊織音無小鳥

02に引き続き、03は6話から10話までの物語より楽曲が抜粋されたものとなっています。
6話から竜宮小町が始動し、アイドルとしての物語が一気に加速。
その中で個人回を描きながら、一人ひとりを掘り下げていく…という構成となっており、
その中で適切な既存曲、そして新しく用意された楽曲も使われていきました。


02.SMOKY THRILL(M@STER VERSION)
歌:竜宮小町(水瀬伊織三浦あずさ双海亜美)

ゲームでもアニメでも竜宮小町のデビュー曲となったのがこの曲。
他の楽曲とは一線を画す独特の世界観を放ち、このアニメにおいても
竜宮小町という存在の存在感を感じさせ、そして世界そのものが大きく変わっていくんだという
メッセージをも持っているような、そんな役割を担う楽曲
となったと感じられます。


04.THE IDOLM@STER
歌:765PRO ALLSTARS

言わずと知れた表題曲で、アイマスの代表曲。1話ではなくて6話のEDで起用されたことから、
ここから「アイドルの物語」が本格的にスタートするのだと、それを感じさせます。
華やかなだけではない、アイドルの厳しさをも歌うこの曲こそ、「アイマス」の象徴です。


06.キラメキラリ
歌:高槻やよい

やよいの代表曲であるこの曲が、やよいの個人回である7話で起用されました。
ライブ映えする、明るさと勢い、そしてやよいの魅力が詰まったこの曲ですが、
ここでは高槻家の日常(と言っても伊織と響もいますが…)を描くシーンで使われ、
その日常の慌ただしさを、妹弟達のために伊織が踊ったシーンと上手く重ねられました



08.おはよう!!朝ご飯(M@STER VERSION)
歌:高槻やよい

やよいのアーケードからの持ち歌はやよい回である7話のEDとして使われました。
高槻家の朝ご飯準備のシーンから掛かっており、まさにベストチョイスとも言える曲。というか
むしろ曲ありきでこのシーンでは…とも思えますが、この7話を楽しく気持ちよく締め括りました


10.晴れ色
歌:三浦あずさ

あずさ回である8話に挿入歌として使われたこの曲は、今回初披露の完全新曲。
これまでの個人曲のどの曲よりも「あずさらしさ」を感じさせる曲であり、
港町をフラフラしながらも「らしさ」を見せたこのシーンにおいては必須の新曲でもありました。
ゆったりとしっとりと、マイペースさを存分に感じさせる、魅力的な一曲です。


11.エージェント夜を往く
歌:菊地真

あずさがマイペースに行動している一方で、は石油王のSPとバトル中で…というところで
使用されたアーケードからのの持ち歌。使いどころが難しい曲ではありましたが、
上手いところに使ってきたな、という感じ。夜でもなく真昼間っから大暴れ、でしたけど…。


12.迷走Mind
歌:菊地真

前曲同様8話のSPとの対決シーンで挿入歌となったMAからのの持ち歌。
歌詞的には恋愛曲なんですが、ここでは曲調のカッコよさから抜擢された、という感じ
実際、曲調同様のの凛々しさと力強さを感じるシーンですが、いささかネタ臭も…。


13.shiny smile(REM@STER-A)
歌:菊地真三浦あずさ

MS05であずさのデュオ曲として収録されたこの曲。単純にこの二人の組み合わせだから、
というのもそうですが、やはり曲調自体のドタバタ感がこの回にピッタリ、ということで
起用されたのでしょう。REM@STER曲の起用という事には大きな驚きもあり、実際アニメ全編でも
この曲のみだったわけですが、見事なチョイスをしたものだと、そう感じられます。


15.ハニカミ!ファーストバイト
歌:竜宮小町(水瀬伊織三浦あずさ双海亜美)

8話のEDとしては完全新曲のこの曲が起用されました。結婚をテーマとしながら、コミカル感が
たっぷりのこの曲、アイマス曲としてこれまでにないタイプで新鮮味もありましたし、
竜宮小町の新曲というのも一つのポイントでしょう。8話としては竜宮小町というユニットが
フィーチャーされたわけではありませんでしたが、あずさ個人曲の新曲を2曲、とは流石に
いかず…という感じでの「竜宮小町楽曲」なんでしょうが、3人だからこその良さも感じられます



19.黎明スターライン
歌:双海亜美/真美

亜美真美回である9話のED曲にはMSからの亜美真美曲であるこの曲がチョイスされました。
奇想天外・摩訶不思議な、亜美真美曲らしい亜美真美曲であり、この回のカオス感をも
感じさせるもの
。また、アイマス楽曲の幅広さをも同時に感じさせてくれる一曲でもあります。


21.L・O・B・M
歌:765PRO ALLSTARS

10話の運動会、リレーシーンでの一曲。曲自体はMSでの共通新曲ですが、ここでは全員曲として
リレーの「団結」感を、曲自体の疾走感とパワフルさと合わせて感じさせてくれます
また「765PRO ALLSTARS」で、リレー不参加の律子も含むのは、当然ですが嬉しいところ。


23.GO MY WAY!!
歌:765+876PRO ALLSTARS

どこで使われるものやら、と思っていたアイマスの代表曲が、全員回である10話のEDとして
起用。ここでは765だけでなく、話中にゲスト的に参加し、EDの打ち上げシーンにも参加した
876の3人も含む「765+876」として、となっているのが非常に嬉しいところ。
ただでさえ華々しさを感じさせるこの曲に、更なるお祭り感を感じられるようになっています


ボーナス・トラック「音無小鳥の765プロ秘密レポート〜世紀末救世主編〜」
出演:高槻やよい水瀬伊織音無小鳥

AM02同様に小鳥が妄想で暴走する、というのがこのボーナストラック。最初はもっともらしい
765プロのレポートをしているのですが、小鳥お得意の独り言中に事務所に電話がかかってきて…。
そこにやよい伊織が出社してきたことで、小鳥が案の定の妄想モードに突入する事になります。
「いつもの765プロ」というか「いつもの音無小鳥」を感じさせる見事なテンプレモノですね。


6話から10話という、物語が本格的に始動するところをフィーチャーしたこのCD。
「THE IDOLM@STER」「GO MY WAY!!」といった代表曲が収録されているところからも
それが明らかですが、その中で完全新曲や思わぬ既存曲も効果的に散りばめられており、
聴きごたえ十分の一枚として仕上がっています。
関連記事

この記事へのコメント

kage

昔の記事でもずっとそうだったのですが、『フィーチャー』のことを『フューチャー』と書いてらっしゃるのがすごく気になります。。

Posted at 14:10:57 2015/09/29 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ご指摘ありがとうございます。
修正させていただきました。

Posted at 22:05:26 2015/09/29 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック