THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 総括

kage

2015/10/15 (Thu)

アニメ版に準拠した「ANIM@TION MASTER」シリーズは全7作。
うちOP曲のフル版を収録した01と04のみシングル、他はアルバム、という
特殊な構成ながら、基本的には話に沿って収録していく、という形になっており、
アニメ視聴からの購入、という流れがスムーズにできるものとなっています。

また、既存曲と新曲が絶妙なバランスで散りばめられており、アニメからの新規層は
もちろん、元々のP層の購入も確実に促せるつくりとなっているのもまた大きなポイント。

楽曲の中にBGMを挟んでいく、という構成は、聴きやすさという意味では
それを損ねている感じは否めません
が、ある程度はストーリーの流れに沿っている
構成でもあって、必ずしも余計な存在、とも言い切れない形ではあります。

とにもかくにも、アニメにより大量の新規層獲得を果たした中で、既に膨大な数が
出揃っていた音楽CDのうちどれを買えばいいのか、という疑問に応える形で
まずこのCDシリーズがあった、という意味でも非常に大きな意義のあるものですし、
幅広く奥深いアイマスワールドにアニメから入っての第一歩目として機能したというのも事実。

また、楽曲だけでなく、ボーナストラックの小鳥の妄想暴走パートについても、
小鳥の紹介がメインになりつつも、一応アイドルの紹介にもなっていましたし、
こうした崩した展開もまたアイマスの魅力、というのが描けたという意味でも良いものでした。

そしてもちろん、「READY!!」「マリオネットの心」「自分REST@RT」「約束」といった
現実の声優のライブでも定番となった曲が初収録された、という意味でも大きな意義があり、
その後のアイマスのある意味スタンダードを築いたシリーズとも言えるかもしれません。

「9.18」という問題を経て、再生し、そして進展するきっかけとなったアニメシリーズ。
その音楽CDは、アニメ本編同様、アイマス史において大きな存在となっています。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック